支配したいという意図があり、そうした思いが人間の器の中に入っているだけで、それらが猫なら猫の、犬なら犬の、その社会内部における △ の支配構造を形成するだけだ、という観点に立つのなら、今、人類社会で起きている △ がその状態であり続けたいがための、外部に対しての侵食の動きの拡大… しかし失敗しているという事の原因をそれぞれが理解する必要がある。

なぜなら理解した時点で新たな発想の、というか、理解の波形を得る。 その時点でその人は以前とは同じ座標にはいない。 正確に言えばいられない。 勝手に移動してしまっている。 当人が気づいていないだけだが。 それらの多数の自分存在が平行宇宙だと捉えることも、認識力のそもそも小さな人間にとっては間違っていない。 間違っていないという言葉を使うしかないのだが。

米国のナッシュビルでの爆発は、地上爆発は陽動であり、本筋は上空からの、または地対地におけるミサイル攻撃であると動画解析において判明した。 恐らく戦闘機が使われている。 なぜならこの爆発の後に米軍は近辺をドローン含めて飛行禁止に設定している。

== W politics 1226
独占的破壊:ナッシュビルの爆発が実際にはミサイル攻撃であったことをビデオが証明し、ターゲットはAT&T / NSA強化スイッチング施設「スパイハブ」でした
入ってくるミサイルがナッシュビルで爆発を開始したことを示すビデオ証拠が現れました。下に埋め込まれている次のスカイラインビデオは、爆発の直前にミサイルが入ってくることをはっきりと示しています。 また、Googleのストリートマップによってぼやけた場所にAT&T / NSA VoIPルーターコンプレックスが収容されていたことがわかりました。これにより、NSAはAT&Tネットワークを使用するすべての人のすべての電話での会話と電話のテキストをスパイできます。
==

今回攻撃された建前上はAT&T所有の施設ビルは、NSAが全米に構築している8か所の情報収集拠点の一つであった。 そしてこれらが如何にもテロリストによって破壊された風に偽装するために地上のトラックを爆発してみせたが、本筋はどうやら戦闘機からのミサイルであったようなことが判明している。 何故そんな事をする必要があったか。 それはこれから中国が対外戦争を起こすので、米国の中の情報収集システムを破壊しにきた、とわたしは言う。

アトランタ、シカゴ、ダラス、ロサンゼルス、ニューヨーク市、サンフランシスコ、シアトル、ワシントンDC、これらの各都市にある情報収集拠点に全米からの取得情報が集まる。 何十億もの電子メール、電話、オンラインチャット、動画、なにもかも、これらを集めて監視、管理していた。 テネシーのナッシュビルは割と新しい施設だったのではないかと思う。 詳細を調べてはいないが。

われわれは、今の米国はカナダという隣国から直接核ミサイル攻撃をされてしまう危険性の中に、少なくとも軍人と政治家たちはこれを理解しているという概念で活動をしているというこの理解がない。 米国はこのカナダの中に隠れている数万の( 下手をすれば10万人以上なのだろう、今でも) 人民解放軍部隊を、演習の形を偽装してこれを攻撃殲滅させる計画がどうやらあり、それらの実行の為に米国の中で戒厳令を発令して、その軍事作戦の妨害、つまり米国内部からの裏切り攻撃をさせないことを求めている… というようなことを以前言った。 米国のコロンビア特別区やNYなどは、カナダ南部から中国人民解放軍の発射する核ミサイルでいつでも消滅させられる地区になっている。

500Km程度の近距離だと、接近が早いので迎撃が失敗する可能性があるのだ。 それらの新しい常識を頭に入れて、今の米国が周辺の国に対して何を思うのか、どうしなければいけないと思っているのかを考えると、今までとは違ったリアルが見えるのではないかとわたしは言う。

米国1226にナンシーペロシが逮捕されたという情報が出た。 ただ確定情報というよりは、以前アダムシフの時に言った、逮捕者関連の告知サイトの様なものの中に、彼女の名前と家族名と年齢があったという事のようだが、これらの真偽は今は不明だ。 ただ米国月曜日に議会があるので、そこで重要な採決をしなければならない。 だからそこに彼女が出てこなかったら、逮捕は本当だと思っていいのだろう。 もし彼女が逮捕されているのだとしたら、ヒラリーやカマラハリスなどの逮捕も近い。

フランクフルトで負傷して逮捕されたジーナ・ハスペルCIA長官は、グアンタナモ湾に移送される飛行機の中で完全に自白して、以後司法取引に応じるとなった。 証人保護プログラムによって彼女は今の騒動以降、名前や戸籍も変えて、別人になって米国の何処かで余生を送るための準備をしつつ、これまでに知った全ての情報をトランプ陣営に伝えている。 全てを知っている彼女がその何もかもを自白するのだから、今後の民主党勢力というか、地底政府関連の逮捕者の数は加速度的に増える。 そしてジュリアーニ弁護士が「 もう、全てを暴露する」 とツイートした。

恐らくそれは年内のことだろうと見る。 彼はハンターバイデン関連のHDD情報の全てを持っているが、それらを暴露されたら民主党勢力はもたない。 そしてそれに追い打ちをかけるように、16の選挙人名簿を読み上げる前の日付だと思うし、ジョージアの上院議員決戦選挙の前だと思うのだが、ラトクリフ情報長官のラトクリフレポートの完全版が公開されるだろう。

そしてその流れに併せるように「 オバマの逮捕やビルクリントンの処刑や各関係者の次から次への逮捕の公開」 があったらどうなるか。 ジョージア州ではもう大規模不正選挙の為に民主党関係者が住民票を移動させているという報告が上がっている。 それらの関係者が、場合によっては自分が本当に逮捕されて、本当に死刑になるのだというのを知ったら、それらの不正選挙行動をするだろうか。 わたしはしないと思うが、よほどの馬鹿ではないかぎり。

== 新唐人
北京や上海でも大規模停電 専門家「電力が軍需用途に使われている可能性」【禁聞】
76,802 回視聴 2020/12/25
広東省に続き、上海と北京の一部地域でも12月22日に停電が起こりました。その前には浙江省、湖南省、江西省でも電力不足が起きており、政府が停電の原因を説明しないことをいぶかしむ声が上がっています。   https://youtu.be/ITyil6xl2eY
==

米国は内部の裏切者を早く始末して、そのあとに軍の要望としてはさっさと戒厳令を発令して国内の余計な動きを押さえつつ、同時に演習の形からの「 恐らくカナダ攻撃、その中で訓練をしていた大量の人民解放軍部隊の攻撃殲滅計画」 を実行に移すのではないかと言われている。 これは今後の進行で変わる。 この辺になると相当キワモノの情報が飛ぶので分からない。

われわれは武漢肺炎が2月に発生した時に、中国の中で何百万件にも及ぶ携帯電話の回線契約が消滅したというか、解除されたという動きがあったのを覚えている。 たくさんの人間が中国政府の発表以上に死んだのだろうなあと皆思っていた。 それは恐らく正しいのだが、あれらの解約の中の数字の人間が、中国からいったん民間人の旅行者を偽装して、カナダの中に入り込み、そこで部隊訓練をしていたという可能性、これに至ることはなかった。

メーン州で撃滅させた人民解放軍が5万人規模だったということは、カナダの中に今でも10万人だとかそれを超える人民解放軍がいると想定した方がいい。 勿論米軍は実数を掴んでいるだろうが。 それらをこれからの中国からの世界に向けての、主に米国に対しての、まさかの本土攻撃も含める形でしかけていく電撃作戦… こんなものを分かっていて米軍が許すかどうか、これを考えてみることだ。

中国はカナダのメーン州の動きからなのか、もう少し前なのか、自国の中で猛烈に地下秘密軍事施設の建設、そして揚陸艦8隻の建設をフル稼働で行っている。 内部の中国人からの情報、つまり江沢民派からの情報だと思えるそれらは、これから中国の方から戦争行為をしかけるという意図をそのまま表現している。 今年の8月半ばから末にかけての北タイ河会議において、対米開戦が決定されたというのを言った。 事態は本当にその通りに進んでいる。

== 12/26(土) 23:45配信 朝日新聞デジタル
全世界からの入国緩和、一時停止 一部のビジネス客継続
新型コロナウイルスの変異種発見を受け、政府は26日、全世界を対象にとってきた二つの出入国緩和策を28日から一時停止すると発表した。すでに英国と南アフリカは対象から除いていたが、除外対象を全世界に広げる。停止期間は来年1月末までとするが、感染状況次第で延長する可能性もある。一方で中韓など11カ国・地域を対象としたビジネス往来の仕組みは維持する。
== ここまで

だからこれらの動きは、例によって今の菅首相を背後で支配しているニカイさんと経団連の意向などがもろに見える親中韓派の思惑そのままだが、別の解釈をすれば、この11か国の地域で戦争が始まるので( 中韓だな) 、その内部に結果として人質になっている日本人を帰国させるための選択肢を残しておくという言い方も実は出来る。 確かに中韓派は相当の問題であり、これから始末されていかなければならない連中だが、現実の問題として彼らの無能の決定における生産設備の進出からの人質化という事実がある。 これを全て失ってもいいのだという覚悟が、これらの勢力と日本国家にあるのかどうかということ。

==NTD 1226
北京や上海でも大規模停電 専門家「電力が軍需用途に使われている可能性」【禁聞】
2020年12月26日
天安門事件の際の民主化運動の活動家で、コロンビア大学政治学博士の王軍濤氏
「ある可能性を考えている。もしかしたら戦争を準備しているのかもしれないと推測している。一部の地方では電力の需要が急に増え、これは実際には軍需工場と軍事用途に限られていて、突然使用量が増えることがある。特に地下施設を建設するといった場合はその場所で電力使用量が急激に増加する可能性がある」
湖南省は軍需産業が盛んな省で、国防科学技術工業の重点省の一つにも数えられており、浙江省と江西省にも軍事産業グループがあります。王軍濤博士は、南方で何らかの大規模なプロジェクトが進行中なのではないかと分析しており、民需を保証しないのであれば、軍事用プロジェクトが進行中のはずだと分析しています。また広東省では停電だけでなくインターネットと水道も遮断されたため、別の可能性も浮上しています。
== ここまで

中国の炭鉱事故、これは権力闘争である可能性があると言った。 1223の隕石騒ぎも北斗システムの一つが、軍の内部の江沢民勢力の破壊工作によって起動が変えられた可能性、大気圏に突入する確度に無理矢理に変えられた可能性を言った。 そうした内部の混乱状況が続きながら、更に原子力発電所の停止、または事故、更にロシアからの電力送電中止、これらも事実だとする。

ウソかもしれない。 そうした中国からの発信情報が、地下軍事基地建設などの動きを覆い隠すものなのかもしれない。 またはその逆であり、苦境をごまかす為に、政府の無策を前に出さない為にこうした軍事計画が進行中であるとするのかもしれない。 今は激烈な情報空中戦の最中だ。 しかしわたしは、これらの国内混乱事象は全て事実であり、更にこれらに地下秘密基地の建設と、揚陸艦8隻のフル回転建造が本当だと見ている。

そして北京などにおける停電は、北京内部においての敵の工作員の通信を突き止めるために行っているものだと捉える。 戦争が近ければそこまでやる。 スパイ工作員を戦争開始前に索敵殲滅しておかなければならないからだ。 113に中国内部における物流の停止、統制の開始が通達された。 これを言った。 これは今となっては明確に分る。

113以降、中国内部の部隊を、兵隊を、機甲化部隊を移動させるのだ。 軍隊の大移動が開始されるからだ。 その時に民間の車両が邪魔だからだ。 そして民間に回すガソリンにも余裕がないからだ、という。 あらゆる指標が目の前に迫っている開戦をしめしている。 彼らは大日本帝国の時の様な宣戦布告なしの先制攻撃をするのか。 いや、真珠湾はきちんと伝えていたが、それを米国の中の地底政府の側がこれを握りつぶしていたというのは明らかになっているが。

揚陸艦8隻も建造して、ではそれを動かす要員がいるのか。 それらの水兵をカナダで訓練させていたと仮定したら、それは米軍がカナダを攻撃する理由にもなるだろうなあとは言う。 わからない。

== 1225
ami
来年9月発足の「デジタル庁」は全面的にHUAWEIを採用するという噂があります‼️ HUAWEIはバックドアが付いていて、全て中国共産党にデータを搾取されるため、今、世界中がHUAWEIを排除しているときに、日本は気が狂ったんでしょうか⁉️ 日本は中国の属国になるんですか⁉️
政府 デジタル改革の基本方針閣議決定 来年9月デジタル庁発足 | NHKニュース【NHK】デジタル化の推進に向けて、政府は25日の閣議で、来年9月に「デジタル庁」を発足させることを明記した、デジタル改革の基本方…
nhk.or.jp
午後11:30 · 2020年12月25日
ーーー
Mi2
平井卓也デジタル改革担当大臣
wikiに「Huaweiファン、Huaweiシステムを高く評価、デジタル庁に導入したい」と書いてあったので少し検索すると…HUAWEI視察やHUAWEI迎賓館で開催された夕食懇談会に出席とか。デジタル庁を作ろうとしてる人が、もう中国側に取り込まれてるんじゃね?と心配になるよね
== ここまで

日本の経団連の中に中国共産党のスパイが山ほどいるというのは、こないだ流れた共産党リスト、上海からの分だけでも明らかになった。 あんなものではないだろう。 そして中韓の犬である彼らは今後、恐らく菅首相を長期政権とさせて、安倍総理がやってきた反中反韓のシステムを全て無効化させて、日本のリソースを再び中韓に流すという仕組みをつくることだろうと見え見えで分る。

韓国が再び西側の穴になる。 だから9月以降菅首相の再任ということになるのなら、韓国に対してのホワイト国リスト復帰が即座に出てくるだろう。 彼らは焦っているので、その工作に余裕がない。 だから今の時点でも見え見えの動きをする。 安倍首相の桜の会がどうしただとか、来年9月の総裁選挙出馬を断念させるだとかどうしたとやっているのは全てその辺にある。

安倍首相が再選ということになれば、その時点では恐らくトランプ大統領2期目なので、これと連動した中国韓国包囲網が更に強まるからだ。 と、一応ここまで書いたが、何が起きるか分からない。 ペンス副大統領の裏切りからの、色いろなボタンの掛け違えでバイデンが大統領、即座にカマラハリスになっているかもしれない。 油断はできない。

==
アーロン大塚
@AaronOtsuka
パウエル弁護士が米国選挙への外国介入の報告書(270頁)をジンガーニュースを通じて公開する。報告書を見たい人は下記リンク。消される前にダウンロードしてください。
https://wpcdn.zenger.news/wp-content/uploads/2020/12/24190822/2020-12-23-Sidney-Powell-Team-Binder-ZENGER-NEWS.pdf
午後0:04 · 2020年12月27日
==

あまりにもサイズが大きかったので落としていない。 ただこの中に、イラン、中国が関与したという実際の証拠、アクセスログが全て記載されているようだ。

今回は中国の内部から出た、武漢肺炎発生における事実を中国共産党が把握しており、それが間違いなく武漢の内部からのものであったという事の認識を共産党自身ももっており、彼らが率先して武漢肺炎の名前を使っていたということの文書、この話は割愛する。 正論の今月号かでこれらのすっぱ抜きがあるようだ。 中国自身が内部の関係者にこうした文書を制作配布していたということは、その責任の所在が自分たちにあると明確に理解していたということに他ならないから、今後世界からの賠償請求の動きに対して反論できない。 それでも反論するし、それでもカネを出そうとはしないし、それでも謝罪することはないだろうが。 

これらの 生存は自分たちのだけの権利 であるととしか認識できない人間勢力をどうするのか、というのが我々の側に問われている。 そしてこれらの勢力と大きく協力する勢力をどうするのか、をも。 もうなあなあで先延ばしにする余裕はないのだとは言う。 地球が待ってくれないから。


ジュリアーニ弁護士の全ての暴露から、そしてナンシーペロシの逮捕が本当だったり、兎に角様々な動きが来週には明らかになる。 そうなるたびに、日本の側の、新中韓派とでも言える全ての勢力はこれを隠ぺいする動きを加速させるが、貴方はそれらの工作に引っかからずに、真実なるものをみつけてそれをつかんでほしいと思う。


あなたなる領域座標が、真実=諸事実から構成される認識、これを確保獲得する… この頭数が増えて、そしてそれに連動して行動が変わっていけば、世界の形は知らずして本当に変わっていく。


あなたが世界を創っているのであり、あなたが世界を変えるのである。


ホントだよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する