ーーー

日本時間の本日22日の午後11時59分59秒までに韓国政府がジーソミア脱退を撤回しない限り、これは23日の0時から適用される。 これを見越して11月7日の時点から韓国における外資が徹底的な韓国売りを開始した。 これはアセアン会議における韓国側の不意打ちとでもいえる動きでのツーショットの画像を、世界の投資家に向けて発信したのだが、同日それを日本の側が それらの会談そのものの全否定 を行ったことによって、市場に対して「 日本はこれから韓国に何があっても助けないという明確なサインを送った」 からだ。


・・・とここまで書いていたら事態が大きく変わった。

ーーー

22日6時の発表で韓国の全面降伏が知らされた。 そしてこの動きを受けて日本の韓国スパイメディアたちが「 経産省における輸出管理の規制一時解除」 などの明確なウソの報道を開始した。 後に訂正を入れさせられたが。 この一連の動きからも日本国内におけるこれら売国奴スパイ勢力が右往左往しているというのが見える。

しかしわたしの視点からしたら、これはどうせ韓国の時間稼ぎでしかなく、彼らがそもそも最初から計画していた日本侵攻計画と日韓基本条約の破棄のそれらはどうせ何処かの時点で再び表に出ると見る。

それらは彼らが新日鉄住金や三菱に対しての徴用工らへの資産に対しての強制売却の動きが出るかどうかによって明らかになっていく。

そしてこのフッ化水素関連のWTO提訴停止などの動きの裏には、わたしは「 米国の関係者が立て続けに韓国に訪れていた流れの中で、韓国関係者に対して、彼ら韓国がイランと北朝鮮にフッ化水素を横流ししていたという動かぬ証拠を突きつけたからだ」 と捉える。

それらが表に出る事はイコールでそのまま韓国が テロ支援国家指定 されることであり、それは、世界の金融から完全に切断されることを意味し、その時点で韓国という国家は 即死 する。

在韓米軍撤退がどうしたというのも確かに彼ら韓国の親北勢力にとっては痛いことだろうが… ( 彼らは最後の最後まで米韓同盟を利用しつくす計画で全体を=日本侵攻計画=日本海を紛争海域にして、そこからの日本海メタンハイドレードの強奪=それに乗っかっている大陸ファシズム勢力… 動かしていた。 わたしはこう捉える) …今のこの時点でテロ支援国家指定されるのはそれ以上だろう。

だから彼らは戦略的後退を選択した。 しかし結局彼らは変わらない。 だから時間をおいて再びおかしな浸透工作を含める日本支配を必ず 強める のだから、問題は日本人の我々の側にある。

事態が急変したので、原稿を差し替えた。 時間切れなのでここで終わっておく。

ーーー

心の動きと人の動きと

~してくれと、ただ言えばその通りに周辺が動いて当然だという現実を造ってきた様な人々の心の中には恐らく「 自分の立場は上であり、下の人間には何を命令してもそれは当然であり、下の人間はそれを聞くのが当たり前」 というこの構文を心の奥底に書き込んでしまっており、その自分で勝手に設定したものを他人に強要する自分の行為を通じて、自らの安定安寧の確保を行う。 それを他人を従わせたという結果から、相手から精神エネルギーを「 屈服させてやったという気持ちの発生から奪う」 のだろうなあと私は漠然とそれを考える。

彼らは他人に見返りを与えるということすら考えない。 ただ言えばそれがかなって当たり前という構造の中にあり、そしてそこからは決して出てこない。 つまりそれは自分を取り巻く世界の設定が変わってもらうと都合が悪い、そういう本当の意味での競争がある世界では生きていけない、面倒くさい、とでも言うような心の在りようの状態に固執しているというか、埋没しているというか、自己同一化しているというか、つまりその、なんだね。

自分以外の他人も人生や生活があって、それらの都合があるのだという事を全く想像出来ない段階で人生における成長進化を止めてしまっており、そして肉体年齢だけを重ねてしまったというそういう人が、この現象の3.28世界においては相当集められており、それらの相克からのエネルギーの採取によって、これを陰始の側は自分たちの滅亡の為にこれを利用したり、月読之大神と五井先生たちの側は、地球自身の進化と人間の進化にこれを利用したりの、なんと言うか争奪戦の様な動きが起きているのかな、と思わないでもない。

~してくれ、~しなければならない! とかとやるのは結構だ。 しかしそれは貴方の世界であって、私と何か関係があるのか? と、この様にいなすことを、かわしていくことを、そして弾き返していくことを、貴方はそろそろ覚えてそれを実行しなければならないだろう。

誰~が何~を自分にしてくれるのだから、貴方も同じ事を自分にしなければならない……という構文で何かを要求してくる人間には、「 そいつと俺と何か関係があるのか?」 と突っぱねることだ。

これら要求の徒は、要求するために=奪い取る為にこの現象の世界にやってきた。 ただのシステム機械の一部にしか過ぎない。 当人にはそれらの意識は全く無いのだが、見える人にはそれらエネルギーの経路が見えるだろう。

いや、私にはそういうものは全く見えないが、しかし、何となしにそう思ったのだよ。

ーーー

20191122金曜 夕方6時の時点で韓国がジーソミアの破棄を撤回した。 この事によって韓国国内におけるムンジェインおろしが始まる。 しかし大法院を抑えてしまっているムンジェインを弾劾によって引きずり下ろすことは出来ない。 彼が自分から辞任するといわない限りあと2年半はこのままだ。

だから、今後韓国は日米から今回の騒動によって3段階くらい下の国家として認識されつつ、更に中国北朝鮮からは、自分たちの利益に沿ってジーソミアを抜けなかったということで今以上の冷遇の流れになる。

中国はこれから韓国の企業を今までよりも次元と違うほどの市場からの追放をもって今回の動きに応えるのではないかとわたしは予測する。

韓国国民だけがおいてけぼりだ。 そして今回の一端は、現実なるものを科学的に見るということ一切から遠ざかって、妄念だけで世界を構築してきた彼ら全ての勢力の責任でもある。 そしてこれからその代価を彼らは支払う。

いずれにしても通貨暴落は免れないだろうなとわたしは捉えている。 だから日本にとっての事態は、ほんの少しだけ後送りになっただけであって、何も変わっていない。

警戒せよ!



20191122
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する