もちろん腹心の部下を守るために必死の視線そらしをしただろう。 ジーソミアは韓国にとってはその程度のものだったという認識、つまり、韓国政府には自国の中の米軍の安全を考えたことなど全くないというのが露呈したのが今回の動きになる。

しかしわたしは今の動きは韓国を叩いて背後の中国を叩くというものではなく、今この瞬間は米中は握っていると捉えている。 米中どころかロシアもこの動きに加担しているとさえ見ている。

それは、韓国が北朝鮮とイランとのグループにおいて、核兵器の製造のわーlk雨シェリングを行っていたのではないか、だ。 この既存の世界は、石油と核兵器を新たに扱おうとするプレイヤーは、それが個人であろうが国家であろうが許さない。

必ず叩き潰すことになっている。 だから今中国がこれだけ韓国に対して締め付けの動きが加速しているのに実質沈黙を守っているのは、彼らの心の中で三段階くらい下の存在として認識している朝鮮民族の核保有など断じて許さないという形決意があるからだ、とわたしはそうとる。

ただの横流しで工程表や配置図を要求する訳がない。 わたしは更に建物の設計図全てを出せという事を実は言っているのではないかとさえ思っている。 それは38度線という北朝鮮にすぐに近いところに意図的に建てられたこれら半導体工場の地下に、濃縮ウラン精製施設があるだろうと日米が疑っているからだ、とこの様に考えるからなのだ。

北朝鮮から掘り出されたウラン鉱石の粉末を運び込み、それをサムスンが濃縮していたと考えるのである。

もっと言ってやろう。 何故韓国という都市部を中心とした特定の地域に空間線量が異常に高いのか。 わたしは最初はそれはユーラシア大陸産出の鉱物資源に特有の、ある一定のしきい値の放射線を放射する石灰石だとか( コンクリ) 各種建材を沢山使っているからかなと漠然と考えていた。

結論から言う。 わたしは、都市空間という排熱発生装置のその地下、またはその近くに、ソウル五輪の時の大規模大開発という名目であのとき相当のわけのわからない工事を行ったその流れで、地下に濃縮ウラン施設、またはそれに類するものを造り、それをずっと可動させてきたのではないかと疑っている。

それを隠蔽するためだけにのみ、過去の核開発を疑われて、隠し場所が見つからなくなった原子炉から取り出した各種放射性物質を、ソウルのスラムを押しつぶすときに使ったとされるアスファルトの中に練り込んだやら( それは本当かもしれないが) 、今ある原子炉中韓処理施設からの冷却水からの放射線もれを意図的に放置するという事をしているのかではないかと疑っている。

何故、核開発を行っていたと疑われていたイラクが、第一次第二次湾岸戦争で米国に体制転覆をされ、イラクが倒れたとたんに隣国のイランの核開発技術がいきなり向上した様な動きを見せたのか。

そして911が行われた2001年のその翌年の2002年に北朝鮮が核実験を行ったのか、行えたのか、それらの背景は何なのか。

わたしはイラク、イラン、シリア、中国、北朝鮮、そして韓国のこれらの国家において( ロシアはおそらく入っていないと思うが自信がない) 、核開発ワークシェアリングのシステムがあったと思っている。

韓国は2002年の北朝鮮の核実験のときに、その開発にとことん、徹底的に、とてつもなく協力していたと当時のブッシュ息子政権が判定し、米韓同盟を名目上結んでいるが、その時点で敵国扱いになった。 裏切り者国家認定された。

米韓同盟と言いながら、その時点から、敵味方識別信号の共有がなされていない、暗号通信のコードが共有化されていない、特定の機密は韓国軍には、韓国政府に一切渡されていない。 確かに力関係を考えれば米国が韓国なる地域に何もかも気を配ってやる必要などない。 しかし敵味方識別信号くらいは教えないと同士討ちになる。 それがなされていない。 それはどういう意味か。

後ろから撃たれると決めているからだ。

わたしはネットなどにおける軽い気持ちにおけるネトウヨガーだとかパヨクガーだとか在日ガーなどという言葉の全てが、本当の韓国なるものから視線をそらすためのスピン情報だと睨んでいる。 彼らはどうしようもないほどの統制独裁国家なのであり、それを今までずっと隠してきた。

それらが今のムンジェインになって、様々な手口とともに露見してきたことは歓迎すべきことだ。 しかしそれでもまだ気づかない、心に軽口をもってこの朝鮮半島南端部を捉えるバカ達がいる。 わたしもバカだが彼らは筆舌にし難い。

あなた方が想像する以上に彼らは邪悪なのだ。 人類の中にある邪悪なる形質を抽出して、特定の器の中に入れ込んで、それを魂洗浄するかの目的のために生み出された人々がこの地上にいるだろう。

それらの人々が自ら変わろうとせずに今までと同じ事をくりかえすのなら、それは大量の消滅の動きに巻き込まれることとなる。 自らそれを呼び寄せることとなる。 わたしは中韓はそういったレールに自ら移動したと思っている。

ついでに言っておけば、韓国がバチカンなどを中国の命令のとおりにおもちゃにしたという事の報復が、そんなに遠くない段階で開始されるだろう。 わたしはそう見る。 米国が韓国から離れていくときに、韓国に敷設されてあったキリスト教の本家の権威とでも言えるものから切断がどうせ行われていく。

それは日本の中にでも同じ動きが起きる。 韓国のキリスト教は西欧世界においてはカルトとしか認識されていない。 それら勢力が西欧世界のキリスト教システムが作った例えばYMCAだとか、いろいろな組織体があるだろう、そういうものから除外されていくだろうとわたしは捉えているのである。

ーーー

もぐら

昔ソ連が米国に放った( 世界中にこれを放ったが) 潜入工作員という存在は、代替わりして、その当人らの子供や孫たちが、かつての本国のロシア、そして場合によっては、最後の共産主義ホルダー国家とでも言える中国の指令を受けて( 勿論この動きはカネの獲得のためか、中共の情報部に脅されてのことだ) 、米国の内部で共産主義の芽を着々と芽吹かせる運動を行っている。 未だにだ。 それらの「 内側から鍵を開ける勢力」 が、米国の大学組織の中に、中国共産党のあからさまな謀略装置である孔子学院の開設の動きに深く関わっている。

そしてこれらのアカの人々は、米国の内部に、人権問題、女性問題を中心とした革新リベラル勢力にして、更に暴力活動も厭わないという極端な左翼団体の結成にも尽力し、これらの勢力を作ることに成功している。 そしてこれらの勢力が、今のトランプ大統領に対して、彼の政権を打ち倒すための様々な妨害活動を行っているという事実がある。 そしてその動きを、旧支配層に所属する既存の米国メディアが、まるで事件の全てがトランプ大統領に非がある風に情報を加工して全米に流すということを繰り返している。

日本も相当在日南北朝鮮勢力、そして中国勢力、更に極左、無政府主義者達が結託した様な集団に攻撃を受けているのだが、米国のそれは、米ソの対立のころからあった動きの延長線上にあるものであり、更にこの流れに今は中国が乗っかっているものだから、何だかそうとうしっちゃかめっちゃかだなあというのがある。

こうした米国内部の対立構造を表現する、日本側の言葉の使い方に、イスラエルが悪い悪いという表現はよく出てくるが( ユダヤワルイワルイ的な) 、そこに中国が、そして南北朝鮮が出てくることはない。 だからその文章構造があるだけで、それら国内言論発信者と言われる勢力が、誰からカネをもらっているのかが分かる。 中国は自国の発展の為に、それまでイスラエルを通じて、米国の様々な機密情報を買い付けていたその関係を解消した。 彼ら中国は石油の為にアラブと組んだ。 もっと言えばイスラム世界に黒い物資を売り、そして石油を安定して確保するという国家戦略の為には、イスラエルとの関係を精算しなければ上手にそれが立ち行かないから、だから切った。

イスラエルはカンカンであり、そして中国は未だに米国の内部で自分たちが行っている様な計画においてもイスラエルがこれを行っているのだ的な隠蔽すり替え工作を上手に行う。 実にエネルギーと資源のこの大きなムダ使いの動きは、彼らが自分なるものを必死になって守るが故に出現している動きでもある。

もぐらは世界中にいる。 そして私はこれらは精神世界にも宗教界にも、当然互いが互いを調べ上げ、中からエネルギーを奪い盗る為に敷設されているのだと捉える。 人間の歴史は奪ってばかりだ、騙してばかりだ。

そうした構造からの脱却を今求められていて、そしてそれを拒否する人間は結果として大量に消えていく。 今は本当にそういう流れに入っていったようだ。

ーーー

平成の末期において恐らく、日本国内に沢山潜んでいた韓国の もぐら が大量に始末されていった。 それは表の公式の役職からの追放という形が多かったが、それ以外に当然に我々がイメージするスパイという連中も始末されただろう。

日本の中にはメディアの領域にこの もぐら が沢山残っている。 彼らは大きなところで日米が自らの財産保全の為に、侵蝕者である韓国を解職させたという理解がまだない。 まだ何とかなるし挽回できると思っている。

それらの領域は、欧米世界が戦後今まで民間領域に沢山構築してきた各種団体組織から、韓国の勢力が除外、除籍されていく流れのなかで分かってくるのではないかと見ているが、まだ表だった動きにはなっていない。 ただ、宗教勢力の切り離しが開始されたら、韓国の宗教勢力に自分たちの組織維持拡大を外部委託している日本の新興宗教団体の相当がけつまずくことになる。

それらの動きをカネの流れと人の流れなどから判定してほしい。 ファーウェイが欧米世界の標準化規格に一切アクセスできない流れに蹴っ飛ばされていったように、韓国のキリスト教関連の人間勢力がこれから欧米世界のそれらから切断されていくのだろうなというのがわたしの見え方だ。

だから日本国内の、自称ダイガクとやらの関連のそのネットワークもこれから寸断される。 今起きているのはそれほどの転換なのだという理解をもってほしいかと思う。


2019828水曜
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する