――――――――――
2022・924土曜(令和四年)
――――――――――

ーー記事ここから 大紀元 924

イタリアの週刊誌『Panorama(パノラマ)』は中国共産党による臓器収奪問題を報じたところ、在イタリア中国大使館が反論声明を出した。これを受けて、パノラマは情報を追記した記事を掲載し、中国側の主張には「裏付けなし」と論じ返した。

8月24日、パノラマは『中国:国家があなたの臓器を欲するとき』と題する記事を発表した。良心の囚人から生きたまま臓器を収奪し殺害するという、中国共産党による人道に反する行為を暴露する内容だ。20年以上前に同問題を公にしたカナダの人権弁護士デービッド・マタス氏ら独立調査団は、その非人道性から「臓器狩り(Organ Harvest)」と例えた。

中国大使館批判後 再び臓器狩り記事発表

在イタリア中国大使館はウェブサイトで発表した声明で、記事の著者を「反中国」「人権侵害者」と呼んだ。さらに「臓器収奪は中国を中傷する目的で米国が捏造したもの」と述べた。

中国大使館の声明を受けて、パノラマは直ちに『中国は臓器移植に関する医療倫理規定に違反』と題する別の記事を掲載した。中国共産党による臓器収奪について「国際社会は繰り返し中国当局に実態解明を求めてきた」とした上で、同当局が医療倫理の核心的価値観に違反したと指摘した。

その一つとして、生きている人間から生命維持に必要不可欠な臓器摘出を禁じる「死者提供ルール」に違反したことを挙げた。記事は、世界で最も権威のある米移植専門誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・トランスプランテーション」に掲載されたジェイコブ・ラヴィ医学博士の査読付き論文を引用し、中国の学術論文から、ドナーの死亡前に臓器が摘出されたことを示す71の事例が発見されたと指摘した。

ラヴィ氏はイスラエルのシェバ医療センターの心臓移植部門の責任者を務めるほか、国際心肺移植学会の倫理委員会にも所属している。

記事はさらに中国共産党による人権弾圧や隠ぺい体質にも言及した。「中国はウイグル人や法輪功学習者、数千人の政治犯が収容されている収容所について毎日24時間偽ニュースを流している」「(新型コロナウイルスの)流行を隠していたことを忘れてはならない」と付け加えた。

ーー記事停止

世界の政治家たちの中で、そして日本の政治家たちの中で、この中国の臓器移植に関して一言も発しないキャラクターというのは自分、または家族などでこの中国から提供された臓器移植の恩恵を受けて命が助かったという人々。

そういうものたちがいるという前提で私たちは彼らを見なくてはいけない。

日本の中で筆頭にそれが疑われるのは二階俊博という政治家で、彼の奥さんは中国の人民解放軍の病院で治療を受けた。

そして治ったとされる。どんな治療を受けたのか。移植治療だとされる。腎臓だったか肝臓だったか。

都合が良すぎる。そして奥さんのこの手術以降二階俊博は親中派、それまでも田中派であったから親中派ではあったが、それ以上の奴隷、隷属中国派になったとされる。

私は大きく弱みを握られたのだなとみる。だから彼がどんなに勇ましいことを言っても綺麗事を言っても正義の言葉を言っても、最終的には彼の背後には中国共産党のリモコンの線がついているのだから、彼を評価しない。

そうした人物というのは全ての言葉が、いいですか、存在のすべてが、そして言葉の全てが中国共産党、中国、儒教圏域というものに利益を与えるためだけに存在している。

そのようなものに化けてしまうのだ。 二階俊博さんという人がどれだけ高潔な政治家だったとしても、彼の奥さんが中国共産党の臓器移植、臓器狩りによって犠牲になった人からの臓器の提供の結果として助かったという疑惑がもたれてしまった以上、持たれてしまっている以上、そして彼がそれを全くはねのけない以上は。

そしてさらに言えば彼の奥さんの手術以降における、彼の中国と言われている座標に対しての非常に丁寧な言葉遣いを含める感謝の気持ちを常に表し続けるような態度を見せれば見せるほど、彼は自分自身の過去の経歴を含めて自らが売国奴の面に落ちてしまったのだと日本国民のすべてに認識されても仕方がない存在なのである。

中国はこれらの臓器狩りはアメリカが作った捏造であるという。

だが私はウイグル自治区に近い飛行場で臓器を入れたトランクを運ぶ特別な人間だけが行き来することを許されている専門の廊下や出入り口などの画像を見た。

中国はあれを CG だとでもいうのか。まあ言っているらしいが。

そうしたものが複数のアングルで 複数の人間が Twitter 世界に それを出している。基本的に中国人は Twitter はできない。

だからウィグルに入った外国人がそれをやったのだと決めても良いが、いずれにせよ捏造という形には見えない。

あらゆるポイントからうつされたようなその専門の廊下わざわざペイントがしてあった。臓器を持った人はここの通路を使えと中国文字が書かれてあった。

こういうことを言うと大紀元というのは法輪功の信者とネオコンのボスが運営している媒体だから信用ならない。

とこれまた中国の側から大きく言葉が飛んでくる。果たしてそうなんですかと私は言葉を、冷たい目線で投げ返すだけのことだ。

ーー記事再開

注意を逸らすことに躍起

米NPO「共産主義犠牲者記念財団(VOC)」のスポークスマンのミハエル・ハルマタ氏は、大紀元の取材に対して「在イタリア中国大使館による虚偽の主張と難癖は中国共産党がよく使う手段だ」と述べ、党が犯している犯罪から注意を逸らすための行為だと指摘する。

VOCもまた、中国共産党の標的にされた団体だ。サイバーセキュリティ会社マンディアントが8月に発表した報告書によると、VOCなど中国共産党の人権侵害を指摘する団体の信用を落とすことを目的とした偽情報サイトやソーシャルメディアアカウント、偽造書簡などが見つかったという。

これらの世論操作や情報工作活動は「中国がその人権侵害から注意をそらすために、ますます必死になっていることを示している」とハルマタ氏。「中国共産党は残忍な犯罪を犯しており、自由世界は対抗し始めている」と述べた。

ーー記事停止

5,6年前だったと思うが、中国が 西側世界のメディアを使ってイスラエルが戦場で臓器狩りをしているというそうした捏造記事をたくさん出していた。

それは EU 議会でこれらの臓器狩りがテーマになった途端に出てきたものだ。イスラエルが持っている国境なき医師団と言われているものが戦場に赴いて、生きているまたはもうすぐ死にそうな兵隊に麻酔をかけて即座に内臓を取り出し、そしてそれを本国に送って金に変えているという記事立てだった。

不思議なことに EU 議会におけるこの臓器狩りの話題が止まった途端にそれらの記事は止まった。

イスラエルもそうした臓器狩りのようなことをしているのかもしれない。だがしていないのかもしれない。そしてこのイスラエルが関連するような医療団体に命を助けてもらったような欧州の支配層がいるのかもしれないし、いないのかもしれない。

あらゆる要素があるだろう。しかしその報道というものが唐突に出てくるということはないとは分かる。

中国の臓器狩りを非難するというトピックスが出た途端にイスラエルのという形で記事が出る。

つまりこれは明確な視線そらしだとしか思えない。そして儒教圏域のやつらというのは体面だけで生きている。

自尊心や尊厳や面子だけで生きている。誰かのせいにしなければ自分のせいにされるという被害妄想で生きている。

そうした彼らの精神構造から自分のやっていることを見せないようにしながら誰かのせいにするのだ、というこの設問をイスラエルのせいにするということで解消した。これはあるだろう。

ただこの観点には一つ見落としがある。それはイスラエルのことを敵視てしているアラブ世界の人間が、この中国の臓器狩りの告発のタイミングに合わせて自分たちアラブ世界の医療機関がやっている臓器狩りをイスラエルのせいにしたという動きの可能性だ。

これら紛争が起きている地域がどちらかといえばイスラム教徒の多い地域だということ。

つまりイスラム教徒の臓器移植というのは同じようにイスラム教徒でなければならない。なぜならばハラールつまり豚肉であるとか特殊な調理をしていない魚などを食べている異教徒の臓器を受けるわけにはいかないのだから。

イスラム教徒同士が殺し合ってくれた戦場におけるイスラム兵から臓器を奪ったら、それは安心だということになる。

そうした設定の中でアラブ系の医師団と称する連中が臓器狩りをしていないわけがないと私はここで決めつけておく。

それらの動きはイスラム国、ISISがこの世界を騒がせていたときに一瞬だが表の言論に出てきた。 あの時には恐らくイスラエル・・ は知らないが、アラブイスラム、そして中国の臓器狩り医師団がこぞってカネモウケの為に現地に入っていただろうなとわたしは読む。

表の報道空間と言われている領域は、出ている言葉よりもそこに出ていない言葉の方が重要だ。

イスラエルの臓器狩りという概念。これを私は今出した。

そうすればそこには反対局面の中国という認識が生まれる。だが全く座標の違うアラブイスラム諸国の臓器狩りという概念。これはあなたには出てこなかっただろう。

しかしそういうものもある。一方的に誰かが悪いという設定でこの地球世界は成り立っていない。

あえて言うならみんな悪い、なのだ。その上で正義を語るような人々がどれだけ裏側の心を持っているのかということを、自らを戒めながら、これらの綺麗事しか言わない邪悪な存在たちを判定し続けなければならないのである。

ーー記事再開

中国側の要請を拒絶

米NGOの人権擁護組織「フリーダムハウス」上級アナリストのサラ・クック氏はパノラマの対応を「報道の自由を守る優れた例」と支持を示した。大手メディアや政府機関などが中国共産党の圧力に屈するなか、真実を読者に届け「その圧力を暴露し、拒絶する」姿勢を称賛した。

フリーダムハウスが8日に発表した報告書では、中国政府が過去3年間「より洗練された、より隠密的かつ強引な」手法を用いて、中国を批判する報道を抑圧し、各国のメディアへの影響力を強めていることが明らかになった。

昨年3月、クウェートのアラブ・タイムズ紙が中国共産党の圧力を受けて、台湾の呉釗燮外相のインタビュー記事を取り下げた。台湾外務省は「主権国家の報道の自由に対する北京の侵害は間違っており、受け入れられない」と批判した。

一方で「中国におけるウイグル人や法輪功学習者への迫害のようなトピックを含め、民主主義国のジャーナリストなどが、事実に基づいた報道のために立ち上がっている」とクック氏は言う。「イタリアでの出来事はまさにこの一例だ」「多く地元のジャーナリストは、(中国の脅迫行為に)憤慨し、大使館の要請を拒んでいる」と述べた。

(翻訳編集・山中蓮夏)

ーー記事ここまで

中韓北朝鮮の儒教圏域の側に立っている連中というのは自由を標榜するリベラリストなのだそうだ。

自由と平等を愛するのだそうだ。しかしその彼らというのは中国のこの他国の言論に対して堂々と干渉してくるような中国に批判することがない。全くない。

その上で安倍悪いとか日本の政府が悪いとだけやっている。それは自分自身が粛清削除処刑されないからやっている。

日本政府に対する言いがかりや決めつけ、悪口などは何の処分の対象にもならないからやっている。

中国に対してそれを行えば自分の作った本が翻訳して売ってもらえないだとか、自分の講演会などに、中国に深く関わったような宗教団体からの集団でのお客さんが来てくれない。

よって自分の生活が成り立たない。だから彼らは専制独裁の中韓北朝鮮などに関連する批判は絶対にしない。

左側の極左。自らでは何もせず言葉だけで他人を動かす、そのことで世界、社会を自分にとってだけ都合よく作り変えようと画策し吠える連中。

日本ペンクラブなどはもうそうなっているが。日本ペンクラブは極左の巣窟だ。そういう界隈に近いような言葉だけで生きている人々。

それらの連中を生活させないための方法を、個人レベルでどうすればいいのかと考えて実行する。

それが我々に求められているものだと確信している、私は。

極左はいらない。彼らは安全保障政策もエネルギー政策も経済政策も何もない。その時その時の気分であしろこうしろと言っているに過ぎない。

そんなものを採用していたら全ての人々が不幸になる。彼ら自身すらも含めてだ。 あのような自滅を求めるような座標を抹消しなければ我々日本人の、人類の速やかなる健全なる進化はない。

中韓北朝鮮と言われてる儒教圏域の座標は日本の中で、世界の中で非合理的な状況を作り出し、そこで行き場のないようにあぶれてしまったようなエネルギーを吸い取ることで、泥棒することで、盗み出すことで、それだけで生きている。

しかしそれは地球全体からすれば非合理的な塊だ。そうしたものも見つけ出して何もかも改善しなければならないというのは私の立場になる。

ーー記事ここから ロイター 924

主要7カ国(G7)首脳は23日、ウクライナ東南部4州の親ロシア派支配地域で始まったロシア編入を問う住民投票を非難する共同声明を発表した。

声明は、ロシアは「見せかけ」の住民投票でウクライナの主権的領土を変更するための「偽りの」口実を作ろうと試みているとし、「ロシアによる併合に向けた一歩と考えられるこれらの住民投票を決して認めない。併合が行われたとしても承認しない」とした。

また、ロシア政府による予備役の部分動員のほか、無責任な核兵器に関するレトリックなどの意図的なエスカレーションを非難するとした。

声明は独政府報道官が公表した。

ーー記事ここまで

ここまでの流れになってしまった以上はこの四つの州の住民投票はロシアへの帰属を求めるというものになるだろう。

そしてロシアはこれを受けて総動員体制、つまり今、ロシアの中で兵隊を増やすための徴兵令が発動される流れにあるが、この四つの州の守備隊という形で一般の素人のロシア人達を域内の守りに当たらせる。大体はそうではないかと思われる。

そして事実上の国境線になる最前線においては基本的にはロシアの古参軍人ら、経験者等を出す。

そしてもう一つは今回の徴兵令発動の流れの中で反対行動を取った者たちを前線に突っ込んで始末する。殺処分をする。いろいろな動きがあるであろう。

問題は西側が、特に米国の側のネオコンと言われている人々がロシアの核攻撃を誘い出すための動きを仕掛けるのか。

また自分たちで偽旗作戦として核兵器を使うのか。

または核兵器でなくても映像として見せた場合に核兵器と誤認させる 模擬核爆弾、それとプラス放射性物質を組み合わせてロシアが核兵器を使ったのだというイカサマを仕掛けるのか。

この辺りは複数のシナリオがあるので私には何とも言えない。

だから私はそれらの西側のネオコンと言われている連中が動き出す前の段階で、 セルビアとコソボの戦いというものを今度はロシア中国の側から仕掛けるのではないかという疑いを持っている。

中国は最終的にロシアとウクライナがガタガタになってその両方とも奪ってしまえば良いと考える。

がそれを最終目的とした場合において中期的にはロシアの力が弱まってもらうと、つまりプーチン大統領が権力の座から落ちてしまうと本当に困る。

つまりそれはロシア国民の反対の総合意見によってプーチン大統領が降ろされたということになるのだから、次に後を継ぐ者はパトルシェフと言われているが、それすらもならず、リベラル的な、つまりアメリカより的な大統領になる可能性。

それを考えた時に中国の地獄が始まる。

それはロシアとともに大陸からのアメリカ包囲網というものを着々と進めてきた中国が、オセロゲームの駒がひっくり返ったように今度はあっという間に包囲される側に入ってしまうということを意味するからだ。

イタリアの総選挙が日本時間の9月の24日に行われる。おそらく中道右派の女性首相が誕生する可能性が高い。メロー氏だったか。

彼女は徹底的なアンチ中国だ。一帯一路からも抜けなくてはいけないと主張するキャラクターである。そこからドミノゲームのように欧州域内で工作を仕掛けてきた中国の一帯一路支配計画がひっくり返されていく可能性がある。

東ヨーロッパ支配のために仕掛けてきた17+1という投資協定がバルト三国とポーランドすら抜けようかという状況が発生し、これが黄色信号から橙色に変わっている。

そういう苦境を見ると中央アジア諸国が中国につこうと思っていた態度を改めてロシアにもつかず、彼らは驚くことにNATOの方に向かってしまう可能性がある。

それはロシアにとっても中国にとっても都合の悪いことだから、さすがにそんなことは中央アジア諸国もやらないと思う。報復があるから。

ロシア中国もこれを徹底的に粉砕する。が事態は確実に誰かが一方的に勝つという状況にはなっていない。

ポイントはセルビアとコソボではないかと思う。ここで多少大きめな戦いを開始した場合においては、西側諸国は必ずコソボを助ける。

コソボに今ウクライナに供給している兵器を削ってでもコソボを助けることになる。

そうなるとウクライナ軍の勢いはあっという間に止まる。彼らが強いのではない。西側のハイテク最先端兵器が強いのである。

現代の戦争というのは人間をどれだけ高度に訓練したところでたかが知れている。勝敗の趨勢は無人兵器やハイテク誘導兵器が決める。

それらを断たれた場合今ウクライナが勝っていると見えるような風景は一瞬にして変わる。

ロシアは兵器生産工場まだ温存している。それが旧型のものであってもまだ温存している。がウクライナには何もない。そういうところの差が一気に出る。

西側世界の行動を100%鵜呑みにすると認識を振り回されるだけであって痛い目にあうのはあなた自身である。

ということだけを最後に言っておく。全てを疑うということだ。

ーー

ロシア国民の脱出が続いている。 それを受けて周辺諸国はこれを受け入れないことを決定した。 主にポーランドやバルト三国だ。 これらの国々は、彼らの視点からしてのグルジアとクリミア半島併合の動きに一切の反対をしなかった( という風に見える) ロシア人を信用していない。

そしてリトアニアの首相だったかエストニアだったか。 「 ロシア人を受け入れると、あとで住民投票を行われて国土を奪われる」 というコメントがあったそうだ。 真偽は確認していない。 しかしそれが彼らの側から見えるロシアの姿なのだろう。

だから今ロシアの出国を受け付けているのはモンゴルが中心。 あとはベラルーシもあったかもしれない。 しかしこちらの側は報道に出ていない。 ベラルーシに逃げても、これはロシアに送り返されるのではないかと見える。 ルカシェンコはロシアからそうした要請があればそれに応えるだろう。

ロシア人たちの若い世代は西側の精神に汚染されてしまっている・・ というのが今のロシアの政権の、あえていうならレニングラード閥の方々だ、という言い方になるが、これは決めつけだろう。

そういう事を言う人たちが、自ら前線に出て銃弾の飛び交う中、地面をはいずりまわっているのなら説得力はあるが、実際はそうではない。 安全なところからもっともなことを言っても誰も振り向かない。

ロシア人たちは割れる。 つまりロシアなるものを相当の強国だとイメージ戦略でその構築に成功していた今までの作戦の半分くらいは壊れた。 これを取り返すには戦争に勝つしかない。

だから核兵器を使うのか。 今の段階では全く分からない。 ロシアを切り取って自分たちの資源提供地域にするのだと決めている勢力が、どこまで考えているかによってだ。 彼らが本当の核兵器を使った偽旗をやる、やれるとは思えないが、フェイクの核兵器は使うかもしれない。

グローバリズムという名称で未来の人類の利益を先取りした段階が終わり、今度はその負債とでもいえるものを支払うステージに移動してしまった。 そんなふうに見る。 専制独裁地域に生産装置や研究開発拠点を置くことはやはり大きな間違いだったと西側の最先端の経営者は気づいた。

中小は気づいていないか、気づいてもどうにもならないのでこのまま一蓮托生に沈む。 英米の金融からの不景気入りとでもいえる動きが今起きている。 ポンドの価値がどんどんと下がっている今の動きは結構危険だ。

日銀砲で打ち破れたハイエナたちが今度は英国に嚙みついている。 新しいトラス首相にいきなり苦境が投げつけられた。

ーー

山上哲哉を主題にした映画を撮影したもと中核派の老人が、生活保護をもらいながらそれを仕上げた。 年金や生活保護をもらいながら国家体制を破壊することに邁進している人間、わたしはこれはどうみても パラノイア にしか見えない。

趣味で日本国家体制の破壊をしかけるが、今の日本の体制が終わったら、これらの老人たちはカネを誰からもくれなくなるのでどうやっていきていくのか。

あまえを通り越した知性の破壊。 そうしたものがアカイ老人たちの中にある。 これらが中韓とつながってしまうのは当たり前なのかなと思う。 彼らの中に中韓から捨扶持をもらっている人間がどうせいるのだ。

認識の対象を山上哲哉に集中させよという命令書面をもらったのだろう。 しかしわたしは彼らの稚拙な策動には乗らない。 屋上から狙撃されたのは明らかだ、というのがわたしの中の結論だからだ。 これらの老人たちはそういう周辺情報も何も調べず、脳内の景色とだけ向き合って世界を構築してきた。

閉塞世界の住人はそのまま死に絶えるがいい。 この開かれた世界に出てくるな。 


 閉じた世界の言葉に酔いしれる者たち


終了

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する