――――――――――
2022・1227火曜(令和四年)
――――――――――

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1606236402156306433/pu/vid/720x1280/tLNjZrdnH9qVL7n2.mp4

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1606676026230194181/pu/vid/544x960/Vvz6I-jukVWFoB4G.mp4

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1606647385513684992/pu/vid/480x846/hw6Pz4qhexWB5jpo.mp4

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1605930930798940160/pu/vid/544x960/_uyet3YajnSl2_30.mp4

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1606676752956547075/pu/vid/480x816/uUmALuu6RuRpCNF9.mp4

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1606105698827489280/pu/vid/544x960/otTUJ1UnG33cPcyW.mp4

ーー

中国なので出てくる情報の全てを信じるわけにはいかない。これらたくさんの人々が死んでいるという状況は空の棺桶を置いてからの死体袋の中に新聞紙でも詰めておけばどれだけでも演出できる。

火葬場が霊柩車の列で救急車の留守電満杯だと言われているが10個ある火葬場のうち7つか8こを理屈をつけて止めてしまえばそうした行列はどれだけでも演出できる。

そのような考え方をあなたはどうやっても持たなくてはいけない。人の生き死にですら工作に使うのが中国共産党という存在、儒教圏域という存在だからだ。

ーー記事ここから

新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う第13話の放送・配信延期について日頃よりTVアニメ『異世界おじさん』を応援いただき、誠にありがとうございます。

12月29日(木)以降放送・配信予定の第13話に関しまして、現在中国で感染が急拡大している新型コロナウイルスの影響により、現地企業に発注しておりました映像制作に遅延が生じたため、年内での見通しを立てることができない状況を鑑みまして、本編クオリティ維持のため、放送・配信を延期することといたしました。
12月29日(木)以降の各放送局による放送内容は、以下の通り変更となります。

【AT-X】 ※第12話再放送
【BS11】 ※第12話再放送
【TOKYO MX】 ※第12話再放送
【テレビ愛知】 ※第12話再放送
【KBS京都】 ※第12話再放送
【サンテレビ】 ※第12話再放送
第13話の放送・配信スケジュールにつきましては、決定次第順次アニメ公式サイト及び、公式Twitterにてお知らせいたします。異世界おじさん製作委員会としましては、本作に関わるスタッフの皆様の健康と安全を第一として、制作を行ってまいります。再三の放送延期となり、放送を楽しみにしていただいている視聴者の皆様、及び関係者の皆様へ多大なご迷惑とご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。

最後まで作品を皆様のもとへお届けするために、スタッフ一同、尽力して参りますので、何卒ご理解賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

2022年12月26日
異世界おじさん製作委員会

ーー記事ここまで

日本のアニメの原画動画の部分が中国に下請けに出されていたことは知っていたがここまで大きな影響を与えていたとは知らなかった。

ここから振り返ると中国政府が日本に文化の面で打撃を与えるためにこうしたアニメの配信を病気であるとか色々な国家安全保障上の理屈をかこつけて納期を破壊する守らない。

そうしたことがこれから起きるのだなということが今回の異世界おじさんの何度も何度も放送が延期された流れの中にある。

昔は韓国に発注していたようだが人件費がやたら高くなりクオリティも低くなったのでこれを切り捨て中国の共産党が推奨するアニメスタジオとどんどんと提携をしていった。

しかしこの仲介人物が誰なのかということだ。そこに日本の親中派と言うか工作員と言うかいろいろあるだろうなということが伺える。

政治や経済だけではなくこの文化サブカルチャーの分野でも中国共産党が日本人を支配コントロールするための芽を埋め込んでいる。そうした見方を我々は一切持って来なかったがこれをここで獲得しなくてはいけない。

とはいってもアニメにおけるこれだけの膨大な本数の現実において何から何まで国産で供給するというのは難しいだろう。

だから同じ価値観を持つような国に 人材を育ててそれらに仕事を発注するという体制を作らなくてはいけない。

東映動画だったと思うがそれが確か ONE PIECE だとかプリキュアの作品の中でインドシナ半島と南シナ海諸国に彼らは拠点を20年以上前に作ったのだが、そこに発注して今では高い品質のものを安定して出せるようになった。

こうした情報がひとつのヒントになるのかもしれない。

ーー記事ここから まとめ 1227

致命的だったのが、
政府トップや親中派議員らが次々と
「自分はシノバックを打つ」と
宣言したことだった。

さらにわざわざ腕をあらわにして
接種を受ける姿までメディアに公開してみせたことが
「まるで中国政府に対する忠誠の証しのようだ」
と市民に逆効果をもたらした。

ここから「愛国者ならシノバック」
「西洋医学を信じるならばファイザー」
という声が上がり始めた。

加えて香港には一定程度の
伝統的ワクチン否定論者が存在し、さらに少なからぬ人が
「政府が推すワクチン接種には応じない」と頑固に
「政府非協力」を表明した。

ーー記事ここまで

われわれは香港で中国政府が香港人に対してとんでもない変なワクチンを打たせたということを情報として以前知った。

しかしその情報が伝達された近辺においては香港周辺にだけ限って死亡者が増えているという情報はなかった。だがそれが仕込みであったのだと考えた時に今中国の中で膨大な人間が死んでいるがどの地域が特に死んでいるかという数字に着目しなくてはいけない。

北京や上海そして香港などで猛烈に人が死んでいる。そのワクチンが国産のワクチンであった場合は国産なのだが中国製のシノバッグ、シノファームと言われているものの中におかしな何かが最初から入れ込まれていた可能性がある。

中国共産党とすれば外国勢力と繋がったような地域、これは武漢上海香港などの西側との関係が深かった 地域における人間を絶滅させてしまった方が中国共産党の支配統治のためには都合が良い。

反抗する人間がいないから西側的考え方をする人間がいないからだ。そこまで考えたくはないのだがこの中国の人口消滅の動きというのは中国共産党が自国民に対して仕掛けているとてつもない粛清この考え方も我々は持たなくてはいけない。

中国というのは文化大革命のときに徹底的に同じ中国人を殺した。習近平主席というのはあの時代における激動をくぐり抜けた人であり中国共産党という体制を揺らがせるようなもの全ては殺さなければならないという強い確信を持っているであろう。

その彼が西側世界に精神汚染されてしまった従わない中国人素直ではない中国人これらの抹殺消去を命じた。そうした全体合意があったと考えるのは実は考えすぎでもなんでもないのである。

ーー記事ここから レコチャイ 1226

アメリカは24日付で、中国では新型コロナウイルスの感染が「スパイラル状の激増状態」になっているとして、今後数カ月の前途は「非常に非常に困難」とする専門家の意見を紹介した。

中国政府は、毎日の新型コロナウイルスの新規感染者数や死者数、完治した人数などを公表している。

しかし、そも感染の検査を減らしており、さらに軽症症例の報告を停止しているため、 現在の感染拡大が具体的にどの程度の規模なのか把握することは困難だ。

感染者数が急増した河北省の保定市と廊坊両市と周辺地域では、AP通信の記者が病院の集中治療室がすでに満床であることや、 救急車で搬送した患者の多くが医療施設から受け入れを拒否されるのを目撃したという。

また、中国各地で、会社職員などの欠勤、解熱薬の不足、火葬場での従業員の時間外労働が広く報道されていることも、 新型コロナウイルスが各地に広がっていることを示唆している。

世界的に見て、オミクロン株の流行で、大きな被害を受けた地域の一つが香港だ。香港は2022年になりオミクロン株感染が爆発的に広がった。

香港衛生署によると、人口約740万人の香港で22年になってから1万1000人が、新型コロナウイルス感染症で死亡した。その95%以上が、60歳を超えていたという。

ウイルス学を専門とする香港大学李嘉誠医学院の金冬雁教授によると、80歳以上でワクチン未接種の人の死亡率は15%だったという。

中国では人口の90%がワクチンを接種しているが、ブースター接種を受けた人は人口の約60%にとどまっている。

さらに、新華社通信によると中国大陸部では80歳以上の人900万人がブースター接種を受けていないなど、高齢者を中心に感染しやすい状態の人が多い。

米ハーバード大学T・Hチャン公衆衛生大学院感染症ダイナミクスセンターのビル・ハナージ共同所長は12月14日時点で、 中国では200万人が死亡するとの予測を示し、中国における今後の推移について「非常に、非常に困難だ」と述べた。

ハナージ共同所長によれば、ワクチン接種率が少ない場合には、状況はさらにひどいことになるという。

ーー記事ここまで

中国人は人口の90%がワクチンを受けたこれが大事だ。中国人はメッセンジャー RNA ではなく不活性型のシノバッグだったか sinopec だったかの国産ワクチンを打った打たせられた。

最初は水ワクチンと言われていたが少なくてもその内容がメッセンジャー RNA ワクチンに入ってるものと同じようなものがあるということは後の分析でわかった。少なくても酸化グラフェンに関しては同じものがあった。

だからちまた言われているようなマイクロナノマシン的なものもこの中国製の国産のワクチンの中に含まれていた可能性はある。

彼ら中国の企業体はそうしたものの正体を知らないで言わゆる欧米のディープステート的な人たちから渡された設計図をもとに喜んでこれを作っただろう。

彼らが武漢肺炎が発生した2020年の2月1日と決めるのなら2月中に次々とそれらの ワクチンを完成させたという発表したが大きな計画の中に彼らは乗っかっていたと見るべきだ。

そして彼らはその大きな計画を途中から乗っ取ったと私は捉えているので結局今の状況というのはひょっとしたらと前置きをするがこの中国製の中国人の90%に与えたワクチンとオミクロン株と言われているものの相互作用によって起きている死亡率の高さかもしれないという仮説をあなたに提示する。

もし本当に流行っているウイルスがオミクロンならという前提だがそうではない可能性もある。

つまりさらに変異したという意味だ。しかしオミクロンのままであるのならどういうことかといえばこれから中国人だけが大量に死に他の人々は言うほど死なないということが始まる。

これをあなたは目撃しておかなくてはいけない。どうなるかを私は色々な情報をとりあえずは仮説としてではあるが受け入れる。そして時間が経てば現実が変化していくのだから変化していくものに対して受け取った仮説を捨てていく。

とその中で中国人が最初に打った喜んでうったこの国産ワクチンが3年間かけた毒だったという可能性もあるのだ。国際社会の謀略の世界では。

そうした事の概念を抱え持ってこれからの流れを見て頂きたい。

ーー記事ここから まとめ

宮坂昌之・大阪大学名誉教授

「約9割の人が軽症で済むけれども、
約1割が重症化して1〜3%ぐらいが亡くなります」
「猫もコロナウイルスに感染するのですが、
ウイルスのワクチンを作って猫に接種したところ、
病気はむしろ悪くなりました。

調べてみると、抗体はたくさんできているものの、
多くは悪玉抗体だったのです。
善玉抗体だけができるとは限りません。」

「新型コロナウイルス感染症の場合、
軽症の人ほど作る抗体が少なく、
重症の人ほど作る抗体の量が多いことが分かっています。

もし作られる抗体が善玉であったなら
重症者にはなりません。
抗体量が多ければ、軽症者になるはずなのに
逆の状況になっています。」

「我々はどうしたらいいのでしょうか。
コロナウイルスを避けるために
必要な基本的なことをしっかりした上で、
体の免疫力を維持することが大事です。
そのために最も大事なことは生活リズムを崩さないこと」

免疫力をしっかりつける生活習慣

免疫学の第一人者である宮坂昌之先生に伺いました

[1]運動をする
[2]体温を高める
[3]バランスのよい食事と、腸内環境への気遣い

過度のストレスに注意し、対策を習慣化する

こういった素晴らしいアドバイスを参考にする

ーー記事ここまで

メッセンジャー RNA ワクチン不活性ワクチンの中に酸化グラフェンが入ってるのはどうも本当である。しかしマイクロナノマシンであるとかそうしたものがあるのかどうかに関しては私は確証がない。あるのかもしれないとだけは言う。

しかしそのようなものがなかったとしてもスパイクタンパク質を含める悪玉の抗体だけでも大きく人間の健康を破壊する。だからこの悪玉抗体を出さないためにはどうするのかを含める自分自身の持ってる自然免疫抵抗力を再復活させるといった一連の取り組みが行動の改変を通じて必要になる。

私たちに残された時間というのは5年間しかない。逆の意味で言えば5年ぐらいはある。そこで本来今の時点で死ぬことが確定している人がこの5年間必死になって自分は何が何でも生きるのだ生き延びるのだ新しい世界に移動するのだと決めて自らの免疫抵抗力を高める行動を積み重ねるのであれば本来ならば死ぬあなたであったものがひっくり返って助かるかもしれない。

反転して助かるかもしれない。そういう5年という大体の区切りが時間情報が与えられたということを我々 僥倖として感謝しなくてはいけない。

頭だけで言葉だけですべてをコントロールしようとしてきたあなたはここで行動をもって自らその周辺を変えられるかどうかということの最後の最後の最後の本当の最後のチャンスを与えられた。とこのように取るべきである。

ーー記事ここから カウンターシグナル 1214

2021 年 2 月、カナダ連邦政府 は 、「ワクチンの信頼性を高めるためのコミュニティ メンバーとリーダーの取り組みを支援する」ために 3,025 万ドルを拠出することを発表しました。

その後、2021 年 3 月 3 日、連邦政府が資金提供する NSERC は 、研究者が「カナダでワクチンの信頼を促進する活動を支援する」ための 225 万ドルの資金提供の機会を発表しました。

「助成金によって支援される活動の提供に不可欠である限り、スタッフや人員の給与、材料、備品、翻訳などの運営費を賄うために助成金を使用できます」と条件 は述べています。

約2か月後、レーデルマイヤー はNSERC から「カナダにおけるワクチン信頼の促進」というタイトルの助成金を受け取りました。Redelmeier には、最大で 50,000 ドルの割り当てが与えられました。

カナダ政府は NSERC に資金を提供していますが、助成金のタイトルは「国際 (非政府)」でした。

レデルマイヤーはこの研究で、相関関係が因果関係を意味するものではないことを認めています。代わりに、彼は、反政府感情や、「自由」とルール違反の精神を持つワクチン接種を受けていない個人など、どのような要因が相関関係に寄与するのかを推測しています.

Redelmeier はThe Counter Signalからの要求に応答しませんでした 。

ーー記事ここまで

私はつい最近テレビの CM でモデルナの広告を見た。イメージ広告であったがモデルなのメッセンジャー RNA ワクチンが新たな未来を切り開くのだというバラ色の広告だった。しかし現実はどうか。

ワクチンを打った人に後遺症が発生した人が一人でも出た場合それは未来明るいなどといった言葉で表現されるものではない、これは言える。

だから欧米世界においては今ワクチンを打つのはただの知恵遅れ後天的知恵遅れ話し合ってもしょうがないバカという認識にどんどんと切り替わっている。

そして集団訴訟のための準備そのための情報を集めるという段階に移動している。日本だけがこの厚生労働省その傘下の民間組織なのか何なのか分からない 集団にモデルナファイザーの関係が役員として入り込み、サブスクリプトのように日本人全員にワクチンを打たせ続ける体制を構築しようとしている。

1年に4回でも5回でも定期的に2ヶ月おき3ヶ月おきにワクチンを打ちなさいという国に変えようとしている。

その結果どれだけの人間が死んでも関係がない。5年後あたりにその結果が出る。大量に人が死ぬだろうと私は見る。

だからこのモデルナファイザーと言われている連中は2年か3年すれば日本から逃げる。証拠を残さずに。

そして2020年に人類に最初に打ち始めたワクチンが全ての原因であったと気づかれる前に彼らは逃げる。そうしたことが今の段階でイメージできないようなあなたというのはこれからもずっと騙されることになる。それではいけない。

我々はその段階から移動しなければならない。解明的で聰明的で何もかも暴き出すような賢き存在に変わっていかなくてはいけないのである。

ーー記事ここから 日刊現代 1226

自動車による交通事故の多くは、スピード違反、不適切な追い越し、信号無視、右折禁止違反などによって引き起こされます。

このような行動は、安全に対する人の認識や態度を反映しており、このことはまた健康リスクに対する認識や態度とも関連している可能性があります。

たとえば、健康に対する関心が低い人では、交通安全に関する推奨事項も軽視する傾向があるかもしれません。

感染症に対するワクチンの接種をためらうこともまた、安全に対する態度の一部と関連している可能性があります。

そんな中、新型コロナウイルスワクチンの接種と、交通事故の関連性を検討した研究論文が、米国の医学誌に2022年12月2日付で掲載されました。

この研究では、カナダのオンタリオ州に在住している約1100万人の成人が対象となりました。

医療記録データベースに基づき、新型コロナウイルスワクチンの接種状況が調査され、同地域の病院から報告された交通事故6682件との関連性が解析されています。

調査対象者の16%がワクチン未接種者でした。また、報告された交通事故のうち、25%に当たる1682件がワクチン未接種者によるものでした。

解析の結果、ワクチンを接種していない人では、ワクチンを接種した人に比べて、交通事故のリスクが72%、統計的にも有意に増加しました。

解析結果に影響を与えうる年齢や性別、居住地域などの因子で統計的に補正しても、48%のリスク増加が示されました。

ーーまとめ


この論文書いたDonald Redelmeierは
「ワクチン接種への公の信用を高めるため」の名目で
2021年に5万ドル(およそ500万円)の補助金をもらってたいた。

https://thecountersignal.com/unvaccinated-drivers-
pose-a-safety-risk-finds-researcher-given-50k-to-
encourage-vaccination/

つまり底辺研究者が金欲しさに書いた
デタラメ論文の可能性がある。

ーー記事ここまで

全世界でワクチンの在庫がダブついている。だから必死になってこれを履くために様々な嘘が仕掛けられている。もはや消費財としてワクチンが認識され流通していることのわかる。

しかしそれを打ってしまったら体に間違いなく悪影響を及ぼす。そうしたことが分かってしまっているのにも関わらず各国政府がこれを推進するというおかしな状況。

それに関して今のところ法律で義務強制ではないのだからあなたは自分自身の選択肢の下に色々と考え動かなくてはいけない。こんなイカサマがでるようではもう末期的だ。

ーー記事ここから

外患誘致罪とは?国家転覆を目的とした法定刑が死刑のみの罪

2022年12月8日 2022年12月9日

外患誘致罪(がいかんゆうちざい)とは、外国と共謀して日本国に対し武力を行使させた場合に成立する罪で、法定刑が死刑しかない日本でもっとも重い罪とされています。

「外患(外国や外部から攻撃を受けるおそれ)」を「誘致(招き寄せること)」することから外患誘致罪という罪名となっており、後述する内乱罪と並んで国家反逆(国家転覆や政府転覆を狙ういわゆる「クーデーター」のこと)の罪となります

(ただし、国家反逆罪という罪名は日本の法律にはありません)。

以下では、刑事事件に強い弁護士が、

外患誘致罪がどのような場合に成立するのか外患誘致罪が今までに適用された事例はあるのか外患誘致罪と関連した犯罪はなにか

などについてわかりやすく解説していきます。

外患誘致罪は刑法第81条に規定されています。以下、どのような罪か詳しく解説します。

外患誘致罪の定義

外患誘致罪は「外国と通謀して」日本国に対し「武力を行使させた」場合に成立する罪、刑法第81条に規定されています。

(外患誘致)
第八十一条 外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。

刑法 | e-Gov法令検索

以下、それぞれについて解説します。

「外国と共謀して」

外患誘致罪の「外国」とは、外国の政府や軍隊、外交使節などの国家機関のことを言います。

外国というためには、国民や領土、統治組織などの国を成立させる要素が満たされていれば足り、国際的に国として承認されていることまでは必要ないと解されています。

そのため、外国人個人はもちろん、私的に組織された団体やテロ組織は外患誘致罪の外国にはあたりません。テロ組織に加担した場合は、別の法律で処罰される可能性があります。

次に、通謀とは、一般に2人以上の者が特定の犯罪を実行するために示し合わせることをいいます。

外患誘致罪での通謀では、外国との間で、日本国に対して武力行使する決意をすることに積極的な影響を与えるような合意をすることが必要です。外国に対し「日本を攻めて欲しい」などと、単に武力行使を依頼しただけでは通謀があったとはいえません。

「武力を行使させた」

外患誘致罪の武力行使とは、国際法上の敵対行為をいうものと解されています。

外国に日本国との戦争を勃発させることまでは必要ではなく、たとえば、外国の軍隊に日本国の領土に侵入させた場合や日本国の領土にミサイルを撃ち込ませた場合でも、武力を行使させたことにあたります。

一方で、サイバー攻撃や経済制裁、個人、私的団体に対するテロ行為などは外患誘致罪の武力行使にはあたりません。

法定刑は死刑しかない

外患誘致罪の法定刑は死刑のみです。外患誘致罪は国家の存立に重大な脅威をあたえる罪であることから、このような重たい罪となっています。

刑法上、法定刑が「死刑のみ」という罪は外患誘致罪以外ありません。もっとも、自首などの酌量減軽に該当する事由がある場合は、酌量減軽により無期懲役や有機の懲役に刑が減軽される可能性はあります。

外患誘致罪の例

外患誘致罪に問われるケースとしては、たとえば、政府の内部事情に詳しい人物が国家転覆をもくろみ、日本国と敵対関係にある外国の要人と内密に連絡を取り合い、内部情報をリークし、共に計画を立て、外国の軍隊を日本国内に侵入させたような場合です。

未遂も罪になる

外患誘致罪は未遂も処罰する旨の規定が設けられています(刑法第87条参照)。外患誘致罪の未遂が成立するのは、日本に攻め込むことについて外国と合意したものの、外国が日本に攻め込む前に発覚し、攻め込むことができなかった場合が典型です。

なお、外患誘致罪では未遂までにも至らない、予備、陰謀の段階でも処罰する旨の規定が置かれています(刑法第88条)。

外患誘致罪の予備とは、外国に武力行使させるための準備行為を行うこと、陰謀とは、日本に武力行使させることについて外国と計画を立てることです。外患誘致予備罪、陰謀罪の法定刑は「1年以上10年以下の懲役」です。

全文参照のこと
https://wakailaw.com/keiji/8620
ーー記事ここまで

できたらこのサイトの全文を読んで全体像を理解してほしい。日本にはこの外患誘致罪というものがあり外国が 日本の国家体制を転覆させるということを実際に行なった場合においてはその関係者は死刑にするという法律がきちんとある。

この部分をどうやっても無害化したいので日弁連と言われてる上層部にすくっている、乗っ取っている朝鮮人たちの集団 lazak これらは執拗に何度も何度も死刑廃止を訴える。

彼らは人道上とかと何とかと綺麗なことを言うがそれは違う。彼はこれからも日本の国家体制を転覆し中韓北朝鮮と言われてる彼らの本国に日本の全てを差し出す動きをやめない。

内モンゴルチベットウイグルのような形で儒教圏域の三角形の支配構造の末端に奴隷生産装置として日本人を全てを差し出すということを本当に仕掛けている。

しこれからもやめないのでその途中過程で捕まった場合死刑になるではないか。それをどうやっても回避したい。だから彼らはその 目的のために死刑廃止を訴えてるただそれだけだ。

だから彼らに人権などという考えはない彼らは同じ一族ここにしか焦点は合っていない。日本人のすべて日本人に対する共感理解などない。

その考え方であなたは今までの認識のすべてをやり替えなければならない、何故か。戦争が近いからだ。

ーー記事ここから 石井孝明(Ishii Takaaki) 1226

のりこえねっと関係者。プーチンへの手紙。アイヌを名目にした、ロシアの北海道への介入を求める手紙。事実だけを記してRT 削除すみ。自分でホームページに出していました
https://twitter.com/ishiitakaaki/status/1606628745196220416/photo/1

ちなみに事実だけ知らせますが、今年初めまで、プーチンへのアイヌの手紙は、この団体のHPに堂々と掲載されていまして、みんな話題にしていました。ウクライナ戦争後に削除されました。
https://twitter.com/ishiitakaaki/status/1606805349620944898/photo/1

ーー 共同 1208

杉田水脈氏の罷免求め意見書送付 アイヌ民族団体、首相らに

アイヌ民族や学者らでつくる市民団体「アイヌ政策検討市民会議」(札幌市)は8日、北海道庁で記者会見し、ブログにアイヌ民族をやゆする投稿をした杉田水脈総務政務官の罷免を求める意見書を岸田文雄首相や松本剛明総務相らに送付したと明らかにした。

ーー記事ここまで

杉田議員はおそらくブログでアイヌ関係者と称する集団を揺するような言葉をどうせ出していない。そのような印象工作を仕掛けているだけで現物を見ればどうせそうはなっていない。

そしてこのアイヌだとか性的少数者などを気取るような連中は大体は中韓北朝鮮、外側から日本の国家体制を転覆さえる勢力と繋がっている。資金的にも人員の補給的にも。

そして彼らは日本の公的資金税金を泥棒することごまかすことちょろまかすことばかりをやっている。そうした中で杉田議員が行動したのであろうという想定を私はこの記事の中に見る。

そしてこのアイヌの連中だが明確に外患誘致罪、ロシアのプーチン大統領に親書を送って北海道ロシアの統治下においてください武力侵攻であるとか住民投票などの形を使って北海道日本から切り取ってロシアの領土にしてください。

ロシアの行政の中に入れてくださいということを堂々と自分たちのホームページで提示しそして実際にロシアの政治家関係者に送っていたようだ。

これは外患誘致罪という国家転覆罪内乱罪ともいう。関係者は基本的には死刑だ

国家転覆における未遂罪などというものに関しても設定しなくてはいけない。外患誘致罪には確か未遂罪と言われているものあったかもしれないが甘い。

そしてこれらの外からのテロリストたちが自分たちが死刑にならないようにということでこれまた自分たちの仲間の弁護士勢力を使って死刑反対を訴えているのである。

ーー記事ここから 読売 1227

インターネットの動画投稿サイトを通じて著名人を脅迫するなどした疑いがあるとして、警視庁がNHK党のガーシー(本名・東谷義和)参院議員(51)に対し、任意の事情聴取を要請したことが捜査関係者への取材でわかった。ガーシー氏は7月の参院選で当選後、海外に滞在して国会欠席を続けている。

捜査関係者によると、ガーシー氏と交流があった複数の著名人が、動画投稿サイトで脅されたり、 誹謗ひぼう 中傷を受けたりしたとして、脅迫や名誉 毀損きそん 容疑の告訴状を警視庁に提出し、受理されている。

警視庁はガーシー氏が投稿した動画内容の精査や関係者の事情聴取などを進めており、事実関係を確認するため本人からの聴取が不可欠と判断した。24日に弁護士を通じて任意聴取への協力を求めたという。

ガーシー氏は、芸能人らの裏話を投稿する「暴露系ユーチューバー」とされる。今年7月の参院比例選に立候補し、選挙期間中もアラブ首長国連邦(UAE)のドバイから選挙活動を展開して初当選した。

その後も過去の投稿動画を巡って「不当に逮捕される恐れがある」などと主張し、一度も国会に登院していない。

参院議院運営委員会は今月10日、登院しない理由を文書で説明するようNHK党に要求。ガーシー氏は「来年帰国して通常国会に出席することを考えているが時期は未定」などと文書で回答したが、同党の立花党首は23日の記者会見で「電話で無理に帰ってこなくていいよと(伝えた)。

戻ってくることはないと考えている」と述べた。

ーー記事ここまで

最初にこの人が立件されたと言うか訴えられたのは韓国のグループ BTS だったかに合わせてやるだとか合わないだとかの詐欺用件だったと思う。

それに関しては和解をしたしない、そうした情報が飛んでいるが詳細は知らない。この読売新聞記事においては有名人に対して何の証拠も提示せずに主に性行為に関するようなゴシップ記事を動画配信で垂れ流したということに対して 芸能人の側がこれを告発した、どうもそういうことのようだ。

当然とはいえ当然だ。芸能人というのはその全てが存在が商品なのだから。

そして私が気になるのは楽天の三木谷社長と言われている人に関する情報もがしーさんという人はたくさん暴露していたが彼曰く、だったと思う、三木谷社長が中国共産党の命令のもとにと言うか代理人として日本の中の政治経済文化学者などなどに中国共産党の提供する高級コールガールこうしたものを提供していたのではないか元締めだったのではないかという疑い。

これをガーシーさんはいったらしい。そうであるのなら彼という人物を追い落とす勢力と守る勢力とそうしたものがこれから出てくるのかな と思う。

私はいずれにしてもこの人の動画を見たことが全くないので判定がつかない。仮に見たところでそれはどちらかといえば日本人の反知性的領域の何かというものであろう。

ーー記事ここから 日経 1226

IBMからの打診も「担える国内企業がいない」、ラピダス誕生の舞台裏

先端半導体の国産化を目指す企業、Rapidus(ラピダス)が誕生した。同社は設立されるやいなや、EUV(極端紫外線)露光装置の確保にめどをつけ、米IBMやベルギーの研究機関imecとの協業を立て続けに発表している。

「先端半導体の製造を担いたがる国内企業がいない」。

ラピダス設立の2年程前、日本政府と国内の半導体関連業界は揺れていた。きっかけの1つは、米IBMからの打診である。「2nm世代プロセス注)の製造に必要なGAA(Gate All Around)構造の技術を提供したい」という内容だった。

実のところ、IBMも、そして米国政府も日本に先端ファウンドリーが設立されることを熱望していた。米中貿易摩擦の緊張が高まる中で、地政学的に安全性が高い地域から先端ロジックを調達したかったからだ。

IBMとしては、スーパーコンピューターや量子コンピューターの開発に先端プロセス半導体が欠かせない。

ただ、台湾TSMC(台湾積体電路製造)への依存度が高まると地政学的だけでなく、経営戦略上でも不安がある。

総合電機メーカーである韓国サムスン電子とは競合関係にもなり得る可能性があるうえ、中国や北朝鮮に挟まれた危うい立地にある。

そこで白羽の矢が立ったのが、かつては、半導体摩擦もあった日本だった。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/02258/122300
ーー記事ここまで

こうした動きを捉えると米国というのは敵を間違える天才だなと私はいつも思う。戦前の大日本帝国を敵視した政策も思い切り間違えていた。

それは政権の上層部に中国およびソ連のコントロールの要員がいてこれを支配していたこの現実がある。

米国人は深く物事突き詰めるということが苦手なのかとまで思ってしまう。実際はそんなことはないが。

しかし日本の半導体の力を削ぎ落とした結果中国韓国北朝鮮という明らかに敵国を育ててしまったのは彼ら自身だ。だから急遽その方針を変えた当たり前だ。

我々日本は過去の経緯はあるしむかつくところも多いだろうがしかしこれをチャンスと捉えて大きく技術を吸収しジャンプしていくということを本当にやらなければならない。

地政学的再編が始まったのである。

ーー

中国が一旦自国を出た中国人が帰国したときに設けていた隔離政策を撤廃した。 これは海外からの労働者が中国で働くときに障害になっていたが、それを撤廃した流れの中にあるものだ。

観光ビザは下りない。 だが中国人たちは労働や経営や学習などのビザを取得して、日本に遊びに来る。 3年ほど前の大量の入国だとは言わないが、それでもたくさんの中国人がやってくる。

彼らの体内にあるものがオミクロンなのかどうかは不明だ。 それだったらあまり心配しても仕方ない。 だがそうではなかった場合。 これが問題なのだが現時点ではウソの情報が多くて判定ができない。 だからこれを心に決めてこれからの旧正月を向かえることだ。


  同じことの繰り返しを拒否せよ


終了
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する