――――――――――
2021・730金曜(令和三年)
――――――――――

81をめどにテンセントがもっているウェイボーとウイーチャットが、恐らく人民解放軍サイバー部隊にその運営を引き渡される。 だからこのSNSを使っていた在外の中国人たちが、そこからデータを落として、それを海外のツイッターなどに転載する動きも止まる。 だからこれから我々は中国の中での災害情報の一切が分からなくなっていく。

それでも抵抗する人は情報を上げようとする。 しかし時間の問題だ。 それらも年内には潰される。 それは2月に始まる北京の冬季五輪を「 世界で唯一コロナを完全に消し去った、コロナがゼロになった偉大な国である中国」 という旗印のもとに開催されることがもう明かされているその動きを汚すものだ。 だから消し去る。 問題はそんな事をしても根本的なことはなにも行われないのだから、たくさんの中国人たちが本当に死んでいくというところにある。

これから更に暑くなる。 そして中国の下水道施設は施設になっていないのだから、浄化がほとんどされていないのだから、市中に染み出した病原菌は、これから大きな伝染病の発生の原因の一つになっていく。

==
Alan~速報~@MogolianAlan  浙江省寧波、水の世界
https://twitter.com/MogolianAlan/status/1420624481345695745
==

街に排水施設がないと露見した時点で、これらの水が退いていくのは数か月後だと分る。 ただ、中国は五輪が近いということで、無理矢理に水路を掘って、そこから遊水池に無理矢理に水を逃がすという事をどうせやるから、想像以上に水のなくなるのは早いかもしれない。

またそうしないと、水の中に沢山の死体が浮いているので、伝染病があっという間だ。 北京市内ですら729の時点で死体がたくさん浮かんでいた。 これらの情報も全てでなくなる。 今中国ではデルタ型の大発生が起きているのだが、それらの背後で一体何人の中国人が死んでいるのかわたしには想像もつかない。

==https://mainichi.jp/articles/20210728/k00/00m/030/010000c
地下鉄の被災について英BBCの記者がニュースで「建設から約10年の地下鉄で、なぜこんなことが起きたのか」と疑問を呈したところ、中国のネット上で「中国をおとしめている」と批判が噴出。河南省の中国共産党青年団のSNS(ネット交流サービス)アカウントがこの記者の顔写真入りの書き込みを転載して「BBC、どこにいる? 皆さん、見かけたら知らせて!」と書き込むと、実際にBBC記者を捜す動きも起きた。この書き込みは後に削除された。 この結果、別の欧州メディアの記者が市民に取材を妨害されたほか、このBBC記者を含む複数の欧米メディア記者のSNSアカウントなどに脅迫メッセージが殺到する事態になった。  毎日 728
==
中国中部の河南省で起きた記録的豪雨による水害を巡り、国内外の記者に対する取材妨害が相次いでいる。中国当局だけでなく、群衆による記者への嫌がらせも複数報告される事態となった。 中国当局は政府に批判的な情報が広がることを懸念し、統制を強めている模様だ。 中国に駐在する外国人記者でつくる「駐華外国記者協会」は27日、米紙ロサンゼルス・タイムズなどの記者が鄭州で群衆に取り囲まれ、カメラや衣服をつかまれたとして懸念を表明した。英BBCの職員は「殺害の脅迫」を受けたという。  読売 729
==https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20210729-567-OYT1T50361.html

そしてこれらの記事のように中国は、軍人に民間人の恰好をさせて、海外の記者を脅すということを通じて情報の発信を阻止している。 この記事だけで軍が必死だと分る。 中国においては基本一般国民が海外の記者の質問などに答えてはならない。 社会信用システムのポイントが下がる。

中国の街はあなたが想像する以上に監視カメラが設置してあり、それらは顔認証によって、リアルタイムでどこの座標にどういう人間がいるのか把握されており、それらの市民が海外記者に質問されたらその質問内容含めて、回答含めてすべて中国は把握している。

音声で取れない場合は唇の形を読む。 だから中国人たちは少し前は口元を隠して喋っていたが、こんどはそれをやるとポイントが下がるのでそれもやらなくなった。 本当かどうかわたしは貴方にそれを提示出来ない。 うさん臭い話の一つだと思っていてください。

だから市民は基本ガイジンの記者に答えることはしない。 なのでこれらの食って掛かった人間たちとは男女含めて全て中国軍人か又は中国公安ふくめる警察関係者になる。

中国は工作国家であり、便衣兵の国だ。 それを忘れてはならない。

==https://news.v.daum.net/v/20210729070441696
福島東競技場は、福島原発からの直線距離でわずか67km離れますよ。ここでやはり2014年4月までの立場を禁止地域に属しています。私たちの取材陣は21日、大会初戦の日本とオーストラリアの試合を取材するために、ここを最初に発見したたしてきて放射線量を測定してみたよ。高速道路で福島インターチェンジを50km控えた状況で放射線量が毎時05μ?が出ていました。日本政府は、時間当たり0.2~3μ?を安全基準値に定めんですが。基準値の2倍以上が記録されたのです。もちろん日本政府が定めた安全基準値というものが安全であることを意味し、決してありません。  730
==

そして韓国の記者は、同じ工作国家の戦闘員として、福島では韓国の野球の試合がないのにも関わらずわざわざ現地入りして、そしてソウルの空間線量の10分の1以下である福島周辺の線量が危険だとプロパガンダを放送し、更に自国の中の、今でも放射能が漏れている月島原発の問題から視線そらしをしている。 この原発が彼らの核兵器製造の為のものであるのは皆知っている。

しかしこうした生意気な態度も、出来て今年までだろうと見ている。 今年の末に韓国に対しての徹底的な経済制裁が仕掛けられるだろうなあというのがわたしの読みになっているから。

==
コロナ禍で開幕した東京オリンピック。柔道の高藤直寿選手の金メダル第1号に続き、日本人アスリートの金メダルラッシュがテレビを賑わせている。一方、創業以来最大の赤字を出した朝日新聞をはじめ厳しい経営が続く新聞業界は、期待したスポンサー企業の広告が入らず困惑している。  「トヨタ自動車がCMを見送ったことが、他のスポンサー企業の横並びを決定付けました。新聞各社が予定していたスポンサー企業の協賛広告は全滅状態で、もはや新聞社にとって五輪は不吉な言葉になってきています」  ゲンダイ 730
==
https://i.imgur.com/15ToJ79.png  →中韓北を引き込んで国家体制転覆を図る新聞社
==

そして今の時点でも東京五輪は中止するべきだとやっている朝日と毎日、これらの紙面を見ればわかるが、彼らは日本人選手が金メダルなどを取ると本当に腹正しいのだろうと分る。 記事を書いている韓国人が怒りで常軌を逸してしまっているのだろう。

しかしそれらの態度があだになってトヨタを含める大手から一切の広告を引き上げられ、更に経営が苦しくなっていくのは実に喜ばしいものだ。 朝日は不動産も今は終わっているし、毎日は創価学会の新聞の聖教新聞の代理印刷を確かしていたが、これらも学会員が高齢の為に次々と死んでいるとので部数の落ち込みが止まらない。 一人で二部だとか三部だとかとっていた馬鹿がたくさんいた。

彼らの理想とやらは全て支配とコントロールだ。 従えとしか言わない。 そんな連中はもう地球には要らない。 だから彼らを支える動きの勢力の全てを索敵して見抜いて、それらを無効化していかなければならない。 それが我々日本人が複数抱えている大きな課題の一つになっている。 わたしはそう判定している。

==https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210730/for2107300001-n1.html
東京五輪は無観客で開催されているが、来年の北京冬季五輪は一体どうなるのか。中国による新疆ウイグル自治区でのジェノサイド(民族大量虐殺)を問題視する米議会が、五輪スポンサーの大企業に対し、開催地変更を視野に圧力をかけた。欧州や英国の議会でもボイコットは議題に上がっており、自由主義社会が一丸となって中国や国際オリンピック委員会(IOC)に「NO」を突き付けようとしている。 27日に北京五輪のスポンサー企業に対しオンライン公聴会を開いたのは、米議会超党派の「中国に関する議会・政府委員会」。ロイター通信によれば、スポンサー企業が中国の人権問題よりも自社の利益を優先させていると議会は強く非難したという。  夕刊フジ 730
==

しかし問題はこの北京冬季五輪だ。 大きなお金が突っ込まれてしまっているので、ネット内部でいつも勇ましい人たちが言うような都合のいい展開にはどうせならない。 ただ中国内部の水害が想像以上に酷いので、そこからの「 1年延期」 という選択肢はひょっとしたら出てくるかもしれない。

しかしそれらの動きを落としどころとして認めないと、特にユダヤの勢力が決めてしまっていたら、これは中止に追い込まれてしまうかもしれない。 しかしその場合は中国が戦争準備を早める。

地球の今の改変の動きが、今から6-7年前に開示された  新しい黙示録  に記述されたものよりも更に緩やかなものになっていた場合は、北京冬季五輪も開催され、パリ五輪も開催されるかもしれない。 分かる訳がない。 わたしは人間なので分からない事の方が圧倒的なのである。

分るという人たちは証拠か再現実験の手順書面をどうしても出さないといけない。 それが出来ない時点でどの座標に立っている人も何も分かっていないと宣言しているのと同義。

この世界は、この人間世界は、読書感想文と青年の主張だけしかないといった。 実験計測による数値の積みかさねからの新規想起などという座標に座っている人間は本当に少数でありないがしろにされてきた。

それは、それらの領域の人々が大勢力になってしまうと、この物質が固定された世界においての人類世界の合理的な流通経路が、精神の流通経路が確立されてしまい、それを非常に嫌う勢力がそれをやった… この世界を情緒感傷と思い込みと迷妄と怠惰と耽溺と拘泥の世界にした …とわたしはとらえている。

だからわたしの現時点の認識によったら、精神世界の中で何か自らは特別だとほんの1ミリでも思ったキャラというのは、この厳しい現実世界での競争から逃げただけのひと、ただ負けただけの人にしか見えていない。 それらの原因を分析することもなくただ誰かのせいにして逃げ込んだだけの集団にしか見えていない。

彼らは自由と平等と公正を求めているふりを偽装しながら、潜在意識では権威を強く求める渇望する座標にしか見えない。 自分自身の不遇な境遇とやらを「 前世で他人を搾取してきたから、それらのカルマの解消でしかないのではないですか?」 という言葉に直して解析してみようという気持ちがない。 結局自分は上でトクベツで  △  の頂点だ、とでも言える態度を手放さない。

この様にしか見えない。 だからわたしは彼らに対してはいつも言わないが、今も言わないが、そんな甘い考えと態度でいいのですか、とは言う。

どれだけきれいごとを唱えても、ネットの中で自説を展開しても、後ろから刺されたら死ぬ。 精神攻撃をしてやるとかといきまいても、警察が乗り込んできて「 あなたを恐喝の罪で逮捕します」 とやられたらそれに従わなければならない。 何故できないことを出来るとコトバでうそをつくのか。

自らがみじめになるだけだ。 それを止せとわたしは言う。 それらの心の型を持っている人がこの人間の世界には多すぎる。 これをどうするのか、だ。


  われわれは全員が賢くなっていかなければならない


----
終了
----
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する