2023・430日曜(令和五年)


ーー 記事 開始 時事通信 430

公明党の北側一雄副代表は30日のNHK番組で、同性婚について「制度をつくっていくことを検討すべき時期に来ているのではないか」と述べた。憲法24条の「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」するとの規定は同性婚を否定していないとの認識も重ねて示した。

ーー 記事 終了


結婚という制度は男女の婚姻のカップルを法的に保護することで そこから次の世代 子供を作ってもらうということの目的のために国家が保護する全体構造になっている

だから男同士女同士のカップルを税金を使って保護してもそこからは基本何も生まれないのだから 新しい世代は生まれないのだからこれを保護する理由がない

税金を投入するということは その見返りがなければならない。果実がなければならない

この金の流れに関わる冷酷な見方を、権利だけを主張する人たちは しない

自分は特別だというエゴを実現化させたいただそれだけの装置としてマシンとして彼らは動く

そのような見方を大多数の 我々日本人はしてこなかったが もはやそれをしなければならない段階に到達している

公明党も 維新 も中国共産党にコントロールされている人形集団だ 私はこのように見る

そして同性婚という日本の婚姻制度を破壊する その流れの中で次に戸籍制度を破壊する

これらの目的は何かといえば 外から入ってくる中国人が日本人になりすますためになりやすくするために といった 中国韓国北朝鮮という儒教圏域の連中に大きな利益を渡すために大きな果実を渡すために彼らが 必死に働いている、それだけでしかない

また同性婚の手続きをすることによって 国籍は すぐに得られなくても 在住許可 などを得やすくするなどといった とにもかくにも日本に居座りたい 居座るということをベースとしたあらゆる法の改悪が これらの公明党や維新によって そして立件や社民によっても仕掛けられている

だが それらの人々に日本という国家をどうするのか 日本人とは何なのか的なことを突き詰めて生きる そんな個体がいると私には思えない

ただただ無秩序に向かっていくだけだろう 無秩序というのは滅ぶということだ 私はそちらの側には立たない

慇懃無礼で丁寧な言葉を使っていても結局は滅びを目指す 座標体 座標集団 そういう考え方で私は公明党 維新 ほかいろいろな真っ赤な人々 これを見ているのである


ーー 記事 開始 シネマトゥデイ 415

絶賛vs酷評!マリオ映画、観客と批評家で賛否真っ二つの背景

 『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が、全世界ですごいことになっている。今月28日の日本公開を待たずして、世界興行収入はすでに5億ドル(約650億円・1ドル130円計算)を突破。

あらゆる新記録を打ち立てている一方で、批評家の評は必ずしも優しくない。批評家と観客の意見の食い違いはハリウッドで頻繁に起きてきたことだが、とりわけ今回は「批評家はわかっていない」という不満の声が聞かれる。(文:猿渡由紀)

北米レベルでも、全世界レベルでも、『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』のオープニング成績は今年最大。ビデオゲームの映画化作品としても、今作を製作するイルミネーションの作品としても、史上最高のデビューを飾った。

だが、良いのは数字だけではない。何より大事なことに、公開初週末に劇場にやって来た観客が、映画にとても満足しているのだ。観客の感想調査を行うシネマスコア社によれば、観客の評価は「A」。「A」を取る映画は、決して多くない。

 アメリカの大手映画批評サイト「ロッテントマト」でも、96%の観客が褒めている。このサイトに寄せられた観客の感想は、「思っていたよりずっと良かった」「とてもチャーミングでゲームに忠実」「純粋に楽しい」など、非常にポジティブ。多くの人が5つ星満点中、5つ星をあげている。

 だが、その同じ「ロッテントマト」で批評家がどう思ったのかを見てみると、好意的なのはわずか58%なのだ。しかも、かなり辛辣な評もある。

 The Boston Globe は「これは映画ではない。ファンが期待するものをチェックして入れただけ」とぴしゃり。New York Post も「キノコ王国やジャングル王国など、きっちりディテールを入れて描いてはいるが、魂はない。彼らがやりたいのはもっと物を売ることだけ。これはクリエイティブに見せかけた欲だ」と厳しい。

RogerEbert.comがつけた得点は、4点満点の1.5。「予告編レベルの薄っぺらさ。クリエイティブであること、野心的であることを完全に避けている」というのが理由だ。


堂々と批評家に反論する記者もいる。たとえば Inside the Magic は、「『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』は、子供を楽しませ、大人にノスタルジアを感じさせる、パーフェクトなバランスを達成した。

観た人の多くは、イースターエッグを見つけた喜び、素晴らしい世界観、そしていかに楽しい映画だったかについて語っている」と絶賛。

批評家による「話が薄い」という批判についても、「マリオのゲームはもともとすごいストーリーや感動があるものではない。カラフルで楽しいものだ。この映画はそこを見事にやってみせた」と一蹴した。

 Forbesも、この映画はそもそもゲームのファンのために作られているのだと指摘。任天堂のゲームをして育ったというこの記者は、「これらの批評家には(マリオならではの)マジックがわからなかったようだ。

彼らの多くはマリオをあまりプレイしてこなかったのだろう。それはとても残念。この映画は史上最高のゲームを最も忠実に、最も正しい形で映画化した素晴らしい作品なのに」と書いている。

ーー 記事 終了


気づいたらこのスーパーマリオの映画は アナと雪の女王を越えようとしているそうだ、私はびっくりした

スーパーマリオを否定するわけではないが そこまでの深い 何かがあるとは思っていなかったからだ

そして私の今の言葉は今この瞬間の大衆が求めているものとは違うということを表す つまり深いものなんか何も求めていなかったということである

そしてこの場合 多くのアメリカ人が小さい時から 任天堂のゲームに本当に慣れ親しんでおり 彼らの記号 アイコン 意味付け それらは彼らの独自の中にあるものだけれど このマリオ というキャラクターをとてつもなく親しみを持って見ているということ。 それがこの映画の数字に現れていると言える

米国の奥の院というか 自称エリートの人たちはこうしたものですら ソフトパワーという形で自分たちが使う分にはよろしいが日本が土人たちが使うのは許さないとて

このアニメ漫画の部分を破壊するために それも含めて ポリティカルコレクト というものを強い圧力をかけて 仕掛けている

しかしそれをやりすぎた結果 自分たちのアメリカの中の内側から生み出す力 そうしたものを自分たちで根っこから刈り取ってしまったので 彼らはこれからさらにダメになる

クリエイティブな部分の その内側から出る 何かというシステムそのものを破壊した座標に新しい本当の想起イメージ 新発見 というものは現れない

中国や韓国 北朝鮮 などといった儒教圏域もこれは最初からそうしたシステムを持っていないので 彼らは外からよそから生み出された 何かを全て盗んで複製するということを通じて あれだけのサイズに 国家になっていったがもはや 続かないだろう

なぜならば 肝心の 欧米 世界の 欧州と米国がこれから倒れていくからだ。なので 彼らは必死になって この部分は徹底的に日本に入ってくる

日本のアニメスタジオゲームスタジオを含める 何もかも 今買収している最中だ。 それらの買収されたものが では 新しい何かを生み出せる機構 システムとして 維持できるのか 私は難しいと思う

というよりも 無理だと思う この言葉を出す。 儒教圏域の中にある三角形の支配構造における支配するものとされるもの というこの意図

この精神の振動を、波形とでも言えるもの ほんの少しでも自分の精神波形の中に 混在させてしまったら 同一表示させてしまったらその座標は基本的には終わっていくのである。 私はこのような概念で世界の流れを見る

そういう面倒くさいことを置いておいて しかしこのスーパーマリオ 米国人の多くが単純に見て楽しいと思えるならそれで良いではないかと 私は言うのだし

評論家の一部とやらが金儲け主義でくだらないというのであればその評論家の人々は金儲けにつながる 何か 芸術性が高く メッセージが強く さらに なおかつ 金儲けにつながる 何かを自分で作って見せれば良いという

何もできないやつが 言葉の力で 特に炎上商法を利用した形での 逆張り 否定から入るような 論調 で人々の心を 支配 統制 コントロールを求めるような あり方

私はそちらの方が相当に問題だと思う。 楽しいものは楽しいもので良いではないかというのだ。

と言いながら私はスーパーマリオ マリオブラザーズということをやったこともないので 正直 言えば何が楽しいかどうかということは一切わからない わからないから 私は否定もしない

ただ これだけの 多くの人が見ている売上の数字に繋がっているということは それは絶対的な数の論理として スーパーマリオのあり方は少なくとも今回の劇場版のあり方は徹底的に正しかったのだ

とこの言葉を出しても良いと私は 判定している


ーー 記事 開始 NEDO 412

世界初、燃料物質である“油”を細胞外に生産する微細藻類の作製に成功
―工業利用時の製造や運用に係るコストなどの軽減に期待―

2023年4月12日

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)
大成建設株式会社
国立大学法人埼玉大学
学校法人中部大学
公益財団法人かずさDNA研究所

NEDOの「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発」プロジェクトで大成建設(株)、埼玉大学、中部大学、かずさDNA研究所は、外来遺伝子を導入することなく、燃料物質である“油”を細胞外に生産する微細藻類の作製に世界で初めて成功しました。

微細藻類の一種であるシアノバクテリアSynechococcus elongatus PCC 7942株に対して特定遺伝子の発現を抑制・強化することにより、細胞内の燃料物質である遊離脂肪酸(FFA:Free Fatty Acid)を効率的に細胞外に生産することを実現しました。

今回作製した藻類の特長として、外来遺伝子を含まない非組み換え生物であることに加え、FFA生産能力の強化と生産されたFFAを速やかに細胞外に放出させる機能の向上により、燃料物質であるFFAを容易に回収できることが挙げられます。

また、培養した藻類を継続的に燃料生産に活用できるため、工業利用時の製造や運用に係るコストなどの軽減が期待できます。

今後、大成建設(株)らは、今回作製した藻類のFFA生産能力の向上を図るとともに、藻類バイオ燃料製造システムの構築と実証試験を行い、藻類バイオ燃料の普及・拡大を推進することで、NEDOとともに脱炭素化社会の実現に貢献します。

https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101632.html
ーー 記事 終了


結構重要なことがたくさん書いてあるので 原文 は サイトに直接行って読んでいただきたい

我々の新しい世界においては微生物が相当の力を発揮するということはもはや伝えられていることだ

これから人間自身が 腸の中の細菌を使って 生きるために必要な 栄養 無機質 タンパク質 ビタミンなどを自分で合成するようになり ご飯を食べなくてもよくなる 水もほとんど飲まなく て良くなる

そのような夢のような肉体になっていくのだがそれは今すぐというわけではなく50年内だとかそういう世界だと思う

現実にその兆しが始まっているが それらはあまり私たちには伝えられていないし 伝わっていたとしても基本的には人は信じない 私も 現段階において食べなくても良いとやっている人々の多くは嘘つきだと見ている 本物もいるかもしれないが圧倒的に嘘をついてる人の数の方が多いだろうという判断だ

お金を集めるために 隠れて物を食べてる人 そういう事例が見つかっているので何から何まで信じるつもりはない

だが 食べなくてよくなるという そのあたりは本当だろうと見ている そして この記事における微生物が 石油を合成していく

この場合は 石油というよりも バイオオイルとでも言えるものだが これも 主流になるだろう

ただし それは 過渡期 かもしれなくて 我々は もう少し 次元の違うエネルギー問題の解決 これも分かっていることだから 言えることは何もかも全てにおいての大きな 刷新 がやってくるということ これに他ならない

我々の未来は本当に明るいのだ それを暗い未来だとイメージ 付けることによって人間に限定 を与えようとする

焦燥葛藤や マイナス方向の 喜怒哀楽を与えてそれを発生させようとする勢力がいる

そうしたものの正体をあなたはこれから知ってゆかなくてはいけない


ーー 記事 開始 沖縄タイムス 425

パイナップルの葉から天然繊維を抽出 数時間の作業が5秒に 沖縄の企業が独自開発

 天然繊維製造のフードリボン(沖縄県大宜味村、宇田悦子社長)は、パイナップルの葉などから繊維を抽出する機械を独自開発した。

葉に高圧で水をたたきつけ、繊維以外をそぎ落とす。同社は国内外のパイン産地に機械を置き、天然繊維の大量生産を目指す。捨てられていた葉を活用するため、農家の所得向上にもなる。

 これまでは回転する金属の刃で葉を削る手作業で繊維を取り出していた。乾燥までの作業工程は数時間かかっていたが、新しい機械は5秒で済むという。

3年がかりで開発し、特許も取得した。パインの収穫が始まる石垣市で5月から稼働させ、導入する地域を広げていく。

 同社が覚書を結ぶインドネシアの農業団体から、パイン産地9千カ所への設置要望もある。同国では今秋の量産を計画している。フィリピンやタイ、中国でも設置に向け、現地で協議している。

 24日、東京・渋谷でお披露目会があった。宇田社長は「生産者に利益を還元でき、環境負荷も少ない仕組みをつくっていく」と述べた。将来的には生産者と消費者をつなぐアプリを作り、社会的機運も盛り上げていきたいと考えている。(東京報道部・照屋剛志)

https://youtu.be/Z22qHkwAr5o
ーー 記事 終了


この装置システム全般を中国が非常に欲しがってる、というよりも 中国で展開する そうだからこれのコピー品は山ほど出るだろう。

これはばれてはいないけれども 相当の線維 革命とでも言えるものだ 今まで捨てられていたパイナップルの葉 含める様々なものが 繊維となる

しかも 天然繊維だ それらの需要はなんだかんだ言って高い となると 機械の泥棒を含める様々な動きが中国から仕掛けられるのは必然だ そのことに対しての防衛を この沖縄の関係者はやっていただきたいと思う

沖縄の経営者というか それらの関係はどうしても脇が甘いとしか思えず いろいろな細かい話を聞くと彼らは苦労して考えた様々なものを 中国に最初から進呈するためにそれをやったのですか などと言った事例

これらを私はそのようにとらえてしまう 日本は我々はあんな奴らに負けてはならない 奪い取る奴らに負けてはならないとこのような少し 子供じみた言葉を残しておく


ーー 記事 開始 朝日 421

さらば、愛車セドリックのエンジン ついに103万kmで力尽きた

福家司2023年4月21日 11時38分

 走行距離が100万キロを超えたことが話題になった高松市の鉄道カメラマン、坪内政美さん(48)の愛車・日産セドリックのエンジン(2500cc)がついに力尽きた。

同市の香川日産自動車で20日、古いエンジンが取り外された。近日中に新たな中古エンジンが装着される。

「正直そろそろ買い替えて…」 愛車支えた整備スタッフ

 坪内さんの車は今年1月、走行100万キロを達成し、香川日産から感謝状が贈られた。購入から16年余り、エンジンは一度も換えていなかった。

3月に石川県・能登半島に撮影に出かけ、現地で故障。自力で何とか高松に戻ったが、調べた結果、エンジンが故障し、修理も困難とわかり、交換が決まった。

 この日、長年この車の修理を手がけてきた整備スタッフの中島明巳さん(62)と後輩の工藤竜典さん(27)がジャッキで車を持ち上げ、あらかじめ配管などを切り離しておいたエンジンを取り外した。約103万キロを走ったエンジンは日産が引き取り、研究用に活用されるという。

 坪内さんは「100万キロを達成した直後に(エンジンが)壊れるとは、車が意志を持っているとしか思えない。本当によく走ってくれた。おつかれさまとしか言いようがない」と話した。新たなエンジンは約6万キロ走行した同型車のものという。(福家司)

ーー 記事 終了


エンジンもすごいが私は セドリックが走っているという そちらの方にびっくりした

セドリックはいち時代をきついだ 高級車 そこまでは言えないかな でもある

それを大事に大事に乗り継いでくれた こんなに 車を愛してくれる人がいることの方が素晴らしいな と思った

そして私はこれらの動きは 内燃機関 あってのものだな とも 理解する バッテリーカーつまり 今流行りの EV ではこういう考え方 そのものが成り立たない

エンジンというか モーターは 使い捨ての何かでしかない そして私は EV と言われているものが何であんまり 自分に好きではない な 気に入らないなと思っているのかといえば エンジンには手を入れることはできるが モーターは 何もできない そういう部分が本当につまらないなと思っているからだ

多分そうなのだろうなと思う

全世界の全てが 無理やり にこのエンジンから EV に 切り替えさせられようとしている時に何ということはないが ほっと一息つけるような記事であった

そんな言い方にする そして 物は大事にというのはこの車の部分も同じだという そうした言い方でもあろう


ーー 記事 開始 NHK

画像生成AI “クリエーターの権利脅かされる” 法整備など提言

2023年4月27日 21時36分 AI(人工知能)

文章で指示するだけで自動的に画像を生み出す「画像生成AI」の不適切な使用によってクリエーターの創作活動や権利が脅かされているなどとして、イラストレーターや漫画家などで作る団体が記者会見を開き、画像生成AIの適切な使用や法整備などを求める提言を発表しました。

記者会見を開いたのは、イラストレーターや漫画家などおよそ30人で作る「クリエイターとAIの未来を考える会」で、団体の理事を務め、イラストレーターとして活動する木目百二さんら3人が出席しました。

会見では、現在利用されている画像生成AIの多くは、著作権の所有者に無断でインターネット上から収集、複製した画像を機械学習に使用していることや、

第三者が画像生成AIの機能を使って別の人が著作権を持つ画像を無断で改変し、全く別の作品として公開する行為が後を絶たず、クリエーターの権利が脅かされていると訴えました。

そして、AIの開発と著作権をめぐる法整備が十分議論されていないなどとして提言を発表しました。

提言では、▽画像生成AIの機械学習に著作物を使用する場合は事前に著作権の所有者に使用許可を得ること、

▽画像生成AIの画像には、AIによる作品であることや元となった著作物の明示を義務づけること、

▽著作者に対して使用料を支払うことなどを、求めています。

木目さんは「私自身もクリエーターとして自分の作品のコピー品が大量に出力されており、許されてはいけないことだ。国にはクリエーターの創作の文化や権利を守ることを理念としてしっかりと取り組んでほしいです」と話していました。

ーー 木目百ニ(もくめももじ)429

今回ご指摘いただいた私の二次創作作品についてのお詫び

https://twitter.com/mokumemomoji/status/1651958062482337792/photo/1

ーー 記事 終了


女子高生がロックを始めて 成長していくということを描いた漫画 なんとかロックだったと思うが それの エロ画像 エロ漫画を2次創作として作り それを 出版社に作者に無断で販売していた同人ごろつきと言われている人物

が AI 人工知能の コピー 模倣 改善 どのような言葉を使っていいかわからないけれど 他人の絵を 少しだけ 改変してそしてその上で 似たようなものを 工業製品と 見間違う ばかりに 大量生産していく流れが始まったこの瞬間において

自分の商売を邪魔をするな これらの AI を規制せよ という訴えを起こした

この動きは 例えば自動車が発明された時に自分たちの商売を奪うなとして 幌馬車 駅 場所に 馬車 人力車などの関連業界の人々が ワーワー と騒ぎ立てたことと同じであり

CD が発売された時にアナログレコード 関連の会社が 必死になって CD を聞けば 頭がおかしくなるといったネガティブキャンペーンを繰り広げたのと全く同じ構造である

どの領域でも自分の商売がたき もっと言えば 自分の 既得権益と見える何かを奪われる動きが発生するとそれに対して 死に物狂いで抵抗する場合によっては 人が死ぬ

そうしたことが今まで 何の競争 もなかった これら グラフィックの部分で発生している

がそれは これからは 声優や小説家 などといった部分に明確に起こる それは今年の下半期 ぐらいから目立つこととなる

実はもうこの AI の分野は例えば地方の FM 局などでアナウンサーの代わりに原稿を読ませたり 台本書きの代わりに それらの 読ませる 原稿 AI に作らせたり 実際にもう始まっている

だからそうした分野に関わる人間は これから全ていらなくなる そして 安穏としていたら 政治評論家や政治家 そして 経済人などの自分たちの座だけは安泰だと思っていた そういう人々にも 忍びよる

彼らの判断は大きなところで間違っているし そして彼らの判断は そもそも これらの AI 領域から下されるデータをベースに決定されるものだから ではただその決定の部分をもっと他の何か

それこそ それを AI に任せるだとか色々な動きが必ず起こる なぜならば そうした領域にとてつもなく 何も生まない金 無駄な金が注ぎ込まれているからだ

人類の世界から 全てのエネルギーが消えるということは我々はマネーの総流通量がとてつもなく 減っているということで 本来なら 認識しなくてはいけないのだが

日本人は金に関して考えてはいけないと自己暗示をかけているので ここに気づく人が全くいない

これらの人々 絵描きの関係者がどれだけいきがって見せても結局 科学の進歩 実際にそれを使えば人間の生活が 快適になる合理的になるということがわかってしまえばその絵描きに関わるような人々というものは圧倒的少数なのだから とてつもない数の力によって それは 踏み潰される運命だ

そしてそれが正しい。 残酷な言い方を言うが そうやって生命体は進歩してきた 保護する 守るという考え方を否定はしないが それは この瞬間 自分の絵を書いて飯を食っている人間の生存を保護せよ という動きであり

それこそが 実はエゴなるものの表現だ そうしたもの一切合切を見つめ直せという大きな力が今 人類世界に投げつけられている

私はこんな言い方をしておこう


ーー 記事 開始 ウオールストーリートジャーナル 428

欧州が海上輸送で運ばれるロシアからの液化天然ガス(LNG)輸入を断とうとしている。実際に踏み切れば、残るロシアからの化石燃料の輸入がほぼ完全に途絶えることになる。

ロシア産エネとの完全決別、EUが総仕上げへ

ーー CNN 428

ロンドン(CNN) ギリシャ・ペロポネソス半島の南東側にあるラコニア湾。海は鮮やかな青緑の水をたたえ、海岸地帯はウミガメの重要な営巣地だ。

ただ、ここは自然が美しいだけの場所ではない。一帯はロシアのエネルギー輸出品を運ぶタンカーの重要拠点にもなっている。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、欧州連合(EU)は海上輸送による石油輸入の大半を禁止した。通常であればEUに向かう原油製品や石油精製品がアジアに行き先を変える中、積み荷は長旅に備え、ここラコニア湾でより大型の船に積み替えられる。

調査会社S&Pグローバルによると、ロシア産原油の船から船への積み替えはこの数カ月で急増し、今年1~3月には過去最多の水準に達した。

ギリシャ付近では今年3月、暖房や輸送機関に使われるロシア産軽油350万バレル以上が船舶間で積み替えられた。これはS&Pグローバル調べで前年同月比の7倍を超える。

こうした積み替えは、ロシアのプーチン大統領が1年2カ月近く前にウクライナ全面侵攻を命じて以降、世界の石油市場が一変したことを浮き彫りにしている。

これまで最大の買い手だった欧州の穴を中国やインド、トルコが埋めるなか、航海の距離は伸び、以前に比べ多くの船が必要になっている。S&Pグローバルのデータからは、航海途中での積み替えが増えている状況がうかがえる。

データ企業クプラーのシニアアナリスト、マシュー・ライト氏は「地中海における船舶間の積み替えが急増した」と指摘。「ロシアの港から小さめの船が現れ、より大きな船に積み荷を移し替えた後、大きな方の船はアジアに向かう」と説明する。

こうした船の多くは「灰色の船団」と呼ばれる船舶の一部だ。ライト氏のような業界関係者は、過去1年の間にロシア産石油の輸送を始めた船を指して、この言葉を使っている。船の所有者についてはほとんど知られておらず、ペーパーカンパニーの可能性もある。

「灰色の船団」は必ずしも不正を行っているわけではない。しかし、ライト氏のような西側のウォッチャーは、所有者が伏せられていることが多い船の登場で石油市場の透明性が薄れ、規制当局による監視が難しくなっていると指摘する。

オーストラリアとカナダ、米国は国際海事機関(IMO)に最近提出した書類で、トランスポンダーを切り、「姿を消して」、公海上で石油を積み替える船が増えていると指摘した。位置情報を送信するトランスポンダーの切断は制裁逃れの手段になりうると、これらの国々は主張する。

IMOの法務・渉外ディレクター、フレッド・ケニー氏はCNNに対し、海上積み替えへの警戒感がここ1年で高まったとの見方を示した。このような状況では衝突が起きやすく、壊滅的な石油流出事故の確率が高まる。

ケニー氏によると、船の所有者がはっきりしない場合、石油の海上積み替えに関する厳格な規則を順守しているかどうかの確認も難しくなるという。

「きれいな海での安全な輸送を確保する規制体制が損なわれているとの懸念が高まっている」(ケニー氏)

ーー 記事 終了


欧州の経済発展というのは高い 人件費 生産設備への設備投資の停止 中断などを含めてどう考えても前に進むことができていない、いなかった

それをどうやってカバーしたのか それは ロシアから ただ 当然の天然ガスと石油を買いそして中東地域から 山ほど 低賃金で働く人間を入れて そして先進国である国家の内部を無理やりに回していた

重商主義を頑張って続けてきた しかし ヨーロッパの中でまともに黒字を出せているかな というのは ドイツしかない あとは全部終わっている

それは少し前に中国に急接近したフランスのマクロンの言動を見ればよくわかる

フランスは 内々にブリックスに入れてくれと 打診したそうだ それは去年ぐらいの段階だ、おそらくそうなるだろう

フランスとドイツはブリックスに加盟することになる そしてそれを受けて 欧州の中のアンチ ロシアとアンチ 中国以外の例えば スペインやイタリアなどは 我先にとブリックスに入っていく

そうすると今の G 7 の枠組みが 事実上 なくなっていく 国際連盟は国際連合ができた途端に解散しますという宣言もないままに消えていった それと同じことが今の G 7 と言われている領域で始まる その可能性がどんどんと近づいている

私はおハガキで教えてもらったのだが 今のロシアとウクライナの戦争は ロシアが ウクライナのキエフ を空爆して終わるだろうという

これを 青山 議員が言っていたようだ ソースはわからない しかし彼は太平洋インド艦隊 と繋がっているので そこからもらった情報なのだろうな という

ただし 青山 議員を騙して日本国民をそのように信じさせる 勢力 そうしたものが インド 太平洋艦隊の中にいないかといえばいるだろう

だから世界はバカ しかいない ので 彼からの発言だと言っても それは 話半分で聞いておくべきだ

しかしここで私の私的見地を述べるのなら どう考えても 戦争は ロシアは傷つきながらも それでも勝っていると見る

ので この空爆による最終結果 つまり ゼレンスキーを殺しても構わないとロシアのプーチン大統領が決めて 実際の空爆に踏み切るのであれば それはウクライナが勝てる見込みはない

現時点において ウクライナはロシアから それらの 戦闘機の兵団 戦闘爆撃機の旅団とでも言えるものがやってきた時にこれを迎撃することはできない

ただし 地上における空対地ミサイル S 400 S 300 システムなどがまだ残っているだから今 ロシアはこれを奪還しているのだ これを破壊しているのである

イランから大量に買ったドローンはこれらの設置施設を大量に攻撃し、そしてそれに成功している

そうした情報は西側には特に日本には全く入ってきていない 政府筋 官邸筋ではもちろん 入ってきており 分析しているが

なので 岸田 首相が キエフに行った時に様々なロシアに対する根回しの動きがあったのは日本政府としても 米国の命令だから ウクライナにはついているが 戦争の行く末としては ロシアが勝つだろう、ここからくる

しかし 傷ついたロシアは中国と一体化するので中国がこれまで以上に存在になるだろうと言った 膨大な分析をしている これは間違いがないのだ

世界というものの見え方は我々は 公開情報によって それを認識するしかないが その公開情報とやらが少数のグループによって特定の方向に誘導させるためのものでしかない

自分でネットを探してくるしかないところが もう今ではネットに落ちている 情報 すら その特定の方向に導かせるための罠 デコイである場合が本当に多い

そうした場合は一旦 判断をやめて 時間を経つの待ってその上で再びその領域に接触するということをやるしかない

判断停止もこの嘘つきだらけの認識阻害の空間では重要な ギミック テクニックの1つだということ 私は言う

全ての国がボロボロになって傷ついている、が しかしそれは64か65対35で西側の方が大きく 傷ついている

ここまで来ると実際のエネルギーや食料の資源を持っている国が本当に強い そうしたことが 今年下半期以降 さらに明らかになるだろう

なぜかといえば 全世界における食料の調達 というもの これが少しずつではあるが難しくなっていくからだ


ーー

ポーランドが自国の中のロシア大使館に付随していた学校施設を勝手に接収した。 これらの法律的な背景はよく分からないが、ポーランドの言いぐささったら「 ロシアが不当に奪っていたものを取り返した」 と彼らは主張する。

これらの背景は米国が今回の戦争が始まった当初、ロシアは犯罪国家だから、彼らの対外資産は無条件で凍結没収していいのだ、という決めつけのもとに、世界各国にあるロシアの当座決済口座のカネをすべて勝手に泥棒した、これらの動きがあるだろう。

ポーランドは東欧地域における米国の忠実な属国だから、これら米国の支配層の思惑、ヌーランドたちの思惑があるだろうとわたしは捉える。 しかしそうした傲慢がいつまで続けられるか。

ポーランドがウクライナの三分の一くらいの地域、ガリツィア地方というものを自国の中に編入しようと本気で考えていることはもはや周知の事実だ。 わたしはその様に認識している。 彼らの領土的野心と、米国が背後をもってくれているという大きな勘違いの気持ちが今回の蛮行につながった。

ロシアは手順を踏んで抗議をする、というところからやるようだ。 ウィーン条約に反していると。 ロシアにしたところでそんなに綺麗な国家では毛頭ないが、彼らのやり方として手続きを経るというのは基本だから、それに準じた表現だ。

そして対抗措置をとると発表している。 それらの具体的な措置はまだ不明だ。

ーー

パチンコのマルハンが本社直営の店舗を今月に入って4店舗、いきなり閉店させる。 彼らはもはや不動産および金融、つまり金貸し事業に変わりつつあるから、これらの閉店店舗の跡地開発、ここに目を向けなければならなのだが、普段から在日がどうのこうのと自らのうっ憤を晴らすことしか考えていない勢力はその視点がない。

というかその視点に到達させないようにしているのかもしれないが。 これらの跡地開発に明確に中国が入ってくるのであれば、相当に警戒しなければならない。 パチンコ屋というのはあなたもご存じの通り、その地域における「 要衝の地」 に建設されている。

繁華街というのは人が結集しやすい場所ということだから、それらの要衝をこうした施設で抑えておけば、いざとなったらそれは簡単にスパイ拠点の本部になる。 そうした考え方がない。

更地にして現状復帰という話はあまり聞かない。 だからこのマルハンの動きも、もちろん彼らの苦境からなるものであるだろうが、背景に「 台湾侵攻の後からの、尖閣沖縄、そして日本全域を含める侵略計画」 が将来に予定されているから、とここまで考えておかなければならないのである。

ーー

中国の大使が日本に対して融和的な発言を意図的にやっているのは、もちろん本国からの命令であり、彼は台本を読んでいるに過ぎない。 彼らには本当の本当に自由意思などない。 その観点で中国の内部の経済事情がリアルで悪くなっているということ。

更にこれらの発言に合わせて行われたふうに見える、日本の半導体事業関連における中国封じ込めの動き、これに対しての抗議声明、そういうものを合わせてとらえる必要がある。

彼らは日本に対して「 日本は自由貿易体制を守れ」 と命令をした。 今回の抗議声明で。 だが彼らは西側世界の構築した自由領域から奪うだけであり、彼らは守らない。 彼らは西側世界の全てのルールは守らないと決めているし、それを内外に公式に何度も発信している。

そうした態度が中国なるものの全てのアイコンが信用されないということの根幹なのだが、彼らは全く意に介さない。 我々を日本人を「 制御しやすい未開の土人たち」 としか本当に思っていないからだ。 彼らの潜在意識下において。

そういう彼らの態度をわたしは許容しない。 すくなくともわたしは今人間であり、日本人だ。 だからその立っている立場をきちんとやり切る。 そのつもりでこうやってキイを叩くのである。


  奪い盗るものたちの思惑


終了
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する