2024_420_土曜


ーー記事開始

1年で200万部減「新聞離れ」は止まらず 「一般紙」は15年後に消える勢い

日本新聞協会がこのほど公表した最新データで、一般紙の総発行部数が3000万部を大きく割り込み、2800万部台まで落ち込んだことが明らかになった。この5年間で失われた部数は1000万部。平均すると、毎年200万部ずつ減っている計算だ。もし今後もこのペースが続けば、15年後に紙の新聞は日本から消えてしまう勢いだ。

日本新聞協会は2022年12月後半、同年10月時点の新聞の発行部数を公表した。それによると、スポーツ紙を除く一般紙の総発行部数は、前年に比べて約196万部(6.4%)減少の2869万4915部だった。10年前の2012年は約4372万部だったが、年々減少が続き、当時の3分の2以下の規模まで落ち込んだ。

急速な新聞離れについて、全国紙のビジネス部門で働く新聞社員は「想像通りの結果で、数年前から分かっていたことだ」と認める。また、新聞記者出身のネットメディア編集者は「紙の新聞を読んでいるのは主に高齢者。新聞の衰退は止まらないだろう」と指摘する。

紙の新聞は15年後、消滅しているのだろうか? ネットメディア編集者にたずねると「新聞を読むことが習慣化している人が一定数いるので、ゼロにはならないだろうが、一般紙全体で100~500万部ぐらいまで減っているのではないか」という予測を示した。

ーー記事終了


紙に書かれた新聞というものが値段の割には 内容がないということ つまり インターネットでただで読めるのだから

それ以外のところに活路を求めるしかないとなると 各地域における催し 行事を中心とした地方針の方がまだ 逆に生き延びるチャンスある

しかしそれは地方でしか売れないから全体の売り上げはどうしても小さくなるその中でどれだけのコスト削減をするかどうかということが 地方紙における生き残りになるだろう

つまりそれらの新聞というような 国際面というもの 全部 切り捨てる 外で大きな戦争が起きていてもそのことを無視する

そうした 紙面を徹底できるかどうかになる そしてそのような紙面を地元の人々が受け入れるか金を払ってもその紙切れを買うか という それが問われる

そこまで一緒によく徹底したものであれば ひょっとしたら固定的なファンはつくかもしれない

大阪におけるスポーツ紙などにおいては 阪神のことしか 全く書いていないというものがいくつかあった そうだが

それらの いくつかは 廃刊したかもしれないけれど しかしそのような特化した態度 遺産に良い態度 であったからこそ

それらはある一定の部数を確保することができた つまり これからの地方市においてはそういう態度がおそらくは求められる この言い方をする全国紙に対してはどうか

これはあんまり 色々 痛くないけれど 存続は難しいんじゃないかな インターネットの海外の情報 そのままコピーしているかのような動きであればなんてこと私は思っちゃったりするのだ



ーー記事開始

イチロー氏、日本で稼いだ20億円の貯金は「ゼロです」 NYでの家賃は「とんでもない」

 イチロー氏(マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)が、SMBC日興証券株式会社のYouTubeチャンネルの企画「おしえて! イチロー先生! リターンズ」に登場。

 「貯金ってする意味ある?」との質問に、自身の経験を交えて回答。日本時代の給料は渡米前にほぼ使い切っていたと明かした。

 大事なことは“自己投資”だと強調。「ドラフト1位の選手は今、契約金が1億5000万円とか6000万円とかなんですよ。それを貯金しますっていう子が結構いたんですよ」。

 イチロー氏は不思議そうな表情を浮かべる。「自分がこれから一流の選手になるためにね、何にお金を使うか考えてほしいわけですよ」。

 オリックスでの最終年2000年は年俸5億3000万円(金額は推定)。日本時代は合わせて約20億円を稼いだとされる。「当時、日本の選手の中では給料が一番高かったんですね。それ、アメリカに行くとき、ゼロですからね」と、使い切っていたことを明かした。

 「家を選ぶとき。例えば。シアトルからニューヨークにトレードになりました。僕は家の中でトレーニングができないと嫌なので、マシーンを最低でも5台置かないといけない。そんなスペースをニューヨークで探すのって大変なんですよ。月々の家賃もとんでもないです。信じられない額だけど、それは自分への投資だから思いっきり使うんですね」

 試合で最高のパフォーマンスを発揮するために、お金を惜しみなく使った。「本当の話ですよ。僕は絶対にアメリカでやらなきゃ(活躍しなきゃ)いけなかった。アメリカで結果が出せないイコール僕の人生はないも同然です」と力強く語った。

ーー記事終了


さすが 世界で活躍したというか結果を残した人は言うことが違う な と 私はこれはついていけないのでどのような言葉を出せばいいのかわからない

けれども やっぱりびっくりしたイチローというのはいろいろ生意気だと反感を持って 見てる人も多いけれど

やっぱりすごい人だったな ということが伺われる。一言になっている

あなたはそんな20億円を持っていて全部使い切ることができるか 私には無理だ

これが私にとっての全ての答えになる



ーー記事開始

日本唯一のマンガ学部がある京都精華大学。外国人の生徒もいて、授業中には外国語が飛び交っていた

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240418-00010031-realsound-000-1-view.jpg

■日本唯一のマンガ学部がある京都精華大学

日本の漫画やアニメが、海外での人気が高まっている。海外では日本の漫画カルチャーを紹介するイベントが盛んに開催され、アニメも続々と放映されるなど、そうした影響もあり、漫画家・アニメーターを志望する外国人が急増しているという。

しかも、わざわざ日本を訪れて、「日本で漫画家を目指したい」と希望する人も多いようなのだ。

 4月14日付の日本経済新聞によると、漫画家を志望する人たちが入居するいわゆる現代版のトキワ荘が各地に誕生しているようだが、その入居者の中にも外国人の姿が見られると報じている。事実、このような傾向は強まっているようだ。

リアルサウンドブックでは2022年に、日本唯一のマンガ学部がある京都精華大学を取材、その一環でギャグ漫画家のおおひなたごうが指導する授業の風景を見学した。

取材して驚いたのは、授業中に外国語が飛び交っていたことである。聞けば、クラスの62人中、半数くらいが中国、韓国などの出身者であるという。

取材すると、「漫画の最先端である日本で学びたい」という動機で、入学を志望したという学生がいた。この傾向は大学だけでなく専門学校でも見られるようで、漫画に対する関心がグローバルなものになっていることを実感させられた。

■近い将来連載する漫画家は3分の1が海外出身者に?

 さて、漫画家を目指すために重要なことは、出版社が主催する新人賞への投稿、そして編集部への持ち込みだ。大手の出版社に勤務する現役の編集者によると、外国人の姿が見られるようになったという。

「外国人の投稿や、持ち込みはここ数年で増えましたね。もちろん大半は日本人なのですが、外国人はわざわざ日本にまで来て漫画を描こうとするくらいだから、ハングリー精神はあるし、最初から画力が高い人も少なくない。

ひょっとすると、10年後くらいには漫画雑誌で連載する漫画家の3分の1くらいが海外出身者で占められている、なんてこともあり得ると思いますよ」

漫画の良いところとして、「もちろん国籍は一切問わないし、とにかく面白ければいいんです」と、この編集者は語ってくれた。

さらに、ネット環境の発達で海外から日本の出版社とやり取りできるようになり、外国人の参入障壁はグッと下がったのも大きいだろう。

ちなみに、ある連載漫画家は「現在、中国にいる漫画家志望者にアシスタントを頼んでいます。一度も会ったことがないのですが(笑)、即戦力で画力も高いですよ。

日本の漫画雑誌での連載を志望しているそうで、このままだとデビューできるんじゃないですかね」とのことである。漫画のグローバル化は、今後ますます加速するに違いない。

ーー記事終了


漫画のグローバル化は結構だけれど 中間北朝鮮と言われる 儒教 権益における特に 中国 韓国などには 表現の自由 がゼロなので それらの地域の人々が自由を求めて漫画を目指そう という そんな面持ちがあると私には思えない 結局は金だ

それが悪いとは言わないがそこから始まっている人というのは本当のところ 自分の中において とてつもなく 絶対に訴えたい 何かがあるわけではないだろうから

基本的には長く持たないだろ つまり その時その時の社会情勢に合わせて自分を変えるということが器用な人だけが生き残るということになるが

そのような漫画というのは 人工知能 AI で十分できるような世界に本当に移動しつつあるから

どうしても何が何でも自分はこれを表現したいという人でなければ 漫画という領域で生き残ることはできないと私は見る

なぜならば 日本人のまず漫画を読む目というものは深く激しく厳しく そして制裁であり 精緻精密だ

いわゆる 外国人の連中が言うところの良いだとか 素晴らしいだとかというレベル というのは話にならないほど 劣っている そうした我々の目をまずくぐり抜けることができるのかということと 外側 世界の漫画 読み というものはもちろん

これから5年 10年かけて 急速に レベルアップするから それらの莫大な数の視線に耐えられるかどうか

ただの金儲け 目当てだけの連中が 私はこのように考えるのである



ーー記事開始

FUKUDA MAKOTO 【DOJ No.0001】

@8ueBd6tf29iYRpZ

Follow

自民党はいい加減、連立解消せよ!に共感の方はRT #DOJ  山口代表「日本も『核を共有してはどうか?』こういう意見を言う人もいます!日本はこれまで貫いてきた核廃絶、核軍縮を進める!核不拡散、核を持つ国、持たざる国の橋渡しをする!この方針を、今後も貫くべき!」 #国防の誇りを取り戻そう

https://twitter.com/i/status/1522091819856990208
ーー記事終了


公明党の山口さんというのは基本的には創価学会の停止だと私は見るし 創価学会というのは朝鮮人が日本の中に作った仏教を偽装したスパイ装置と見るし

これは 実は中国かもしれないが

そして統一教会というのは これまた朝鮮人類がキリスト教を偽装した日本からのスパイ装置とも見るので

これらの2つの勢力が綺麗ごとの平和 平和という場合においてはその言葉を通じて日本を がんじがらみに縛るための邪悪な意図があると捉えるべきだというの 私の立場である

山口さん いつまでえらい その立場にいるのかねと思う 彼はおそらくその座を退いてしまえば自分が始末されるのではないかという恐怖に怯えてその委員長の座にしがみついてる

私にはそんな風にしか見えないけどな というのが 本当のところだ



ーー記事開始

現代自動車グループが炭素繊維および複合素材分野で世界1位の企業である東レグループと手を取り合った。電気自動車(EV)など未来モビリティ事業に使われる新素材の確保や開発に力を入れるものとみられる。

現代自動車グループは18日、東レグループと戦略的協力契約を結んだと明らかにした。両社は軽量化素材である炭素繊維強化プラスチック(CFRP)などを共同開発することにした。

1926年に設立された東レグループは、炭素繊維複合材、電子情報材、医療・医学、水処理・環境、樹脂ケミカルなど多様な先端材料分野で高付加価値製品を全世界に供給している。

特に、東レグループの主力事業の一つである炭素繊維は、軽量化と強度、耐熱性など優れた性質を備えた素材で、自動車、航空機などのモビリティ分野に使われる。(以下略

ーー記事終了


私の理解に置けば 通れというのは20年だったか30年ぐらいかけて 在日 つまり 韓国が この会社を全て奪い取るために もちろん 背後に 米国の勢力や中国の勢力の後押し 計画書面が渡されていただろうけれど

在日の社員を20年 30年かけて この会社の役員にまで上り詰めさせて

そしてその役員の温度というか工作によって 役員 全体で韓国に研究所を作ると言って 役員決定を行わせ そして日本の重要な何か を韓国にただでやると言った

そうした 仕組みを韓国に作ったという 許しがたい 売国 勢力である 韓国に物を置くというのは 彼らにただで情報をやるということと同じであり

その側に協力しているものというのは全て人類の敵だ なぜならば 韓国は彼ら自身も そうではあるが中国とつながっている

つまり 支配とコントロールが大好きな人々と私は捉えるので 今 これからの新しい世界に向かう中で

その座標の側に立っているようなもの 私は許すわけにはいかない 何の力もないが とりあえずは投げつけておく



ーー記事開始

 呉大使は「多くの日本企業が『一帯一路(Belt and Road)構想』に参加し、その恩恵を受けています。

日本の各界の人びとは、日本の企業の実際の声にもっと耳を傾けるよう希望します。中国の緊密な隣国で重要なパートナーでもある日本にがこの構想に積極的に参加することを歓迎します」と述べた。

「多くの日本企業が中国-欧州間の貨物列車や河川-海上輸送を利用して、『一帯一路』の広域経済圏でビジネスチャンスを広げています。

日中両国の企業、および第三国の市場における金融機関のコラボレーションは、インフラ、エコファイナンス、物流、クリーンエネルギーなどの分野にまたがり、前向きな成果を上げています。

この構想は日本にとって脅威ではなく、チャンスだということは事実が証明しています」、呉大使はこのように日本の企業がすでに多くのビジネスに参加していることを強調した。  

呉大使は「この構想は2013年のスタートから11年間、実り多い成果を収め、世界で最も広範かつ大規模な国際協力プラットフォームとなりました。

各国は政治体制、歴史、文化、発展段階に関係なく、対等なパートナーとしてこれに参加して、そこから利益を得ることができます。『一帯一路』の共同建設は、真の多国間主義を実践し、

いかなる参加者も排除せず、標的にせず、地政学的な争いに関与せず、閉鎖的で排他的な経済圏を形成せず、異なる価値観や発展モデルを他国に押し付けず、軍事同盟も結びません」と、その意義を説明している。  

また「発展途上国は、インフラ、資金、技術、専門知識など、重要な課題の解決を目的としているため、この構想を受け入れています。一部の西側諸国は、中国が発展途上国にいわゆる『債務の罠』を仕掛けていると非難していますが、それは全くの誤解です」とも付け加えた。  

このフォーラムには、協会の浜田和幸(Kazuyuki Hamada)会長と大野芳一(Yoshikazu Ono)代表理事も出席した。  

協会は「今後さらに日本の各界各階層に『一帯一路構想』への理解を深めてもらい、この構想の共同建設に積極的な参画を促していきたい」と考えている。

ーー記事終了


中国発のこれらのだましの嘘つきのメディアを読んでるとまるで世界は本当に中国中心に回っているように思えるし

これらの きれいごとの連発を見ると私は個人的にヘドが出るのだけれど 騙されてしまう 後天的知恵遅れ もたくさん出てくるかもしれない

金によっては 暴落され女によって下半身をすっかり 奪われてしまったようなクズの日本男児たちは

そのようなものは日本男児を名乗ってほしくないのだが そのようなバカたちは基本的にはこれらの きれいごとの言葉をベースに 周りの人間を説得するだろう

本当に儲かっているのであれば 日本の参加を熱望する必要がない

たくさんの人々がほっといても集まってお金を出してくれるからだ

なぜ西が世界のどの国もまともに一体一郎 関わろうとせず 背を向けているのか この説明をしない

中国が嘘つきであり 泥棒であり 支配とコントロールしか求めておらず

自分たち以外の全ての存在を奴隷として使うことを本当の本当の本当に現実として心の中に持っていて

それをけして 捨てないからだ そのような存在と手を組むというよりも

そのような存在にこの地球から出て行ってもらうしか他に方法がないだろうというのが今の私の強固な立場になっている


ーー

イスラエルとイランの衝突というものは辛くも 回避された 辛くも というか 台本 だってあるような気もしないではない

蓋を開けてみれば イスラエルはイランの核軍事拠点の近く という言い方ではあるんだが

そこに3発のドローン 攻撃を行った各施設を直接攻撃しようと思えばできた

しかし しなかった そして この動きというものは 事前にアメリカに通達して あり

こうした大きな戦争が起きる前の段階においては 拡大を防ぐために何らかの話し合いの場 というか チャンネルが必ず設けられている

だからアメリカは実際に イランに対してイスラエルが今から攻撃するということも言ったであろうし

その前の段階で イスラエルとイランとの間において こことここを空爆するとでも言った予定は聞かせていたであろう

そしてイランはそれに向けて 色々動いていたと私は捉える バタバタしていたという風に見えんでもないけれど

それはやっぱり演出 だったのではないか イスラエルが本当にやるんだったらもっと 巨大な破壊を行う それがなかった

米国は今回 イスラエルの後ろにつかないと明確に言ったからというのもあるけれど 今のイスラエルはまずハマスの全滅を目論んでいる そのようにも見えるから敵を増やしたくない そういうことがあったのではないかと思われる

だからこれからの焦点に関してはイスラエルのハマスに対しての動きであろう

さらに言えば イスラエルにも イランにもそれらの人生を求めた強要した命令した米国がこれら 2つの国に何らかの 見返りを与えている可能性は高いと私は見るので

今から1月金を2月の半年後などの流れの中で イランに対する制裁の一部解除であるとか イスラエルに対する投資利権の拡大 であるとか それは分からないが何かの見返りを与えているかもしれないということだけは言っておく

いずれにせよ 今回の結論としては 第5次中東戦争にならなくて良かったという それであろう

これが始まってしまうと遠く離れた 日本でもあっという間にガソリンや電気代が一気に 倍 2倍 3倍に跳ね上がる

そんな状況で我々は毎日の生活をやっていけるわけがない だから今回の動きは既存の支配層を守っただけという意地の悪い オカルトの言葉が どうせ出るが

電波も出るがしかし 現行における 極端な加速度のついた世界の崩壊を導くことはなかったので

これは よしとするべきだというのが 現在の私の立場だ


  物事の見方


終了
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する