2023・526金曜(令和五年)


ーー 記事開始 ヤフー 525

こんな混沌とした状況の中で、いち早く企業として高い危機管理能力を示したのが、かゆみ・虫さされ薬の『ムヒシリーズ』を製造・販売する株式会社池田模範堂(本社:富山県中新川郡上市町)だ。
 
 同社とジャニーズ事務所の取引関係は、10年以上に及ぶ。主力商品の『ムヒシリーズ』のイメージ・キャラクターは2010年から2021年2月まで嵐・相葉雅紀(40)が務め、その後を引き継ぐかのようにKing & Princeの平野紫耀(26)がプロモーション戦略の重要な役割を果たしてきた。

 ところが、今月から始まった同CMの新キャラクターは、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で好感度が急上昇している中川大志(24)に替わった。

■CMの“ジャニーズ枠”を狙う大手芸能プロダクション

「新イメキャラの選定は、今月22日をもってキンプリを脱退・退所した平野を想定して行われたそうです。ジャニーズ事務所は13年以上にも及ぶ『ムヒ』への高い貢献度を理由に、自分たちの別の若いアイドルタレントの名前をプレゼンしたそうです。

噂ではSnow Manの目黒蓮(26)、なにわ男子の道枝駿佑(20)だと言われていますが定かではありません。

 それにもかかわらず、新キャラクターに選ばれたのは、中川でした。池田模範堂がキャラクターの変更を決めたのは、時期的に『週刊文春』が本腰を入れて性加害報道を始めたばかりの頃ですから、将来を見据えた同社には先見の明があったということでしょう」(広告業界関係者)

 そして今、池田模範堂のように、広告業界において“ジャニーズ離れ”が水面下で動き始めていると噂されている。

「にわかに色めき立っているのは大手芸能プロダクションです。ジャニーズ事務所の所属タレント枠がスッポリ空きかねない状況に、虎視眈々と準備中といったところでしょうか」(芸能プロ関係者)

 広告業界関係者によれば、「ジャニーズ事務所のタレントとはすぐに契約解除はしないけれど、しばらく継続契約した後に新規契約を結ばない」という方針だという。

ーー 記事終了


私はこの今回のジャニーズの騒動ともいえる やらせの動きに関してはもちろん 他の芸能事務所がジャニーズの足を引っ張るということをやっているとは 見る

しかし 国内の芸能事務所 というのは仕事を譲ったり もらったりというなあなあの部分 お互い様の部分を当然あるので ある程度までしかそうした 足の引っ張り合いはしないと捉える

だから今後の流れにおいて ジャニーズというものの 商品価値を徹底的に押し下げる 貶める 動きが どこが特定の座標から発生した するとすれば それは基本的には中国 韓国 特に 韓国の芸能事務所だろうと捉える

韓国の芸能事務所 というのは その背後に 韓国情報局 kcia というものが直接につながっている 中国は人民解放軍だ

この大きな事実を 日本人は知らないから 中韓における芸能という領域が実は自国のプロパガ ンダ 洗脳 及び他国に対しての明確な攻撃としてのソフトパワーの展開なのだ

このような概念を持っている人が全然いない だから私は K - POP などに 踊り狂うような知性の少ないバカたちというのは基本的に死ぬまで騙されて 死ぬまで搾取されて そして死んだ後でも自分が利用され奴隷になっており

使いまわされていただけの これら 大陸 半島勢力の養分として肥料として吸われていただけの存在 人生であったということに気づかずに消滅するのだなと思ってなんだか 途方にくれる

お前たちは一体いつまでそんなことをしているのだ 前の星でも同じことをしていた ではないか お前たちは

などと 謎の言葉も言うけれど いずれにせよ それは彼ら彼女たちの問題であって彼らが変わらなければ変わろうと自分で決めなければどうにもならない

普通に考えて ジャニーズはこれらの スポンサー金 主たちから少しずつ見えない形で目立たない形で離れられてゆくので 事務所が消えるだとかそうしたことはないにしても本当に小さなうらぶれた 寂しいものに変わっていくのではないかな と捉える

彼らは傲慢でありすぎた しかしその傲慢のエゴの拡張によって彼らは人の事務所よりも相当にたくさんの利益を金をエネルギーを得た

しかしそれを保持しておくことができなくなったジャニーが死んだということは喜多川が死んだということはあの領域に穴が開いたということだ

穴からは 猛烈な勢いで人の思念が取り戻されているだろう そういう概念を持って 私たちはジャニーズ事務所だけではなく全てなるものを見返していただきたいと私は勝手に言うのである


ーー 記事開始 ナゾロジー 525

動物園ではゾウが最も人間が遊びに来るのを喜んでいた!

動物園のゾウは私たちの来園を心待ちにしているようです。

英ノッティンガム・トレント大学(NTU)、ハーパーアダムス大学(HAU)の研究チームは昨年、コロナのロックダウン中に動物園の霊長類が人が来ないことで元気を失くし、食事量が減って孤独な時間が増えていることを発見していました。

そこで今回は霊長類以外の動物250種以上を対象に、来園者の存在が彼らにどんな影響を与えるかを調査。

その結果、ゾウは来園者が来ることで食事量や仲間とのコミュニケーションが増え、さらに退屈さの証拠である「繰り返し行動」が減少することが分かったのです。

ーー 記事終了


象がどのような 受け止め方で我々人間を見ているのかは分からないが少なくとも 暇つぶし の対象として これがやってくれば人間がやってくればなんとなくその動きを見て面白いと思っているのだろうと私は勝手に捉える

この記事の中では霊長類 つまり 猿たちが人間とやはり 自分たちと 似通ったものと見ているので 単純にそれが来なくなれば がらんとした都市の中に取り残されてしまった 自分たちとでも言える形で寂しさをわびしさを感じたのであろう

賑やかさというものは それが良きであれ ワルキであれ たくさんの人々が存在している状況の中でしか感じ取ることはできない

これが 私ができるだけ 残存 人口を増やすための 増やせるための動きを個人がそれぞれがしなければならないということの理由の一つになっている

自分だけが生き残っても周りに誰もいなかったら寂しいではないか

単純に それだけのものだ 私は頭が悪い そして私自身が生き残れるかどうか なども 全く分かってはいない

しかしそれでも人間として 今ここにある以上はできることがあるのだからできることをする それが誠実な態度といえる

約束を守るというのはその誠実な態度を自分の中から内側から見つけ出し 掴み出し 表現 し続ける 行動し続けるというところにある

私はそのようにとらえているので できる範囲でできることをする 翻って この動物たちというのは 人間とは違った形でその存在を決めているのだからその中に入っているのだから

彼らは彼らなりのやり方で この地上における表現をすることにより地球という惑星のやりたかったこと やりたいことの一部を その肉体 器の形状で行っているという解釈を私はする

だからそういう 彼らがそれでもこんな ポンコツの我々人間をいなくなったら寂しいなとでも思うような形でその表現をしてくれるというのは 何か心に来るものがある

涙もろい であるとか感傷的だとかそういうものではないが我々はこの地球上における一体の存在としてあるという言い方だろうか

しかし そんなことを言う私は人間の数が減っていくとこれら 野生動物というのは 明確に人間の敵になるのだから 彼らが襲いかかってくる表現をする以上においては ぶっ殺しまくるしかないな と非常に野蛮な考え も同時に持っているのである

私は自ら従うということを趣味娯楽としているような存在とは同じ志を共有しない

志というのは何のために生きるのか 何のために存在するのかということの言葉のその背後に奥にある 言葉にならない 広大な 意図という言い方をしよう

我々は何のためにいるのか この動物たちは何のためにいるのか そういうことをたまには考えてみればどうかと私はあなたに言うのである


ーー 記事開始 山形放送 525

山形県米沢市の酒蔵では今、田んぼの水を泥で濁らせて雑草の発生を抑制する、アイガモロボットを使った酒米の栽培を行っている。
24日は、市内の小学生が田んぼを訪れ、アイガモロボを見学し、持続可能な農業について学んだ。

田んぼの中をゆっくり移動しているアイガモロボット。ロボットに取り付けられたスクリューが、田んぼの土をかき混ぜて水を濁らせることで、日光を遮り、雑草を生えにくくする。

田んぼに放したアイガモが雑草を食べて取り除く「アイガモ農法」の代わりにロボットを稼働させ、農薬を使わないでコメを栽培できるという。

米沢市の酒蔵、小嶋総本店では、田んぼの中の生物の保護や農業人口減少に対する取り組みとして、アイガモロボを用いた酒米の栽培を去年から行っている。

ことしは、米沢市と高畠町、合わせて90アールの田んぼで農薬を使わずに県産の酒米「出羽燦々」を栽培している。

ーー 記事終了


合鴨農法というのは所詮 趣味の段階であり最終的には確か これを食べるのだったと思う

が かもというのは 生き物なので自分にとって都合の良いコースしか通らず 撹拌される泥の部分が全体的に まんべんなく 均一ではないものだから それでも 雑草が生えてしまうということが多かったようだ

翻って この記事においては それを ロボットがいる つまり これはお掃除ロボットルンバくんみたいな田んぼ 版である

隅から隅まで余さず かき混ぜる 泥をはねるといった形で雑草を生えなくするのだから 品質に均等に田んぼには雑草が生えず農薬の使用も ほんの少しで済み いいことづくめだとは言う

動力の部分が 説明されていないとは思うが おそらく 太陽電池 なのだろう このような機械が行き渡っておれば 農薬の使用量を減らせるということはそれはつまり 食料増産における戦略物資の使用量を減らせるということだから

それだけでも安全保障に関わる 係数が高まる 生き延びる率が高まる このような表現は私は 使う

あなたはもう少し 食料の確保 エネルギーの確保に関わる 生存の根幹に関しての概念を理解を深めるべきだと私は一方的にいう。その中にはもちろん戦争であるとか 騙し合いのスパイ 謀略の動きも当然ある

それらの根幹的な概念 これが現実現象化しておらなければその内側でしか存在し得ない言葉の戯れによって誰かが悪いと人を傷つけることにより 月給を得ているようなバカたちは存続を許されることはない

彼らはその自らの傲慢さと愚かさと鈍さというものに気づかなければならないのだが 一向に気づこうというつもりがない 気づきがない

だから彼らはこれからの激動の5年ない そして5年を超えて 徹底的に圧倒的に あっという間に消えていくだろう

誰からも指示されなくなるだろう 助けられて 助けてももらえなくなるだろうということ

これを私は今の時点で予測しているのである


ーー 記事開始 ギガジン 520

近年は娯楽用大麻の解禁が進む国や地域が増えており、アメリカでは記事作成時点で22の州と3つの海外領土、そしてワシントンD.C.で娯楽用大麻が合法化されています。

しかし、大麻の服用は認知や知覚の変化をもたらすことが知られています。新たに、娯楽用大麻の合法化と交通事故死の関連について調べた研究で、「娯楽用大麻が合法化された州では交通事故死者数が平均10%増加する」という結果が示されました。

大麻は他の規制薬物と比べると依存性や身体への害が小さいともいわれていますが、幻覚作用を有しており人間の認知に大きな影響を与えます。そのため、大麻を服用した状態で車を運転することが、交通事故のリスクを高めるのではないかという懸念の声も上がっています。

ーー 記事終了


ぶっちゃければ これはアルコール 運転 飲酒運転を許容するのと同じようなものだ

大麻は安全だと主張する人はそれが脳にもたらす人間にもたらす影響が100% ゼロであるということを物理的に科学的に証明しなければいけない

しかしこのことに関しては 再現実験を通じて どなたにもこれを行うというわけにはいかない

だから すでに大麻を摂取してしまったような人々の病状を見たくもない 見せたくもない行状というものを我々は 情報の形で取得し 自分で それぞれが判断するしかない

そして私の判断はこの大麻に関しては No だ 摂取してはいけないとなっている

それは 米国 ヨーロッパを含めて どこからやってきたかわからないようなバックパッカー 仕事のない若者たちが路上でジャンキーになっている 動画 あなたはそういうことを見たことがあるか

道路の上で立ちんぼになって 酩酊している状況を逸している顔をしている若い男女 動けなくなっている男女 そういうものを見たことがあるか

それは肉体の機能が完全に支配されてしまっているという言い方になるがおよそ人間のありようではない

そうしたものを呼び込む 導き出す これら 大麻というものを積極的に推し進める勢力というのは 人間というもの 生命というものに対する尊厳がない

そのような存在を私は許すべきではないという立場だ


ーー 記事開始 レコチャイ 219

 中国は輸出が困難に、「政府が笛吹けど企業は踊らず」の恐れも―中国人実業家も警鐘

如月隼人 2023年2月19日(日) 7時0分


中国の輸出産業は今、「受注が取れない」という深刻な状況に直面している。多くの地方政府が地元企業のために支援策を実施しているが、成果はあまり出ていないという。写真は広東省深セン市の塩田港。

最近、中国では多くの人が「あの外国からの貿易の注文はどこに消えたのか」を話題にしている。「国内消費者や経済の国内循環で(中国経済を)救えるのか」などの話題も出る。いずれも、厳しい状況に置かれていることを物語るものだ。春節期間の状況も輸出の不振を反映していると貿易関係者は言う。

上海の貿易会社の関係者に話を聞くと、春節期はかつて、海外から注文が殺到した時期だった。多くの企業は受注をこなすために、賃金を引き上げて労働者を確保した。しかし、2022年には状況が一変した。多くの工場が春節期の休業を早めに始めた。しかし、労働者のほとんどが休みを取らずに出勤したがった。「懐がさびしかった」からだ。

結果を出せていない輸出のための「受注防衛戦」

中国では多くの地方政府が、厳しい行動制限を伴う「ゼロコロナ」政策が続いている時期からすでに、地元経済を維持するために、チャーター便を手配して、企業代表者が参加するビジネスイベントを海外で多く開催するようになっていた。「受注を何とか確保」するための試みだった。

中国企業にとって新たな顧客を得ることは容易ではなく、急務は自らが海外で開催される展示会などに参加して、古い顧客との関係を維持することという。米中関係は悪化しているので、中国による「売り込みイベント」は主に欧州と日本で行われている。「ゼロコロナ」政策が転換されたことで「売り込みイベント」はさらに活発になり、日本でもしきりに開催されるようになった。

ーー記事中断



あなたは yahoo!の新聞の地方欄 または書く地方の新聞社が自分でやっているサイトを見ないだろうが この地方 レベルで中国からやってきた商業関係における商売のイベントというか 売り込みが本当に増えているということ 私は去年の始まり ぐらいから実感している

つまり 中国は 各地ではかっこいいことを言っているが 民間レベルでは相当に売り上げが落ちている従業員たちに支払う月給 工場の通常の運転資金 これらの確保が難しくなっているなということが伺える動き それが 去年あたりからどんどんと見え出してきている工場が止まっているのだろう



ーー記事再開

中国メディアによると、例えば、湖北省武漢市政府が取りまとめた訪日代表団は12日から5日間にわたって東京、大阪、名古屋、奈良、神戸などを回って投資交流会を開催し、三菱商事やイオンなど40社を訪問した。

15日には、山東省の青島市政府商務局と日中経済協会が東京都内で企業交流協議会を開催した。目的は青島の企業が日本側から受注を獲得することや、新たな取り引き相手を得ることだった。

日本でビジネスを展開している中国人のビジネスマンによると、コロナへの対応を余儀なくされた3年間において国際情勢は大きく変化し、また日本では中国に関連するビジネスマインドが急速に冷え込んだ。中国の「売り込みイベント」の参加者は在日中国人が多く、効果は限定的という。

中国メディアは「受注防衛戦」の厳しさを説明するが、基本的には取り組みが始まったことを大きく報じるだけで、結果は紹介しない。ある在日中国人ビジネスマンは、結果を出せていないことが背景にあると考えるのが自然だとの見方を示した。

ーー記事中断



ネットの中でネトウヨ やレイシストという言葉を繰り返しているのは基本的には 中北朝鮮 これらの どちらにしても外国人である

日本人は忙しくて これら SNS 空間にそうした罵詈雑言を投げつけることで 心の中で喝采を叫ぶ という 暇を持っている人はいない

あとは 引きこもり 誰からも相手にされない ニート 何でもいいが とにかく 社会からあぶれてしまったものたちが ネットの中で色々と言葉だけでの表現で遊んでいる

だから彼らは中国のこうした 苦境に対しても 実際の社会においての自分の実体験を通じた認識の発生がゼロだ ネトウヨだとかレイシストだとかそんなことはどうでも良いのだ

一旦商売が途切れてしまった相手とそれを再開するということが本当に ありえないと言うか 難しいというか、この実感がない

A 社という企業から部品を注文していたが A 社という企業工場が A 社の 一方的な都合によってその操業を止めて いつ再開するかもわからないという状況になった

その 期間中 A 社から何の保証が補填があったわけではない ただ 休んでいただけに過ぎない

だから A 社から部品を受けていた日本の側の企業は自分のところが 死んでしまうのでそれを B 社に切り替えた

その B 社は中国ではなかった しかしそこから送られてくる部品は A 社と同等かそれ以上のものだった 値段なども満足のできるものだった

だから日本の企業は A 社から B 社に乗り換えた そして 安定供給が続いた もちろん 長期契約などをしているだろう 最低でも5年や 最低でも10年といった形の契約を結んでいるだろう

そうした状況に切り替わってしまっているのに A 社の側の中国の側が自分たちの都合で工場を再開したからだから 以前と同じように 受注発注を自分たちの側によこせと言っていて誰がそんなことを相手にするのか

この当たり前 以前の理解がネットの中でネットウヨだとかレイシストだとか言っているような人々にはない ゼロだ

そもそもが中韓北朝鮮のああした 日本の商慣行というよりも 西側の商慣行が全く理解できていないような土人たちの多くがそうした言葉だけの腐った泥の沼の住人なのだから 彼らは自分に酔いしれて そして知らないまま人生を浪費する

我々はそんなものにつき従う必要はない。我々がそんなものの言葉を見る必要 すらないのだ。



ーー記事再開

中国の「輸出不振」の原因は欧米の景気後退だけではない

外国からの受注の減少の原因についての公式の説明は「欧米では自らの経済上の原因で消費需要が減退している」だ。しかしスイス在住で貿易業を手掛ける中国人実業家によると、事はそう単純でない。

欧米の景気後退が一因であることは確かだが、このような全方位的な減少はあまりに唐突だ。さらに、ある分野は比較的ましだが、アパレル加工業のような全滅状態に近い分野もある。

つまり、欧米側の景気の後退だけなく、輸出する側に逆境にやや強い産業と極端に弱い産業が存在すると考えねばならない。

また、詳しく調べてみれば、欧米の需要全体が減っていること以外に、注文が流出していることが分かる。欧米の顧客は商品を求めなくなったのではなく、中国に注文しなくなったのだ。

例えば、中国はフィットネス機器分野における絶対的な王者に登りつめた。生産規模はすでに世界のフィットネス機器生産量の7割以上を占めるようになった。

しかし、この分野は参入の敷居が低いため、受注が流出しやすい。健康器具への需要は急増しているが、取引相手の多くは過去3年内に中国企業との関係を断った。

2021年からは、台湾系のフィットネス機器メーカーが大陸から次々に撤退し、生産ラインをメキシコに移した。彼らは1年余りをかけて生産規模を拡大させて大陸メーカーの受注に急速に食い込んだ。

メキシコは生産環境が劣るが、人件費の低さに加えて物流や関税関連も低コストだ。その結果、大陸の製品は今年になり、競争力を大きく失った。こうした状況はますますエスカレートしている。

ーー記事中断



私はちょっと前にランニングマシンを買おうかと思ってその相場や販売者などの情報を集めたことがあった

日本では有名どころが1つ 販売代理店のような形で存在していたが その出所は想像していた通り 全部 中国だった だから私は買うのをやめた

基本的に壊れたらそのままなのが分かっているのであるし 壊れたらあと捨てるのが面倒くさいだろうなと思ったからだ

ただ 日本製のものも いくつかあった しかしそれも日本のどこかの工場で組み立てているというのではなくおそらくは中国に発注して組み立てさせたものを日本に輸入する形になっているのだろうなと思った

いずれにせよ 大昔はこのランニングマシンも日本で製造 販売をしていたようだが やっぱり 人々は途中で飽きてしまって 使わない 需要が伸びなかった

そんなものを使うくらいだったら自分で歩いた方が早いとなったのだろう

私は雨の日が走るのは嫌だなぁと思って調べてみたけれど やっぱり 雨の日は 雨合羽を着て走った方がいいのかもしれないな と最近は思っている



ーー記事再開

さらに、米中の貿易戦争という要因により、多くの海外業者が、価格が多少高かったり、いろいろな欠点があっても、可能な限り中国製以外の代替品を選ぶ傾向が顕著になった。

政府の提唱も「笛吹けど企業家踊らず」になる恐れ

繊維製品や靴製品については、これまで多くの海外ブランド品が中国で生産されてきたが、中国から撤退する動きが本格化した。その分、中国からの輸出額は減少した。

中国ブランドの製品は生産コストが急上昇したために、ベトナムやインド、メキシコなどでは優位性が失われつつある。一方で、中国当局はしばらく前から加工業のモデルチェンジと質の向上を奨励している。たしかに「労働力集約型」から「先進技術集約型」に移行すれば、他国の企業への「注文先の変更」は食い止められるだろう。

実際に、技術開発への注力を継続することで、すでに成果を出している中国企業も存在する。しかしスイス在住で貿易業を手掛ける中国人実業家は、多くの中国企業には製品の研究開発の実績が不足しており、自主ブランド樹立の意識も乏しいと指摘した。

注文の減少という現実に直面して、多くの企業経営者は廃業を考慮するか、あるいは情勢が好転することを受け身の姿勢で待ちながら経営を続けているという。

モデルチェンジや質の向上には長期的な投資が必要だ。効果はなかなか見えてこない。決して平坦な道ではなく、さまざまな試練に満ちている。

労働者の生計を維持するためにライバルを打ち破るべく奮闘すべきか、それとも撤退して手っ取り早く収入を得られる他の方法を探すべきか、あるいは蓄積した富を使って人生を楽しむべきなのか。これは2023年に中国の企業家が直面せねばならない選択だ。

■筆者プロフィール:如月隼人

1958年生まれ、東京出身。東京大学教養学部基礎科学科卒。日本では数学とその他の科学分野を勉強し、その後は北京に留学して民族音楽理論を専攻。

日本に戻ってからは食べるために編集記者を稼業とするようになり、ついのめりこむ。毎日せっせとインターネットで記事を発表する。

「中国の空気」を読者の皆様に感じていただきたいとの想いで、「爆発」、「それっ」などのシリーズ記事を執筆。中国については嫌悪でも惑溺でもなく、「言いたいことを言っておくのが自分にとっても相手にとっても結局は得」が信条。硬軟取り混ぜて幅広く情報を発信。

ーー 記事終了


中国という国は 座標はその内部に人間という器の頭数を本来であれば多く持っていたのだからその中における競争原理 切磋琢磨を通じてのその座標の内部における進化 洗練化というものを果たすべきであった

おそらくそうした課題があったのではないかと思うが そのような期待を込めて観測されていたのではないかと思えるがしかし そのようなことにはならなかった

私の見え方からすると 外から入ってきた イリーガルのつまり 犯罪的見地を持って認識されるような人々が集まっている そういう領域からはやはり 予測した通りに崩壊と言うか

洗練化ではなく平準化 熱量が冷えていく形での 消滅に向かうのは必定だったのかもしれないと今更ながら言わざるを得ない

しかしその彼らにもおそらくはチャンスはあるのだ 彼らは西側 世界の基準 ルール というものを一旦取り入れて文明化の階段を上ったつもり であったであろう

その階段なるものの構造を自分たちが自分たちのエネルギーと知恵で構築する それを手伝うといったことに加われば彼らには存続の生存の維持 状態の見込みがあったと私は勝手に決めつける

だが彼らは階段をかじってばかりいる シロアリのような存在だった そしてその数を ただ 増やし そして 階段 そのものを破壊することを彼らの中にある自我がそれを意図として 率先して行動した

シロアリは階段を作ることはできない 中国 なるもの カイ 秩序 中華 なるものによって人類の全てを多様性を含める 共存を維持 継続観測 確認できるような状態のままで進化させることはできない

彼らが求めているのは静的なスタティックな世界だ 止まった世界 固まった世界 冷え切った世界を彼らは望んでいる

そのように心の中に誰かから書き込まれたのか 自らそれを書いたのか知らないが強く持っている

そうした座標 帯がそのような面積が という言い方をしよう かさぶたの表皮が今 メリメリと音を立てて地球表面から剥がされて捨てられていく

地球はその部分を捨てた という意識もなく 猛烈な勢いで加速している そんなものにはかまっている暇などないからだ

この 他者のことになど全く構う 余裕などなく 本当に自分がやりたいことを突き詰めるのだというこの思いを あなたは少しでもわからなければならない

この 純粋なる強烈な思いを妨害するもの 足を引っ張るものは 解決しなくてはいけない どういう意味かあなた 考えなくてはいけない

我々は 変わっていかざるを得ない存在なのである

そして それはこの中国 なる 表彰 アイコンが目指すような独裁の三角形の止まって固まって冷えてしまった 世界では毛頭ないのだということ 私はあなたに一方的に告げる


ーー 記事開始 テレ朝 524

「カット野菜」人気定着 2000億円市場に拡大…なぜ長持ち? 専門工場で 特殊製法

コロナ禍で、自宅で料理する機会が増えた時に、家庭の強い味方となった「カット野菜」。その利便性に驚いた人も、多いのではないでしょうか。今、種類も増え、新たな進化を遂げています。

■人気定着 2000億円市場に拡大  

70代:「使っています。便利だからね。ほとんど毎日。色々入っているやつ、キュウリとかコーンとかレタス」  

20代:「よく使います。夜帰ってくる時、遅い時とか、時間がない時とか」  袋を開けるだけで、切る手間や洗う手間も省けて、とても便利なカット野菜。今や、カット野菜市場は、10年間で2倍以上、昨年度で2000億円近い規模になっているといいます。  

都内のスーパーマーケットには、およそ50種類ものカット野菜が並んでいます。  
東急ストア中目黒本店 青果部 木村剛志さん:「こちら春に旬を迎えます、スナップエンドウ、また紅芯大根。そちらのほうの彩も豊かになった季節性の高い、春におすすめのサラダとなっております」

「(Q.これは、しゃぶしゃぶ用の野菜ミックス?)こちらの細切りになっていることによって、お肉で巻いて食べたりですとか、非常においしく召し上がれるんですけども、こちらを家でやろうとしますと、大変手間のかかることになる」  12品目の野菜が入っているサラダや、鉄板焼き用の野菜セットも並んでいます」  

こうした「カット野菜」はコロナ前と比べ、およそ1.2倍の売り上げに伸びているといいます。  

木村さん:「近年では、さらにコロナ禍による影響もありまして、他のお客様の手に触れない安心感ですとか、清潔感。そちらのほうから、より人気が強まっていると考えております」

■なぜ新鮮? 工場で 特殊製法

利用者が増えている一方で、街の人からはこんな声も聞かれました。

40代:「栄養がないような気がする」  20代:「使わないようにしていますね。普通の(カットしていない)野菜をそのまま何日も放置していると、通常は色が変わったりしているのに、カット野菜ってあんまり変わっていないので」  「カットしている部分は栄養が少なく、新鮮さをキープできているのは、何か体に良くないものを使っているのでは」という声がありました。  

そこで、カット野菜専門の工場を独自取材しました。  まず行われていたのは、レタスの“トリミング”と呼ばれる手作業での検査と、大きめのカット作業です。  

サラダクラブ 五霞工場 中村禄樹さん:「色が変わっている部分ですとか、裏と表を一枚一枚確認しながら、食べられないものは、ゴミ箱のほうに入れてっていう流れになります」  

人間の目で一枚、一枚、新鮮で使えるものかどうか確認し、ある程度の大きさにカットしてから、洗って、機械で細かく切ります。  

さらに、特許を取った独自の製法で、殺菌が行われます。  

サラダクラブ広報・広告宣伝部 吉田政道さん:「“野菜に優しい製法”という特殊な製法があるんですね。外側は少し強く殺菌して、中は優しく洗ってあげる。元々野菜自体が持っている菌に対する抵抗力を奪ってしまわないように、そういう製法をやることによって、消費期限を延ばせる」

■さらにもう1日長持ち…技術開発  

先月からは、さらにもう1日長持ちする方法が…。  吉田さん:「袋の中に酸素と窒素が入っているんですけど、そこに私どもは二酸化炭素をバランスよく入れることによって、消費期限を1日伸ばせるという技術を開発」  

いらない野菜を使ったり、薬品などを使って長持ちさせたりしているわけではありませんでした。  

吉田さん:「イメージとしては工場で作ってるから、栄養が下がってるんじゃないかというようなお問い合わせもたまにいただくんですが。私どもの調べでは、ご家庭で水洗いするのとほぼ変わりません」

(「グッド!モーニング」2023年5月24日放送分より)

https://youtu.be/OjGOzXYUK6c
ーー 記事終了


もちろん これらの取材はテレビ朝日グッドモーニング 番組制作会社などなどにお金が支払われているだろう

このカット野菜 の企業 またはその親会社などからうちのやり方を宣伝してくれという 依頼があって こうした事象を取材と称する番組が制作される

全てのテレビ局においてのこの紹介番組と言いながら 企業宣伝をモロにやっているものがどんどんと増えている 今更それを言っても仕方がない

これは NHK のプロジェクト x の頃からそうだった しその前からあったことだ プロジェクト X がこれらの明確に企業にお金を要求し始めて宣伝番組を作ってやる といった 売り込みがあまりにもひどいので

それらが告発されそうになったので急遽 番組打ち切りになったという経緯 これはあなたも知っていると思う ただ私個人は元気のない日本人に向けて 令和版のプロジェクト X を作って欲しいと思っているが これは余談だ これは置いといて

私はカット野菜というものを買ったことはないが基本的には 値段の安い皮のついたニンジンや 玉ねぎを買ってくるのだがしかし このカット野菜というものを上手に使って時間の節約をしている

つまり 時間をお金で買っている人も多いだろう だから私はこれは割高ではあるけれども その存在を否定はしない

主婦は正直言うけど大変なのだ これらの切ってあるもの ざ ざっと鍋に突っ込んで水をかけて火にかけるだけで適当に何かの出汁を添えればスープであるなり おつゆで ある な り な ん な り が 出来上がる 本当に楽ちんだと思う

必要のあるところに新しい商品が生まれる そしてそれが 洗練されていく

このカット野菜に関しては消毒に関しては確か 次亜塩素酸か何かを使っていたと思う

しかし今はコロナ 武漢 肺炎 という言葉が非常に踊っているので 人々はウイルスの存在に打ち勝つ言葉としての存在としてのこうした 対抗 ケミカル薬品 消毒薬というものの存在を強く求める だから 以前ほどは 抵抗はないだろう

しかしまあ一袋 2000円とか2500円とか とんでもないもの 私は見かけてしまうのでやっぱり そんなものにお金を払うくらいだったら自分で包丁でトントンと切った方がいいんじゃないだろうかと 素人ながら個人的ながら それを非常に強く思うのであった


ーー 記事開始 和田政宗 524

NHK会長に、NHK理事の高額報酬問題を質問。 理事報酬は2206万円。外部招聘ではなく全員NHK内部出身者。NHK退職金数千万円を得た上この報酬。 高額では?との私の質問に対し、NHK稲葉会長は「民間に比べ著しく高い金額ではない」と胸を張って答弁。 国民感覚からあまりにかい離

ーー

参議院 決算委員会 ~令和5年5月22日~

31:21ぐらいから

https://youtu.be/An44p0MW6eQ
ーー 記事終了


これらの人々は 周辺の多くの国民の生活環境 実際の 月収 生活の状況など一切知らない

こうした委員会に出て仕事のもどきをして発言をして家に帰って酒を飲んで寝る ぐらいのものだ

その隙間にどこかの飲み屋に行ったり 商売女と性行為をしたりして ああ気持ち良かったでおしまいの人生を送っている

人間は環境が違えば 考え方も違う これらのエリートと称する人たちは外の世界にいろいろな設定の人々がおり それらの設定を 搾取することで自分たちの優雅な生活が維持されているということに対しての理解が1ミリもない

そうしたことがどんどんと 積み上がっている つまり 全ての人々が高度経済成長の時のように全員が明日になれば 待遇が良くなる月収が上がるという時代ではなくなった この状況で

全ての人々から奪えば自分だけが良くなる 良い生活ができるという設定に変わったその中で

この40年も50年も前と同じような考え方のもとに発言や行動を繰り返し続けるということをやれば 本人だけではなく家族 親族 そのものが絶対多数の数多くから 生物学的に 皆殺しに合う可能性を引き寄せてしまっているのだということに関して彼らはどこかで気づかなければならない

しかし もう手遅れだろう 大きな意味で災害が起きた時に これらの NHK そしてそれに類似するシステムを復活させようと彼らは当然 再び 暗躍するのだが ここまで 彼らの存在悪事が傲慢さが知れ渡ってしまった 現状において それを許そう強要しようというものなどいない

少なくとも私はそちらの側に立つ。あなたはやっぱり 飼育される 飼われる側の奴隷や家畜として生きるのか と問いかけるが どうせそうなので 私はあなたの 共感 や同調など求めない

人の意見を聞いていちいち顔色を伺って 忖度をしてそうですね そうですねと言って強い力につき従うことだけをやって 無意味に人生を浪費するのも一生だ

あなたはそちらの側に立てば良い 私は知らない


ーーJキャスト 525

「神様はアラーだけ」神社で暴れさい銭箱破壊 逮捕報道受け日本ムスリム協会が声明「宗教的観点から見ても誤った行為」

日本ムスリム協会は2023年5月24日、イスラム教徒とみられる人物が日本の宗教施設の器物を損壊し逮捕された事件について言及し、「宗教的観点から見ても誤った行為」などと非難した。

各メディアの報道によれば、神戸市で5月上旬、神社のさい銭箱などを壊したとしてガンビア国籍の男が逮捕された。男は「神様はアラー(イスラム教における神)しかいない」などと叫んでいたと報じられている。

「人々の心の拠り所である宗教施設の所有物を故意に損ねることは倫理的な罪」
日本ムスリム協会は1952年、イスラム教徒(ムスリム)が日本社会と協調しながら教義を実践できるよう設立された。

ツイッターで24日、「昨今、日本国内における宗教施設の器物損壊容疑で、外国籍のイスラーム教徒と見られる人物が逮捕される事件がありました」として、協会の見解を示した。

「日本ムスリム協会は、このような行為が宗教的観点から見ても誤った行為であり、厳正な法的手続きを経て犯罪が成立した場合には、法的処罰を受けるべき一件であると考えます」

器物損壊は法的な罪だけでなく、「人々の心の拠り所である宗教施設の所有物を故意に損ねることは倫理的な罪」でもあると述べる。その根拠に、聖典クルアーンの第6章108節の一文「あなたがたは、かれらがアッラーを差し置いて祈っているものを謗ってはならない」を挙げる。

「他宗教において崇敬の対象となっている人やものに対する侮辱は禁じられており、その損壊となれば尚更です。
当協会はこのような犯行を非難すると共に、国内で同様の事件が起きないよう、引き続き信徒に向けての指導教育を推進していく所存です」

ーー終了

これらの動きが彼らムスリム協会単独の判断からきているのではなく、恐らくイスラム界の盟主を自認するサウジアラビアの宗教庁、今は呼び名が変わっているかもしれないが、そういうところからの通達による行動なのだろうなあとわたしはみる。

サウジアラビアは今は中国との距離を相当に縮めており、米国との同盟関係を深化強化に向かうわれわれ日本とは距離を置いているが、だがこうした宗教事案をベースに両国の関係が更に悪くなるというか、冷えることは望んでいない。

日本からはソフトパワー戦略を通じて、個々の案件に関しては学ばなければならないことがあるからだ。 しかしわたしはガンビアという国家、そして今回の犯罪を犯した青年がスンナ派かどうかは知らない。 恐らくそうだと思うが。

そもそもイスラム教というのは商売のネットワークの為の、それぞれの出自を明らかにして、システムを円滑に利用するための方便、でしかない。

だから酒だって本当の事を言えば、勧められれば飲んでもいいし、豚肉だって食べてもいいらしい。 ただしこれらは各国における宗教解釈集団によって恐らく違うので、統一見解になっているかどうかは分からない。 過去のイスラムにおいてはそうだったようだ。 少なくとも文献記録が正しいなら。

この地球世界からユダヤだとかイスラムだとかの教義というか概念というものが消えていく。 これらの設定が本当だとしたら、それを構成している器としての肉体が消滅するか、または脳の中のこれらの概念が否定消去され、それに準じて行動が完全に変わるかしかない。

そういうものが本当に起きるのだろうか、とわたしは彼ら非合理的な座標を見てこれを思う。 衆を為して自らを守る手段とする。 だがこの自らは100パーセントエゴの事だ。 だから自らという言葉をあてはめるのは恐らく合致していない。

そういう事柄の更にその先にある わたしなるもの がどこにあるのかと探してみるのが今の現代の我々肉体座標の一つの課題なのかもしれないなあ、と漠然とわたしは世界を見る。


  到達点を超えて


終了
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する