――――――――――
2021・1116月曜(令和三年)
――――――――――

中国の侵略はまず歴史のねつ造から入る。 権威がある組織体というものを使って新説を出させて、それこそが真実だったのだとやる。 しかし中国が関わる学究機関は基本的に中国にとって有利な学説しか出さない。 それは学説ですらなく、ただの青年の主張。

今回日本語という日本人の根幹にかかわる認識の疎外、妨害、破壊に出てきたのは、彼らの中の経済が相当おかしな事になってきており、ここではっきり言っておくが、短期の目的としては日本人に中国人移民を大量に入れさせるためのものだというのを言う。

彼らが財務省となぜ深くつながっているのか。 それは人口減という設定を深刻だという風にこれらの官僚に刷り込み、その上で税収の確保を中国移民によって成し遂げるのだというそれを、およそ彼らは40年くらいかけてやってきた。 これを日本人のほぼ全ては知らない。


ーー記事ここから毎日1114

 日本語の元となる言語を最初に話したのは、約9000年前に中国東北地方の西遼河(せいりょうが)流域に住んでいたキビ・アワ栽培の農耕民だったと、ドイツなどの国際研究チームが発表した。10日(日本時間11日)の英科学誌ネイチャーに掲載された。  日本語(琉球語を含む)、韓国語、モンゴル語、ツングース語、トルコ語などユーラシア大陸に広範に広がるトランスユーラシア語の起源と拡散はアジア先史学で大きな論争になっている。今回の発表は、その起源を解明するとともに、この言語の拡散を農耕が担っていたとする画期的新説として注目される。 研究チームはドイツのマックス・プランク人類史科学研究所を中心に、日本、中国、韓国、ロシア、米国などの言語学者、考古学者、人類学(遺伝学)者で構成。98言語の農業に関連した語彙(ごい)や古人骨のDNA解析、考古学のデータベースという各学問分野の膨大な資料を組み合わせることにより、従来なかった精度と信頼度でトランスユーラシア言語の共通の祖先の居住地や分散ルート、時期を分析した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a0b55fa1e4c553c7c8e2dbd41a86ff667dcd7039
ーー記事ここまで


日本語は膠着言語の孤立構造を持ち、世界に類例がない。 そしてもう一つ言っておく。 遼寧省がどうしただとかという概念。 9千年前に中国という国家はない。 問題以前。 そしてもっという。 古代においては日本から朝鮮半島、そして中国奥地に軍事進攻する動きがたくさんあった。

コウカイドオウの碑文だとか、あとは中国の中の文献においては、倭の五王が朝鮮半島を征伐する許可を当時の宗の皇帝に願い出て許可されている。

遺跡などや植物などの遺伝子においても、日本から上がっていったものがたくさんある。

ーー記事ここからツイッターmei 1114

ドイツ国旗のマックスプランク人類歴史研究所が「日本人の話す日本語の起源は中国国旗遼寧省等に住んでいたキビ農耕民族だと判明した」とネイチャーに発表しロイターやYahooが報道 これはドイツ国旗経由の日本人祖先は中国人だというプロパガンダの可能性が高くマックスプランク研究所は中国とズブズブ マックス・プランク人類歴史研究所は「自分の言語、文化、民族のルーツが中国国旗だった事実を受け入れる事は、アイデンティティの放棄であり、まだその覚悟ができていない人もいる」と言い放ってます 日本語自体の起源が中国農耕民族である事を受け入れろと 今後問題化する可能性 マックスプランク公式から 中国との45年に渡る協力関係とネットワーク マックスプランクが活動している全ての研究分野において、中国国旗は国際協力の面で特別な役割を果たしています マックスプランクの様々な研究所における外国人客員研究員の大半は、中国から来ています

ーー記事ここまで


そしてマックスプランク研究所は、山ほどカネを中国からもらっている。 我々はこの構造を知っている。 日本の学術会議でこうした構造のもとに中国のイヌコロをやっていた自称科学者がたくさんいたのを我々は目撃した。

ドイツは欧州の中で戦犯国家としていつも虐められている。 彼らの内部勢力の一部はそれらの視線そらしのために、いつも日本は戦犯国家という概念を使う。 そしてそれを中韓にやらせる。 勿論そのようには見せていないが。


ーー記事ここから「DNAで見る日本人 遺伝子の情報」

この系統は本土日本人・アイヌ・南北沖縄に固有に見られるタイプで、朝鮮半島や中国人にはほとんど見られないことも判明した。これは縄文人の血を色濃く残すとされるアイヌに88%見られることから、ハプログループD2は縄文人特有のY染色体だとされる。 現在世界でD系統は極めて稀な系統になっており、日本人が最大集積地点としてその希少な血を高頻度で受け継いでいる。それを最大とし、その他では遠く西に離れたチベット人、一部の台湾原住民に存続するだけである。これは、後に両者を隔てる広大な地域にアジア系O系統が広く流入し、島国日本や山岳チベットにのみD系統が残ったためと考えられている。 日本人はY染色体DNAのD系統を高頻度で持つ事で有名である。世界的にもチベット人や中近東の人だけがこのDNAをもっている 東アジアの地域全体には南方系O系統が広く分布し、島国の日本や山岳のチベットにのみ古くからのD系統が残ったと考えられる 日本人は基本的に共通して、アイヌ人、本土日本人、沖縄人まで北方古モンゴロイドを基調としており、中国や韓国など東アジアの諸国と異なっている。

http://senkaku.blog.jp/2016052060258234.html
ーー記事ここまで


そもそもが中国地域から日本に渡ってきたのなら、人間が、それはゲノムにありありとその痕跡が残こる。 それが全くない。 それらの説明がないままに、この言語なる部分だけを絶対だと主張してしかけてくる全体の動き。 そういうものに我々日本人は無頓着だった。 だからやられた。

気づかない人間はこれからも奪われる。 わたしはその側に立たない。 必死で立たない。 なぜならば日本の国内においては本当に中国のイヌコロの数が多すぎるからだ。 簡単に染まってしまう。


ーー記事ここからツイッター三木慎一郎1114

2019年11月24日に、中国王毅外交部長が静岡県で川勝知事と会談した際、川勝知事は「静岡県は習近平主席が唱える『一帯一路』を高く評価し、今後も静岡県は全力を挙げて『一帯一路』共同建設を支持しその建設に積極的に参加していく」と語った事を覚えてますか? 中日地方交流の新時代という名の会談

ーー記事ここまで


わたしは川勝知事と名乗る人間は、かつての翁長知事と同じように、日本国内の在日華僑や在日朝鮮人たちが相当に支援したのだろうなと見ている。 そしてこの人物が本当にもとから日本に住んでいた人間かどうかということすら、今は疑わなければならない。 背乗りによって戸籍を入手して日本の国民として生きている人間は、これはいる。 しかしその数はわたしには特定できない。

彼は、川勝知事は、リニアモータには徹底的に反対する。 しかし県として一帯一路に参加するとまで過去に言った。 これがどれだけおかしな事か分るだろう。 分からない人間はもうどうにもならん。

リニアに関しては静岡と姉妹都市をやっている中国のどっかの省でもリニア建設予定があり、どうしてもそれを一番に、最初に開通させたいので、川勝知事を使って工作を徹底的にしかけている。

この人物は沖縄独立論者だ。 もちろん中国の命令だ。 ここまでくると相当の深い何か、弱みか何かを握られてしまっているとしか判定できない。


ーー記事ここから中央日報1115

報道によると、日本政府は通信、エネルギー、金融などの事業者が重要施設を作る際に安全保障上の脅威となり得る外国製品やシステムを導入しないよう政府が事前審査する内容を法案に盛り込む方針だ。これは中国製品の排除を念頭に置いた構想だと同紙は伝えた。 これは最近ファーウェイやZTEなど中国の通信装備会社を圧迫している米国と足並みをそろえる。バイデン米大統領は11日に連邦通信委員会(FCC)が特定企業の製品を許可できないようにする内容の法案に署名した。米商務省はファーウェイやZTEなどを中国共産党との連係と情報流出懸念などを理由に国家安保脅威と規定した。 法案には兵器などに利用されかねない先端技術の流出を防止するため、一定期間が過ぎても特許内容を非公開とする内容も含まれる。岸田文雄首相は「経済安保」を主要国政課題に掲げて先月の1次内閣発足時に経済安全保障担当相を新設した。日本の防衛省も来年に関連業務を専門担当する経済安全保障情報企画官を新設する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/07ce8533f3ea1c18cf486c9bdeb51e03b24b4585
ーー記事ここまで


今は日本ですら、国内の親中派が何を言おうとも中国の関連の製品を排除するという流れに入っている。 このファーウェイ排除の動きは香川の元デジタル庁大臣とやらが当選していたら難しかっただろう。 平井だったか。 だからそういう当落の動きを見ても今回の選挙は米中の両方の勢力によって何かの干渉があったのではないかというのがわたしの見え方だ。

それらは次の参議院選挙で更に分かってくるだろう。 ただしその時に国際社会、国際政治の状況がどうなっているかにもよる。

維新が躍進したのは、これは憲法改正に前向きだという看板を持っているから。 だから公明党は今必死になって細かい党の変身、というか演出を見せているが、それでも次の参議院選挙に負けたら、選挙区で維新に競り負けるという動きが起きたなら、これは世界史的な何かの変動が起きているのだろうなあとわたしは勝手に読む。

米国の軍人たちはもう戦わない。 しかしその態度をあまりに頑なにやると今度は自国が完全に中国にやられてしまう。 だから日本にやらせる。 だから国内法を変えさせる。 それは分る。

これらの動きだけを見て米国の中の、それこそ地底政府が日本を利用しようとしている、との文章と概念を採用することは可能だ。 しかしそれでもだ。 我々はまず変わらないといけない。

憲法が変わったあとに、日本人を戦争に引き出す、アジア人同士を戦争させてその数を減らす。 これは確実に仕掛けられる。 しかしそれが確実なら読んでおればよい。 そして無効化すればよい。

口で騒ぐだけの奴らはそうしたことを今までやってきたことの全くないうすらバカか、意図的に日本人をくじこうとしている工作員だ。 わたしは今の時点ではそう決めている


  変わらなければならない


----
終了
----
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する