米国1214において選挙人選挙が強行され、7つの州においては議会が首長に対抗する形で「 我が州の選挙人はトランプ大統領と記名した」 という書類を提出したというのを前回言った。 これに関しては1月6日の上院においてのペンス副大統領の判断にかかっているのだと言った。

それはおいといて、この1214に行われた動きとは米国の法解釈的にはどうなるのか。 それは今回米国国家に対しての国家反逆罪を仕掛けた側が、それらの作戦を完了、最後まで完成させた、完遂させたという解釈になるのだそうだ。 それはどういう意味か。

それは「 国家反逆罪は完遂の場合は死刑」 ということ。 未遂だったらまだ懲役150年とかそういう可能性はあったのだろう。 軽微なもので5年とかの数字も言ったと思う。 しかし完遂者は別。 これはどうやら何をどうしても死刑のようだ。 そして今回の完遂者と判定される者達は、千人に近いほどの数百人レベルだということが意図的に情報として流されている。 この完遂者に関しては、戒厳令を発動しなくても、平時の段階で逮捕して軍事法廷に送り込んで、即決死刑の判決からの執行という事になる。 平時においても裁ける。 そのための新しい司法長官、副長官の布陣だろう。

バイデン候補は1214までに4回も勝利宣言をした。 やればやるほどこれらの国家反逆罪にかかわった米国内外の関係者は自ら退路を断っていった。 引き返せないところまで自分で移動した。 そのゴールが1214の選挙人投票の強行、という言い方。 マスコミ関係含めてだいぶん助からない。 そしてそれは日本のマスコミを含めるキャラたちもそうだとわたしは勝手に言う。

1214の選挙人投票の強行においてロシアのプーチン大統領が 警告 を出した。 これをCNNなどが意図的に「 プーチン大統領が祝辞を送った」 ととんでもない事を言った。 ところがロシア語の原文を読める人が解説していたのだが、あれは警告なのだそうだ。


===

電報の中で、ウラジミール・プーチンは大統領エレクトがすべての成功を収めることを望み、世界の安全と安定に特別な責任を負っているロシアと米国は、その違いにもかかわらず、世界が現在直面している多くの問題と課題の解決に本当に貢献できるという自信を表明しました。

=== ここまで


すべての成功を収める… とは、我々ロシアの側にも納得できる説明、結果を見せろ、と読むそうだ。 そしてその後の 多くの問題と課題の解決に本当に貢献できる… とは、正しい結果を、つまり事実を公表しないのなら、ロシアの我々は我々の力を行使する、と読まなければならないそうだ。

だからこの情報発信の前後にジュリアンアサンジの恩赦と、恐らくエドワードスノーデンの帰国の情報が出されている事が興味深い訳。 勿論関連しているだろう。


===

ロシア大統領は、これを念頭に置いて、平等と相互尊重の原則に基づくロシアとアメリカ人の協力は、両国の人々と国際社会全体の利益を満たすだろうと述べた。

「私としては、あなたとの交流と接触の準備ができています」とロシアの国家主席は強調しました

=== ここまで


ロシアはアメリカと( トランプ大統領の側と) と共同戦線を張る、という事であり、交流と接触の準備が出来ている、というのは、彼がFSB( ロシア司法当局、特別捜査チームを渡米させた) を送ったというのは、普通に考えて「 覚悟してろ」 という意味と取るべきだ。

今行われているのは結果として 人類への暴露 の形になっており、我々はソロスやロックフェラーや更に欧州の旧支配層やそして中国などの、彼らが本当の本当に何をこの地球世界に実現させるべく様々な工作をしてきたかということの事実情報に初めて接している訳だが( 少なくとも情弱と言われる一般庶民においては) 、そこからさらに、地球人類の最初の成り立ちから、外から入ってきた連中の話やら、そしてそれらが他の星でやっていたことをただこの地球でも繰り返しているだけだというどうしようもなさ、これらを含める全ての本当の真実に接近する人々の数を増やしていく… そういう流れにつながっていけばいいと個人的に思う。

中国共産党協力者リスト200万人のサイトがサイバー攻撃によってつぶされた結果、あれらが本物であると中国そのものが証明してくれた。 そしてあれらは上海の共産党関係のものでしかないのだが、その中にどうやら 日立グループの関係者の名簿が500名あまりあった 事が明らかにされた。

以前経団連の中西会長が( 確かこの人は日立グループから出ている) 少し前にトランプ大統領が明らかにホワイトハウスの中に武漢肺炎ウィルスを持ち込まれ、暗殺されかかった動きの時に「 トランプ大統領は自業自得だ」 という発言をしていた。 だから経団連の会長ですら中国のスパイなのだから( 今の時点でわたしはそう判定する) 、これからの米国での大掃除に連動して、日本の中の中国の工作員、日本の裏切者、売国奴、人類の敵たちが様々な形で処理されるだろう。

わたしは昨日くらいの時点でチラチラ出ている「 公職追放」 というコトバに敏感になっている。 それはこれらの中国の工作員の何割かは、恐らく逮捕、恐らく米国への送還が待っているだろうが、それでも処理できない程の数がどうせいるので… ( 上海リストは1216の時点で、日立が出てきたというだけであって、まだまだこれから出る。 200万人もあるのだから) …軽微な?裏切者に対してはその影響力を日本社会から切断する為の処理、戦後の日本において起こされた公職追放が、これは政治から官公庁から教育から経済から学術マスコミから文芸から、ありとあらゆる領域で起こされるのだろうなあと、これを思う。

日本から米国への強制送還、これはあると見ている。 ただその前に米国の内部で騒乱の可能性、これがあるかもしれない。 米国在住の日本人報道関係者に帰国命令が出ているようだ。


===

Lin Wood
@LLinWood

12月14日
Better to be safe than sorry.

Make sure you have PLENTY of water, food,
flashlights & batteries, candles, radio, 2nd Amendment
supplies, & a plan to meet with leaders of your communities.

Remember we only have 1 President at a time.
Our leader is @realDonaldTrump
, not Biden.

後悔するよりも、安全であることが大切です。

水、食料、懐中電灯と電池、ろうそく、ラジオ、憲法修正第2条の物資、地域社会のリーダーと
会うための計画を十分に持っていることを確認してください。

私たちは一度に1人の大統領しかいないことを忘れないでください。我々のリーダーは@realDonaldTrump です。バイデンじゃない

=== ここまで


憲法修正第二条の物資とは武器弾薬のことだ。 リンウッドという米国社会においての発言力の大きい人物がそうしたものの備蓄を個人にすら進める状況というのは普通に考えて、争乱、内乱、それに準じたもの、そして宣戦布告などがあるという意味。 これらの国民に対しての周知徹底とは、戦争前夜にとられる準備だ。

それは米国が新しい連合諸国を形成して、新しい悪の枢軸の中国と戦う前ぶれという言い方にもなる。 だから米国の中の裏切者の始末と連動して、恐らくまず真っ先に日英の内部の関係者の始末が始まる。 日米同盟と米英同盟は、米国が他の各国と締結している同盟関係よりもはるかに重要で大きなものであり、これらの軍事同盟国の内部に中国共産党の工作員スパイがいて、堂々と活動しているという状況を、少なくとも今のこの段階になった米国が許すはずがない。

そしてこの同盟間においては、やっぱりどうも通常の犯罪人引渡し協定よりも深い何かが結ばれており、今回の様な国家の根幹に関わる攻撃が起きた場合、それは同盟国の中の工作員であっても帝国本国にそれを移送する義務というか、そうした約束事があるようだ。 解釈問題かもしれない。 これらに関してはもう少し分かった書く。

分り易く言えば、今回の大統領選挙違反関連の工作にかかわったもの達というのは、過去に米国に本土攻撃のテロを仕掛けた 911の犯人たち と同じような認識扱いを受ける対象であり、今回の国家転覆罪、反逆罪に関連した米国生まれで米国育ちであって、米国国籍をもっている生粋の米国っこであっても、即座にその米国市民としての公民権をはく奪されて、中国の便衣兵=スパイ=破壊工作員=テロリスト=ゲリラ、として、外国人として扱われるのと同じような処理が、日本の中の、そして英国の中の、各種親中と言われるような領域にしかけられる。 そんな言い方になる。

だからわたしは何度も言うが、今度は日本のメディアの中などで、ただ台本を読んでいるだけの連中も助からないと言ったのです。 911に例えるなら、実行犯を空港のセキュリティをパスさせた協力犯というものがいたが、日本のメディアの中で、これだけの米国の動きが現実に起きているのに、中立公正である態度すら何一つ見せずに、バイデンがとやってる勢力は、全て米国国家転覆に関わったと判定、認定されるという事。 日本の我々がそれを決めるのではない。 米国の司法が、米国の法令と、米国の常識においてそれを決定する。 そして行動する。 だからこの概念をマスコミを含める各種領域の人は相当に甘く見ているというか、自分には関係ないと本気で考えているというか、少なくともわたしの見え方からしたら脇が甘いどころではない態度を、行動を、表現を、これまでにずーっと繰り返してきた、という風に見えるのだ。

ジュリアンアサンジが恩赦されるだろうという流れの中で、ウィキリークスで暴露の再開が起きている。 まだ本格化していない。 しかし1216の時点ですこしだけ出ているそれですら爆弾ものが多い。 それはやっぱりそうだったかというものばかり。 オバマがバリーソエトロ( この名前ではないかもしれないが、兎に角最初からバラクオバマという人物ではなかったというそれ) だったことを伝える情報だとか( オバマの出生証明書がない。 日付がない、だとか) 、日本の高速増殖炉もんじゅのとらぶるも、ヒラリーたちの勢力が徹底的に仕掛けていただとか( 恐らく原子力船むつのトラブルもそうだったのだろう) 様々に出ている。 わたしはどうしてもあの311の福島原発のあれらの事故が全ての全てが自然事故だったのか、それとも一部破壊工作があったのかということが明らかになればいいと思っている。 更に日航123便とか、オウムの地下鉄サリン事件すらも。

これらの衝撃的な事件が起きているときに、インボー論と言われる知性の存在しない領域においては大体が ユダヤだとか、ソ連だとか、自衛隊だとか、そういうコトバが山ほど出るのだが、それらの文章の中に 中国 の文字が出てきたことはない。 それだけでどう考えてもおかしいのに、それをおかしいとすら思わないように我々日本人は社会工学によって洗脳されているのだということに、まずそれに気づくべきだ。

ウィキリークスの暴露においては、エプスタインアイランド関連の、少年少女に対しての性行為が大好きで中毒になっている様な連中がこぞって使うシンボルの様な画像暴露もあった。 以下に示す。

https://i.imgur.com/yzK55Qq.png
https://i.imgur.com/MVTbV0e.png

わたしはあなたに命令などしない。 しかしあなたに子供がある、又はあなたの家族に、親せきに、知り合いに、小さな子供たちがいるのだとするのなら、この画像に関連するような、同じ記号だとか、似たような意匠のマーク、品物、商標、アクセサリー、なんでもいいが、それらを身に着けていたり、外界にそれを示していたり、内部に隠し持っていたり、などという人間には、家族には、集団には、企業には、絶対に接近するな、逃げてこいと教えることをお勧めする。

カナダのトルドー首相が、このドミニオン不正によって今の座についたのであろうというのは前回に言った。 その彼の周辺もこれら小児性愛愛好者で占められており、そして彼トルドーもそうかどうかまでは知らないが、彼と彼の父親は根っからの共産主義者だという情報も出た。 これはこれからの検証を経る必要がある。 しかし共産主義の部分は本当だろう。 でなければ12月の頭の時点でトルドーが「 グレートリセットをするべきだ」 と言うはずがない。

ドミニオンの不正システムが、それらの情報伝達の途中経路にソーラーウィンドウズ社のIT管理システムを使っていると言った。 そしてこの会社は春ごろから内部にトロイの木馬を仕掛けたのか、仕掛けられたのかは知らないが持っており、ただちにネットから外して電源を落とせという警告をCISAが出したというのを前回だったかに言った。 そのソーラーウィンドウズ社が警告が出た翌日の早朝に、テキサス本社に、あのテキサスレンジャーが大部隊で乗り込んで証拠品を押収している。

=== WIKI
テキサス・レンジャー(英語: The Texas Ranger)は、米国テキサス州公安局 (Texas Department of Public Safety) に属する法執行官。アメリカ最古の州法執行機関であり[1]、ハイウェイパトロール (Texas Highway Patrol) とともに、州公安局の中核を担っている[2]。
=== ここまで

これはウィリアムバー長官の辞任の後のことであり、更にプーチン大統領がバイデン陣営に警告を送った数時間前「 ロシアから謎の不正大量ハッキング」 がソーラーウィンドウズにあった。 テキサスレンジャーは前もってこれらのロシアからの大量ハッキングが行われるのを知っていたという風な動きを見せた。 わたしは貴方にロシアの司法当局のFSB捜査チームが渡米したと言った。 もう着いているようだが、これらの動きが全く無関係と思えるような馬鹿にはなってほしくない。

ロシアが大量に不正アクセスを「 してくれたおかげで」 それを理由にテキサスレンジャーが大部隊を送りこめた。 このように読まなければならない。


=== ウィキリークス

ビル・ゲイツは2013年3月1日にジェフリー・エプスタインと一緒にニュージャージー州のテルボロ空港からパームビーチに飛びました。

土曜日の朝に刑務所の独房で死体で発見されたエプスタインは、過去にゲイツの財務顧問だと人々に言っていた。ゲイツの人道的財団の担当者は、エプスタインがマイクロソフトの億万長者創業者のために働いたことはないと否定したが、2013年の飛行についてはコメントしなかった

ゲイツと彼の妻は、慈善活動を通じて世界中の若い女性の教育とエンパワーメントを支持してきましたエプスタインは、セ クスのために18歳未満の未成年者を2回訴えた罪を認めた後、4年前に刑務所から釈放されました。

=== ここまで


ビルゲイツも、そしてビルクリントンもエプスタインアイランドの常連だったであろうことが、これからウィキリークスやジュリアンアサンジ、エドワードスノーデンの活動によっても明らかになる。 この動きにロシアのFSBが乗っかるという流れだろう。 人類に隠され続けてきた様々な邪悪の領域を明らかにする時がきたのだ。

そしてバイデンとカマラハリスだ。 今日の1216で共和党の中の中国工作員ミッチマコーネルがバイデン誕生とかとやっていたが、彼は奥さんが江沢民と同級生であり、彼女の一族は中国本土からたくさんのカネと仕事をもらって繁栄している上層階層であり、マコーネル自身も中国系企業と事実上家族のつながりをもっていたりと、何もかもがズブズブの人物であり、そういう人間がバイデン大統領と言ってしまうことの背景は、貴方に説明するまでもない。 プーチン大統領の祝辞とやらと共に、これらの真実情報もあなたに一切伝えないのが今のマスコミだ。 だから見るなと言うのです。

バイデンとカマラハリスは、これから大統領になろうというのなら、外国勢力とのつながりがないと宣誓しなければならない。 宣誓したあとに外国勢力とのつながりが証明されると偽証罪に問われて逮捕される。 国家反逆罪で捕まる。 詐欺罪、偽証罪でも捕まる。 こっちでも辞任に追い込める。 だからカマラハリスはいつまでたっても上院議員を辞任しないし、バイデンは自分の口から宣誓の事を一切言わない。 マスコミメディアも。

我々人類世界を覆っていた邪悪な雲はあまりにも分厚く量が多かった。 しかしそれらも少しずつひも解かれて消えつつある。 理解するということは、気づくという事は、この認識を阻害する要因の雲を取り払うということでもある。 そして問題なのは、その雲は自分自身で造ってしまっているというところにある。 しかしその部分には今回は踏み込まない。

1919年前後に人類世界に 新しい形の △ 支配システムを下した連中がもだえ苦しんでいる。 これを更に索敵して殲滅しなければならない。 中央の頂点に1点を設定して、そこに人間の認識をささげさせるという構造体を完全に破棄しなければならない。 共産主義も( スターリンも毛沢東も) 、国家社会主義も( ヒトラーも) 、そして各種神権政治国家も、この中央の頂点に1点を設定し、それを無条件で支持、維持させるという構造を持っている。

これらの △ を求める勢力はだから、英国の産業革命から始まった人類の開明を憎む。 人類は本当に生まれながらにして家畜は家畜だとずっとやり続けたい。 だから △ の連中は、ソロスだろうがロックフェラーだろうが何だろうが、中国の独裁が大好きだ。 ソ連を最初に立てていたがこれがレーガンによって破壊された。 だから中国とECを造った。 この様な理解が必要だ。 大まかでいい。 そういうものを全て構造解析して暴いて無効化しないといけないのです。


夜はとっくに明けた。 しかし多くの人々はまだ夜だと思っている。 それらを叩き起こすのが、われわれの、特にまず世界に先駆けて日本人の仕事だというのをあなたに伝えておく。


われわれは頑張るのである。 ぼんくらだけど。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する