2023・521日曜(令和五年)


ーー 記事開始 ウラジミールZ 521

ウクライナの劣化ウラン爆発:ヨーロッパは「環境破壊」の瀬戸際にある ロシアのニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記は、英国が供給した劣化ウラン弾を保管するウクライナの倉庫が破壊されたことを受けて、放射性雲が西ヨーロッパに向かっていると金曜日に警告しました。

スプートニク・ニュースは、物理化学者で欧州放射線リスク委員会の科学幹事であるクリス・バスビー博士に、ウクライナに劣化ウラン(DU)弾薬を提供するという西側の決定が、大陸全体の生態系災害を引き起こす可能性について話を聞いた。

https://twitter.com/i/status/1659745679567360002
ーー 記事終了


精神世界の領域からの情報ではあるが 核戦争は起きない 地球はそれを許さないと言った回答が我々には下された

しかし ある程度のサイズでの放射能汚染を起こさないとは 地球が決めていない

地球からすればおそらく 放射能というのは 鉱物 生命体型における生命活動の結果という言い方にもなるのだから他の野生動物が放射線

つまり ある程度の濃さの放射能に順応できるのならそれは許容する このように考える可能性だってある

野生動物は耐えられる放射能 かもしれないが人間は てき面に死ぬ または 染色体以上を起こして 死に近いようなもの の何かを生み出していく

いろいろあるがそういうことの可能性も頭の中に入れておかなければ これから起きるような展開は読めないイメージできない

私はこの Twitter の動画にある爆発が本当に劣化ウラン弾の拡散という形になっているのなら 同じような動きが これから 欧州域内でどんどん と発生した場合

人々は 5年 10年の間に 特に 5年後ぐらいにおいて この拡散しきった 放射能によって色々な複合的な要素が重なり 大量に死んでいく人々が現れるのではないかということを懸念するものである


ーー 記事開始 読売 517

米供与の「パトリオット」が損傷か…ロシア軍が極超音速ミサイルで集中攻撃

 【ワシントン=淵上隆悠】米CNNは16日、米当局者の話として、ロシアの侵略を受けるウクライナに供与した米国製の地対空ミサイルシステム「パトリオット」が、露軍による首都キーウ一帯への集中的なミサイル攻撃で損傷した可能性があると報じた。事実ならば、4月下旬に実戦配備されて以降、初の損傷となる。

 米当局者は、パトリオットは「破壊されていない」と強調した。米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官は16日の記者会見で、報道の確認は避けつつ、「損傷し、ウクライナ国外で修理する必要があるならば確実に支援する」と述べた。

ウクライナにはパトリオットが2セット配備されている。

 露国防省は16日、極超音速ミサイル「キンジャル」がキーウに展開していたパトリオットを直撃したと発表していた。キンジャルは最大速度がマッハ10で短距離弾道ミサイル「イスカンデル」の空中発射型とされる。

ウクライナ空軍の報道官は地元テレビに対し、露国防省の声明には「コメントしない」と述べた。

 一方、ウクライナ軍参謀本部は16日、露軍はキンジャル6発を含む25発を発射し、ウクライナ側がすべて撃墜したと発表した。キンジャルは今月上旬にも、パトリオットで撃墜された。

ーー 乗りものニュース編集部 509

パトリオットミサイルを使いロシアの極超音速弾道ミサイルを撃墜か ウクライナ国防省が発表

本当なら快挙か?

ロシアご自慢のミサイルが初撃墜か?

 ウクライナ国防省は2023年5月6日、ロシアの極超音速弾道ミサイルであるKh-47M2「キンジャール」を、パトリオットミサイルにより撃墜したことを確認したと発表しました。

 このことが事実であれば、「キンジャール」が地対空ミサイルシステムで撃墜された初めての事例となります。現地メディアの報道は、現在独自の極超音速兵器をテストしているアメリカにとって、同ミサイルの残骸は大きな関心事になるであろうとしています。

 極超音速弾道ミサイルである「キンジャール」は、ロシア国防省や同国の国営メディアによると最大速度はマッハ10で、母機であるMiG-31K戦闘機が帰還可能なギリギリのエリアから発射すると射程は2000kmあるとされています。

 ロシアは「キンジャール」の威力を度々喧伝していますが、その有効性については疑問視する専門家の声もあり、ロシア軍がウクライナ侵攻で初めて使用した2022年3月には、アメリカ国防総省の高官が、「軍事的に実用性がない」と述べたこともあります。

ーー 記事終了


ウクライナとロシアの戦いにおいて ロシア製の兵器の稼働率が悪いということ そして カタログ 性能よりも実際の性能が相当 低いことが 数々の負け戦で明らかになってしまったのでロシアの兵器が去年の戦争の勃発 以降

第3国 アフリカとかを中心とした国に売れていない。かといって これらのアフリカや中東の国が米国の兵器をたくさん購入したという話も今のところは 聞かない

自主開発に活路を見いだそうとしている国もあるようだが いきなり そんなことをやってもどうにもならない

だから行き場を失ったマネーとでも言えるものが 韓国の兵器 やまたはブラックマーケットのこれはウクライナとロシアの戦争におけるウクライナからの横流し品なのだが

そういうところに逃げていっているという話がある だから ブラックマーケットは今大盛況で ウクライナはこれで外貨を大分 稼いでいるので 米国に欧州にもっと横線 もっとよこせとしか言わないとされている

ゼレンスキーという人物は本当のことを言えば もう戦争をやめなければ止めなければならないはずなのに これをずっと続けているのは彼 及びその周辺のマフィア たちが自分の儲けを中心に考えているからだという説

おそらくはそうなのだろうなと思う しかしそれを言いながらゼレンスキーは米国の言いなりにもなるまいとて 第三者を介して ロシアとの停戦合意に向けての話し合いをしているとも される

誰が本当のことを言ってるのか全くわからない しかし もう戦争している側 受けている側にしても限界が近づいていると私は思う

この状態が今年の冬まで続くのであれば当然 今年以上 の 去年以上の餓死者である とか凍死者が出ると私は見る

去年の冬はそれでも不思議なことに そんなに寒くなかったので ヨーロッパでは言うほどの凍死者 餓死者は出ていないが それでも表立って公表はされていないが 外から入ってきた 移民 連中が結構な数で死んだ ようだ

ロシアのキンジャール イスカンデル ミサイル これらの本当の性能というものは 実際の戦闘で使われていなかったので わからなかった

ところが 今回 ウクライナの戦いで 本当は使いたくなかったけれど 既存の弾道ミサイルや巡航ミサイルがそこをついてしまったので これらのデータ取得 試射を兼ねて使われた

そしたら 言うほど性能が良くなかったというのはばれてきている それが今回の記事に現れたという言い方になろうか


ーー 記事開始 CNN 516

TikTokの親会社の元従業員が、同社に対する中国共産党の影響力について告発した/Florence Lo/Reuters/File

香港(CNN) 中国共産党は動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の親会社バイトダンスの保有する全てのデータに対して「至高のアクセス権」を持つと、同社の元従業員が告発した。そこには米国内のサーバーに保管されたデータも含まれるという。

この告発は、当該の元従業員がバイトダンスに対して不当解雇の訴訟を起こす中で行われた。バイトダンスはこの訴えを否定し、争う構えを見せている。

広範な人気を持つTikTokを巡っては、米国など西側諸国が監視の目を光らせている。問題視されているのは同アプリが中国政府の統制下にあるのかどうか、あった場合にどこまで影響力が及んでいるのかといった事柄だ。

インタオ・「ロジャー」・ユー氏は今月、バイトダンスに不当に解雇されたと米サンフランシスコの上位裁判所に訴えた。同社に勤務していたのは2017年8月から18年11月までで、米国業務のためのエンジニアリングを統括していたという。

12日に新たに提出した訴状の中でユー氏は、中国共産党がバイトダンス社内に「特別な部署」を設置していると指摘。時に「委員会」とも呼ばれるその部署はバイトダンスを監視し、「党の中核的利益を高める方途について指導している」という。

「委員会は会社の全データに対して、至高のアクセス権を保持していた。米国内に保管されているデータでさえも」。CNNが入手した訴状には、そう記されている。

ユー氏の訴えによると、会社側はバックドアのチャンネルを経由して、ユーザーデータを中国共産党にとって利用可能な状態にしていた。データがどこにあるかは関係がなかったという。

ユー氏はまた、バイトダンスが「中共の要請に反応する」形で動画のコンテンツの共有や削除を行っているとも指摘。同社は中国政府の指導部にとって「有用な宣伝工作ツール」だとの見解を示した。

バイトダンスの広報担当者はユー氏の告発を否定。在籍時のユー氏が携わっていたのはTikTokとは別のアプリであり、一連の主張には根拠がないと強調した。またユー氏の雇用期間についても、1年足らずで18年7月に終了したと、訴訟と食い違う内容を述べた。

ーー 記事終了


tiktok バイト ダンスと言われているものが 中国共産党のスパイ装置であるというこの一般的常識が構築されてしまった言論空間の中で tiktok がどれだけ 反論してもそれを突き崩すのは難しい

少なくとも認識の部分においては tiktok バイト ダンスというのは米国における売国奴 組織という 色付け が行われてしまった

しかし実際の裁判を行う上においては tiktok の側が山ほどの資金を使って これらの証言者の何もかも ひっくり返すということを通じて 我々は無実だとやる

これと全く同じことが2020年の不正選挙において大活躍した ドミニオン社 そういうものが最終的に裁判に勝ったという流れからの、各マスコミ メディアなどからの徴収 賠償金をせしめる といった この事例で 私たちは知っている

しかし 司法機関 つまり 裁判とか 検察官の中に親しい 民主党 関係のキャラクターが山ほどいる中で今 民主党が政権を取っている強奪しているけれど

そのような状況下で司法の分野がまともな判断を下せるわけがない 忖度というよりも民主党一党独裁のこの体制を守るためなら何でもするといった動きとして 裁判 判例 判決 何もかもが勝手に 形 作られていくだろう

法律などというものはあってなきがごとしとなるだろう だからこの裁判の行く末を見て tiktok バイト ダンスが現時点で力を持っているかどうか 民主党勢力にすら尻尾を切られてしまったのか どうかということを判定する いい機会 とも言える


ーー 記事開始 マーキー上院議員プレスリリース 308

マーキー上院議員、車両からAM放送ラジオを撤去した自動車メーカー8社を批判

12月、マーキー上院議員は自動車メーカーに対し、公共の安全のため、電気自動車を含む無料放送AMラジオへのアクセスを維持するよう求める書簡を送った。

ワシントン(2023年3月8日) – エドワード・J・マーキー上院議員(民主党、マサチューセッツ州)は本日、 12月の書簡に対するトップ自動車メーカーからの回答を発表した。

各社に対し、電気自動車を含む車両内での無料放送 AM ラジオへのアクセスを中止したかどうかを尋ねた。20社のうち、BMW、フォード、マツダ、ポールスター、リビアン、テスラ、フォルクスワーゲン、ボルボの8社は、自社の電気自動車からAM放送ラジオを撤去した。

マーキー上院議員は、自動車メーカー9社が自社の車両からAM放送ラジオを撤去することで、公共の重要な安全情報を国民に提供する連邦緊急事態管理庁(FEMA)のシステムを弱体化させたと述べた。

ホンダ、ヒュンダイ、ジャガー/ランドローバー、起亜自動車、ルシッド、三菱、日産、ステランティス、スバル、トヨタの自動車メーカー 10 社は、依然として車内で放送 AM ラジオへのアクセスを維持しています。さらに2つの自動車メーカー、メルセデス・ベンツとゼネラル・モーターズが、

マーキー上院議員は、 「放送AMラジオは緊急警報インフラストラクチャの不可欠な部分であるが、私の書簡への回答を見ると、あまりにも多くの自動車メーカーがAMラジオの重要な安全上の利点を無視していることが分かる」と述べた。

「多くの自動車メーカーは、インターネット ラジオなどの他のコミュニケーション ツールが AM 放送ラジオの代わりになる可能性があると示唆しましたが、緊急時にはドライバーがインターネットにアクセスできず、重要な安全情報を見逃す可能性があります。

真実は、放送 AM ラジオがかけがえのないものであるということです。自動車業界が内燃エンジンを電気バッテリーに正当に置き換えているので、私は自動車メーカーがすべての車両で放送 AM ラジオへのアクセスを維持できるよう引き続き努力していきます。」

マーキー上院議員が 12 月の書簡で説明したように、無料放送 AM ラジオは、自然災害やその他の緊急事態の際に、連邦、州、地方自治体の当局者にとって国民と通信するための重要なチャンネルです。

FM ラジオとは異なり、AM ラジオは低い周波数と長い波長で動作するため、固体物体を通過し、他の電波よりも遠くまで届きます。その結果、FEMA の全国公共警報システム (FEMA が公衆に重要な安全に関する警報を配信するシステム) は、放送 AM ラジオ局を通じて運用されています。

7人の元FEMA管理者が 書簡で説明したように先週、米国運輸省のピート・ブティジェッジ長官に対し、「EVメーカーが車両からAMラジオの撤去を続ければ、この重要な公共安全システムは意図したとおりに機能しなくなる」と述べた。

電気自動車のドライブトレインはAM放送ラジオ信号に干渉する可能性があるが、マーキー上院議員は自動車メーカーに対し、無料でアクセス可能なAMラジオ放送を車内で提供し続けることができるよう、この干渉を軽減する新技術に投資するよう促した。

ーー 記事終了


日本でも 経営困難の観点から am ラジオの電波を止めて 全て FM に切り替えよ などといった 陳情が出されている

しかし あなたは車で FM や AM ラジオを真面目に聞いたことはないと思うが FM ラジオは脆弱なのである

ビル その谷間に入ると全く聞こえなくなるといった事例が多発し車によっては 例えば ワイパーを動かすだけでノイズが入るだとか 相当粗雑な作りをしているものも多い

しかし AM ラジオ というものは もともとの出力が高いというのと 周波数特性がそもそも低いので ノイズに強く ビルの谷間 山間などでも確かにこれははっきりと聞こえるのである

だから緊急事態 放送的な天気予報や ニュース的なものにおいては 何としても AM ラジオは残しておくべきだと思う

しかしそれをあまり声高に言うと そこで私たちの出番ですか ということで あの強欲 泥棒 団体の NHK が前に出てくるので、そういう形ではない AM 波と言われているものの存続を私は願う

AM ラジオにもなんだかんだ言って面白いものはあるのだが 数が多すぎて それを網羅できていない いつかは 分類して調べてみたいものだなと思わんでもないのである


ーー 記事開始 ワウコレア 520

韓国大統領室は20日、主要G7の首脳が共同声明を通じて設立することに合意した経済安全保障協議会について、韓国が参加する予定はないと線を引いた。

 大統領室の高位関係者は、この日午後、広島県現地のプレスセンターで記者団と会い、G7経済安全保障協議会の参加について「中国を含む特定国家の経済的圧迫や報復措置に対応するために、特定国家がどのような協議会を作るかに韓国が参加した例がなく、今後も(参加する)計画がない」と答えた。

ーー 記事終了


中国を封じ込める 案件には 韓国は関わらない しかし G 7には我々は入れて当然だという

頭がどれだけ狂っているのかということを 私はあなたに説明する必要がない

つまり 彼らは取ることしか考えていない。世界から人間から地球から取るだけのことしか考えていないのでその時その時に真逆の言葉を言っても自分たちだけは特別なので 当然のように これが許されるし 許されなければならない

その許されないということはあってはならない あってはならないということは全てが間違っているからだ

といつもこんな形で世界を認識するので 彼らは一歩足りとも前に進まない 中国人も これと同じだ

そしてこの 華夷秩序 三角形の支配 構想における身分 階層 序列 ネオ ホーケン 主義というものを、身分差別 構造というものを、この全地球上 人類世界の全てに構築し 敷設すること

そしてそれを 永久無限に固定化すること。 それこそが正しい世界だと彼らは本当に心の底からそう思っているのであり

頂上に頂点に中国が2番目に朝鮮が、こういう概念で彼らは世界を見る。もっと言えば今は頂点を中国人にしているけれど本当は我々が朝鮮人が 頂点 トップ なのだと これもまた勝手に思っている

それは 漢民族と言われている国家が清帝国 つまり 外側の遊牧民たちの土人たちに攻め滅ぼされて清という国が起こったことを確認して朝鮮人たちが

これからは 我々こそが中華 世界の中心だと勝手に自分自身で暗示をかけた それらの 動きは 未だに この現代でも引き継がれているところから起こる

彼らの精神は何一つ変わらない 彼らの領域から何か 西側 世界の基準に近づいた言葉が出たとしても それは全て嘘だ なぜならば行動が伴わないからだ

口だけで表現だけで映像や動画や音楽だけで構成されたようなものは 評価するに値しない時間の無駄だ

行動が伴わないものは見ても仕方がない 考えても 認識しても仕方がない そいつらは永久無限に変わらないと宣言しているからだ

そしてその変わらないということは地球からこれからも人間からこれからも 奪い取り続けますということなのだからこれを地球は捨てると決めたのだ

この概念を大きくあなたは持たなければならない だから彼らは朝鮮半島からこの地球上から消えていくのだ

出生率 0.51というのは表向きの数字であり もっと低いだろう。それが彼ら自身が自ら選んだ 選択なのだ もう地球にはいられないという意味においての彼らの決定なのである


ーー 記事開始 マネーワン520

2023年05月19日、韓国の尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領が日本に到着しました。これから先進国首脳との会談が相次ぎます。

「G8に韓国が編入される」という期待はなくなったのかと思いきや、まだ韓国メディアでは「未来のG8」という記事がでています。

例えば『毎日経済』は「尹G7サミットに参加で、G8フェーズを確保する絶好の機会」という記事を出しています。

確かに、ロシアはクリミア半島侵攻後にG8から蹴り出されましたが、とうとう「そこに韓国が入るのは当然だ」と言い出しました。

「世界経済への貢献度と民主主義の成熟度からいって当然」と豪語しています。

ーー 記事終了


都合のいいことを言うのは勝手だ。しかし 韓国というのは中国の属国であり 裏切り者だ

先進国の中に入れてしまえば確実に何かを盗んで中国に流す こいつらは コウモリだ

右にも左にも力の強い方に重なって弱い者に自分の都合の悪いものを押し付ける。彼らが 第三世界でその現地の従業員を本当に 奴隷労働として使っているということは今更 説明するまでもない

さらに言えば 彼らはこの G 8 というのに 入ったとしても 果たすべき義務は果たさない

G 7 G 8 という枠組みの中で 例えば 中国に対して制裁をするべしという評決 が 全会一致で下されなければならないという 取り決めであった場合 それでも彼らは裏切る 何もかもが嘘でできている国家だ

儒教 権益というものは何もかもが フィクションだ 悪意のある。 その前提で考えた時に 韓国 なるものが G 7に入ってくる またはその兆しが見えたという動きが現実化したらそれはある 意味 西側 世界が本当に終わるからだという風に 私は捉える

つまり バロメーター というか リトマス紙というか そういう 判定になっている という意味である


ーー 記事開始 ニューポストセブン 516

 かつて200万人を超えていたフリーター人口は減少し続け、2022年は132万人だった(総務省統計局「労働力調査」調べ。ここでの「フリーター」は15~34歳で男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者の合計)。

非正規労働者に頼ることで成立してきた日本の多くの仕事の現場ではいま、深刻な人手不足に陥り、浮上する気配がない。俳人で著作家の日野百草氏が、「人手不足」に直面させられている人たちの悩みをレポートする。

「よりどりみどり、選べた時代は終わったのだと思う。昔はコンビニのアルバイトでも求人すれば応募が必ず来て、いろいろ理由をつけて落としたりもしたが、いまは日本語が理解できればそれでいい」

 都心の繁華街にあるコンビニエンスストア、60代のオーナーが語る。

「店が成り立たなくなるのでは、と思うほどアルバイトが不足している。都心に限れば他の店も大なり小なりそうではないか。うちのようなフランチャイズはもちろん、直営店舗もアルバイトが全然集まらない」

 かつてコンビニといえばアルバイトの代名詞、学生アルバイトはもちろん主婦、主夫、そしてフリーターと多くは「アルバイトといえばコンビニ」だったのではないか。失職した場合も「コンビニでバイトすればいいか」は平成の常套句だったように思う。

それが主に都市部で不足している。2022年、日本フランチャイズチェーン協会の『コンビニ各社における行動計画の進捗及び 業界の取組状況』でも「急激な社会環境変化への対応遅れ」として、人手不足への対応とその遅れを憂慮している。

しかし対策は将来的な省人化、無人化と人口増加が見込める海外へのさらなる進出で、具体的な解決としては厳しい内容だ。

「極端な話かもしれないが、若い人は誰もコンビニなんかで働かない。それくらい来ない。それはもうわかっている。若い人は他にいくらでも働き先があるし、そもそも昔に比べて若い人が少ない。少ない若者が好き好んでコンビニで働くことはない。とくに都心ではそうだ」

 コンビニの仕事は多岐にわたる。以前から「時給に見合わない」「やることが多すぎる」などの不満はあったが、それだけではないのか。

「そんなものは昔からある。安くても、割に合わなくてもバイトに来るのがコンビニだった。こちらもその中から選べた。しかしいまは誰も来ない。若い人は来ない。

コンビニが敬遠されているというより、コンビニより働く場所がある、ただそれだけだと思う。ただそれだけ、それが一番怖いことだと思うが、本部も同業者もそれをわかっていない人は多い」

https://www.news-postseven.com/archives/20230516_1869212.html?DETAIL
ーー 記事終了


これからの急激な人口減少の時代において人間は 資源なる人間の取り合い というものが 既存の国家の中で始まる

しかしそれがうまくいくかどうかは別の問題だ 税金が高かったり 各種規制が大きいところには人は集まってこない

かといって それをのほうずに何でもかんでも フリー 自由という形の無責任の法人 そうした時代にすると明らかに犯罪者や物事を組み立てることを最初から 放棄しているような世界から奪っているだけの座標が増える

それでは国というものを集団というもの 形成することができないだろう

そして私はこれらの動きというのは 精神世界における 因果応報というものにも見えてくる

つまり 民主党政権の時に支配層と言われている人たちは人間を 労働力をゴミとして扱った

どれだけでも代わりが来る つまり ものすごく 負荷を与え給料は安いままということを へっちゃらで全ての業界が仕掛けていた

そうしたことの報いが今ここに現れている。人間を ゴミ扱いした業種の一番最たるものが 居酒屋や コンビニだ それらに人が集まらないのは当然と言える

彼らが過去にどんな人間の扱い方をしていたのかもう知れ渡ってしまった 裏側における本当の真実が伝わってしまった 業態はこれから誰からも相手にされなくなる

そういうことがさらに顕著になるだろう。なぜか、どん どんと 人が死ぬ からだ 信じられないほどに

あなたは土日の例えば 新聞のお悔やみ欄を見たか 一面 どころか 2面 全面がお悔やみになっているなどといったとんでもない 紙面構成のものが最近出ていることに気づかなくてはいけない

今の人口消滅というものは それほどのものになっているのである これは来年 再来年になれば さらにとんでもなく 増えるので

私はいつかの時点で これらおくやみ欄というものは停止されるのだろう な と なんとなく思っているのであった


ーー 記事開始 エンカウントプレス 520

テレビ朝日系『サンデーLIVE!!』で、ジャニー氏の性加害疑惑に初言及

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川前社長(享年87)を巡る性加害疑惑に関して、東山紀之(56)が21日、初めて思いを語った。

MCを務めるテレビ朝日系『サンデーLIVE!!』(日曜午前5時50分)に生出演。謝罪も踏まえて、「このままジャニーズという名前を存続すべさせるべきなのか」とも語った。取材を進めると、同事務所も真剣に社名変更を検討していることが分かった。(取材・文=ENCOUNT編集長・柳田通斉)

 東山が、「ジャニーズ事務所 社名変更」の可能性を口にした。

「我々もどのような未来を迎えるべきなのか、現在在籍しているタレントはどうすべきなのか、告発された皆さんにどう対処するべきなのか、そもそもジャニーズという名前を存続させるべきなのかを含め、外部の方とともに全てを新しくし、透明性を持ってこの問題に取り組んでいかなければならないと思っています」

 東山は「最年長である私が、最初に口を開くべきと思い」とも話しており、所属タレントを代表して発言だった。

ネットはすぐに反応した。「この言葉は重く響いた」「ジャニーズの強い思い」「確かに加害者の名を使い続けのは…」。同事務所の状況を知る関係者も「これについても真剣に議論している」と証言した。

ーー 記事終了


このジャニーズの案件に関しては 日本の lgbtq 法案 とやらにぶつけるかのように表面化した

カウワン という人物 ブラジル人 日系 ブラジル人の彼が告発をした流れとイギリスの BBC がこの問題 全体を放送として世界に知らしめた この流れが重なっている

そしてさらに言えば 市川猿之助さんの 一家心中というか 不可解な出来事も関係していると見える

さらにもっと言うのなら このタイミングを見計らって という言い方で全国各地に変態が、つまり 男であるのにもかかわらず 女装癖がある

または精神は女でも何でもないのに 女装癖があり 女性の更衣室などに忍び込んでおき その上で 自分は女性だと偽ったなどという関連の LGBT を連想させるかのようなネガティブ方向も ポジティブ方向もどちらも含めたような記事の大量の発信があった

芸能関係における こうした情報というものは 各企業が寝かせておいて ストックしておいて 売り上げが悪くなった時に出していくのだそうだ 私は教えてもらった

そしてもう一つは 官邸からネタを 下げ渡され こういうものを流せという思惑でこの人間世界に出てくる情報もある

このジャニー喜多川 関係においての情報の発信というのは何らかの政治的意図があっただろうなというところまではわかるのだが その細かいところまでは 私には読めない

ジャニーズ事務所 というものは 明確に米国の支配層とつながっているだろうなという見方をするのならこれを叩き潰すことで一番得をするのが誰かとそこまで考えなければならない

そうすると普通に考えれば中国なんだけどな とも 私は思う これは前回言った

いずれにせよ 名前を変えたから どうにかなる というものでもないだろう。 このジャニーズ プロと言われている内部には強烈な支配構造 三角形の権力格差 階層構造があるので何をしたところで変わるまい

この東山という人は 古株などだそうだ 私は真面目くんをただ 演出して 自分の商品価値をそこに置いているだけのキャラに見えるが

その彼も 今動いておかなければ 会社でのポジションが厳しくなる とでも言う 危機感 からこうした言葉が出てくるのかな などとも思った


ーー

G7が閉幕した。 所詮西側のお祭りというか、自分たちの体制は優れているという商品宣伝の場になってしまったので、最初から何かが根幹的な何かが大きく決定され、それが拘束力を持つというものではない。

だがその中でフランスが米国の内部の実務派の許可をもらってゼレンスキーを日本に移送してきたこと。 そしてこの一点だけでも米国の中のネオコンと言われる勢力の影響力の低下が見えること。

更に継戦を表面では言いながら、恐らく両建てで停戦の模索も続いていること、が見えた。 米国は同盟国が保有するf16のウクライナに対しての貸し与えを許可するという言い方をしたが、それはつまり、もう米国にはウクライナを単独で支える政治的にも経済的にも余裕がないということ。

だからそれらの動きを通じて今ゼレンスキーが第三者を介してロシアと接触しているという一連の情報が本当なら、大規模攻勢的なヤラセをやって見せて後、停戦という動きをするかもしれないね、とだけは言う。 どうせそんなにうまくいかないだろうが。

バチカンに行って、あとは中立国の各国の首脳に根回しをしてという動きは、普通に考えたら戦争の作法として、当事国ではない第三国に許可をもらいにいった、仁義を切りに行ったという形にはなるが、もう一つは停戦に向けてのロードマップの説明、その可能性の開示、

そうしたものがあるというのもうかがえる。 繰り返すが、米国の中のネオコン派と言われている連中にまだまだ強い力が残っているのなら、そもそもゼレンスキーが各国漫遊をするということはできない。

だからこれらの動きは米国の中の国内権力闘争の一環として見るべきなのだ。 そうした見方は中国だけに適用してきたが、もちろん米国にもそれはある。 ヌーランドたちが、その背後が、実務派のボスのキッシンジャーに毒を飲ませた、1年内に死ぬだろうという情報すら勝手に流れている。

皆嘘つきだ。 だから自分の周りにそれらの詐話師が詰まっているという認識で世界を見ることである。 面倒くさいことこの上ないがね。


  偽装の政治祭典


終了
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する