米軍の世界における再編配備計画において在韓米軍はない。 しかしこれからの動きで決まる国防権限法の流れの中でそれは再び前に出てくるかもしれない。 それは陸軍利権と陸軍系軍事産業複合体の利益代表である今のマークエスパー国防長官が、おそらく次善の策として持っている、対象敵国の近くに近距離ミサイルシステムを配備させ、それを駐留陸軍によって防御させるという形で今の陸軍の駐留を維持させようとしている。 しかし彼の、彼らの戦術は今の戦争のやり方においては旧世代の考え方になるとわたしは捉える。 朝鮮半島への居座りは難しいだろう。

そして民主党政権が国防権限法において宇宙軍の創設に徹底的に反対しているのは、これらの陸軍利権の連中もいるが、やっぱり中国がいる。 彼らは自分たちの行動が米国の安全保障を大きく脅かすものであるという自覚がどうやらない。 駆け引きの材料の一つとしてしか捉えていない。 それではもう間に合わない既存世界進行の最後の段階に来ているのだが。

だからトランプ大統領は、韓国が米軍の兵器装備品、つまり兵器を沢山買うというプレゼントを持ってきても、基本これを相手にしない方向で今回国連総会においても彼をいないものとして対応した。 これら最高首脳部の行動というのは基本どこの国にも背後に演出家がいるのであり、トランプ大統領の今回の大人気ないとでも言える態度は、勿論韓国国民の、特に親北勢力に対しての警告であり、更に日米勢力、つまり韓国内部で保守派と言われている人々への伝達でもある。

我々米国はもう、貴方方を無条件で守るということはしないのだ、という。

それは日本の関係者に対しても向けられている言葉になる。 そうしたことがこれまでも、そしてこれからも、公開情報の中では相当出ている。 貴方はそうした読み取り方は今までやってこなかったに違いない。 しかしこれからの、本格的に、本当に世界が壊れていく中で、そうした愚かな態度、ぼーっとした態度のままでは、何かが起きたときにただうろたえるだけの本当にどうしもない自分を見つけるだけになるのだから、早急にそうした理知的で冷徹な貴方を発見してほしい。

ーーー

米国は大きくは在韓米軍撤退の方向を変えない。 だから韓国に置いてあった全ての資本を引き上げる。 そして焦土、焼け野原にしてそれを中国に投げ渡す。 だから韓国の中のカネ儲け装置の財閥の破壊は必須なのであり、その中で一番の急所はやはりサムスンなのだから、これを破壊する。

サムスンバイオに関連する粉飾決算の動きが出たのが2018年11月であり、そこから立て続けに朴槿恵政権への賄賂がどうしたと罪状が貼り付けられていった。 そして再び今月の24日にサムスンバイオ関連の捜査が開始され、普通に考えれば今裁判を戦っているサムスンの副会長が実刑を受けるコースに蹴っ飛ばされたのだなと分かる。 実刑を受けた人間を次の跡目にすることはない。 しかしまあ、韓国社会は粗雑だからそういうこともあるかもしれないが。

問題なのはそれらの跡目争いにどうせ相当の時間がかかるということである。 ( 今の副会長が実刑ということは、3年とか5年とか牢屋の中にいて、実際の指揮が取れない。 そして代理人が誰になるかということだ。 これが中国側か北朝鮮側か米国側かということ。 いずれにせよサムスン切り売り解体の方向に向かう。 最も今の二代目会長=息子、も能力のないボンクラなので、彼が居座っても同じことだが) 時間が経過すればするほどサムスンは売上を作れなくなって終わる。

これらサムスンなどを中心とする経済層からのカネを、日本の国内の対日工作費用として使っていた韓国政府は、それらの作戦をいくつか切り上げるしかない。 つまりカネが止まる。 韓国→民団→民団所属の在日企業→日本の左派勢力、これらの流れが切断されていく。

だから、今のタイミングで森友加計問題とやらの捏造の動きがはっきりと、ネットなどをやらない老人階層などに向けても届けられる書籍などの形においてのメッセージ発信が強められるのは偶然ではない。 関西生コン関連の逮捕者の動きが全く止まらないのは偶然ではない。 左派系政治家たちはこれらの動きに全く沈黙を守り、人権侵害だと何一つ言わないのも偶然ではない。 共産党系と在日系の弁護士集団が、下の側からの大量提訴を受けている動きは偶然ではない。 そしてこれらの勢力が、周辺の人間領域を含めて、国連の対テロ対策部門における関係リストに記名されているということの公の情報公開がおそらくこれから為される流れに入っていくというのは偶然ではない。

これらはオバマ政権のときに本当に好き勝手やってきた中韓北朝鮮( 本当はロシアもここに入る。 しかし彼らの関与は中韓北朝鮮に比べればおそらく小さい) らに対しての、明確な帝国の逆襲の動きになる。

彼らジンケンとジユウとを国家安全保障の確保の前に押し出す連中はやりすぎた。 彼らの主張は既存の陰始勢力が造ったこの世界の内側の中にしか存在しえない概念なのだから、その外を跳び出ようとしてはいけなかった。 本当の自由と人権を得るための一番の阻害要因になっているのが彼らだというのが暴露されてしまった。 わたしはそう捉える。 だから地球が反転したということの意味がこれから明らかになっていく。

これらの 生み出そうとしないもの、流動性を阻害するもの、らは皆消える。 その様にわたしは考えている。

ーーー

ソフトバンクに6400億円の損失を出させたウィーワーク株の額面暴落の動きは、大きなところでは大陸半島勢力に与する現金回収装置としての彼、組織ソフトバンクを叩き潰すための動きが表面化してきたというふうにわたしは捉える。 今後中韓北朝鮮に対しての資金提供を行ってきた( それは一応商売の形を偽装しているが) あらゆる眷属たちに対しての細かい攻撃が加えられるものとみる。

国際テロリスト関連のメンバーのリスト公開( 関係者はこれを見られるが、一般公開、つまり簡単にアクセスして閲覧するという形にはまだなっていない) などの動きも同様に行われていく可能性が高く、それらの関係者は各国において大体がジユウとミンケンなる領域でサベツサベツと誰かが悪いとの活動を必死になってやってこられた方々だ。 そうした連中に対しての認識の大きな反転が起きる。

世界が変わる。 いや、それはとっくに変わっているのだが、今まで無自覚であった勢力を更にひっくり返す動きがこれから続くことになる。 右が正しいヒダリが正しいというのはどちらも嘘であり、これらの領域で生きている連中は、ただ喋っているだけでカネを引っ張ってくることを渇望するだけの勢力なのだということに大きく気づかなければならない段階に来た。 本当に。

今回の国連総会における米韓首脳会談において、米国は韓国の首長を同盟国の人間だという扱いを止めたことが明らかになった。 たんなるゲストとしての対応だ。 アフリカの小国などと同じような扱いにされていた。 米国が計算なしにああした動きはしない。

だからこれから日本国内においても、この韓国と繋がっていた勢力との大きな処断の動きが開始されるだろうととらえる。 それはとっくに始まっているが、隠されているが、それらが隠せなくなっていく。

人々の意識が大きく変わる事になる。


2019925水曜
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する