――――――――――
2022・726火曜(令和四年)
――――――――――

ーー記事ここから FNN 725

安倍元首相の妻の昭恵さんが乗った車が、警視庁の警護車両に追突される事故があったことがわかった。

午前8時半すぎ、千代田区の首都高の三宅坂ジャンクション付近で、安倍昭恵さんを乗せた警視庁の警護車両が後ろを走っていたもう一台の警護車両に追突される事故があった。この事故で昭恵さんにケガはなかった。

警視庁によると、現場は車線が合流する場所で、追突した警護車両を運転していた警護課の男性巡査部長の前方不注意が原因とみられるという。警視庁は「教養訓練を徹底して同種事故の再発防止を徹底して参ります」とコメントしている。

ーー記事ここまで

記事に対して思うことは偶然が重なりすぎているということ。果たして本当に偶然かどうかを疑わなければならない。 SP も奈良県警も 安倍首相の警備に偶然に失敗した。

そして 奈良県立医大の 医師のコメントと司法解剖の結果が一致していない、偶然に。 さらに安倍首相の中に入ったはずの銃弾が見つかっていない。これは証拠隠滅のために抜き取られたと考えざるを得ない。 偶然に。そして今回の事故の動きだ。 こんなことが本当に偶然だろうかと私は思う。

警察の中に中韓北朝鮮創価学会、統一教会、共産党もいるだろう、様々な思惑の人間が入り込んでいる。しかし近年一番危険視できるのはやはり中韓。これらの関係者だ。

警察に行くと大体は事務の領域のところに姉ちゃん達がなんだかよくわからない書類を出してくれたりするが、この部分に創価学会や在日南北が入っているとされる。本当かどうかは分からないがありえるとはいう。

この姉ちゃん家兄ちゃん達が所内の重要書類を外側の中韓に流しているとされていた。特定機密保護法が発効してからこの兄ちゃん姉ちゃん達の人事異動が相当の規模で行われたとされるが私は詳細を知らない。ー

私は今回の安倍首相の暗殺においては山上徹也という人物はただの風船アドバルーンであって、やっぱり実行犯は違ったであろうなと見ている。別の場所から安倍首相を狙撃したのだろうなと見ている。

一発目の音は確かに山上が撃ったのかもしれない、しかしそれで成功すればよし、仮に成功していたとしてもとどめのために追撃の弾丸を発射するような狙撃兵が近くのビルの屋上にいただろうな、ととらざるを得ない。

それらの関連を分析考察している人々がいるのだが不思議なことに表にはなかなか出てこない。いくつかの動画のチャンネルがあるが私はあれらがすぐ潰されてしまうのではないかと本当に危惧している。

台湾侵攻のために中韓が安倍首相の暗殺を企んだ。そして日本国内の協力者を大きく使った。私はこんなストーリーではないかと見ているがもちろん証拠がない。そして安倍首相が殺された後、今度は統一教会というネタを使って日本の中の極左や共産党たちがマスコミも使い自民党攻撃に必死になっている。

それが次の衆議院選挙における自民党の票の削り取りにつながると見ているのだろう。統一教会を徹底的に追求することで創価学会も、つまり同じ宗教団体からだというわけで、国民から離反させることが成功するかもしれない。

共産党の考えることはいつも同じだから今必要に自民党関係者の過去の統一協会との関連暴露情報の発信であるとか、このタイミングで各主要な キャラクターに統一教会との関わりを問いただすような質問が飛び交うのは、背後には外国勢力及び共産党の影があるからだと私は捉える。

私はあなたと違ってウブではなくどす黒いので、政治家はどうであれ落選してしまったらただの人以下になるのであり、そしてその政治家というキャラクターが政治家である間にどのような仕事を成したか、そしてこれから成し得るのかという観点でのみそれらのキャラクターを見る。

だから使える人が一件社会の常識から見て黒く見えるが、それがどこまで関わってのものなのかということを判断しつつ全体を捉える。あまりにも綺麗綺麗とやりすぎていたら日本国全体の国力と言われているものを徹底的に弱体化させる方向にしか進まない。

その辺りをとらえてあなたが いっぱしの大人を気取るのなら、最適合理解を求めるためにはどこを見ればよいのかということを含めて全体を総括していただきたい。

ーー記事ここから jキャスト 2013年02月01日

作家もびっくりの「悪徳」警部補 なんと売.春クラブを経営していた!

殺人、暴力行為と、警察官の不祥事が続くが、今度は警視庁の警部補が中国人女性の愛人と売.春クラブを経営していたとして逮捕された。ソープやストリップ劇場を次々に摘発したその先は、なんと身内だった…。

売.春クラブの舞台になったのは、いわゆる個室マッサージ店だ。そこでは、中国籍の従業員女性らが売.春行為をしていた。

中国人女性の愛人と実質的に共同経営?

推理作家もびっくり

報道によると、万世橋署の刑事組織犯罪対策課の垣副(かきぞえ)朋彦容疑者(45)は、交際していた中国籍の姜丹容疑者(35)と2012年2月ごろから東京都大田区大森北の雑居ビルの部屋で売.春クラブを実質的に共同経営していたとされる。2人は2013年1月31日、売.春防止法違反(場所提供)の疑いで警視庁に逮捕された。

垣副容疑者は、万世橋署勤務を終えると、合いカギを持って、この部屋に出入りしていた。月の半分ほども通っていたという。そこで何をしていたかは不明だが、売上金の一部が渡っていた可能性がある。姜容疑者は、常駐してマッサージ店を切り盛りしていたらしい。

逮捕容疑は、12年12月13日に都内在住の会社員の20代男性に料金を支払わせ、売.春行為をする場所を提供していたことだ。垣副、姜の両容疑者はそれぞれ、「売.春は知っているが、経営には関わっていない」「売.春したかは見ていないので分からない」と容疑を否認している。

警察官が売.春クラブ経営とのニュースに、ネット上では、「フィクションの中の悪徳警部補そのものじゃないか!」などと驚きの声が上がった。推理小説の「組織対策課 八神瑛子シリーズ」で知られる深町秋生さんは、ツイッターで「そういう作家泣かせなことをするなよ。こっちの商売あがったりだ、バカ野郎」と嘆いたほどだ。

「同じ警察職員として申し訳ない」

警視庁は最近、吉原の格安ソープランドや新宿の老舗ストリップ劇場を相次いで摘発するなど、東京都とともに五輪誘致に向けた浄化作戦を行っているとも報じられている。それだけに、ネット上では、「警察も排除しないといかんとはこりゃ大変だね」などと皮肉る向きもあった。

相次ぐ批判に対し、警視庁犯罪抑止対策本部のツイッターでは、「身内の不祥事などが報道されております。同じ警察職員として申し訳なく感じております」などと平謝りするしかないようだった。

報道によると、垣副朋彦容疑者の関与が浮上したきっかけは、別の事件捜査からだった。警視庁が2012年5月に商標法違反事件を調べているとき、垣副容疑者の名刺のほかに、姜容疑者と一緒に写った写真が見つかったからだ。これは、姜容疑者の親族とみられる中国人女性が店長をしている雑貨店で、ルイ・ヴィトンバッグなどのニセブランド品約460点を扱っていた事件を指すらしい。

垣副容疑者は、万世橋署で銃器や薬物、暴力団の対策を担当しており、職場は外国人も多い秋葉原にあった。数年前に知り合ったという姜容疑者らとは、仕事関係で接点があったのか不明だが、ミイラ取りがミイラになった印象は拭えない。

ーー記事ここまで

この2013年の今から9年前の記事を見てもわかるとおり中国人の犯罪者集団シンジケートというものは都市部を中心として徹底的にネットワークを形成していた。その流れの中で日本の警察機構に個人の単位から浸透し入り込み、内部の捜査資料を含める外部への持ち出し、これを強く促していた。というよりも様々な形で命令したり脅したり、お金、女でだまし取ったりいろいろやったであろう。そのシステムが今では相当強固な巨大なものになってるという理解を持つ必要がある。

かつてはそのシステムを創価学会、在日南北そして統一教会などの特定のカルトそして侵略者たちがそういうことを行っていたのだが、 これが今でも完全に有効に機能しているかどうかは分からない。安倍首相が登場したところでこれらの公務員集団における身体検査が内密に行われて、配置転換などを含めるルートの切断が一定の範囲で功を奏したとはされている。この辺りは分からない、見てきてわけではないから。

だがそれでもこの警察機関における内部情報の漏洩というものを上手に利用して中国人たちを大きく見逃し、見逃されてきた泳がされてきたという両方の言い方をするが、日本の中で好き勝手をやってきたというのは事実だ。

何を言いたかったかと言うと安倍首相が暗殺されてから以降、今度は昭恵さん、夫人におかしな動きが起きている。警備の警察官がわざとぶつかったのかと思えるような事故を起こしたり、明らかにおかしな動きが続く。

自民党の中だけではなくこれら警察機関の中にも統一教会またはそれに類した組織体が浸透しており、日本の国家体制を内側から崩壊させるための、ひっくり返すための策動を仕掛けていたと取るべきだろう。

これらの公然とした明らかに低レベルな浸透工作というのは、我々庶民がそういう事例に対して何一つ意識を働かせなかったことからくる。精神的な力における対抗圧力がないような地域において簡単に入り込めるのは当たり前だ。

それを我々日本の庶民一人ひとり、一億二千万人は全て知って改めていかなくてはいけない。 明確に今、外からの侵略者たちに次々と計画的に工作的に大量に入れ込まれているという現実がある。

それすら見ないようにしてネトウヨとかレイシストだとかいうような、これら、これもまた敵の工作員なのだが、そうしたものに同調するようなあなたであるのならもはや救いようがない。

そこには価値的中立的なあなたなるものがいない。学問探究をするあなたがいない。ただのバカというよりも、痴れ者というよりも奴.隷人形だ。泥の塊だ。私は泥の塊が嫌いなのでとっととどっかに行ってくれ、と私はそれを言うのだ。

ーー記事ここから ヨムーノ 726

「お願い!ご飯は水で炊かないで」農林水産省が教える【食中毒対策】「作り置きそのまま入れちゃダメ」まとめ

「お願い!水で炊かないで」意外と知らない【ご飯の炊き方】
食中毒は、実は肉や魚だけでなく、ごはんが原因となるセレウス菌からも発生するのだとか。

先ほど”お弁当に入れるご飯は「酢飯」にするのがおすすめ”と紹介しましたが、この時期はご飯の炊き方にも注意が必要です。気を付けたいポイントを紹介します。

ご飯の炊き方 炊飯器に「氷」を入れて予約する

お弁当を作る際、夜にお米をといで、朝に炊きあがるよう予約しているご家庭が多いと思います。しかし、夏場だと夜でも炊飯器内の温度も高くなるため、氷を入れて予約するのがおすすめ。お米をといだら、氷を数個入れ、その後にお米の量に合わせて水を調整するだけ。目安ですが、目安ですが、2合ならば6~7個、3合ならば10個程度。いつもより多少水加減を控えめにしましょう。

氷を入れることで、炊飯器内の温度が上がらず、炊飯器内で菌が増殖する事を防いでくれます。

炊飯器メーカーのホームページを見ると、夏場など水温が高いときは8時間以上、冬場は13時間以上の予約はしないよう注意喚起がされています。

なるべく寝る直前にお米を入れ、炊飯器内で放置する時間を短くすることも大切です。

ーー記事ここまで

国際関係における進展がない時においては国内を国内事案を見るのだが、私は芸能関係であるとか、あとどうでもいいような話、私の判断によってどうでもいい話というのは興味がないので、やっぱりこうした食べ物であるとか動物であるとか人間なるものはなぜ生きているのか、どのような状態であるのか、ということに帰結するような外側の情報をどうしても先に見てしまう。

あなたはお米をといでご飯を食べる人かどうか私は知らない。しかし私はこの記事において炊飯器の中で水につけている状態でたくさんの食中毒の菌が発生し増殖しているという可能性に関しては全く理解がなかった。そんなことがあるのかとすら思ってしまった。 しかしそのような無知な状態ではいけない当たり前のことだが。

あとよくわからなかったがトマトは水で洗ってはいけないだとか。どういうことなんだろうと思ったけれども時間がないので読んではいなかった。ただこの炊飯器の中に長い間つけておくなというこの情報は大分重要なものではないのかと。少なくとも私自身にとってはすごく重要なものだったので、この記事を採用した。あなたがパン食の人だったらまあどうでもいい話ではある。

ーー記事ここから 大紀元 725

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)21日付けによると、英金融大手HSBC(香港上海銀行)ホールディングスは中国本土の子会社に「中国共産党の党組織」を設置した。報道を受け、政界から批判の声が上がった。

英議会外交委員会のクリス・ブライアント(Chris Bryant)議員は懸念を示した。

ーー記事ここまで

もちろん共産党の組織を内部におかなければ営業させないと言った強い強い圧力があっただろう。これはソ連という国家があった時に共産党の監視部門が全ての組織体の中に入れ込まれたのと同じである。軍隊の中に政治将校というものがいた。あれだ。

中国はそうやって西側機関の、特にこの金に関わるような部門を人質に置くということを明確にしだした。これは彼らが台湾侵攻をすることはもう決めているが日本と台湾を同時侵略することは決定しているが、そこから後で西側世界の様々な制裁が今回のロシアの動きを見ても分かる通りに中国に仕掛けられる。

その前の段階においてこうした西側の金融機関を自分たちの自家薬籠中ものにする、というよりも完全におどして幽閉するといった形にしておけば有利だと見た。

彼らは自分たち中国以外の全てを従属装置として使用装置としてしか見ていない。使いまわす利用するという形でしか関わるつもりがない。 そういう者たちにシンパシーを持つ、人類の命運を委ねるという側に立っている者たちはそれらを含めて人類世界から放逐しなければおそらく新しい世界における何かをつかむことはできない。

中国自らが変わっていくということの期待を今まではしていたが、ここに至ってはもはや彼らは絶対に変わらないと表現し続けている。であるならば我々の方が大きく変わらなければならないのだ。

中国は14億という嘘の人口の数字を前に出す。実際は九億人ぐらいしかいないと思う。9億をおそらくわっていると私は簡単に計算しているが、たったそれだけの人間になぜ残りの70億人が振り回されなければならないのだ。70億人の総意というものを見せなければならない。

中国もまたこれをわかっているので70億人の切り取り作業を公然と進めている。反米非米の地域に働きかけて中国の側についた方が得だよとやっている。しかしそれらの勢力は中国に最初は良い思いをさせてもらえるかもしれないが10年もしないうちに自分たちが地獄の入り口の門を開けてしまったのだと気づく。

その時には人間の個体数も激減する流れに入り、なおかつ未来に向けての展望を開くだけの想起、発信力、何もかもが中国という地球に開けられた穴によって抜けてしまっている。もちろんこれは中国だけのことではなく本当の事言えば全人類のすべての個人の中にあるアナという言い方をするが、それらが活発化するという言い方にしておこう。

儒教圏域なるものの思想、ベースがどういう形で構築されているのかということをあなたは個人的にお調べになることだ。人間が人間を支配して当然だという思想に貫かれている。これを人類の中から排出しなければ新しい何かを掴むことなど絶対に無理だということはわかるはずなのだ。

そして似たようなものが西洋の世界にも中東にも山ほどあるのだ。この人類世界には。 それらをやすやすと喜んで受け入れてしまっていたのが古い世界の人類である。ここから跳躍して新しいステージに飛び上がらなければならないのだと私は言う。

ーー記事ここから テレビ朝日系(ANN) 726

一部の硬貨の製造を中止へ ロシア

ウクライナ侵攻によって西側諸国の経済制裁が長期化するロシアで、中央銀行はコストを抑えるために一部の硬貨の製造を中止すると明らかにしました。

ロシアメディアによりますと、ロシア中央銀行は現在のレートで約20円の10ルーブル硬貨の製造を年末までに中止し、代わりとなる10ルーブル紙幣を印刷するということです。

金属硬貨の製造コストが上昇していることが理由で、5ルーブル硬貨についても紙幣化が検討されているということです。

中央銀行は、紙幣の質が良くなっているため硬貨から紙幣に替えても耐久性に問題はないとしています。

ーー記事ここまで

日本の戦争の時最終的には硬貨の鋳造ができなくなりだんだんと品質が下げられ、最終的には一銭銅貨だったか10銭銅貨だったかそういうものしかできなくなったそうだ。

銅貨とか言いながらスズだとかを使っていたかもしれないが詳しくは知らない。戦争末期になると日本には戦争遂行のための必要物資がほとんどなくなってしまったので、例えば全国にあるような釣鐘堂であるとか、そういうものの金属を供出させて、その上で戦争継続を続けていた。

そういうことが我々は分かっているのでこのロシアの動きというのは単純に内部の金属が相当ないのだなということがうかがえるわけだ。

私はロシアに向けての全ての輸出が禁止されているのかどうかは知らないのだが、例えばくず鉄などを集めてロシアに直接輸出するだとか、日本からの直接輸出ができなくてもロシアへの制裁措置に加わっていない国からくず鉄をロシアに大量に輸出することで大儲けを考えているようなビジネスマン、それが日本の中にも存在しており、それらがもう動き出しているだろうなという見方でこうした記事を読んだ。なぜならば前の戦争でもそんな動きが本当にあったからだ。戦争というドンパチをやりながらしかし敵国から輸入を続けるといったおかしな動きがずっとあった。

今回の戦争がいつまで続けられるか私には分からない。が一方的にロシアが勝っているのだという報道はそろそろ信用できない段階にきたなとこれを言う。もちろんウクライナはそれ以上にやられてしまっているのだが。

ーー記事ここから 共同 726

【ワシントン共同】米シンクタンク、戦争研究所は24日、ウクライナ軍が高機動ロケット砲システム「ハイマース」を活用、ロシア軍がこれまで繰り返してきた大規模砲撃を阻んでいるとの分析を明らかにした。

 米航空宇宙局(NASA)が提供している観測データによると、ハイマースの導入以降、ロシアが完全支配を狙う東部ドンバス地域(ルガンスク、ドネツク両州)で火災が減っていた。大規模砲撃の減少によるものとみられる。

 同研究所はロシア軍がウクライナ軍の攻撃から逃れるため軍備の偽装や移転を余儀なくされていると指摘した。

ーー記事ここまで

ウクライナの勝って見えるような動きというのは全て欧米世界からの兵器の供給によるものであって彼らには何の力もない。しかしこのハイマーズと言われているものがどんどんとウクライナの中で使用されるとなるのであればそれはロシアの今の一方的な勝っている状態、占領を維持している状態というのは変えて行かざるを得ないだろう。

ただ問題はウクライナのがとてつもなく過激化してきて、ロシアの根幹的な施設を破壊するという動きに移動した場合、これはロシアは躊躇いなく核兵器を使うこの可能性があるということを伝える。

そしてそういう事態になった場合においてはウクライナに武器を供給した西側世界を交戦国としてロシアは指定して、その第三国に対する直接的な攻撃をする可能性が本当に出てくる。具体的に言えばイギリスやアメリカをロシアが攻撃するという意味になる。

そこで核兵器が使われた場合それがエスカレーション拡大過激化する可能性を考えておかなくてはいけない。おそらくそうなっていくだろう。人間は基本的に愚かな生き物でありエゴに振り回された存在だから、核兵器をお見舞いされたとしてそのまま黙っているような政治体制であった場合これはそれがもたない。

どちらにせよ何らかの報復の核攻撃は仕掛けられる。それが前述今まで行動で発表されていたベラルーシになるかどうかはこれは分からない。

ーー記事ここから 中日新聞 719

ウクライナ、クリミア橋への攻撃示唆 ロシア支配の象徴、18年開通

 ウクライナのアレストビッチ大統領府長官顧問は十六日、ロシアによって二〇一四年に併合された南部クリミア半島とロシア本土を結ぶ大動脈のクリミア橋(総延長十九キロ)について「技術的に可能となれば攻撃対象となる」と発言した。ロシアのメドベージェフ安全保障会議副議長(前大統領)は「実行に移せばウクライナにとって終末の日になる」と警告し、戦闘拡大の火種になる恐れが出ている。

 国防省付属の情報機関幹部は、クリミア橋の破壊に向け、米国から供与された長距離ロケット砲「ハイマース」を使用する可能性を示唆。

 アレストビッチ氏は、バイデン米大統領らが兵器提供の条件として、ロシア領を攻撃しないよう求めていることに対し「クリミア橋はロシアによる違法な建築物なので問題はない」との認識を示した。

 ウクライナ政府はクリミアへの攻撃の可能性を示すことでロシア軍の兵力を分散させ、欧米の軍事支援の効果を誇示する狙いがあるとみられる。

 ロシアのイズベスチヤ紙によると、橋は防空システムで守られており、これまでウクライナ軍が長距離ミサイルを持たないことから攻撃を受ける恐れは低いとみられていた。
 ウクライナが現在供与を受けているハ...

ーー記事ここまで

ウクライナがこのウクライナ橋と言われているロシアが建設した、確か長さ19 km だったか、その橋、これを破壊したらロシアは戦争の段階を次の舞台に進めざるを得ない。

それは前述したようにウクライナに兵器を供給する西側の特定の国家に交戦国指定を行って、それらの第三国に核攻撃を含める攻撃をするというこの未来を引き寄せるということに他ならない。ヨーロッパではこのクリミア橋を破壊される可能性においての欧州全域での核戦争の勃発という言葉がもう本当に出ている。日本には伝えられていないだけだ。

仮にそれが起きた場合最終的な勝利者は中国だ、というところまでの結論が出ている。それはロシアにとっても良いことではないだろうという表現にはなっているが、追い込まれたロシアはそれでもやるだろうという意見もある。これは人間の心の中のことなのではっきり言えば分からないとしか言いようがない。

このクリミア橋に対しての攻撃が行われたら地域戦争かもしれないが核戦争が起きる可能性があるということの覚悟を、今の段階であなたはどうしてももってほしい。実際に事が起きた時にパニックになるのはただ単にあなたから精神エネルギーを奪われるだけの状態でしかないのだから、それは非合理的なあなたという言い方でしかない。

新しい世界を目指そうとする私たちは、この非合理不合理非効率的とでも言える何もかもきちんと正面から見つめ、そしてその状態に陥らないように予防しながらなおかつ、対処対抗対応策無効化などを通じての人類全体の合理化円滑化を求めて実現化していかなければならない存在なので、真っ先に日本人がそれをやる、やるのだと言うこと私は何度もあなたに言う。

ーー記事ここから 産経 725

ティックトック「中国へ情報流出」不信で集中砲火

米国の政界で中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」への不信が再燃している。中国の従業員が米国利用者のデータにアクセスできる状態にあるとの一部報道を引き金に、トランプ前米政権下で火が付いた中国共産党への情報流出懸念が、改めて強まったためだ。連邦議員らが調査を開始したほか、米規制当局から、アプリをスマートフォンから排除すべきだとの声が出ている。

報道で疑惑再燃
「米国市民の安全とプライバシーを重大な危険にさらしかねない」

ーー記事ここまで

トランプ大統領の時に必死になってこの tiktok に対しての疑いはおかしいと言っていたような民主党支持勢力たちが裏返って tiktok がおかしい、中国がおかしいと言い出したのは明らかに中間選挙に向けて彼らの獲得したような何かは何もないものだから、米国国民の視線をそらすために中国は悪い、中国は敵だという形の視線逸らしを仕掛けているように見える。

そんなことをやっても米国の中の深刻な本当に深刻な物価高はどうにもならないのにそれでもこれ以外に視線をそらすような何かはないのだろう。

私は米国の一般的スーパーでレタスが12ドルで売られているという画像を見てびっくりした。 一ドル140円で考えるのなら1680円ということになる。たったひと玉が。卵に至っては12個でおよそ15ドルだったと思う。そんなところでどうやって生きていくのかと私はこの画像が嘘ではないかと疑った。本当にひっくり返りそうになった。そういうことが米国全土で多少の差はあれど起きている。それは米国国民は怒るのは当たり前だ。

トランプ大統領を追い出して民主党の政治にさえしてしまえば米国民の全てはついてくるとでも思っていたようなこの強奪政権たちは、実際の米国国家というものの運営が全くできないのだということが明らかになった。それはオバマ政権の時からその傾向は強かったが今回の自称売電政権においてはそれどころではないほどの愚かさ無能さをさらけ出している。

とにもかくにも視線をそらさなくてはいけないごまかさなくてはいけない。一番簡単なのは外側に敵を作ることだ。だからその観点でこの tiktok がどうのこうのということが使われているということは明らかだ。

米国の中での石油開発を行って価格を下げるという選択肢を持っているのにそれをしないのだから、それだけ彼ら民主党の元に入ってくるグリーン利権、脱炭素理研というものの金額が大きいのは分かるが、彼らは政治家である資格は全くない。米国における中産階級よりも下の世代はどうやって生きているのか。

おそらく中産階級よりも下の世代というのはフードスタンプだとか教会の炊き出しだとかに並んでいるのだと思う。が米国は国家としてそのようなみっともない情報は絶対に出さない。表のメディアには載せない。そうした不文律がある。だから実態がわからない。

だが家賃を払えなくなって野宿をしているような、特に家賃が高いカリフォルニア地域における現場の画像を見る限りにおいて、全てがうまくいってるということはまずないだろうなということが分かる。これらの人々に対して自称売電政権はどうするのか後2年間。

何もできないだろう、何もしないだろう。そして中間選挙が負けても売電はい座ろうとするだろう、がさすがにこれは民主党の中からこれを下ろそうという動きは恐らく出る。

しかしカマラハリスになるともっと悪いのだと言ってこの両方が使い物にならないかと言って下院議長のナンシーペロシを持ってくる。どうにもならない。人材が全くないのだ。民主党はそんな自分たちの状況を振り返ることもせずにトランプ大統領から政権を奪って自分の自尊心だけをみたしていい気になって、三億人以上の米国国民の全ての生活を奪った。そんなことが許されるわけがない。

どこかで大きな落とし前を米国人自身がつけなければならないのだと私はこれを決めている。

ーー記事ここから 共同 726

ロシアからドイツに天然ガスを送る海底パイプライン「ノルドストリーム」を運営するロシア政府系ガスプロムは25日、27日から1日当たりのガス輸送量を現状の半分の約3300万立方メートルに削減すると発表した。本来の輸送量の2割程度に減ることになる。

ガス輸送に使うタービンを保守作業のため停止させる必要があると説明。ウクライナ侵攻に対する制裁強化を受け、ロシア側が報復としてエネルギーを武器に欧州を揺さぶっている可能性もある。

ーー記事ここまで

もちろんこれはロシアがドイツを揺さぶり EU 全体をガタガタにするための複数の手段のひとつだと捉える。冬に向けてこれらの燃料供給を不安定化させれば EU は必ず何らかの形でロシアに対して折れてくる。もちろんこんな見方のもとに全体は動く。

ウクライナからの小麦の供給を港の封鎖を含めて止めたことによって世界及び欧州のインフレを誘う。そのことで周りの世界が 戦争をやめさせるという雰囲気、世論形成そうしたものを狙っているのだろうなと伺えるが、 見え方とは一つではないのでどうせ私の思うことなど当たってはいないだろう。

ただ今この瞬間に停戦をすれば誰が得をするのか、明らかにロシアだと見る。 ウクライナに関しては35%程の領土を切り取られてしまった状態で停戦をすればゼレンスキーの政権はもたない。

そして間違いなくウクライナの中でのロシアと経済的につながっているようなギャング、新興オルガリヒたちが犯罪組織とも言えるような連中が必ず出てくる。これがゼレンスキーを下ろして親ロ政権を打ち立てる。

結局それは西側にとっては悪夢なのだから やっぱり EU はガタガタになりながら今の戦争をある程度の範囲までは続けると思う。ただしそれはやっぱり9月10月を過ぎたあたりまでではないかなと見る。

戦争は長期化すると言っているが ウクライナが勝っているように見えるそれは幻想であり、戦争は兵器が行うものだからこれを止めてしまえばウクライナの勝利などはない。あっという間に占領されて終わるだろう。

この部分を見ないようにしている人が多いがウクライナは今の状態というものは相当に脆弱な上に立っている。いつでもひっくり返されるのである。

ある意味コントロールされきっているという言い方もあるが、 西側の体面もあるのだろう、ウクライナの全てを断ち切るかのような強いコントロールは控えられているようにも見える。

人間の世界におけるそれぞれの個人が持っているエゴ、そうしたものが 不確定要素として深く働きかけているのだろうなとなんとなく思うが、私は精神世界の人とやらでないのでそのあたりの塩梅は正直分からない。

ウクライナ戦争に関しては おそらく西側の 関係者の思惑を超えてしまっただろうなというの私の見方だ。 彼らの想像以上にロシアは強かったということ。これ。こんなに長く持ちこたえることはできないだろうとタカをくくっていたら蓋を開けてしまったら実はここまでもった。そういう言い方をせざるを得ない。

ーー

隠れていたものが表に出る。 これが今のトレンドらしい。 今から7-8年前にも伝達されていたようだがそのあたりは私は詳細を知らない。 だが今までは語ることすら禁忌とされてきた概念が言語のカタチで、そして伝達の状態に移動しているのは事実だ。 それは米国や欧州などに建国いらい隠れていた悪魔主義的なもの、人肉食的なものすべてであり、これらは恐らく地中海文明からくるところのものではないかとわたしは前に言った。 

それらの流れでここからの伝播なのかもともとなのかはわからないが、恐らく現在でも中国の中では隠れて人肉食が行われているだとか。 これは文革前後では公然と行われていたから、それら情報を中共が出しているのでネトウヨだとか言わないでいただきたい。 ただし中共の出している数字は桁が二つほど少なくされているし、漢民族と称する全域にわたって行われていたことだが、それを特定のチワン族だけがやっていたとごまかしている。 彼らはそうやって責任を背負うことから逃げるから、これから消滅するのである。 と一方的に言う。

今のセンテンスは重要だとわたしは勝手に言うのであり、それは何かというと、自らが責任を負わなければならない大きな流れを、それを読んで上手に回避するという概念を商売のタネにしている連中がどうやらいるが、昔からいたようだが、それは早い話が自分が受け持つカルマだとか因果を他人に押し付けているだけのことなのだから、最終的には何処かでどうしても帳尻を合わせなければゼロにできないだろう、因果応報の複式簿記は入金と出金が何をどうしてもゼロになる。 それと同じだ。

単式簿記でもおなじだ。 誰かにカネというものを、エネルギーというものを付け回すことはできない。 どうしてもそれは解消されなければならない。 それを個人単位の人生の中でやるということは、転生の先でそれを支払うのか、それとも自分の眷属に支払わせるのか、または全く知らない誰かに押し付けるのか知らないが、実に薄汚い態度だと言える。 わたしはここまでいう。

われわれの世界を上手に渡るふりをして、それは世界からかすめ取っているだけに過ぎない痴れ者たちが、覚醒者として気取るその様は醜い。 なぜそのような者たちがそもそも最初から人類世界の特定の座標領域にわたる表彰アイコンとして出てくるのかというその背景をそれぞれが考えてみることだ、とわたしは勝手に言い放つのである。


  綺麗ごとなあなたと冷酷なわたし


----
終了
----
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する