朝鮮半島に紛争が近い。 韓国はその宗主国を中国に切り替え、米国に対しては宗主国のフリをしつつ、利用するだけ利用してやれという 用米 の方向が顕著になった。 そしてすでに今までの反日無罪から反米無罪までその概念が標準化しつつある。 彼らはそこまで米国に喧嘩を売って本当に大丈夫だと思っているのだろうか。

米国大使館に勝手に突入した、自称韓国の大学生らに対する処分として、その中に数名、明らかに警官に対して暴力をふるった人物らに控訴棄却の判決がおりた。 不問に処すということだ。 こんな動きが司法単独でできるわけがない。 いくら韓国の司法が北朝鮮勢力によって相当汚染されていってるとしてもだ。 警察の実働部隊まではそうではない。 だからこの控訴棄却の動きもどうせ青瓦台であり、少し前に米韓同盟を破棄するべきと発言していたムンジョインだったかの補佐官、またその周辺が関与していたのではないかとわたしは疑う。

そうした中、北朝鮮の金正恩委員長が、今までの南北統一事業の全体計画そのものが間違っていたという前例のない、先代者の批判を行った。 つまり自分の父親の金正日をだ。 わたしはこれらの動きを、公開情報を使って韓国の側の、北朝鮮とつながることによって自分の利益を得て北勢力に対しての何かのメッセージ発信だととった。

日本国内の青瓦台の犬ころのジャーナリストは、今の時点で北朝鮮の南進の可能性を一切言わなくなった。 米朝協議の後のバラ色の経済未来しか言わなくなった。

わたしにすれば、事態は彼らの予想の全く逆に進んでいるふうに見える。 南進を起こす計画があるから、そのときに竹島を強奪するためにロシアがこの海域空域での演習を頻繁に開始したとしか見えていない。

彼らは北朝鮮の南進のときに、北朝鮮と連合軍を結成する形で中露で竹島を強奪占領する。 そして竹島は北朝鮮の固有の領土だとやる。 彼らの目的は日本海に、彼らの側の長距離レーダーシステムを造ることだ。 彼らにしてみれば竹島が日本にきちんと復帰して、その上で米国の超長距離レーダーシステムを設置されるよりは、自分たちでとれということになる。

これらの動きは勿論他の島々にも起こり得ることだ。 なぜ海陸起動団が慌てて結成されたのか。 それは極東における米軍の再編計画だけのことからからではない。 有事が本当のものになるからである。

ーーー

グローバリストやネオコンという言葉が流通しなくなって久しい。 しかし彼らの勢力母体が消滅したわけではない。 彼らの中の特にグローバリストと言われる連中は、少数民族、環境、女性問題、差別、などなどの、一見誰にも明らかに面と向かって反対出来ない概念を前に押し出して、それをカネに変えるビジネスモデルを構築するのが非常に上手だということにある。

国家の公金を奪い盗るか、または投資家から奪い盗るか。 いずれにしても彼らには内側から生み出すものはなにもないのだから、持っているものから全て盗るという構造でその勢力を維持拡大することになる。 このあり方は中国共産党、つまり共産党というシステムと全く同じだ。 だから世界の富裕層の中における、実態資産、実物資産でカネ儲けをしているのではない連中… その様なものを抱えているだけでそれは維持するリスクがかかるのだから、もっとアタマの良い自分は金融商品だけをやると勝手に決めている自尊心の塊の様な連中 …がこの領域にはたくさん詰まっている。

これらの連中が新しいカネ儲けの手段として地球温暖化を、その原因を二酸化炭素だとやりだした。 地球温暖化は確かだが、それは二酸化炭素ではない。 それは地球というこの名称の惑星の地熱が上がっているからである。 地球物理学者たちはだんまりを決め込んでいる。 どれだけカネをもらったのか。

人類は深海の海底の地面の温度を正確に出すべきだ。 それがどう考えても上昇傾向にあり、それによって深層^海流の流れまでが変わってしまい、それによって大きな気象変動が発生しているということを公表するべきだ。 しかしまあ、それをやると二酸化炭素ビジネスが儲からないからね。

我々の世界はカネを薄汚さで出来ている。 そこから逃げ続けてきたから、我々は4億年以上も騙されてきたのである。 人類が造られて3億6700万年だが、その前から地球に入植している人々は、その時点でやっぱり騙されていたという事だ。 我々はバカの集積だ。

しかしいい加減それに気づいて、そこから抜けなければならない。 その時が来たのだ。 来てしまったのである。

ーーー

20191025金曜 ペンス副大統領が中国に関連した演説の第二弾を行った。 その内容は前回に比べれば一見調子が抑えられた風に見える。 しかし全体として中国国民と市場を一体のものとし、それと中国共産党をきちんと分離して、その上で人類にとっての災禍としての共産党という風な隠れたテーマが貫かれていた。

彼は米国の内部の宗教勢力を代表して出てきている表象アイコンでもあるから、これから更に共産党が世界に拡大するという状況は、彼らの母体、彼らの存在意義そのものの抹消への恐怖へと帰結、直結する。 だから必死さもそこには見えた。 つまりそれだけ白人勢力の内側から出る力が、中共が長年世界に対して、特に女王陛下の直轄地域に対してしかけてきた、経済からの浸透工作、利便性と安価を武器にした中国なるものへの親しみから一体化同一を求める人々の潜在意識の設定条項の書き換え工作、これに相当の危機感を抱いてきたという事でもある。

中国なるシステムがこの地球世界の覇権国になるのを貴方は目撃したとする。 となると貴方は人類が滅亡する世界構造線を自ら選択した事になる。 今は詳述しないが( またそんなに深い知識もないが) 、そういう事の全体設定を頭の隅において、今の流れを貴方は冷静に見つめて、それぞれの理解なりの判断を下し、そして、

最適の行動をとってほしいと思う。

最早、コトバだけで構築された世界は敗北したのだ。 残されたのは智慧のある行動だけなのだ。 それしか人類には残っていない。 それを忘れないこと。

ーーー

反転した世界

2018年5月30日、31日の二日間の時点で、北朝鮮の対外謀略部門の責任者、金英哲副委員長という人物が米国でパンピィオ国務長官と協議、交渉をした。 基本的に米国の主張を一旦は預かり、それを本国の金正恩委員長に蹴ってしてもらうという方向、つまりメッセンジャーとしての役割を演じただけになっている。  私はこれらの全体の動きそのものも、大きな偽装である場合は過去の米ソの時代におけるスパイの世界をなんとなく理解しているつもりなので、実際にありえることだと見ている。

北朝鮮は核兵器廃棄なんかどうせしない。 仮にそれを行うと、それは流石に国内の内部の体制が相当動揺する。 何の為に今まで米国は敵だと決めつけて、国民の全てに窮乏生活を強制してきたのか、関係改善が可能だったというのなら、もっと早くやれ、国民を何故飢えさせて死なせたのか、というふうな、日本の幕末の時代における尊王攘夷派みたいな存在、226事件を起こす前後の若手の将校たちみたいな存在が、それでも少数だろうが北朝鮮にはいるのである。

それらの全てを抑え込める強い自信があるからこそ、母国を離れて金英哲というキャラが渡米することが出来たのだという言い方もあるはあるが、金正恩というキャラとそれを担ぎ上げた周辺領域の連中が、北朝鮮全体に対して施していた、恐怖と憎しみの幻想を上手に利用した、体制の維持、下々へのハンドリング、グリップと言われる動きはどうもそうとう揺れているようだ。

これらの揺れが、20年後… に記述されていた、北朝鮮の崩壊などの描写の項目における、下の人々が支配層に対して怒り始めるという事の芽になるのかもしれないなと私は今の動きを見て思った。 仮に北朝鮮が核を放棄して、本当の普通の国家に変わっていこうと画策すると、どうしても外側世界から入ってくる情報、そして文化文物に北朝鮮の国民が直接触れることになり、自分たちは根本の所から騙されていたのだというのを知る。

東西ドイツが消滅し、ベルリンの壁を通して大量の西側の情報、文化文物が入ってきたことによって、真実の世界の姿を知った当時のルーマニア国民は怒りに燃えて、そしてチャウシェスク政権を破壊した。 ああした流れが規模の大小は違うだろうがそっくりそのまま起きていく可能性がある。 勿論北朝鮮の側の支配層はそれらの動きを全て実際に殺すという事で未然に防ぐだろう。

そんな国家は、国家と名乗っていいのか。 いいわけないだろ、というのが今の私の率直な感想としてある言葉だ。


20191025金曜

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する