2023・420木曜(令和五年)


ーー 記事 開始

[ニューデリー 19日 ロイター] - 国連は19日、インドの人口が中国を抜いて世界最多となり、今年半ばには中国の人口を290万人上回るとするデータを公表した。

国連人口基金(UNFPA)の「世界人口の現状報告:2023年」の人口統計データによると、インドの人口は推定で14億2860万人、中国は14億2570万人。 第3位は米国の3億4000万人。

このデータは、23年2月時点で入手可能な情報に基づいているという。 国連が以前に発表したデータを用いた人口問題の専門家は、今月中にインドが中国を追い越すと予測していた。

ただ、国連の最新報告ではその時期を明示していない。 国連の人口担当者は、インドと中国から出るデータが「不確実」であるため、時期を特定できないと説明している。

インドでは直近の国勢調査が11年で、21年に予定されていた調査は新型コロナウイルス流行のため延期された。 中国とインドを合わせた人口は世界全体の80億4500万人(推計値)の3分の1以上を占める。

ただ中国は昨年、人口が60年ぶりに減少に転じた。 また、インド政府の統計によると、11年以降の年間の人口増加率は平均1.2%で、その前の10年間の1.7%から低下した。

ーー 記事 終了


西側 世界は特に欧 英 米は中国なるものの中にある支配と統制 コントロール 同化併呑、隷属 そうしたものを 甘く見ていた

その結果 自分たちの国家 領域の内部が彼ら 中国なる野蛮人に徹底的に荒らされていった 侵食されていたということに今更気づいた

人間は 実害を 体験しなければその行動を変えない 支配層たちがようやく 自分たちの銀行口座に不動産にそして人的財産である 自らの抱える奴隷たち

こういうものが中国によって奪われつつあるという強い理解を初めて得た

だから彼らは死に物狂いになる。私が何度も言っているように 人間世界で一番醜いのは命のやり取りが行われるのはそれは 既得権益を奪う 奪われる といった戦いだ

もちろん 欧米 世界というのは 今までの支配層 だった これを中国は 10年 30年計画をかけて奪い取りを仕掛けると決めて 実際にそうしてきた

西洋の人間は猿には それはできないとタカをくくっていたら7割方 やられてしまった。そうしたことにおける油断が彼らの反対行動となって出ていく。しかし 米国は中国の経済的発展が自分たちの経済的発展にもつながってるという理解があるので どうせどこかでおかしなことが始まるだろうな と 私は冷めた見方で今の中国包囲網とでも言えるものを見る

どうせ誰かが裏切る。だがその流れの中で中国が唯一 それしか 国家としての商品価値 セールストークとして成立しなかった人口が一番多いという この設定が破壊されていくということは

以前にも言ったが 西側 世界で長期信託 長期投資などなどを行っている連中が中国から上手に資金を逃したのだということを表す

だからこれらのマネーが実際のところ 他のどこの地域に今向かっているのかは知らないが 中国から引き抜かれていることだけは間違いがない

それを受けて中国は 今度は西側 世界の破壊を及び自国の内部の人民元決済 地域における ブロック経済圏の構築を資源を持っている国と中心になって これを行うということを仕掛けており

米国の自称 自由を求めている勢力は今までやってきた 自らの行いが自分で自分自身の首を絞める愚かな行為であったことを認めたくないがあまりに とこの言葉を使うが

同じことの繰り返しとしてのさらなる過激な 反中包囲網の形成を行い そして中国を逆に新に刺激する

冷静に遠くから離れてみた場合 この地球 世界に混乱を起こしているのはこの2つの勢力というか 支配層 たち 支配層と言われている領域なのではないかと 私はここに思い至る


ーー 記事 開始 ロイター 420

中国国営TV、人口減少巡る西側の報道批判 「中国を中傷」

[香港 20日 ロイター] 中国国営中央テレビ(CCTV)は20日、インドの人口が中国を抜いて世界最多になるとの国連の推計について、西側メディアは中国の発展を意図的に無視しており、中国を中傷してデカップリング(切り離し)を提唱していると強く批判した。

CCTVは、近年の西側メディアの報道には、中国の発展が「大きな問題」を抱えており、人口ボーナスがなくなれば中国が衰退し世界経済も悪影響を受けるという言外の意味がこめられていると主張。

「(西側は)一貫して誹謗中傷していたが、中国は一貫して発展し、巨大な人口を抱え持続可能で安定した経済発展という奇跡を起こした」と述べた。

その上で「米国は中国の発展を封じ込め、さらなるデカップリングを提唱する取り組みを強化しており、国連の報告書に新たな騒ぎ立てのポイントを見つけ出した」とし、西側が人口規模と発展の達成を同一視していると批判した。ー

「こうした騒ぎ立てには人口発展の法則の基本的な理解が欠けている。今日の人類社会の発展では、出生率の低下や子供を産む意欲の低下は、全世界が直面している共通の問題だ」とし、西側の先進国は総じて労働力不足などの問題に直面していると述べた。

ーー 記事 終了


ギャアギャアと騒いで見せるということは 中国共産党支配層 たちも この問題には神経質だということだ

そして彼らは中国 国民を道具としてしか見ていないので 労働力 奴隷としてしか見ていないので 今までの取り組みを変えることはない

中世の時代においての中国が世界の帝国であったという彼らの思い上がった態度というのは 内部の国民をただで使っていたからだ

ただで働かせ そこから出てくる 産品を買い上げてそしてそれを 欧州 世界に 高値で売る 莫大な利益が中国の宮廷にだけは転がってきた

王宮の周りの人間だけが莫大な金持ちになった それは自分のことを神だと 天だと勘違いしてしまうような愚かな座標が 次々と生まれてくるのは当然である

彼らはそのやり方を 中国共産党というシステムになっても全く改めていない 彼らの中から 農村戸籍という奴隷労働者たち ウイグル チベット 内モンゴルという3級 国民たち このような低賃金の存在がなければ 中国国民 というものは 中国 国家というものは そして 中国共産党という 支配システムは維持できない

これを破壊するためにはどうすればいいのか 彼らの人口を奪うことだ そのように地球という惑星は 簡単に考えたのだろう な と 私はこれを思う


ーー 記事 開始 毎日 420

営農型太陽光ベンチャー破産 農家憤り「マネーゲームじゃない」

国が農業再生の新たな手法として営農型太陽光発電の導入を推進する中、「スマホで買える太陽光発電所」をうたって出資を募っていた山形県酒田市のベンチャー企業「チェンジ・ザ・ワールド」が2月に破産した。

配当を得ながら環境に貢献し、耕作放棄地を減らし農業再生にもつながるという事業内容に賛同した債権者は全国で1万2194人に上ったが、事業は宙に浮いた。一方、過疎化が進む地方では営農と発電の両立に活路を見いだそうと地道に奮闘する農家もいる。

農作物と再生可能エネルギーの「二毛作」は絵に描いた餅なのだろうか。

「スマホで買える発電所」出資募る

営農型太陽光発電は、農地に支柱を立てて太陽光パネルを設置して発電し、その下で作物を育てる。売電による収入増が期待できる他、燃料費が高騰する中でビニールハウスの暖房に充てるなど自家利用も可能だ。

農地を利用するため地元の農業委員会から一時転用の許可が必要だが、2020年度の許可件数は過去最高の779件となった。

ただ、設備の整備費や継続的な営農が負担となり、国が期待するほども伸びていないのが実情だ。ここに商機を見いだしたのが14年に設立されたチェンジ社だ。

太陽光発電などの区分オーナーを小口で募り、売電収入から管理手数料を差し引いて還元する「ワットストア」事業を展開。

北海道から和歌山まで8道県で太陽光や風力など100カ所以上を運営しているとうたい、スマートフォンで一口300円から投資可能な手軽さがうけて個人向けに販売を伸ばした。民間信用調査会社の東京商工リサーチによると、22年1月期に売上高約10億9800万円を計上した。

ところが、太陽光パネルの高騰など経費増などで3億円の赤字となり債務超過に転落。2月27日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は38億4084万円に上る。

同社が事業継続が難しくなった要因と主張するのが、22年6月の預託等取引に関する法律(預託法)の改正だ。

高配当をうたう「預託商法」や「オーナー商法」と呼ばれる悪質な事件が相次いだことを受け、ワットストア事業のように企業が顧客に購入させた商品を預かり、運用益による配当を約束する「販売預託取引」を禁止する規定が盛り込まれた。

ーー 記事 終了


日照時間の少ない 東北地方でこの農業と太陽光発電を両立させるという考え方 そのものに無理があるとどうして農家はわからなかったのだろうか

欲に目がくらんだというのは当然ある 都合のいい そろばんを叩いたのだろう、しかし 最終的に太陽光パネル というものは 長期使えないのだから どこかで 廃棄したりしなければならない

が5年だとか 10年使ってる間に その田んぼ 畑の地面が相当に汚染されてしまうということを 百姓たちにこの事業者は一切知らせていないだろう

メガソーラーと言われているものの 周辺地域から 山ほど ヒ素を含める クロム 六化 クロムを含める様々な毒物が検出されてきているという本当の事実があるのにそれを知らせないままに バラ色の未来だけが待っていますとやるのは無責任 甚だしい。

しかし彼らは他人の人生 なんかどうでもよく、そもそも これらの案件が詐欺だと最初から 見抜けないというのは 相当に問題だ。

それは これらの百姓たちが無知のままでいたからと彼らの不備を愚かさをあざ笑うというのではなく 彼らのような設定 立場のものにもこの太陽光パネル発電における全体のイカサマ 詐欺

そもそもこうした ビジネスを立ち上げて人々に進める奴らは詐欺師しかいない ほとんど 詐欺師ばかりだということの情報が全然行き渡っていない

そして我々がそれを知らせようとしなかった そういうところに問題があると言っている

同じ日本人として日本国民として全体の利益を考えた時 このような無知なものから 何もかも奪い取り続け それを仕掛け そして 端っこの方から壊死させていく 腐らせていくという存在

そうしたものが 本当にいるのだということを伝えない。 我々 大多数の 我々にも 実は相当の責任がある私が口を酸っぱくして伝えなければならないとギャーギャー言っているのは こうした事態を起こさなくてもよかったこうした事態を 未然に防ぐためでもある

詐欺師は何も生まない。 ついこないだ 逮捕された三浦るいの 夫も最初から詐欺案件 騙すつもりであの事業をやっていたそうとしか取れないような事業経歴であった

太陽光発電を 大きく 推し進めるようなやつは基本的には人類の敵だ 日本人の敵である

だからこそ そこに 日本から奪い取ることしかやってこなかった 特に儒教圏域 中韓の経営者が山ほどいる

彼らは日本人を騙すということに何の心の痛みもない だが自分たちの一族 同胞 トライブにはこれを適用しない

この世に明確に内側と外側を徹底的に分離する勢力が これからの人類の世界においては相当に大きな障害となって立ちふさがることとなる

まず こいつらをなんとかしないといけないと私は現時点 そう考える


ーー 記事 開始 時事通信 419

米迎撃ミサイルが到着 ロシアの空爆けん制 ウクライナ

 【イスタンブール時事】ウクライナのレズニコフ国防相は19日、ツイッターで、米国製の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」がウクライナに到着したことを明らかにした。

【写真】試験で発射された地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)が模擬弾を迎撃する瞬間  

正式に配備されれば、ウクライナ全土で空爆を続けるロシア軍の動きを大きくけん制することになりそうだ。  パトリオットについては、米国やドイツ、オランダがウクライナに供与すると表明していたが、到着が確認されたのはこれが初めて。  

レズニコフ氏は「ウクライナの空はより安全になる。われわれのパートナーは約束を守った」と強調した。どの国から届いたかについては言及していないが、ドイツ政府は18日、パトリオットを「既にウクライナに送った」と発表していた。

ーー 記事 終了


我々は西側発の 軍事情報というか 公開情報しか見ていない。ロシアの側の作戦が成功した それらの情報は一切 日本には入ってこない

ところが ヨーロッパのサイトをいくつか見るとロシアが 英国 米国 nato軍のいろいろな拠点を彼らの持っている 最新兵器で攻撃し 壊滅させている そうした事例が現実に発生しているということが いやいやながら出ている

今回の戦争で英国も 米国もNATOの 上層 幹部たち 軍人の身分が高く作戦立案能力なども優れているキャラクターを徹底的に殺されているという部分を伝えないのは

世界というものを この戦争というもの 実数で 捉えようとする人間にとっては甚だ 迷惑な動きだと言える

認識阻害によって 騙したままの状態であろうが その数の人間をたくさん確保している方が全体の 色彩に自分にとって都合よく

有利だとするために戦争においては その前後においてもたくさんの嘘が流れるが 現実 米国の同盟国である日本人の我々が米国が今 相当に弱ってきており その力も全然 機能しなくなってきているのだという弱い部分も知らなければ自分自身で立てなくなってしまう

今のままでは米国が倒れるとそのまま 我々日本も引きずられて死ぬ 彼らだけは 米国だけはその後で 日本という重荷を切り捨てて ちゃっかりと立ち上がり 中国やインドと組むだろう

そういう自分にとって嫌なこと の概念の想起イメージがない それではいけないのだ これらの軍事情報的なものに関しても従来 あなたの中にあった情緒 鑑賞からくるような くだらない物語 を排して全体を認識していただきたい


ーー 記事 開始 アルゴラのブログ 416

2023 年 4 月 16 日 アルゴラ ブログ

Komsomolskaya Pravda は、200 人の NATO 将校が死亡したリボフの NATO バンカーに対する 3 月の「ダガー」攻撃に関する大きな記事を掲載しています。ビデオや写真は追加されていません。

https://www.kp.ru/daily/27490.5/4748875/

「ウクライナにおけるNATO軍の大惨事」:ロシアは秘密の掩蔽壕に「短剣」の一撃を加え、ウクライナ軍の反撃を押し返した。ロシアの極超音速ミサイル「短剣」は、NATO とウクライナ軍の 200 人の将校と共に秘密の掩蔽壕を破壊しました

米国、英国、ポーランド、およびその他のいくつかのNATO諸国の軍事部門は、3月初旬にリボフ近くで起こったことについて一言も口を閉ざしたくない.

そして、恐ろしい非常事態の風に乗った腐敗的なジャーナリストが将軍や政治家にそれについて質問すると、彼らは反応で何が起こったのかについて「知っているコメント」または「無知」への巧妙な言及を受け取ります.

それにもかかわらず、「袋からの千枚通し」はまだ這い出し始めています。西側やウクライナのマスコミや、さまざまな情報源からのソーシャル ネットワークへの情報漏えいがますます進んでおり、詳細が非常によく一致しており、

NATO とその同盟国にとって非常に痛ましいドラマ (悲劇でさえある) の信頼できるシナリオを提示することができます。 .

NATO将校のバンカー

で、シナリオはこんな感じ。リヴィウの近く、水深 100 メートルのところに、旧カルパティア軍管区の予備指揮所がありました。十分に保護され、最新の通信システムを備えたこの秘密施設は、ドンバスでのウクライナ軍の敵対行為の勃発(2014年)により、NATOの将軍と大佐によって選ばれ、ウクライナの後方に移動することを決定しました。

キエフの同盟国に助言し、彼らと一緒に作戦計画を立てる方が便利でした。秘密の地下拠点は、モスクワが特別軍事作戦を開始し、意思決定地点での攻撃を約束した後でさえ、「コンサルタント」に安心感を植え付けました。

実際、それはNATOの代表者からなる統合指揮統制本部でした。ウクライナ国防省の将校とその軍隊の参謀。さらに、この本部は防空システムによって非常に緊密にカバーされていたため、「住民」の安全に対する信頼がさらに高まりました。

おそらくこれが原因で、警戒感も失われました。白昼でも数十台の車が本社の入り口に集まることがありましたが、私たちの宇宙、航空、秘密の諜報機関によって見過ごされることはありませんでした。

そして3月の初めまでに、ロシアの参謀本部は、「ダンジョン」とキエフの両方で、ウクライナ軍の攻撃計画の策定が本格化していることをすでに知っていました。

リヴィウ地域のNATO「支部」の隠れ家を攻撃する最も有利な瞬間を決定し、極超音速「ダガー」の飛行タスクを慎重に解決することだけが残っていました。そしてもちろん、Kinzhal空母(MiG-31戦闘機)の離陸時間を徹底的に(最大1分)計算するには、

「短剣」はタスクを完了しました

なぜ「短剣」が選ばれたのですか?はい、そのようなバンカーは通常のミサイルに対して無敵だからです。そして、1.5 トンまたは 5 トンの爆弾を使用したとしても、攻撃のために爆撃機を送っても意味がありませんでした。

そして、2,000 キロメートルの距離からでも発射された「ダガー」(弾頭 – 500 kg!)は、驚異的な速度(音の 10 倍または 15 倍の速さ!)でターゲットに到達します

そのような防空システムはありませんそれを傍受できる世界で。また、「ダガー」は高精度の狙撃兵器です。ターゲットの中心からの偏差はわずか 1 メートルです。彼は入り口グループの「井戸」に数十メートル飛び込み、その後に別の...そして、これは大量の爆発物だと考えてください!

「ウクライナにおけるNATO軍の大惨事」

ダンジョンにいた「教師と生徒」のうち、生き残った者はいなかった。そして、それらの数は200を超えました。一部の「情報に通じた」西側ジャーナリスト、数人のアメリカの将軍、上級将校を含むと言う。また、イギリス人、ポーランド人、ウクライナ人。

そして、これがまさに「バッグからの千枚通し」です。これは、すでに述べたものです。その国の国防省に近いギリシャのポータルPronewsは、「Kinzhal極超音速ミサイルがウクライナとNATOの共同指揮通信センターを攻撃したとき、数十人の外国人将校が死亡した. これは「ウクライナのNATO軍にとって災難」だった。

それだけではありません。いくつかのキエフのサイトも暴言を吐きました:緊急事態の後、国防省の代表とウクライナ軍の参謀総長が米国大使館のカーペットに呼び出され、そこで彼らは「治安の悪さのために」叱責されました

同時に、死亡した上級および上級アメリカ人将校のリストを手渡し、「少なくとも地下からそれらを取得する」ように命じました。爆発で死亡し、狂乱の中で窒息死した人々の死体はまだ掘り起こされています...

これまでのところ、ウクライナのソーシャルネットワークの「リーク」によると、破壊されたセンターの廃墟の下から40体しか回収されていないと判断できます。残りの死者はまだがれきの下に埋葬されています。

正式に

そしてここで、3 月 9 日、ロシア国防省が、3 月 2 日にブリャンスク地域でキエフ政権によって組織されたテロ行為に対応して、ロシアの軍は大規模な「報復攻撃」を開始しました。同省は、キンジャール極超音速ミサイルシステムが使用されたことを強調した。

ちなみに、この「報復攻撃」は、国家危機研究所ニコライ・ソローキン研究所所長によると、他の結果をもたらしました。

彼は、来るべきウクライナの攻撃の「シンクタンク」の破壊がそれを遅らせる可能性があると信じています. このバージョンには独自の理由があります。攻撃はまだ遅れています。たぶん、儀式の慣例によると、彼らは死んだ日から40日待つのですか?…

しかし、なぜNATO諸国の首都は恐ろしい非常事態について沈黙を守っているのでしょうか? 最も可能性が高いのは、彼らがモスクワからの痛烈な平手打ちを認めるのを「恥じている」からです。または、ロシアに対する敵対行為へのNATO軍の積極的な参加を公然と認めている可能性があるからです。

ーー 記事 終了


我々は前の請求 よりもはるかに 巧妙な 嘘の空間の認識の中で生きている

我々が現実だと思っている それらのすべては誰かが人工的に作った虚像でしかない 以前からも その傾向はあったが その虚像があまりにも現実に近づいているので 私たちは現実と偽物を作り物 パチモンとの違いがわからなくなっていく一方だ

まさにディックの世界が現実の中に展開されている 攻殻機動隊とも言うのだろうしかし そのような言葉における漫画 遊び耽溺を行っても物事は進まない

言えることはその第一歩はとにかく 我々は嘘の世界に生きている 嘘の大きな海の中に浮かんでいる 腐った木片 木切れであるというところから始めなければならないというこのどうしようもない リアリティ リアル この1点だ

米国や 英国からもたらされた精密誘導兵器 ミサイル 砲弾 ロケット団 スマート爆弾 それらは当初は大きな 威力を放っていたのだが 最近は この戦果と言われるものが全然 報道されていない なぜか

ロシアが 対抗手段を見つけ出し これらを誘導している 衛星からの電波のすべてを妨害する遮断するということに成功し 1000回攻撃しても950回以上 もはや 防がれているといったとんでもない状況が発生し

米国が ウクライナの側に送った兵器のほとんどが無駄になっているということを 西側 世界の多くの人々が 未だ 現時点 知らないというのは相当に危険なことだと私は 判定する

かと言って ロシアが一方的に勝っていると私は 断言しない ロシアの中の戦争 継続に関わる物資の供給が非常に遅れている

だからそれを イランと中国 そしてトルコなどの強い 協力を得て 少なくとも 半年ぐらいは間に合わせるために今 プーチン大統領 ショイグ 国防長官 あらゆる人間は しゃかりきになって 反米及び 非米の国家の協力を取り付けている

水面下の交渉をしている。北朝鮮の戦争 土方たち 工兵 たちはどうやら 本当に東側の2つの州に入り ビルなどの道路などの復旧工事を今行っているようだ

いずれ 中国人の戦争 どかたの連中が内部に入っていくだろう 中国には仕事がない、なくなりつつある それらの失業者を これら 友好国 ロシアの中に突っ込ませ 外貨を盗む かっぱらうということは 中国共産党における特に 地方政府における至上命題になっている

ウクライナの正規兵は現場から逃げ 他の地域で訓練していると勇ましい 触れ込み だった ウクライナの女たち 男たち それらも すぐ音を上げて 脱走しているというこの現実を伝えないのは正直言うが戦争を長引かせるための作動にしか私には思えない

戦う人間がいなくなっているのになぜ戦争を続けなければならないのか それは米国の兵器 産業を設けさせるためだと言ってしまえば本当に身も蓋もない

だが米国やイギリスから買った兵器の代金はどうするのだ ウクライナは必ず 踏み倒す ではどうするのだ

全て日本に払わせる いつも戦争が起きた後は日本が最後のケツを付加された。金を払わされた だからその上で 岸田 首相が それらの調整のためにサインをするために キエフ に実際に飛んだ

伝えられていないが 様々な国家の金融機関の政府関係者が同じ日に キエフ にいたようだこれは 私は本当の情報がわからないのでいたようだという 適当な言い方の表現をしておく

この世界は責任を取らないやつが支配層の立場にふんぞり かえり そしてそれをそのポジションを偽装することしかやっていないやってこなかった

自分はすごいから一方的に従えというこの全体構造を維持するためにのみ 彼らはそこに立っていた 今となってはこのような汚い言葉を使わざるを得ないのだろう。 実に残念なことだが

支配層たる人間の英知が全く当てにならず彼らもまた我々凡夫と同じく 能力のない無能な存在であったということが これから 全世界において明らかになっていくにつれ

今この瞬間の私 あなた私たちはどうしていかなくてはいけないのかということ

これを自分自身に深く 問いかけて来るべき 大混乱しかしそれは時間差を置いてできるだけ小さなものに抑えられる 混乱 という言い方になるが、それに向けて実際の準備 構え 動きの あらゆる用意をしておかなくてはならないのである

繰り返す がロシア軍は決して負けていない すごく 勝っているという表現は使わないがしかし 負けていない

そして ウクライナは 取られてしまった地域の奪還を一旦は停止してしかしそれは事実上を諦めて 停戦に向かうしかないだろう

そして ウクライナはおそらく 残りの地域も2つに割れて3つの地域に分かれていく 西側のポーランドと国境線を接している ガリツィア地方と呼ばれる人々が 残りの中央部と東側の部分のすべてのウクライナ人を勝手に私物化してロシアと戦った

それらのツケがこれから出る。西側地方はポーランドの従属国家になり 中央部は見せかけだけのキエフ 共和国のになり そして 東側は完全なるロシアの領土となる

そして中央のキエフ 共和国とでも言えるものがロシアに編入されてしまうのか どうかというのは NATO がこの瓦礫や地方にミサイル基地を置くだとかそうした動きの結果次第だろう。

私はこのことは言いたくはなかったが 地球という惑星はもはや人間という個体 座標の潜在意識に直接アクセスしてその内容を書き換えることを厭わない

今までは絶対にやらないと決めていたが場合によっては それをやると決めた覚悟し 決断した

このように見ているので いざとなれば人間が人間を滅ぼすための動きを加速させる

人間が人間を滅ぼすための動きというのは ワクチンだけではない あらゆる やり方で実際に銃を向けたり ウイルスをばらまいたり 化学兵器を打ち込んだり それを人間にやらせる

しかしそれをやっている人間は自分自身がそれをやっているという自覚がない

こんなことを言いたくはないが そうしたことも これからは 起こり得る ありえるのだということを 私はあなたに伝えておく


ーー 記事 開始 プラウダ 417

ロシア軍はAFUの陣地を標的に大打撃を与える

インシデント

ロシア軍は、敵対行為のクピャンスク方向にあるウクライナ軍の位置に強力な打撃を与えました。攻撃のビデオは、「ロシアの春の軍事特派員」電報チャンネルに掲載されました。

ビデオは、川岸での大規模な爆発と、空に立ち昇る煙の柱を示しています。数秒後に別の爆発が起こった。

以前、ロシア軍はリヴィウ地域の軍事目標を攻撃するためにキンジャール ミサイルを発射しました。ミサイルは、約 100 メートルの深さで旧カルパチア軍事地区の予備指揮所の掩蔽壕を攻撃しました。
https://english.pravda.ru/news/hotspots/156260-russian_forces_afu/

See more at https://english.pravda.ru/news/hotspots/156260-russian_forces_afu/

ーー 記事 終了


超高速ミサイル キンジャールは 確か マッハ10 だったか 15だったか、とにかく信じられないぐらい 高速度で目標に向かって 激突する。

ウクライナのソーシャルネットワークでの「 リーク」によれば現時点破壊されたセンターの廃墟の下から引き出されたのは40体だけ。

残りの死者はまだ瓦礫の下に残っている。湾岸戦争で使用されたバンカーバスターよりさらに強力なもの。

記事によれば2000km先から発射され、弾頭は500kg、音速の10倍、15倍で着弾する

さらに核弾頭も搭載可能である。実際に音速の10倍なら迎撃は難しいだろう。

そして nato軍 英国 米国の高級将校たちを含める 200人余りが この記事の攻撃で本当に一瞬にして 全滅したようだ死んだということである

そうした記事情報は西側には絶対拡散されないので今の戦争が非常にロシアが追い込まれているという間違った情報が飛び交っている そのような 歪んだ世界認識にある。

だがそれでは 新しい世界に進むことはできない 新しい世界に進むのは実数で実際の数字で世界を認識し 面白くもなんともないことの 繰り返し 積み上げをしかし 根気を持って 地道に行える人間

それらの頭数だけがそうした集団だけが 次の新しい世界を現実に手に取れる何かとして後ろに残していくのだ

我々はその新しい世界を引っ張る集団の一部にならなければならないのである


ーー

パックンという芸人が男女共用トイレ的なものの概念とその現実化に向けてなにか喋ったらしい。 彼は勿論台本の通りに何かを言っただけだし、自分のない人だと判定するから、彼にそれを言えと言った思惑というか意図があるのだろう。

それらのトイレの改修を行うことで彼に関わる誰かが利益を得る・・ みたいな図式を簡単に考えたが、ま、どうだっていいことだ。 そんな男女共用トイレなどは誰も求めていない。 そもそも当事者たるLGBTQ的な人たちがそんなものいらないと言っている。

自称リベラルの側に立つ人たちが大きなところでは他人に対しての支配コントロールしか求めていないのは分かっていたが、昨今の彼らはなんというか全体的に余裕がない。 王道を行っていないので誰もついてきてくれないと彼ら自身が分かっているからだろう。

ウクライナの戦争における実態においては、ロシアが最新鋭の音速ミサイルの発射実験を兼ねてのデーター計測に忙しい。 超音速滑空ミサイルキンジャール、これが本格的に使われ出しているという情報が本当であるのなら、今後戦争の行く末が変わるだろう。

戦術的米国は押し負けていくだろう。 だから現時点で米国がこのウクライナ戦争に大きく肩入れしだすとか言い出したのは、実際に負けが込んでいるからである。 だがわたしは彼らの精密誘導兵器が相当のところでロシアに無効化されているというのなら、開戦間際でロシアから鹵獲した電子戦闘指揮車関連の解析は失敗したとみるべきなのかどうか。

またはロシアが相当の早い段階でこれに対しての対抗手段をとったのか。 いずれにしても戦争の様相が長期化するにつれて、ロシアは苦しいに違いないけれど、それでもウクライナなど相手にしないほどの横綱相撲のような状況になってきたなあと感じる。

そんな中で中東地域での核兵器の顕在化に向けて実際の動きが始まった。 わたしは今の流れで本当に人口が半分くらいは消えていくのであるのなら、何処かの地域で核汚染かそれに連動する何かが起きるのが必須になるのだろうなと見ている。

だから中東でのこの動きを相当に懸念、危惧してとらえている。 サウジは完成品の核兵器をパキスタンに置いているが、これらを移動させるかのような動きが起きるのかどうか。 イランもイスラエルも自分で何か手詰まり感に全体を移動させてしまっている風に見える。

ただわかっていることは、互いの国家の自分だけが良くなればそれでいいという国家エゴのチカラが今までになく大きくなってきているので、一時的にではあれ、この地球世界から一致団結という本当の言葉の意味は消えるだろうというそれ。

中国の民間施設をも利用した生物兵器研究の動きを覚えておいていただきたい。 わたしは数年後に彼らは再び同じことをやってしまうだろうなあと見ているからである。


  混濁する座標体


終了

2023・419水曜(令和五年)


ーー 記事 開始 捜狐 415

日本が武力で島を奪取するのを阻止せよ!ロシア艦隊は緊急に最高レベルの戦争準備態勢に入り大量の軍艦が海に出る

先日、米国がウクライナへの軍隊派遣を正式に発表しロシアから強い不満と反発を招いている。ロシア外務省報道官は米国の動きを「極めて危険で無責任な行為」と批判し、ロシアは自国の安全と利益を確保するためにあらゆる必要な措置を講じると述べた。

ロシアのショイグ国防相は敵がサハリンと南クリル諸島(千島列島)を武力で奪おうとすることへの対応として計画されたと述べた。

また魚雷やミサイルの発射、砲撃訓練のために、オホーツク海南部、日本海のピーター大湾、カムチャッカ南東沖のアバチャ湾の海域を海上、航空通行止めにすることは日本の防衛省も確認している。

見たところ、ロシアは先に日本へ手を出しているようです。むしろ日本を利用して米国を筆頭とする欧米諸国を警戒する必要があり、それが波及する可能性もある。

日本は軍事的野心に満ち、その戦争遺伝子は平和憲法でも抑えることができない。日本は非殺傷兵器を含む76億ドルという巨額の援助をウクライナに与えている。日本の行動は非常に危険でもあると言わざるを得ない。何しろ、ウクライナへの武器供与はロシアからすれば「戦争への直接参加」と映っている。

今回、緊急にロシア太平洋艦隊が最高の戦争準備態勢に入ったことは非常に理にかなっている。14日RIAノーボスチによるとロシア軍参謀総長のゲラシモフ氏は艦隊部隊を駐屯地から戦闘訓練地域に配備し戦闘安定性と戦略原子力潜水艦の武器使用態勢を操作し、侵略の直接的な脅威がある状況をシミュレートして戦闘任務訓練をリハーサルします。

このようにロシアが日本に教訓を与えようとする動きは、日本がアメリカに追従し制裁を加え、ロシアを目の敵にした結果である。

ーー 記事 終了


ロシアは日本に国家試験がないということをきちんと理解している米国の言いなりになるしかない存在であるということも理解している

しかしその上で 属国である日本がどのような行動を ロシアに対してするのかということも当然観測している

日本は確かに ウクライナに対して 援助したしたけれど大量破壊兵器に関係するようなロシア人を直接 殺すような支援は一切していない

金は出したがその額も他の国の GDP の比率から比べれば日本の貢献度というものは非常に小さい

それは ロシアから石油を買っているからであり それを続けたいからである

そうした サインをきちんと出している それに 岸田 首相が ついこの間 ウクライナのキエフ に飛んだが それは事前にロシアの関係者と 打ち合わせをしている

情報を伝え このような 行動をとる予定だから手を出さないでくれ などといった いろいろな 落としどころを見つけて 岸田 首相は キエフ に入っている

中国は自分が自分たちがイランを通じて トルコを通じて カスピ海諸国を通じて徹底的に ロシアに大量破壊兵器や 戦争用の半導体を送っているくせに 戦争の開始直後から それをやっているくせによくもまあこんなすごいことをかけるものだと言う

しかし 中国人の記者も自国の政府がそうした協力をしているということをまず 知らないのだ知らない上で我々 ネットを見ている程度の人間と同じような知識及び理解度でこのような記事を書く

現在の人間世界においては 新聞記者だったら 我々よりも抜きんでた情報と 演算能力を持っていると考えることはもはや 不可能だ

どいつももこいつもバカなのであり どいつもこいつもうっすら バカのくせに賢いというふりをすることに必死になっている

そんな奴はもういないのだ みんな機械に頼り 機械の力のおかげで 近代の人間 世界を 維持している

人間なりのその人なりで組み立てたもの 構築したものなど何一つない まず それを見つめなければならないが 人は皆 愚かであり 傲慢だから 我々の世界が 機械や人工知能が作っているのだというこの徹底的な理解に立つ人間がいない

そのような調子に乗った 傲慢なままの状態であるから 人間は いつでも即座に 始末されても構わないという方向に 全体が進んだのである


ーー 記事 開始 ドナルド・トランプコム

「私はディープステートを粉砕し、合衆国人民が支配する政府を再建する」
(1)2020年の大統領令を就任初日に再発出し、大統領が悪事を働く官僚を首にできる権限を復活させる。

 (2)連邦政府の省庁を精査し、国家安全保障、諜報機関に潜んでいる不正/腐敗の役者を全員首にする。

 (3)不正・腐敗がなされないようFISA(外国情報監視法)法廷を根本的に改革する。  (FISA(外国情報監視法):国内にいる外国の諜報機関やスパイその協力者などを監視する際の手続きを定めた法律。専門の法廷がある。)

(4)ディープステートが実行してきたスパイ行為、検閲、権力濫用の書類を全て機密解除し公開するための真実調停委員会を設立する。

(5)メディアと結託し嘘の情報を垂れ流す政府内の情報漏洩者を徹底的に取り締まり、必要であれば犯罪として処罰する。

(6)各省庁内に設置されている監察総監室を省庁から独立させ、彼らがディープステートの防御者にならない様にする。

(7)我が国の諜報機関が合衆国人民をスパイしたり、故意の誤情報を流さないよう常時監視する独立した監査の仕組みを設立する。

(8)トランプ政権時代に国土管理庁をコロラド州に移転した如く、連邦政府の一部をワシントンの泥沼の外に出す努力を継続。最大10万人規模のポストがワシントンから外に出る(トランプ政権時代2019年にコロラド州に移転したが、バイデン政権になり2021年にワシントンに戻された) 

(9)連邦職員が取引先や監督対象の企業、例えば製薬会社、に就職することを禁ずる。

(10)合衆国議員の再選回数の制限のための憲法修正を働きかける。
 
ーー

(以下は donaldtrump.com による解説)  

 ◎悪事を働く官僚や政治屋を追放:彼らが合衆国人民のために働く責任を果たさせる。

 ◎現在は、不正・腐敗や出来の悪い官僚を首にすることは時間がかかり厄介な仕事だ。能率の低い官僚を全て首にするのは不可能だ。

 ◎10年間で連邦職員で首になったのは1000人に一人に過ぎないと言う報告もある。

 ◎ 政治屋を生まない為には議員の再選回数の制限が必要。

 ◎現在の下院の再選率は94%。過去半世紀で80%以下に下がったことがない。

 ◎2022年選挙での上院議員の再選率は100%で1982年以来75%以下に下がったことがない。

 ◎政府の不正・腐敗を追求する:連邦政府に蔓延り、合衆国人民の害となってきた不正・腐敗を追求する。

 ◎バイデン政権は保守層、クリスチャン、彼らの政敵をやっつける為にFBIや司法省の権限を武器として使ってきた。

 ◎FBIからリークされその後回収されたメモによれば、彼らは伝統的なカソリック教徒を国内のテロリスト扱いしてきた。

 ◎2020年の選挙に関し、FBI、国土安全省の官僚はSNS企業と結託して、人々の言論を検閲、弾圧してきた。

 ◎でっち上げのロシア疑惑の当時、連邦政府高官は特定のメディアに反トランプの作り話に合致する特定の情報だけを漏洩していた。

 ◎FISA(外国情報監視法)法廷の手続きは「オバマ・バイデン政権」により、不正・腐敗が罷り通るようになった。(「オバマ・バイデン政権」とは、現在のバイデン政権が実質的にはオバマの影響下にあることを揶揄しているのかも)

 ◎2016年大統領選挙に先立ち、FISA(外国情報監視法)法廷はトランプ陣営に対する秘密の監視許可を乱発していた。(ヒラリー陣営がトランプ陣営へのスパイ行為をやっていた、盗聴、GPS監視)

 ◎後になり、その許可申請は重要部分につき嘘が書かれていたことにより無効とされた。

 ◎司法省の監察総監の監察によれば、それらの申請書には重要な誤謬と漏れが17もあったと言うことだ。

 ◎司法省の監察総監の監察によれば、秘密の監視許可を出す根拠とされたものは、クリントン陣営が作ったものだとわかった。(クリントン陣営がイギリスのスパイに金を払って捏造させたスティール文書のことと思われる)

 ◎FBIの弁護士は、「オバマ・バイデン政権」がトランプ陣営の選挙活動の秘密監視許可の延長を図るため、e−メールを偽造したと認めた(トランプ陣営へのスパイ行為をやっていた、盗聴、GPS監視)

ーー 記事 終了


トランプ大統領は23日前の演説で重要なことを言った それは 米国ドルがもはや 基軸通貨でなくなるという客観的な見方を公の国民の前に披露したことである

それは薄々みな 気づいていたが誰も 公然と口には出さなかった しかし ウォール街の金融関係者 分析機関 たちは皆一様に口を揃えて これを言い出している

自称 売電 政権の行なった めちゃくちゃな政策というものは 中国の国家的攻撃はあるにしても 自滅的な動きだと言わざるを得ない 自分で自分を殺しているという言い方がぴったりだ

そしてそれらの根っこにあるのは基本的には米国 国民から選ばれた官僚や政治家たち 責任を取らない者たちの仕業 これも トランプ大統領は言った

彼は任期の間に 米国の中で 極左の、金をもらえば誰の言うことも聞く 自称 民主党 リベラルのしかし 悪魔教主義者とでも言おうか

そういう有名大学卒業者のネットワークグループに所属している 終身官僚 死ぬまで官僚をやるという事務官僚たち 800人余りを全てクビにしようとしていた

だから猛烈な抵抗にあってバイデン 自称大統領のあの犯罪者集団 オバマ たちや 左たちが中心になって 大統領の座を公然と 盗んだ あれらに協力させてしまった

だが 米国を大きく 傷つけているのは このお公家さんたち こういう言い方もする

中国は 現在 麻薬を使って 米国を徹底的に破壊している 合成麻薬である

中国はその合成麻薬の原料を大量にメキシコに輸出して メキシコで製品化させ 頭痛薬 や鎮静剤の形で大量に米国の国内に持ち込ませ 依存患者を増やし 米国では有名人がこの合成麻薬によって山ほど死んでいるのに人々はそのことを知っているのに誰も 口を開かない

これはアヘン戦争における因果応報のお返しだ という言い方を分かったような顔をして言っている人がいる

しかし アヘン戦争におけるアヘンは中国人の役人が中国の国民を出汁にしていたというだけであって ではなぜ中国の役人たちは 因果応報の罪 復讐に合わないのかということに対しての説明がない

彼らにしての全ての説明は彼らにとって都合が悪い 悪いことは 伏せられる そうしたものの全てを見抜きながら 暴きながら我々は全体なるものに対する認識を刷新 更新しながら恐る恐る 前に進むしかない

もう時間がなく 余裕はないが しかしそれをやっていくしかないのである

米国国民は自らが帝国の市民であることに よりすぎた 耽溺し過ぎたとも言う

そのことのツケが自分たちの内側に 獅子身中の虫 寄生虫を大きくさせてしまった
本当は彼らは自分たちの国の建国のその最初に何が 埋め込まれたのかということに対しての学問的学級的探索 理解を伝達 共有をするべきだったのである

米国というものが 欧州の中にあるどう考えても オカルト というよりも キチガイとしか思われないような概念を脳の中に持つような人々 そうしたものが深く大きく関わってしまっていたのだという理解を持つことにおいて

それに対抗する概念としての人間の理知 そして 行動 叡智 そして実現表現 そうしたことの積み重ねをやって 打ち倒れるべくして最初から 計画されたようなこの座標を新しい領域に持っていく努力をするべきだったのである

しかしそれは日本人である日本の私もあなたも 我々も人のことは言えないのであった

人類の既存の国家 なるすべてにそうした罠が埋め込まれている それが私の現実認識だ

打開策は必ずあるチャンスは必ず訪れる それを見つけてそのチャンスを そこにかけて 自分なるものを起動せよ スイッチを入れよ イグニッションキーを回せ

あなたはまだ全く動いていない 動けるのにだ 自分で動けないのに決めてしまっている

そのようなものは それも自由なのだろうが 本当に見捨てられていくのだ 私はそれを 惜しむ側の座標に立っている


ーー 記事 開始 共同 419

米ニューヨークでミュージカル「オペラ座の怪人」が16日、最終公演を迎え、劇場街ブロードウェー史上最長の35年余りの歴史に幕を閉じた。

作品はパリ・オペラ座の地下に隠れ住む仮面の男が若い女性ソプラノ歌手に寄せる愛を描き、1986年にロンドンで初演された。ブロードウェーでは88年に始まり、劇場街を代表する演目として人気を集め、2006年に「キャッツ」を抜いて最長の公演記録を更新した。

米メディアによると、16日は1万3981回目の公演となった。作品を手がけた作曲家アンドリュー・ロイドウェバーさんや初演時の出演者だった歌手サラ・ブライトマンさんが登壇し、拍手喝采を受けた。累計観客数は約2千万人、売り上げは約13億ドル(約1740億円)に達した。

新型コロナウイルス流行による興行中止からブロードウェーが21年9月に本格再開してからも、オペラ座の怪人は客足を取り戻せず、赤字を計上する苦境が続いていた。(共同)

ーー エレコム 2022/02/24

ブロードウェイの『オペラ座の怪人』 クリスティーヌ役にアフリカ系俳優が初めて抜擢

多様化が進むアメリカのエンタメ界。ブロードウェイで上演中の『オペラ座の怪人』にアフリカ系のヒロインが誕生した。

エミリー・クアチョウ(Emilie Kouatchou)

ミュージカル音楽界の偉才アンドリュー・ロイド=ウェバーがガストン・ルルーの同名小説をミュージカル化した『オペラ座の怪人』。パリのオペラ座の地下に隠れ住む怪人と若い歌姫の悲しい関係を描いている。

1986年にロンドンのウェスト・エンドで開幕、1988年からはブロードウェイでも上演されている。傑作や話題作が世界中から集まるブロードウェイでも最も人気のある作品の1つと言われる。

そのヒロイン、歌姫クリスティーヌ役に新たにエミリー・クアチョウが抜擢された。ブロードウェイでこの役にアフリカ系の俳優が正式なキャストとして選ばれるのは今回が初。今週テレビ番組「トゥデイ」に出演した彼女が今の心境を語った。

エミリーがブロードウェイで初めて見た舞台は『オペラ座の怪人』。そのときは当然アングロサクソン系の俳優がクリスティーヌを演じていた。エミリー曰く「『この役は私には無理』とどこかで考えていたと思う。

『いや、私にもできる』と言えるようになるにはたくさんの学習解除が必要だった」。それまでに学んでいたことや持っていた先入観から意識的に自由にならなくてはならなかったと語る。「自分にはクリスティーヌが歌えるとわかっていた」とも。

エミリーは代役を経験後、本キャストに起用され1月から舞台に立っている。番組の司会者に「観客がアフリカ系のあなたを舞台で見る、その重要性についてどう考える?」と聞かれると「それがすべての違いを生むと思う」とエミリー。

「私はオードラ・マクドナルドやヘザー・ヘッドリーのような俳優たちが舞台上で素晴らしい演技をしているのを見て育った。彼女たちが私に、この世界でキャリアを築けるという希望を与えてくれた」。

ーー 記事 終了


米国で意図的にポリコレというものが 過激化をさせてさせられていったのは 2019年の辺りからだが もちろん 背後に 米国の中の オバマ たちを中心とした民主党 極左 おかしな思想の持ち主の人たちと中国が手を組んで

米国の中の分断を発生させ その上で 政治的システムを 民主党の側に オバマ たち の側に引き寄せるということを画策していた

トランプ大統領はこれに対して様々な手を打ったが それでも今の米国になってしまったという現実がある

そしてこの共同通信の記事ははっきりと言っていない。このオペラ座の怪人は主役を黒人女性にした途端 誰も見なくなったというこの 厳然たる事実を言っていない

これは日本で言ったら 劇団四季 が韓国人俳優をどんどんと 採用してわけのわからない日本語もどきをしゃべるようになったのでライオンキングを含める様々なもの 誰も見に行かなくなったという流れと全く同じだ

少数者にチャンスを与えるという名目で支配権 エゴのコントロールするのは結構なのだろう 彼らにとっては

しかしそれは誰も望んでいない 結果的にそのシステム全てが潰れる そうしたことを支配 だけを求める愚かな人々はこれからもやり続ける

目的というものが人間に対しての焦燥感想の発生からのその エネルギーの搾取 ここにあるからだ


ーー 記事 開始 thurrott.com 414

Walmartは、Google TVを搭載し、4Kストリーミングをサポートするストリーミングボックス「Onn」の新バージョンを静かに発売しました。

AV1デコードをサポートするやや高速なAmlogicチップ、2GBのRAM、わずか8GBのストレージを搭載しています。Dolby Audioはサポートされていますが、HDRやDolby Visionのサポートについては、ストアリストに記載されていません。

この新しいデバイスの価格はわずか19.88ドルです。20ドル未満で、箱の中にHDMIケーブルと、Googleアシスタント用のマイクを内蔵したリモコン、リモコン用の単4電池2本を手に入れることができます。

これはおそらく市場で最も安い4Kストリーミングボックスの1つで、内蔵のChromecast機能やGoogle TVで利用できるAndroidアプリの大規模なエコシステムを重視するのであれば、これはかなり良い値であるはずです。

今週初め、GoogleはすべてのGoogle TVデバイスでまもなく利用可能になる新しいライブTVエクスペリエンスを発表しました。これは800もの無料テレビチャンネルを統合するものです。

パートナーには、NBC、ABC、CBS、FOXのニュースチャンネルをはじめ、世界中の多くのチャンネルが含まれ、そのすべてが個別のアプリをダウンロードすることなく、ホーム画面のライブタブから視聴できるようになる予定です。

ーー 記事 終了


この受像機はネットとしか繋がっていない つまり これをまず 放送機器と見るべきなのかどうかという問題がある

NHK が主張しているのは日本国内で放送受信機器 つまり 電波や 有線などを使ってテレビ局と言われている全ての電波を 受け取って 再生できるような 端末は NHK に特許料というか 使用料 というか そうしたものを払わなければならないという 日本だけの国内法律に抵触するかどうかである

私は NHK だけが映らず 民放テレビ局だけしか映らないテレビを発売すればそれだけを設置していれば NHK を 受信料を払わなくてもいいのかと簡単に思っていたが どうやらそうではなく

民放を含める国内の番組が映る 受像機は チューナーを採用している受像機は基本的に NHK に受信料を払わなくてはいけない

受信料 というか 分かりやすく言うなら 特許使用料 という言い換えても良いのだろう

NHK は 日本のテレビに関連する 山ほどの特許を持っており 民間の放送局もその特許を使った形で放送を続けているだから パテント料 払いなさいという概念 ということのようだ

翻って この記事を見ると Google は全世界の民放テレビ 800ぐらいの それを1つの Google テレビチャンネルとでも言えるものにまとめてそれを この テレビチューナーがついていないネットとだけ繋がったモニターで再生できる全体システムを これから販売する

それが NHK の受信料を払わなくていいのかどうか 素人の私からすればどう考えても払わなくていいと思えるのだが この状況に NHK が ねじ込んでくるかもしれない

日本で使っている限り 日本人だけは 金を払えとやってくるのかもしれない 明確な日本人差別と搾取を仕掛けてくるのかもしれない それだったら本当に私は NHK など 爆破してしまうべきだとここまで 思う

なぜ お前たちに搾取されなくてはいけないのだ 我々は私は奴隷ではない

そんなことを続けるのであれば NHK に勤める全ての職員とその家族を本当に 皆殺しにしてしまわなければ すまなくなるほど 国民の怒りというものが増える

彼らは 不労所得の塊だ彼らが働いているとは言えない 強制的にサブスク とやらの形でお金を取り続けるような全体構造

私はこれを 奴隷契約の雛形 モデルの1と勝手に呼んでいるが NHK はその最たるものとして存在する

見もしないものから 使いもしないものから なぜお金を徴収できるのだ

そして NHK があるということで 日本国 日本国民の幸せのどこに何がどう 提供されているというのか

なくても個々人の幸せというものは 追求できるではないか この当たり前の考え方を言っても彼らは全く聞かないふりをする

だからどこかで道は大きく分かれていく 私は新しい世代が この Google テレビ これは買うのではないかと見る

そもそもこの Google テレビですら買わない可能性が高いが スマホ1つあればそれで良い テレビの電波に関わるものは何もいらないとなれば それは本当にそうなるだろう

私もテレビは本気で見ていないあなただってそうだと思う人々は忙しいのだ

その忙しさの中でつまらないという言葉を表現する価値もない 番組とやらを流す NHK に付き合う余裕はないのだ

そして にもかかわらずその NHK という巨大な組織体を維持することで 莫大な 無駄が日本領域で生じている

これは大きな問題だ問題は解決されなければならない 私は NHK は本当に50ぐらいに再分割民営化というか 分割してしまわなければ話にならないだろうとまずここから考えるのである


ーー 記事 開始 ヤフー 414

「野球が本業ではないのに…」首相によるまさかのサプライズ招待にWBCチェコ代表チームが感激!「歴史が動いた」

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本のファンのハートを掴んだチェコ代表チームが、現地4月13日に首相官邸でのセレモニーに招かれた。

 WBCの1次ラウンドで、初出場ながら初戦の中国戦で初白星を挙げると、日本や韓国、オーストラリアら強豪国とも堂々渡り合った。チェコのペトル・フィアラ首相も鮮烈なパフォーマンスに感銘を受けたひとりで、今回はサプライズ的に現在首相官邸も兼ねているフルザンスキー宮殿に彼らを招き、大健闘を称えたという。

 首相は「君たちは野球を本業としていないアスリートにもかかわらず、野球に情熱のすべてを傾けてきた。そしてあのような国際大会で技術、チームワーク、忍耐力を発揮して、プロであるライバルたちと肩を並べて闘ったんだ。本当に誇りに思う。

努力の賜物であり、素晴らしい偉業だ」と絶賛。選手やチームスタッフには記念の賞状とライオンのラペルピンがプレゼントされ、お返しにチームはフィアラ首相に「背番号1」が刻印されたユニホームを贈呈した。

 チームの主将であるペトル・ジーマ内野手はすぐさまツイッターを更新。「招待してもらって心の底から感謝している。チェコ野球界にとって重要なマイルストーンになった」と感激しきり。現場取材した地元メディア『iSport』のマルティン・ハセク記者も「重大な出来事のあった一日。これもまたWBCのレガシー」と興奮気味だ。

ーー 記事 終了


世界では野球を やっていない人々の数の方が多いサッカーの方が圧倒的に多い

それは野球というものを普及させるために アメリカが同盟国がそれを怠ってきたからだとまず一つ言う

私はチェコで一体どういう経緯で野球が広がったのかということに 興味はあったのだが とりあえず 同行会的なところから始まったのだろうな というあたりをつけている

日本にも クリケット同好会 や カバディ 同好会というものがあるように はるか 東ヨーロッパのチェコに野球を好む人がいてもおかしくはない

ただ問題はその人たちが 今回はものすごい活躍をしたということに尽きる チェコ チームの活躍は 本当にすごいものであった

誰だったか 日本の投手の162キロの球をそれでも当ててくるというヒットをしたりするというものすごいことをしてくれてやっぱり好きな人は何と言うかくらいついてくるのだな などと感心した記憶がある

好きこそものの上手なれという言葉をそのまま 体現したチーム だったと言葉を締めくくるが 悪い印象が全然なかったというところが やっぱりすごいのだろう


ーー 記事 開始 ヤフー 415

ゴキブリを家の形の紙箱に誘いこんで捕獲する「ごきぶりホイホイ」が発売されてから、今年で50年を迎えた。簡単に捕まえて捨てられる手軽さが好評で、ゴキブリが入りやすくするなどの工夫を重ねてきた。

製造販売するアース製薬は海外にも販路を広げ、兵庫県赤穂市の坂越(さこし)工場で一括生産。虫の習性の研究所も併設し、製品開発への飽くなき探求を続けている。

◆強力な粘着剤も自製

「台紙に粘着剤を塗り、表面に凹凸を付けてから家の形に折りたたみます」

機械の音が鳴り響く坂越工場の生産ライン。担当者が説明する間に、おなじみの製品が次々に箱詰めされていく。捕獲力を生み出す粘着剤と誘引剤も同工場で製造。粘着剤は30キログラムのドラム缶も持ち上げるほど強力だ。

誘引剤はエビ、肉、野菜に特製の材料を加えているそうだが、山本隆浩工場長によると「詳しい中身は企業秘密」だそう。

約30カ国への輸出分を含めて1日約4万8千セット生産し、年間の販売数量は約320万セット(令和4年)。海外の販売比率は平成14年の8%から令和4年の約30%まで大きく伸びている。

紙を折る機械は昭和52年製の2台が今も現役。コンピューター制御がない古いタイプだが、定期点検を確実にして使い続ける。同社の久保浩之上席執行役員・生産本部本部長は「紙が破れたりしないよう、折り曲げ工程は歯車やチェーンなどの微妙な調整が必要」と話す。

工場では20代を中心に約10人が工程を管理。「若手が技術を身に付ける貴重な場になっている」

◆試行錯誤で危機克服

半世紀もの間、家庭に欠かせないヒット作が誕生したきっかけは同社の経営危機だった。

昭和40年代、同社は主力の炭酸マグネシウムが売れなくなり経営不振に陥った。45年に大塚グループが出資し、創業家の大塚正富氏(故人)が社長に就任すると、目をつけたのが、高度成長で住宅開発が進む中で需要が膨らんでいたゴキブリの捕獲だった。

大塚氏は夏にセミの鳴き声を聞いて「昔は(樹皮などからつくる粘着性の)トリモチでセミを捕まえていた」と思い出すと、紙の箱に粘着剤と餌を仕込み、捕獲後は捨てることができる試作品をつくった。

ところがゴキブリは触角が粘着剤に触れることで危険を察知して逃走。「入り口に斜面をつくって上らせれば、触角が粘着剤に当たらない」。ある社員の提案が当たり、次々にゴキブリが入り込んだ。

当初は「ゴキブラー」との名称で発売予定だったが、「おどろおどろしくて売れない」と、大塚氏が自ら「ごきぶりホイホイ」と名付け、ゴキブリを愛嬌(あいきょう)のある姿で描いたデザインも手掛けたという。

ーー 記事 終了


アース製薬 と言っても馴染みがない 私はそういえば 緊張の蚊取り線香のパチモン があったなぐらいの印象でしかない あまり買わないからだ

しかし 簡単に調べると巨大企業であることがわかった実に失礼だった このゴキブリホイホイ は その名前を知らない人がいない 全世界に売れている ヒット商品だ

ところが 現在では このようなタイプではなく 庭だとか家に1個 置いておけば 1年間はゴキブリがやってこないという商品が存在し 虫除けの類の それが主流になりつつあるのだそうである

ゴキブリは基本的には外から入ってくる どういう習性を持つ虫かは知らないが 外から入ってきたものが家の中で繁殖し 子孫を増やす

だから まず家の周りと その周辺に 忌避剤つまり 近寄りたくなくなる薬剤 そうしたものを置けば効果的だということで開発が始まったらしい

あなたも 他の人の家のドアの 取っ手 やその上のところに 変なプラスチックの板切れのようなものがぶら下がっているのを見たことがあるだろう

あれは外から入ってこようとする蚊とか蛾だだとかハムシだとかを 忌避させる 嫌な臭いか何かを出しているものらしい

ゴキブリにもそういうものがあるのだろうとうんちくをのべてしまったが ゴキブリホイホイなど大分長い間使っていないので あーそういうものもあったな などと言ったなんとなくの印象であった


ーー

昨日の時点で国連からのインドの人口が世界一になったという発表があった。 本当は2012年あたりで逆転していたようだが、その時点においては西側の投資における長期信託だとかいろいろな関係筋、いわゆる年金基金の運用だとかそうした方々が困るので、これらは伏せられていた。

それらの方々がおよそ10年かけて投資をやめていって、他の地域に振り向けて、リスクの分散をしかけていって、大体は落ち着いたから本当の数字の発表になった、わたしはこうとらえる。

だからこれから中国に対しての国家に対しての商品価値の下落につながるあらゆる情報拡散が解除ということになるのだから、世界の人々の、特に末端投資家に向けての言葉の使い方の変化が顕著になる。

簡単に言ったら「 これからはインドの時代」 みたいなそれが増えるということだ。 そしてそれらも20年くらいしたら今度はアフリカか南米か東南アジアか中東、大体は読める。 特に世界の生産工場における「 電気を沢山つかう製品の生産」 に関しては中東地域がこれから出てくる。

アルミの精錬だとかそういう類のものだ。 そして原子力に関連する技術開発、これらの関連株式がじわじわと上がる。 どんなにバラ色のことを言っても、人間はそんなに簡単にニコラ・テスラなどに見られる「 既存の常識の範囲の判断における突飛な発明想起」 に関連するものを実現化できない。

だから既存の次のエネルギーはなにかととらえると、再生エネルギーではなく原子力になる。 再生エネルギーは効率が悪すぎる。 ベース電源の更に10%くらいをカバーできるのかどうかというところだろう。 またそれ以上の依存は命とりともいえる。

人間の人智の及ばない、外部の自然環境に準拠した発電施設など不安定で使えない。 我々の文明社会は、安定的な質の高い電気がどうあっても必要なのである。 バイオ関連にしても何にしても、それらは発電が出来るというだけであって、だから何だ、と問われたらそれだけのものだ。

面白くも何ともないこのリアリティの世界を認識し構築し渡りながらわたしはあなたは人々はある。 だがその視点を一旦は獲得しておかなければ、それこそバラ色の未来やら想起やらはありえない。

現実はつまらないことの連続だ。 だが、そのつまらなさの内容をどのように理解解釈しているかによって世界の見え方は確実に変わる。 それは知ること理解すること実践することから変わる。


  わたしは世界を変えなければならない


終了

2023・418火曜(令和五年)


ーー 記事 開始 AFP 417

NYに中国の「警察署」設置 2人逮捕、34人訴追

米当局は17日、ニューヨークに中国の「警察署」を設置した疑いで、男2人を逮捕した。また米当局はこれに関連し、米国在住の反体制派を対象とした監視や嫌がらせ活動に関与したとして、中国の公安当局者34人を訴追したことも明らかにした。

ニューヨーク・ブルックリン区の連邦検察当局によると、逮捕された盧建旺(Lu Jianwang)容疑者(61)と陳金平(Chen Jinping)容疑者(59)は、中国の警察を管轄する公安部の代理として、マンハッタンに事務所を開設した疑いが持たれている。

この事務所は、米当局への届け出なしに中国の免許証更新などのサービスを提供していた他、中国から逃れた反体制派を対象とした追跡や嫌がらせ行為に加担していたという。中国の「警察署」はカナダや欧州諸国にも設置されていたことが分かっているが、逮捕者が出たのは今回が初めてとされる。

米司法省によると、関連して訴追された34人はいずれも中国公安部の職員で、海外の反体制派に対する嫌がらせに関与していた。

ーー 記事 終了


他国の中に堂々と中国の警察署を作る行政機関を作る まさに中華思想 そのもので中華思想においては 中国以外の国というものは存在しない

正確に言えば 世界は中国のみでできており その中心から外れた領域は人間ではないものたちが住んでいる

化外の地という概念で彼らは今でも世界を見ている もちろん 他の国々と交友関係を築き出しているのでそれを 表だっていうことはしないが 潜在意識の中には強固に自分たちこそが人間であり 自分たちだけが地球の主人公であるという設定のもとに 彼らはこの地球 世界全てを認識を構築している

そういう連中だから他国の領土の中に自分たちの派出所を作るのに何の抵抗もない

もちろん 国際法と言われているものも人間ではないものたちが勝手に作ったものだから そのようなものを守るいわれは我々選ばれた 優秀な 漢民族には中国人には存在しないと本当に本気で空気のように これを思う

どうしようもない人たちだ。 だが このどうしようもない人たちを追い出すということもできないのだから これと どうやって うまくやっていくのか そのことが 西が世界のこれからも大きな課題として残るだろう

人口は これからさらに減っては行くのだがそれでも 中国という 広大な地域に残る残存 人口 というものは馬鹿にならない

そしてその上で 彼らの住んでいる場所は 人間が住めなくなっていく そうだから そこから世界中に離散する中国人たちと言われているものに対して 我々人類はどのように対処するべきかそのことを今から真面目に考えておかなければならないのである

世界に野蛮が拡散される。彼らは中華が世界の中心で最も優れたものであるという考えを持つ

彼らには結構だが それは大多数の多くの 地球人 からすればお前たちの方が単なる 愚かで未熟で幼い存在で野蛮 そのものだ

となっているのである 認識の反転 が起きている 気づいていないのは中国人たち 儒教圏域 朝鮮人も含める これらの者たちだけだ


ーー 記事 開始 時事通信 417

フランス国民議会(下院)議員団が17日、台湾を訪問した。仏台の友好促進に取り組む議員グループを代表するボトレル氏ら4人で構成し、20日までの滞在中、頼清徳副総統らと会談する予定。台湾外交部(外務省)によると、安全保障や半導体を巡る協力について意見交換し関係の深化を図る。

マクロン仏大統領は先日、米中対立が激化する中で緊張が高まる台湾問題について「米国に追従すべきでない」と述べ、欧米を中心に国際社会に波紋が広がった。台湾外交部は議員団の訪問を「民主的な台湾に対するフランス国民の支持を示すものだ」と歓迎した。

ーー民視新聞網 417

フランス国会の台湾友好グループの委員長であるBodoheiは、今日、代表団を率いて台湾を訪問しました.フランス議会が代表団を組織して台湾を訪問するのは、1年以内に3回目であり、4番目の代表団です.台湾とフランスの関係を深めることを願って、4月末に到着します. .

フランスのエマニュエル・マクロン大統領の「台湾放棄」演説が物議を醸したことについて、ボドヘイ氏はあまりコメントしなかったが、台湾への支持を改めて表明し、「台湾に何が起ころうと、それは全世界に何が起こるかを意味する」と強調した。

ーー 記事 終了


マクロンはもはや フランス国民の大多数を 切り捨てても自分を支持してくれる産業界軍事産業やエネルギー産業 こちらのがわに尻尾を振るということを決めたようだ

独自外交と言ってはいるけれども私の目からすれば彼が自分自身の権力を守るためにのみ必死になって動いているだけ

そのために中国と大接近し 事実上の台湾放棄の演説を行った これに関して腐っても フランスは人権というものを売りにしているのだからそちらの側に立つ フランスの下院議員の連中はマクロンを見放す 見放す という パフォーマンスをしているだけかもしれない

が少なくとも マクロがやってしまったことに対して 議員の側は違うのだ という パフォーマンスをしなければ 対外的に 今この瞬間の色々な利益が吹き飛んでしまう

そうしたことをよしとする人と良しとしない人たちがおり 下院 議員の側はもちろん 台湾に繋がっていた方が 良しとするのだろう いろいろ分かりやすい図式が この記事の中には出ている


ーー 記事 開始 ロイター 412

ソフトバンクG、アリババ株ほぼ全て売却へ=FT

[12日 ロイター] ソフトバンクグループが中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングの株式をほぼ全て売却することが分かった。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が12日、米証券取引委員会(SEC)への提出書類を基に報じた。

FTの分析によると、先渡し売買契約でソフトバンクGのアリババ株保有比率は最終的に約15%から3.8%に低下する。

同紙によると、ソフトバンクGは今年、前払先渡し契約を通じて約72億ドル相当のアリババ株を売却した。

ソフトバンクGはFTに対し、アリババ株売却は事業環境を巡る不透明感の高まりに対処する守勢へのシフトを反映したものと説明。5月の四半期決算発表で詳細を明らかにすると述べた。

ーー 記事 終了


ソフトバンク が米国の支配層に騙されて ということなのか 無理やり 懲罰金を払わせられるということなのか具体的なところは分からないが 米国での貸し オフィス We ワーク これで徹底的に損をした

それを埋め合わせるために という名目でこのアリババの 株式の売却を行ったと文章を作るのは簡単だ

しかしこの アリババから ソフトバンクが離れていくというのは3年ほど前から顕著になっていたのであり ある意味中国の大きな成長はもうないと投資家の彼らが冷酷に判定した このように見ることができる

ソフトバンクグループという巨大な金主が中国大陸から離れるということは日本の中小企業 大企業 合わせて100社150社ほどが逃げていくのとだいたい同じ意味を持つ

そして これらは 何だかかんだ言って 金貸し なのだから そうした投資における 嗅覚が鋭いとなるとすればやっぱり 中国における 少なくても今までのような とてつもない異型状態は もはや ありえないのだということが伺えるのである


ーー 記事 開始 ビジネスジャーナル 416

ある人物が「業務スーパー」で働き始めたところ、普段訪れていた喫茶店の店主が定期的に業務スーパーでレトルトカレーを大量に購入している光景を目にし、自家製だと思っていたカレーがレトルト商品だったと知り驚いたというネット上の投稿が、一部で話題を呼んでいる。

外食業界関係者はいう。

「チェーンのカレー専門店や牛丼店でも、別の場所に設置されたセントラルキッチンで一括してつくったものをパウチ袋などに入れて各店舗に配送し、店舗では温めて皿に盛り付けるなど最低限の仕上げしかしていないケースは一般的。

その意味では専門店チェーンでもレトルトものを使っているともいえ、街の喫茶店で出来合いのレトルト商品を使うのは普通のことだし、いちいちゼロからカレーをつくっていたら店が回らず経営も成り立たない」

 業者の購入も想定している業務スーパーで飲食店がメニューで使用する食材を購入するのは当然といえば当然だが、飲食店ではレトルト類や冷凍食品など、ほぼ出来上がっている商品を仕入れて、それを加熱などして客に提供しているようなケースは多いのだろうか。

自身でも飲食店経営を手掛ける飲食プロデューサーで東京未来倶楽部(株)代表の江間正和氏に解説してもらう。

外部からの仕入れにもさまざまな形態

 ある業者が繁盛店のカレー屋の店主にPB(プライベートブランド)のレトルトをつくって販売しないかという話を持ちかけたところ、頑なに断られ、その隠された理由が、そのお店は既存のレトルトを使っていたからという話を聞いたことがあります。

また、「契約農家から仕入れた有機野菜使用」と謳っているフレンチレストランの職人さんが、近所のスーパーで多量の野菜を購入している姿を見たこともあります。

 飲食店において、近所の業務用スーパーのレトルトや冷凍食品を仕入れて、加熱してそのまま提供しているケースは「それなりに」あります。スーパーのような店舗型でなくても、飲食店用のレトルトや冷凍食品を配達販売している専門業者はいっぱいあり、そこから仕入れた加工品を現場で加熱して提供しているお店も結構あります。

ドリンク中心のお店、客単価低めのお店、職人さんのいないお店などで、仕込みをせず、既成の加工品やセントラルキッチンで調理されたものを加熱するだけで提供しているケースもあります。「委託」というかたちで他社、他店につくってもらっているケースもあります。

ーー 記事 終了


そもそもが この記事で取り上げているお店の業態は 喫茶店だ 喫茶店 というのはいつ カレーの注文が入るかわからないのにそのために鍋をずっと 加熱しておくことなどできない

カレー屋であるなら何もかも全てを原材料込みで 1から作っていくということも可能だろうが それにしたところで チェーン店のカレーは本部からやってくる 冷凍のカレーのパックとでも言えるものを溶かして 各店で若干の修正は加えるかもしれないが とにかくそれを使う

カレーやシチュー などといったものは大量のドラム缶のような巨大な 鍋で煮炊き した方が 基本的には美味しくなる だから本部でそういう形で調理してかく店に配る 効率が良い

基本的に外食産業というものは 本部で作られたものを現場でレンジして若干 何品 か 加えて お客に提供するというものがほとんどだから この 常連の喫茶店のマスターが 業務用のスーパーで買っていたことに驚いたという この人に 私は驚いてしまった 何という ウブな人であろうかというものだ

私は基本的に外食はしない 中に何が入ってるかわからないからだとかっこいいことを言おうと思ったが そんなものではなく単純に金がない

だから 自分で作って自分で食べる これの繰り返しだ たまにお菓子のようなものを 研究のために買うのだが いい加減それも飽きてきた だから最近はあんまり買っていない

人間が体内に取り入れるものは食べ物であろうが薬であろうが警戒してこれを入れるということをやらなければ簡単にコントロールされるということを 私はあなたに何度も伝えた

今回のワクチンにせよ こうした外食産業に関わるものにせよ 第三者が悪意を持って それに加工すればどうとでも 末端の人間を 病気にすることができるし 異常な状態に追い込むことができる

食というものは食べるということは 何気なくそれを行っているけれど本当に大事なものなのである

でもまあ 最後のオチとして これを言うのだが 業務用のスーパーなのだから 喫茶店のマスターがカレーのレトルト 業務用のレトルトを買うというのは別に不思議でも何でもないと思う

のだが 本当に 何にショックを受けたのか と 私はそっちの方に繰り返すけれども そっちの方に興味が向いてしまうのであった


ーー 記事 開始

佐賀大学は、半導体の材料にダイヤモンドを使い世界で初めて「パワー回路」と呼ばれる電子回路を開発したと発表しました。

中央の約8ミリ四方のものがダイヤモンド半導体です。佐賀大学理工学部の嘉数誠教授らが世界で初めて開発しました。

ダイヤモンド半導体を使った回路は、従来よりもロスなく電力を使えることから送電や膨大な電力を要するコンピュータでの超高速な演算への活用に威力を発揮すると期待されています。

また、熱や放射線への耐性に優れ、人工衛星など宇宙産業分野での需要も見込まれます。

ダイヤモンド半導体を使ったパワー回路は次世代の先端産業として、アメリカやドイツでも研究が進められて来ました。

そんななか、佐賀大学の嘉数教授は基盤と金のワイヤーで回路に繋ぐことで開発に成功したということです。

メーカーなどと連携し3年後の実用化を目指すとしています。

佐賀大が世界初ダイヤモンド半導体パワー回路を開発
https://kbc.co.jp/news/article.php?id=9999804&ymd=2023-04-17

ーー ヒツジ 417

究極の半導体"ダイヤモンドパワー半導体"を開発


パワー半導体は電力制御を行い、
EV・通信機器等 最新技術に不可欠。
ダイヤモンド製は現在のシリコン製の
数十倍の耐圧性を持つが、長時間稼働が課題だ。


佐賀大は世界初、190時間以上の稼働に成功し、
電子回路を開発。次世代技術の根幹を担う大発明だ

ーー 記事 終了


この記事の開発 教授は NHK の E テレでやっている 科学番組 サイエンス 0だったか何かに出て 同様の話題を 説明していたそうだ

詳細は私には全然わからないが 少なくても ハイエンドで特定の業種 特定の利用目的に使う分においては非常に期待できる素材であり全体構造であるようだ

問題はそれを コストを下げて 量産化できるかということではある この辺りで 中韓の特に中国の勢力がスパイをするために この組織体に近寄ってくるのだろうなということを考えると憂鬱になる

と同時にしかし 現段階でそれをどうやって跳ね除けるか そしてそのための準備と実行しなくてはいけないのか などというところに私の思いは向かうのである

で 私は全くわからないので 色々情報を取ってみて 理解したつもりになっているのだが この発明は さらっと言っているけれども とんでもないことであり 日本がガリウムヒ素 半導体のシリコンウエハー を初めて作ったのと同じか またはそれ以上の衝撃が業界に走ったとこうしたい方になる

シリコンには限界があって いずれにせよ 次の素材はダイヤモンドであるとは以前から 理論上は言われていた

が しかしそれを現実の形にした またはそれに向けて 活路を開いたというのはこの 佐賀大 の発表が初めてであり 人類の世界に大きな僥倖を福音をもたらすものである

だからこそ 繰り返すがそういうものを中韓が特に中国が狙って多くの研究員を送り込み開発の関係者をたらし込み 買収し ハニートラップなど様々なことをやって この技術を徹底的にただで盗もうということを仕掛ける

もちろん 米国の側もそれをやるだろう。しかし 米国はそれをやる前にきちんと 何だかんだ言って契約を結ぼうとするから 中国よりはマシだ

この儒教圏域のやつらが速攻で盗みに来る技術の発表を何で今行ったのかという疑問はない ではないが しかしこの 概念 そのものはとんでもなく 素晴らしいことなのだということだけはあなたに伝えておく


ーー 記事 開始 ナンバー 415

 ESPNのコメンテーターとして有名なキース・オルバーマン氏はツイッターで「WBCは意味のないお遊び。ファンに違うユニホームを買わせるため、本物のシーズンをないがしろにして選手に負担をかけ、お祖母ちゃんが昔そこで子孫を作ったというだけでチームメートがバラバラになる。今すぐやめろ」とほえた。

選手たちは擁護「WBCのせいにしたくない」

 そんな批判に真正面から立ち向かったのは、大会に出場した選手たちだった。米国代表のマイク・トラウト外野手(エンゼルス)はディアスがケガをした日に「この大会は、僕がグラウンド上で経験した中でも至高。

リスクはもちろんあるが、この雰囲気の中で戦うのは特別なことだ」と擁護し、同じく米国代表のムーキー・ベッツ外野手(ドジャース)も「ケガはいつでも、誰にでも起こり得る。WBCのせいにはしたくない」と発言した。

 ドミニカ共和国代表のGM兼選手だったネルソン・クルーズ外野手(パドレス)は大会中に「WBCは本物のワールドシリーズ。

ドミニカ共和国の人々にとってこの大会は重要だし、だから僕らも国を代表する重みを感じてプレーしている」と語り、ベネズエラ代表のオマー・ロペス監督(アストロズコーチ)は「この大会を継続し、我々の人生の一部にするべき。リスクはもちろん負う。

選手が国を代表して戦うことを望んでいるのだから、出場するすべての国を我々みんながサポートしていかなければならない」と熱弁を振るった。

「殺人事件が起きなかった」プエルトリコとWBC

 思わぬ惨事の当事者となったプエルトリコ代表にも、WBCを否定する選手は誰一人いなかった。名捕手として昨季で19年の現役生活を終えプエルトリコ代表監督に就任したヤディエル・モリーナは「チームが戦っていたこの4~5日間、プエルトリコでは殺人事件が起きなかった。

国民みんなが僕らの戦いぶりに満足してくれていたということ。僕らのため、そしてシュガー(ディアス)のために祈ってくれて感謝します」と語っている。

犯罪や貧困、政情不安が当たり前の中南米では、WBCとのかかわりはより切実だ。プエルトリコ国内ではドミニカ共和国との試合が61%の視聴率を記録したほど、社会的影響力を持っていた。

ーー 記事 終了


こうした記事を読むたびに思うのは米国の大リーグを構成する人間 集団は 野球というものを世界中に広めるための投資を そして人の投入を怠ってきた

米国の中だけで儲かれば良いとやってきたそうしたことのツケがワールドベースボールクラシックというものをやっても参加 国家がなんだかんだ言って 全然少なかったというところから現れている

アジア圏 においては 日本のプロ野球を見ている人がなんだかんだ言って 多かったので そこから これを自国に持ち込めば 金儲けになる 興行に利用できると考えた 現地のプロモーターたちがこれを 大きく コピーしてそして 球団を作って 今の歴史に至っている

だが 南米や ヨーロッパ地域 アフリカなどにおいては 野球などは全くもって誰もやっていない そうしたところの開拓を 進めることができれば 今のような米国ですら野球を見ている人の数が相当 減っているという現実に 遭遇しなくても良かった

あまり伝えられてはいないが 米国での野球離れ もかなり深刻だそうだ テレビ中継などでは たくさんの観客が写っているような 動画配信 というか そうした情報の拡散しか行わないが いわゆる 消化試合とでも言えるようなものは ガラガラなのだそうである

私はこれに関しては 球場に行っていないので何とも言えないが アメリカ人だってみんな働いているから そんなに暇がないなぁ 当たり前だな などと思ってしまう

南米地域はやっぱり 米国のバックヤード 裏庭 と言えるから この野球というもの を採用して金儲けにつなげるような 現地の人々が興行主がたくさんいた

だから まだ参加してくれる人々が国家があったという言い方をするが それでも ギリギリのところで 成立しているかのようなイメージがある

野球に関しては それをするためにバット グローブ ボールなどといった様々な用具が必要だ

ところが サッカーはボール1個で良い。そのあたりが 野球というものを 世界に普及させるための障害となっている これは誰だってわかる

そういう部分を 大リーグは米国は大きく 補助をして現地に野球を根付かせるといった長期における戦略で野球を何とか 流行らせていくということをするべきであったろうになぁ と こうした記事を読むたびに 私は思うのである


ーー 記事 開始 アサヒ芸能 417

発売当初から入手困難な状況が続き、転売ヤーの餌食となっていた「PlayStation5(PS5)」だが、安定供給が進んだことでAmazonでも抽選販売ではなく一般販売に切り替わった。誰でも気軽に購入できるようになったが、その一方で大量の在庫を抱えた転売ヤーたちは悲劇的な状態だという。<中略>

「PS5の保証期間は購入日から1年となっていますが、転売ヤーが販売するものは購入日がかなり古いものもあります。

また、PS5の保証を受けるためには必要事項(購入日、店名、製品名)が記載された購入証明書(レシート、納品書など)が必要になり、転売ヤーは購入証明書を渡さないケースも多いので、定価以下でも買う価値はないと判断されているのでしょう。

Amazonですら希望小売価格以下で買えるようになった今、転売ヤーのPS5はジャンク品としか見られないでしょうから、今後はさらに大幅な値引きをせざるをえないと思います」(経済ジャーナリスト)

ーー 記事 終了


もともと日本の中で このプレステ5の転売を大きな流れを作って設けていたのは 中国人だった

しかし彼らはどちらかといえば 入手したプレステ5 を中国国内の富裕層に高値で売りつけることで暴利を得た

そしてそれに便乗するように 日本国内の個人経営者たちが慌てて プレステ5に接近したのは良かったが 1年か2年ぐらいだろうか 美味しい 目を見たのは

その後はこうやって地獄を見ることとなる 人の不幸を商売にして 自分だけは儲けていたという存在は 今までは 見逃されていたが これからは 因果応報の原則が早く強く働く

この記事はまだその始まりにすぎず これからさらに こうした 転売の部分で 人を助けていた 転売ならともかく そうではないものに関しては人々を苦しめていたものに関しては 大きく その因果が帰ってくることとなる

結局彼らは 流動性を自分というエゴで せき止めて全体の流れを妨害して せき止めたところからエネルギーを抜くということを仕掛けていた

この構造は 人間世界の全てにあるものだ いろいろと気づいていただきたい 精神エネルギーを奪い取るというこの概念で 転売屋のような存在があらゆる領域に隠れているということだ

そしてこの流動性を コントロールする制御盤のところに 我々人類世界をずっと支配してきた 勢力が 本当にいるのである


ーー

イランのパーレビ国王の息子、中東地域においては皇太子で通っている人物が2ー3日前にイスラエルを訪問している。 これはイスラエルの方から招待したような形になる。 目的はなにか。 皇太子のもとには現行のイランの体制に反対する様々な勢力からの情報が集まる。

それらの情報をイスラエルの持っているそれと交換して何かを互いに得る、という目的の訪問だったようだ。

彼曰く「 イランはあと数か月で実際の核弾頭を完成させる」 ということだが、これは本当の意味で言ったのか、彼のもとに何かの権益を手繰り寄せるためのものだったかは分からない。

我々は恐らく核戦争は起きないという事を情報伝達として得たが、間違って? 核爆発は起きるかもしれない、ということの情報の追加も確認している。

だから、そうした流れの中で実験的に核爆発が起こされる、ということはあるかもしれない。 核爆弾というものはなんだかんだ言って実際に爆発させてデーターを取らなければどうにも完成しないものだからだ。 

こればかりはスパコンではだめで、例えば米国だったら実際に行ったデーターが沢山あるので、それと対比する形でスパコンには意味があるが、生のデーターを持たない国家がスパコンだけをやってもそれは信頼性が低い。

後はこの間違って核爆発=核実験、と無理矢理に解釈するのなら、戦前の日本は北朝鮮と滿洲の国境線あたりで核実験を行っていたとされる。 それが本当に爆発に成功したのかどうかはいまだに分からない。

これらの情報が戦後米国が流した偽情報であるという説もある。 つまり一般市民の頭上に核爆弾を落としたという心理的ダメージを少しでも低減させるために日本でも核爆弾を作っていたという認識をぶつけて、米国は悪くない、とでもいえる精神状態の発生を促した、ということのようだ。

この辺りはわたしはいまだに分からないテーマとしてはある。 持っていたというのなら日本は3発の現物を持っていたとされる。 しかし小型化には成功しておらず、軽自動車よりも少し大きいサイズだったともいわれる。 どこからどこまでが本当なのか。

いずれにしても、日本の核武装というのは戦後においては、経団連も含める日本の上層支配層の悲願だったわけだから、国家のやり残した感=国家のカルマ、と決めるのなら、それらの解消の為に、今日本の何処かで行われているのかどうかも知らないが、

核開発の最終仕上げとしての核爆発実験、そうしたものがあるかもしれないね、だ。 実にマンガ的であり、そんな事を米国が許すとは全く思えないが、とりあえずは書いておく。

地球という惑星が本当のところどういった方向で全体を進ませたいと思っているのか人間のわたしは勿論真意などは分からない。 だがそれはどうやら本当に 星の慈愛 とでもいえるような相当の、とてつもない温情のもとに全体が進行しているようでもある。


  明日の事は人間ごときには分からない


終了

2023・417月曜(令和五年)


ーー 記事 開始 NHK 416

ドイツで「脱原発」が実現 稼働していた最後の原発3基が停止

2023年4月16日 18時03分 ドイツ

国内すべての原子力発電所の停止を目指してきたドイツでは、15日、稼働していた最後の3基の原発が送電網から切り離され「脱原発」が実現しました。今後、再生可能エネルギーを柱に電力の安定供給を続けられるかなどが課題となります。

ドイツは2011年の東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて当時のメルケル政権が「脱原発」の方針を打ち出し、17基の原発を段階的に停止してきました。

「脱原発」の期限は去年末まででしたが、ウクライナに侵攻したロシアがドイツへの天然ガスの供給を大幅に削減したことで、エネルギー危機への懸念が強まり政府は稼働が続いていた最後の3基の原発について停止させる期限を4月15日まで延期していました。

3基のそれぞれの事業者がいずれの原発も15日に発電のための稼働を終え、送電網から切り離されたことを明らかにし、「脱原発」が実現しました。

南部のネッカーウェストハイム原発の近くでは「脱原発」を求めてきた市民団体などが集会を開き参加者は「原子力発電がついに終わる」と書かれた横断幕を掲げて喜んでいました。

参加者たちは「原発の危険性がなくなりうれしい」とか、「何年も求めてきた『脱原発』が実現できてよかった」などと話していました。

ただ、ドイツではエネルギーの確保が課題となる中、今月の世論調査で「脱原発」に反対と答えた人が59%で賛成の34%を大きく上回り、経済界からも懸念が示されています。

今後は政府がさらなる拡大を目指す再生可能エネルギーを柱に電力の安定供給を続けられるかや高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」の処分などが課題となります。


ーー 田原総一朗 417

ドイツは凄い。ドイツが出来てなぜ日本が出来ないのか。ドイツは白黒はっきりしていて、だから安全保障もNATOには加盟してない。第二次世界大戦への反省が極めてはっきりしている。この点が日本はグレーではっきり言えば安全保障でもエネルギーでも曖昧だ。

ーー 記事 終了


ドイツ人は自分が世界で一番優れているという考え方を心の中に隠し持っている

彼らがヒトラーの時代に発明した概念としてのアーリア人 優秀主義というものは いまだに彼らの心の中から消えない

しかしそれを言いながら 外から移民を のほうずに入れたので 彼らは ゲルマン なるものの全てを 今失おうとしている

そして最後に残ったのが 国内における たくさんの移民たちからなる多数の人間 集団を支配 コントロールするのは我々 ゲルマン なのだという うっすらとした感情だけ これしか残っていない

彼らが昔から受け継いできた徒弟制度であるとか職業に関わるような素晴らしいシステムは 今では全て トルコ系や北アフリカ系の住人たちによって支えられている ゲルマンがいない

下働きを低いものと見て それは劣った人間たちのやる仕事だと決めつけた時点で そして自らは不労所得の側に 楽ちんの側に移動しようとする人間 勢力が増えるにつれて その国は基本的にダメになる

誰かに何かをやらせるという目的のために 騙したり 奪ったりということ どうしても仕掛けざるを得ない

その状況下で それに携わる人間集団の魂はみるみる 腐っていく 落ちていく

私はそういうことがドイツに強く発生し そしてレベルが相当に落ちてしまったものだから同じような低いレベルの中国と 今まで以上に仲良くなっていったのだなという理解を持っている

このような言葉が気に入らないのなら あなたは私の文章を読む必要がない 私は既存の常識における情緒 感傷 をベースとした世界認識をそこから一歩も動こうとしないような人々を基本的には相手にしない

そして一番問題なのは この田原という痴呆 老人だ いつからドイツが NATO に入っていないことになったのだ

こんなやつが政治学 や社会学と言える領域で 重鎮の顔をしてボスの顔をしてふんぞり返っている

日本人の知性が近代化に全く向かわないのはこれらの努力をすることを最初から 放棄してしまいその上で 他人を国民を騙して コントロール 支配することしか求めない これら 狡猾で邪悪な 座標 たち がいるからだという言い方

これを私はあなたに勝手に伝えておく


ーー 記事 開始 イジリー 416

小説家の島田雅彦が4月14日放送のネット番組で「(安倍さんの)暗殺が成功したのは良かった」と発言していました。青木理がそれを受けて笑っています。これが左翼とアベガーの本音。 21:15~あたりから

ーー

青木理氏出演!『暴走する権力(政治・警察・検察)、堕落するメディア、隷属する国民を斬る!』(2023年4月14日放送・前半無料パート

青木理×島田雅彦×白井聡×お酒(!?) 本音の激論で日本の闇をえぐり出す荒治療革命!!
が、絶望のあとの希望…日本が進むべき道とそこへの歩みを示します。是非、ご覧くださいませ!

https://youtu.be/x5go1Oh4YW8

ーー 海乱鬼 416

島田雅彦「こんな事を言うと顰蹙(ひんしゅく)を買うかも知れないけど、今まで何ら一矢報いる事が出来なかったリベラル市民として言えばね。せめて(安倍総理)暗殺が成功して良かったなと。」 側で笑う青木理。リベラルでも何でもないただのテロ礼賛ではないか。島田の発言は民主主義への挑戦だ。

https://twitter.com/i/status/1647757832891305985

ーー mokumokuXoX 416

A 顰蹙を買う発言かもしれないが、 B 安倍暗殺が成功してよかった。 本音はBを言いたいだけ。

ーー 記事 終了


人間の精神に関わることすら 自分たちに自由にできるのだと思わせるために 騙すために安倍首相が暗殺されて喜んでいる的なことをやる 島田

結局この人は言葉だけで生きてる人であるから その発言が 行動表現 そのものが 自らの真実なる心から出ているものかどうか疑わしい 全ては金のために適当なことを その時々で受け入れられる受けることを言っているに過ぎないだろう

彼らには自分などない あなたはただ喋っているだけで5000円だとか 1万円だとかをもらえる立場になってみるがいい その場所から絶対に降りたくないと思うはずだ

彼らは現実 人間社会において何の役にも立っていない 彼らが今この瞬間全て 死に絶えたとしても誰も困らない そういう リアルをあなたたちは全く持ってこなかった

右側もひどいのがいるが左側のひどさというのは筆舌にしがたい 何の 発明 も 製品も概念も生み出せなければ 汗をかいて 人々を実際に救うということもしない

口で何かを言っているだけだ そういう人々を 仲間たちがもてはやす 一般の人間は これらの連中を相手にもしていない みんな自分の生活に忙しい

炎上商法をベースとして この有料販売の動画の後半の部分を買わせるために必死になっている様が見える

自分の言説に自分のやってきたことに 本当に自信があるのなら そのような 他人の情緒 感傷にフックを爪を引っ掛けてその 相手の自我に接近するという土人のやり方を採用することがない

自分に中身がないと知っている人間ほどこそこうした 炎上商法に頼る 私は 島田の名前を 久しぶりに聞いた まだ生きていたのかすら思った

そしてこの周辺の仲間たちと言われているものにせよ 全て こけおどしの人たちだ そのこけおどしが通じたのは 我々がこういう人々の カバーに偽装に付き合ってやってきたからに他ならない

もはやそのような 余裕はなくなる これから 膨大に人が死んでいく時に 彼らの 迷いごとに付き合う人々は誰もいなくなるのだ

右であろうが左であろうが そういう世界に 日本人は いや 全人類は向かっているのだというこの大きな理解を持っていただきたい


ーー

梅毒の流行状況(東京都 2023年)

https://idsc.tmiph.metro.tokyo.lg.jp/diseases/syphilis/syphilis/

ーー


これらの梅毒の大発生 拡大はパパ活動と称する若い女性の売.春を 目処としたパトロンを捕まえるために自分の肉体を餌とした男をとっかえひっかえ 取り替える

1人の女性で10人ぐらいのパパとやらを囲っていたというか 繋がっていた事例も結構な数で発表されている

それらの女性が自分を媒介として複数の男に これを移させていた まず これがあるだろう

そして彼女らの言う パパというのはもはや日本人ではなく 外から入ってきた中国人たち この概念 も持たなくてはいけない

超お金持ちの中国人たちが 都内にマンションを買って これら 日本人を愛人にするという 中国人の金持ちなら当たり前のことを日本でもやっている

そうしたことに 引き寄せられ 日本の女性が ばい菌の培養装置になっているという現実

そして彼女たち そして男たちというのはだいたいはワクチンを打っているので それらの 感染拡大のバイ菌を増やすという苗床として生きている 存在価値が違うところにあると言った言い方まで 私はしよう

モラルがないというよりも これら 彼女たちは金というよりも ステータスと性的快楽に耽溺し そこから抜けられなくなってしまっているのだろう な と 私はこうした見方を 言い放つのである


ーー 記事 開始 中国新聞デジタル 416

全国の教育委員会が、教員免許を持たない社会人の教員への採用に力を入れている。中国地方の広島、島根、鳥取の3県は本年度の試験で、免許を持たない社会人を採用する対象教科を拡大。

山口県は社会人向けに免許取得費用を補助する制度を新設した。全国で教員不足が浮き彫りになる中、各県とも実社会で経験を積んだ人材の積極的な登用を目指している。

広島県は、2012年度実施の試験から教員免許がない社会人の特別選考を高校の工業科と看護科で始めた。本年度は対象を高校の福祉科にも広げる。

介護福祉士か看護師の資格を持ち、正規職員として5年以上の勤務経験があることなどが受験条件。採用する場合、県教委が特別免許状を出す。特別免許状を持つ教員は交付を受けた都道府県だけで教壇に立てる

島根県も本年度、特別免許状による社会人採用試験に高校の情報科を追加。鳥取県も中学、高校の家庭科と中学の技術科を加えた。

山口県は教員免許を持たない人向けに、新たに「教職チャレンジサポート特別選考」を設けた。合格者には教員免許を取得するための学費として年26万円を上限に2年間補助し、取得後に正式採用する。

全ての校種で教科を限定せず募る。従来通り高校の工業、情報、農業の3科で教員免許を持たない社会人の採用試験もする。岡山県も同様の採用試験を中学、高校の英語などで実施している。

各県が社会人の採用に力を入れる背景には全国的な教員不足がある。定年による退職が増えた一方で、学校現場の長時間労働が社会問題化し、志望する若者が減る傾向にある。

ーー 記事 終了


私は先生という仕事がどれだけ大変なものかは 知らない

報道などで それは言われるが実際に現場に立っているわけではないからその労働力の多さ というものがわからない

しかし現実問題 担任と教科の先生を分ける という動きがある そうだから本当に厳しいのだろう

つまり 既存の学校においては数学の先生 兼6年3組の担任 みたいな形だったのだろうけれど 担任 だけをやる そして教科は教科だけをやる そういう形 らしい

しかし 担任の先生が授業を教えないということもないだろうからこの辺りはどうなっているのかな などと 考える

そして おそらく 勉強だけを教えるような人は いわゆる 教師ではなく 講師 つまり 臨時採用でいつどこに飛ばされるかわからないような立場の人が公務員とも言えないような人たちがたくさんいるのだろうなと思う

その代わり これらの人々は担任になることは 基本 ないのだから責任を負わなくて済む

つまり 長時間労働のみならず 子供達が何か 面倒くさいことを起こせば そのたびに責任を取らされるという そんな役割を受けなくて済む

だいたいはそうした 棲み分けで 現在の学校が構成されているのだろうなと素人ながら思うのだ

ところが それにしたところでそれを構成している人間の絶対数が減ってしまえば 棲み分け も何もないものだ

だから 社会人 こういうものから どんどんと先生を採用する しかしここで考えなくてはいけないのは 逆に言えば 学校の先生のある程度のカリキュラムの範囲においては 一般の人間でも十分 対応できるのではないか などと とてつもなく 傲慢なことを思ってしまうのだ

日本の学校教育は本当に肝心なことを教えない 我々がなぜなぜ 学校行かなくてはいけないのか なぜ学ぶのか という根本的なことを教えない

それは大人になった時に働いて 月給をもらってそのお金で食べていくために必要な技術 を 知識を得るために学校に通うのだというこの 一点だ

就職するために学校に行くのだというこの身も蓋もない 言葉を子供たちに 小学校1年生の時から叩きつけておかなければ何のために生きてるのかわからなくなってしまう子供が増える

そして実際にそれは増えているのだと思う 自分らしさだとかどうだとか金にもならないことを子供たちに教え そしてその上で 誰かに従うことを当然だとする 無自覚な器を量産することにのみ教師は 加担している風にも見える とても失礼な言い方だが

だがしかし やっぱり 繰り返しておこう 金を稼ぐために就職をするために 学歴を得るために学校へ行くのだというこの 汚らしい概念を小さな時から教え込んでおかなければ 現実というもの しっかりとした目で見てそれを捉えて 構築するという たくましい個体は生まれないのではないか

しかしこの言い方はある 意味 計算高くてずる賢くて傲慢な人間を大量生産してしまう これもあるだろう

どのあたりでバランスを取るのか それは先生 生徒 我々 社会のすべての責任として目の前に提示されているという言い方をしよう


ーー 記事 開始 朝日 416

中国から2021年に輸入禁止の措置を受けた台湾産パイナップルの日本向け輸出量が、この2年間で8倍以上に急増したことがわかった。台湾の貿易業者らは、蔡英文(ツァイインウェン)政権による輸送費への補助により、日本市場での価格競争力が得られた結果と分析している。

 台湾側の統計によると、禁輸前の20年に台湾産パイン中国向け輸出は約4万2千トン、日本向けは約2千トンだった。

中国による禁輸を受けた後、21年には中国向けが約4千トンに急減する一方、日本向けは約1万8千トンに急増。22年も中国向けが約400トン、日本向けは約1万7500トンで最大の輸出先になったという。

 「日本には、とても感謝している」

 台湾南部・高雄市でパイン農家の協同組合を率いる張清泉さん(38)は真剣な表情だ。

 対日貿易に関わる台湾の貿易会社は取材に、「台湾産パインを日本に輸出できたのは、補助金でフィリピン産と価格面で勝負できたためだ。貿易はシビアで、輸入側がいつも台湾への温情から買ってくれるわけではない」と話す。

 中国は21年以降、台湾産の果物レンブや養殖魚ハタ、コーリャン酒など2千品目超の食品などについて、害虫や新型コロナウイルスの検出などを理由に禁輸とした。台湾では、中国と距離を置く蔡政権への不満から、中国側が政権支持層を揺さぶる狙いだと受け止められている。

 一方、中国は今年1月、福建省沖にある台湾の金門県(金門島)から国民党の県長らが訪中したのを受け、即座に同県の主要産業で、公営企業がつくる蒸留酒・コーリャン酒(白酒)について禁輸を解除した。国民党は台湾の最大野党で、中国との融和を重視する。

 中国が近年、輸入を禁じてきた台湾産品は、自国でも生産する農水産品や加工食品が中心だ。代替調達先の確保が難しい台湾の半導体などは含まれていない。(台北=石田耕一郎)

ーー 記事 終了


台湾さんのパイナップルは非常に美味しいがしかし 輸送費にお金がかかるので 補助金を出してもらわなければ 競争に勝てないという厳しい現実が語られている

好意 だけでは 物資は動かない商品は棚には並ばない やはり そこには 利益採算というものが必ずある だが 台湾 パインというものは 今まで日本人に全然食べられていなかったと言えるので中国が禁輸措置をしたのは日本人にとってはありがたいと言おう

そして 輸出 輸入禁止 この関連 も政治的に相手を苦しめるためだけにのみ適用されるのが 中国のやり方だからこれからも何の理由もなく流れが止められたり入れられたりすることが始まる

そのような不安定な商売 領域に迂闊に近づけば 将来的に自分が大きな痛手を追うということわかってくる 分かってきた 末端の農家たちは より安定度合いの高いところに 売り先を 求めてください と 政府に訴えていく流れに入るだろう

問題はここからで 2024年の総統選挙は私は 民進党の側の候補がそれ系統の候補が2人また3人出ることによって分裂 選挙になり票が割れ、間違いなく 国民党の候補が勝利するとよんでいるので 国民党はその安定した先に中国を必ず選ぶ

そうやって経済的繋がりを抜き差しないならないものにしてから なし崩し的に 台湾を中国に併合するということを開始する

もはやそれは始まっているが 日本のメディアはこの中国の 堂々たる 公開された戦略を日本人に教えないために一切 沈黙を守る

我々は自分で情報を掴まなければならない 中国が台湾を懐中に取り込むための 恐るべき 様々な たくさんの工作が同時に進んでいるのである

今のままの分裂し 割れていく アメリカだったら台湾省の誕生は間違いがない それは 24年の総統選挙で国民党の総統が誕生して5年以内に起きることであろう そこまで覚悟しなくてはいけない

その時に 海上 航路を含める 何もかもが中国に奪われる そして日本の中の親中派が日本は中国の属国になれ 第2公用語を中国にせよといった活動を運動を徹底的に活発化するだろう

そのようなことをよしとするか否とするか あなたは決めなくてはいけない もちろん私は嫌だという その立場であなたに伝えているのである


ーー 記事 開始 boxofficemojo.com 417

■2023 Worldwide Box Office

1位 6.78億ドル ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー
2位 4.74億ドル アントマン&ワスプ:クアントマニア
3位 4.25億ドル クリード3

13位 5600万ドル 劇場版「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編

ーー 記事 終了


私はこのスーパーマリオの映画はどのようなものかよくわからないのだが CG で作成されたアニメーションらしい ここまではわかった

しかし 内容は知らない そしてこのどこが何が米国人の心に突き刺さったのか理解に苦しむ

しかし やはりこのマリオというイタリア 移民 アイリッシュをイメージさせるような下層 白人をベースとした 虐げられている人と言うがそうした側に何かの共感を寄せる 米国人が多いのだろうという言い方をする

しかしこれらの数字は 配給会社 興行 会社などが上手に数字を操作していかにも入っている風に偽装することもある程度は可能なので この数字 そのものを100% 信用するのも 正直 抵抗がある

やっぱり マリオの兄弟がクッパだったか あの亀の大王 みたいなやつからピーチ姫を助けるという 王道 パターンになっているのだろうか などと 考える

おそらくそうなのだろう 間違ってもスリルサスペンス 国際政治に関わるような 謀略 そんなものが繰り広げられていることではないだろう 逆にそうだったら私は慌てて 映画館に行っているに違いない

見てぇ〜 とかと言って ものすごく色々な パフォーマンスをしているに違いない

マリオとルイージが権力者 共同防御の世界の中で インナーサークルの連中を暴いていく考えただけでと ここまで書いたが 全く想像できない

スーパーマリオの楽曲が 人類に非常に影響を与えた ゲーム音楽 というフレコミ だったと思うが 米国 のメトロポリタン博物館だったが 美術館 だったかそうしたものに納められるといった記事を読んだ

ほんまかいなと思ったが 米国人はある 意味 いろんな意味で 壊れているか または相当 遅れているのだろうな これら サブカルチャーの領域においては

というのが 私の見方である


ーー 記事 開始 マネーワン 416

アメリカ合衆国が発動している「中国に半導体を渡さない戦術」が奏功しているようです。

2023年第1四半期、中国の「半導体輸入・輸出」の両方に急ブレーキがかかったことが分かりました。

中国の海関総署(税関)によると、中国の半導体輸入は以下のようになります。

2023年第1四半期
半導体輸入(unit):1,082億個(-22.9%)
半導体輸入(金額):785億ドル(-26.7%)

※( )内の%は対前年同期比の増減

個数で見ても、金額で見ても急減といっていい数字です。個数よりも金額の減少幅が大きいのは、世界的なIT需要低迷で、半導体価格が下がっていることが原因と推測できます。

中国は世界一の半導体輸入国。穀物より、燃料より半導体を輸入しています。製造業にないと困るのが半導体です。半導体輸入が急減しているのは、中国経済の先行きには不安を感じさせます。

効いてる効いてる――といったところでしょうか。

ーー 記事 終了


この状況も中国は世界中からどうやっても 技術情報および工作機械を含める一連のすべてを盗みまくり

なおかつ コピー品を国家の力を上げて メンツをかけて行うので 1年 2024年の前半期 ぐらいにおいては半分以上 カバーできているのではないかと 私は捉える

中国を甘く見てはいけない 大きく見てはいけないが小さくも 見てはならないのだ

採算割れを どれだけやっても構わないというのであれば 歩留まりのことなど考えずに中国はこれら 半導体の生産を自国の中で行える体制の構築をどんな無理をしても行う

なぜならば 彼らは目の前の台湾を併合しそして日本の沖縄から順番に切り取るということをやり 極東アジアにおける確固たる 帝国としての地位を確立し

その上で 地球の半分をまずは 支配 してから後 地球 人類 すべてを中国風にする新しい三角形の支配 構造においての専制 独裁体制を絶対に確実にどうあっても構築すると決めているのでそのために必要なものは盗もうが殺そうがおかそうが何をやっても手に入れる

そうした覚悟は中国人たちにはある その見方で 彼ら人間集団 座標 の数を見なくてはいけない

あなたは つぶつぶの一人一人の考え方で中国人になる領域を見るがそれを捨てろとは言わないが全体なるもので 彼ら 領域がどこを向かっているのか どこを見ているのか

そんな視点で チャイナ 朝鮮 なるものを見るべきだということ 私は言うのである


ーー 記事 開始 ウマ娘 新作アニメーション 416

本編

https://youtu.be/pjPXzJedwiA

op

https://youtu.be/km0-E99w8f0

ーー 記事 終了


ウマ 娘の最新シリーズが YouTube の中のバカチューブ というところで始まったようだ

16日の日曜日から配信が開始されている 毎週 1本 なのかどうか そのあたりは全く知らない

私も見よう見たいなと思っているが実際にそれができるかはまだ不明だ 基本的にはこのシリーズは 競馬馬というものに対して興味関心を持たなければ なかなかに食いつくことができない

ただし ヘビーなアニメ ユーザーはアニメの作画 物語の造形 そうしたものから入る人もいるだろう 人の楽しみ方はそれぞれだ そうしたことを踏まえて このアニメをどのように楽しむかはそれぞれのセンス感覚に任されていることではある

私は文化に関する造詣が全くない 馬鹿 朴念仁 使い物にならないやつだ

しかしこのような楽しみがなければ人間の世界は味気ないものだという理解はある 共産主義者のように スターリン レーニン トロツキーのように こういう 娯楽は全て消滅させるべきだなどということは言わない

彼らはそのような形を通じて 国民を支配することのみを考えた。幸せにすることだと考えていなかった

ただこのシリーズを無料で見られる YouTube の中に持ってきたということはおそらくはこのシリーズで大きな金儲けをしようとは思っていない

単体で何かのビジネスに拡大しようと思ってはいないということが私の中では勝手に伺われる

ウマ 娘をいくつかの大きなタマは控えているけれど 確か 何とかの馬が 薬物疑惑 だどうだとかで オーナーの許可が出ていないというの 私は 記事で読んだことがある 本当かどうかは知らない

いろいろな思惑はあるだろうがアニメだからそのあたりは あまり考えないでもいいのではないか などと オーナーさんに対して思ってしまうのである

宣伝になり全体の お金が もっと大きく回るではないか などと 都合のいいことを考えちゃったりするのであった


ーー

昨日の16日の時点で中国からロシアに一人の高官が訪問している。 それは中国の中で軍事関連で序列は3番目だったか4番目の男。 しかしこの彼は、中国における軍隊に関連するあらゆる装備兵装の責任者だった。

つまり秘密裏に前線に兵器を送り込むということのノウハウを持っている人物だ。 だから本来であればプーチン大統領と直接会談などするはずもないのだが、なんとその席にはショイグ国防長官も同席している。

だからこれからロシアにどうやって現実的に兵器を輸送するのかということの話し合いがなされた。 このように捉えるべきだ。 そして考えられることは中国からイランを一回通して、そしてイランから各種輸送ルートを使う。

米国はイランがカスピ海を経由してスタン諸国の港に直接これらの物資を送り込んでいたということのチェックが出来ていなかった。 だから去年の段階で相当の物資がイランからスタン諸国、そしてロシアに流れていった。

イラン製のドローンとミサイルと大量に使いだしたのと、これらカスピ海ルートの輸送量の増大は大体は一致している。 なのでロシアも現時点においては戦争を維持するための物資が足りていないというのが何となく分かる。

だがウクライナの方が深刻だろう。 米国は兵隊を出すだとか出さないだとか言ってはいるが、それを本気でやれるとは思えない。 ロシアが米国の何処かの拠点に攻撃を、何かの事故を装ってそれを仕掛ける可能性が高まる。

そして米軍兵士が1人でも死んだら米国における人気はガタおちだ。 自称バイデンは来年の大統領選挙に出馬表明するそうだから、そんな危険をおかせるのか、だ。

そしてロシアは極東艦隊の増派を行うと表明した。 これはボスポラス海峡を確かトルコが今でも封鎖しているので、黒海にいけない。 そして北方領土を日米の勢力に奪還されるから、という懸念から、とされるが、日本には米国の思惑に逆らって動く軍事的選択肢はない。

そして陸自の第八師団の上層部の死亡を見ても分かる通り、今それらの動きを行えるわけがない。 だからこの北方領土を守るためどうこうというロシアの言い分は恐らく違う。

それは 中国からの侵略を防ぐ 為のものであって、彼らは日本など相手にしていない。 中国がウラジオストックを含める広範囲な地域を返せ、とめちゃくちゃな事を言っているのは知っているだろう。 そういう事の可能性をロシアは危惧している。

戦争関連の情報は伝えられないことの側に、その中に重要な情報が入っている。 ロシアは今は中国に対して友好国を演じてはいるが、習近平主席がロシア訪問したときの一連の表現を見て、そろそろ中国に対しての警戒を強めている。 わたしはそうとらえる。


  誰も出口戦略を持たない


終了

2023・416日曜(令和五年)


ーー 記事 開始 北村弁護士 報道機関の務め 1_2

ttps://youtu.be/c9TAdAyjxMo

ttps://youtu.be/a4tRiTedM0c

ーー共同 416

岸田首相襲撃の容疑者、ナイフも所持


現場でナイフを所持していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。爆発物以外の凶器も用意し首相を襲撃した疑いがある。

ーー 記事 終了


安倍首相が暗殺された時 北村弁護士は自分のチャンネルの中で 報道をマスコミ 期間が まるでテロリストを賛美するか の報道をずっと続けていたこと に警鐘を鳴らしていた

必ず同じ模倣犯が出るコピーするやつが出るということである そして報道するものというものは プライドが矜持というものがないのかと激しく批判していた

その時点で左側の勢力に媚びることでおもねることで マスコミと言われている領域の何かを 達成した 彼らの利害関係を 達成したという言い方になるのだろうが そうしたことの世界 状況認識 全ての取り組みの甘さが今回の木村の犯行に 何らかの形で深く繋がったであろうというのは私の中では疑いもない事実だ

木村はナイフを持っていた だから 爆弾で 岸田首相を殺せなかったらそれで刺し殺すことも含めてそれを所持していたと捉えるべきだ

もちろん 自分に襲いかかろうとする SP などをこれで刺し殺すということも考えていた自衛のためということはありえない

自衛のための人間が爆弾を二本も持っているわけがない 明らかに 攻撃と殺傷の強い意志があった

今木村の行動を例えば SNS や YouTube などで目指したかったからという形で視線を逸らすために 日本国内の極左 そして中韓北朝鮮 などと連動する勢力が必死になって 木村をかばっている

山上の時と同じ動きがあった ネットの中では Z 世代が言っているのだということにして老人たちが やっぱり 木村をかばっている

岸田を殺すべきだったなどとすごいことを言っている。あなたたちが殺されればよかったのではないのですか

あなたたちが いきなり何の脈絡もなく 誰かに襲われて 刺し殺されて爆発に巻き込まれて死.ねばよかったのではないのですか

そうしたことを1秒たりとも イメージしたことがないのでしょう 冗談でもそんなことは言ってはいけないのだ

木村は完全黙秘 現時点 続けている しかし彼には背後関係があると一旦 決めて全体を 捜査した方が良さそうだ

山上の時と同じように 宗教団体 そして 極左 日赤の 重信が出てきてから急にこうした動きが活発になった

彼女とその周辺 も洗い出すべきだ もう一度再び逮捕して二度と シャバに出られないようにしてもいいのではないか 私はここまで思うのだ 日本はテロリストに甘すぎる


ーー 記事 開始 ソクラ 415

EUのエンジン車容認で日本の自動車メーカーに波紋

 欧州連合(EU)が2035年以降の新車販売でエンジン車を全面禁止する従来の方針を修正し、「e-fuel(イーフューエル)」と呼ばれる合成燃料の使用を認めたことが、日本の自動車メーカーに波紋を広げている。  

今回、EUの閣僚理事会が合意したのは、水素と二酸化炭素(CO2)を化学的に合成したe-フューエル の利用だけで、日本が開発を進めるバイオエタノール燃料は含まれなかった。なぜなのだろうか。  

e-フューエルとは、発電所や製油所などから出るCO2を回収し、水素と組み合わせて製造する。走行時にCO2は出るが、製造段階で回収しているため実質ゼロ(カーボンニュートラル)とみなされる。  

大気中のCO2を回収し、再生可能エネルギーで水を電気分解した水素と合成すれば、究極の脱炭素燃料となる。いずれも技術的には可能だが、生産コストがネックとなっている。  

EU内ではドイツがe-フューエルの使用を主張し、今回の修正に結び付いた。もちろんドイツも現在のエンジン車を未来永劫すべて残そうとは思っていない。ポルシェ911など一部の限られた高級スポーツカーや、これまで販売した既存のエンジン車を延命させるため、e-フューエルの利用を考えているようだ。  

欧州で新車販売の大半が電気自動車(EV)に向かうのは避けられないが、脱炭素化の選択肢の一つとしてe-フューエルの実用化を目指すという考えだ。趣味性が高いポルシェ911のオーナーであれば、e-フューエルがガソリンに比べ高額だったとしても、負担に応じると読んでいるようだ。  

ーー記事中断


誰もが自分のことしか考えない 自分の利益しか考えない しかしそれでも 建前として 人道主義や 地合いなるものを前に出すことで人類は むき出しの弱肉強食 奪い取りの世界を カバーしてきた

無理矢理にバランスを保とうとしてきた それでも奪い取る側の方が圧倒的に有利な世界ではあったがないよりはマシだった

ところが 2013年の当時 12月22日から23日にかけて地球 世界が反転したのでエネルギーの流れが逆転したので 人間の考えること 価値観 行動原理 内在的論理 そうしたものの全てが ベクトルが逆向きになってしまった

今まで 正しいと思っていたことが間違いで間違いだと思っていたことが正しいとなったただし 人間世界は物質が固定されているので それらがストレートに反映されることはなく

いわゆる 幽霊の世界で100の反対の動きが起きたのであればその半分も伝わっているのかどうか というのが 人間世界の今の現状だ


ーー記事再開

日本は脱炭素燃料として、e-フューエルだけでなく、トヨタ自動車やENEOS(エネオス)などがバイオ燃料の研究開発を進めている。EUではイタリアがバイオ燃料の研究開発を進めており、今回もEUにバイオ燃料の使用も認めるよう主張したが、叶わなかった。  

今後、EU内でバイオ燃料の扱いがどうなるのか、現時点では不透明だ。日本はバイオ燃料を脱炭素燃料と考えており、世界的に影響力を持つEUの議論が進むのかどうか、関係者は目を離せそうにない。  

日本ではトヨタ、エネオス、スズキ、ダイハツ工業、SUBARU(スバル)、豊田通商の6社が2022年7月、バイオ燃料の技術開発を進める研究組合(次世代グリーンCO2燃料技術研究組合)を設立。23年3月29日にはマツダもこの研究組合に参加し、参加企業は7社となった。  

EUが今回、エンジン車にe-フューエルの使用を容認しながら、バイオ燃料を認めなかったのは、バイオ燃料はサトウキビやトウモロコシなど食料がエタノールの原料になるためとみられる。人や家畜の食料がバイオ燃料に回った場合、バイオ燃料の生産を増やすほど食料が不足し、価格も上昇する可能性があるというわけだ。

ーー記事中断


合成燃料というのは EU の中心である ドイツがこれを 研究開発しているから残せという ただそれだけのことになる

しかし バイオエタノールというものも負けず劣らず 内燃機関にそれを注入することでそのまま使えるのだからなんら遜色がない

そして バイオエタノールを増やせば 食料が減るという考えも私には賛同できない なぜならば ヨーロッパ地域において日本の3倍も5倍も 食料品の廃棄が起きているという事実がある

これを彼らは言わない まるで日本だけが食料廃棄 そうしたものを行っているという宣伝を彼らは 仕掛けているが とんでもないことだ

バイオエタノールの事業を拡大しておけば いざ 本当の食料危機になった時に人々は車を止めてそのバイオエタノール 用の食料品を食べることが可能だ

しかし 人工合成燃料はそれができない それのみにしか使えないという 致命的な弱点がある そうしたことを このような 報道は伝えない


ーー記事再開

このためトヨタやエネオスなどが参画する研究組合は「食料と競合しない第2世代のバイオエタノール燃料の製造技術の向上を目指し、生産設備を実際に運転して、生産面の課題を明らかにする」という。  

研究組合は福島県双葉郡大熊町の工業団地に開発拠点を設け、24年10月に操業を開始するとしている。  このほか日本では、微細藻類のユーグレナ(和名ミドリムシ)を大量培養し、バイオ燃料として製造・販売する新興企業「ユーグレナ」が有名だ。  

ユーグレナ社は2005年に世界で初めてユーグレナの屋外大量培養に成功し、その後、バイオジェット燃料などの開発に着手。航空機と自動車用のバイオ燃料を完成させ、東京・調布と伊豆諸島を結ぶ定期旅客航空便がジェット燃料の一部に使用しているほか、国内の自動車耐久レースに燃料として供給している。  

マツダはユーグレナの「使用済み食用油や微細藻類油脂を原料とした次世代バイオディーゼル燃料」を使用し、「スーパー耐久レース」に参戦。「エンジン自体を変更することなく、十分な性能を発揮することができる」という。  

スーパー耐久レースにはトヨタとスバルもユーグレナとは別の脱炭素燃料で参戦している。こちらは非食用のバイオマス由来の成分や水素と二酸化炭素を合成したe-フューエルのようだ。いずれも既存のエンジンで使用できる点は大きなメリットだ。  

ーー記事中断


既存のエンジンを使用することが可能な このバイオエタノールというものが増えてしまえば ゲームチェンジ すなわち 内燃機関では100年経っても1000年たっても日本にはもう勝てないと 完全確信した ヨーロッパの勝ちはない

だから彼らは中国と組んで電気自動車というものをスタンダードにしようと画策した

ところが 中国はその動きをさらに 逆手にとって中国がいなければ電気自動車は作れないという世界体制を本当に構築しようとした

それが完成するとヨーロッパも 米国も全て中国の言いなりになる支配下に入る そうしたものをなぜ最初から見抜けなかったのか

簡単だ 第1世界 第二世界の こいつらは自分が今でも人類 世界の頂点だと本当に思っているからだ

そしてもっと言えば人間が今でも万物の霊長 地球における主人公 主人だと思っているからだ

それらの傲慢はこれから打ち砕かれる 多くの人々が死ぬことによって それは雲散霧消していく

そして 多くの人々が死ぬということを まさに自分たち自身が人間自身がそのエゴの拡張のもとに 仕掛け そして成功する

私はこれからたくさんの人がワクチンだけではなく様々な人為的手段によって 殺処分されていくことを多くの人々にこれらの概念 情報を伝えることでウソでもいいから それを回避する そうした屠殺の世界線を回避するために動いているつもりだ

我々は誰かなる第三者に勝手に命を勝手に存在をおもちゃにされて良いと 約束して この地球に生まれてきたのではない

幸せになるために生まれてきた。前の星 や さらに前の宇宙で勝手に書き込まれた または愚かな状態のもとに契約してしまった 奴隷契約書というものをこの地球という 膨大なエネルギーの発生 座標 発生起点 この力を借りて それを クーリングオフができるのだ

無効化することができるのだという概念 すら持たなかった 我々は今ここで最後の このステージでその奴隷契約書を無効化するために立っている

そうした概念を私はあなたに伝えておく


ーー記事再開

問題は大量生産とコストだろう。経済産業省の試算では、国内の水素でe-フューエルを製造した場合は1リットル約700円、海外で製造した場合は約300円になる。ユーグレナのバイオ燃料は現時点で市販も可能だが、価格は1リットル当たり300円程度になるという。  

政府は脱炭素燃料について「30年代に導入を拡大してコスト低減を図り、40年までの商用化を目指す」としているが、実用化への道のりは険しそうだ。とは言え、EUがe-フューエルを利用したエンジン車の存続を認めた意義は大きく、脱炭素社会に向けた選択肢が広がる可能性がある。

岩城 諒 (経済ジャーナリスト)

ーー 記事 終了


脱炭素という名目で先進諸国 G 7が後から追いついてきている 進行 G 8 brix 諸国をコントロールする支配するという目的のために新しく発明された概念だというのは 今更あなたに説明するまでもない

そして二酸化炭素排出取引権 という イカサマで 博打 商品で働かずしてお金を儲けるといった 不労所得のシステムの一つであるということも言った

この世界の支配層は本当に働かない それは彼らの中にある神の概念として アダムとイブの説話これがベースになっている

神の言うことを聞かず 蛇の誘惑に乗ってリンゴを食べたから アダムとイブは男は 労働という苦しみを受け取らなければならなくなり 女は 生理と 出産という苦しみを受け取らなければならなくなった

という解釈を これらの愚かな人たちは自分自身で魂に刻み込んだ そんなものはないのだ だが彼らは喜んでこれを刻み込んだ

だから自らが神なるものの 座標に合致したい 融合したい ゼロポイント 実存に近づきたい 一体化したいとでも言える強い潜在意識がまた 同時に隠されている

我らは愚かな魂の一部は 働くということ は 罪過であり 働かないことこそが 神のみもとに 実存の身元に接近できる唯一の方法だと安楽な 安易な道を勝手に決めた
そんなものはないのだ。 だが自らで都合の良い その設定を決めたその全体構造から彼らは 動こうとしない

耽溺の住人とも言う 溺れたものは自分が死んでいることに気づかないまま死んでいるにもかかわらず 手足をジタバタさせて助かろうとする

そのような存在になりたいのですか とあなたは、地球という惑星はあなたに 強く語りかけているし 問いかけている

私はそのような 概念 イメージで 今の世界の流れ 人類 座標というものを遠くから眺めているのだ


ーー 記事 開始 ロイター408

焦点:先細る富、「厳しい時代」の到来に怒る欧州市民

[4日 ロイター] フランスとドイツの首脳は昨年、厳しい時代が到来すると国民に告げた。貿易紛争から全面戦争まで、世界経済が多大な課題に直面したからだ。

フランスのマクロン大統領は「豊かな時代」は終わったと宣言。ドイツのショルツ首相は、低インフレと力強い経済成長をもたらした30年間にわたる自由貿易の時代が終わりに近づいている、と警鐘を鳴らした。

しかし、国民に将来の犠牲を覚悟させるのが発言の狙いだったとすれば「馬耳東風」に終わったようだ。

ドイツの労働者は最近、賃上げを求めて過去数十年間で最大規模のストライキを行い、フランスでは年金支給開始年齢の引き上げへの怒りから、デモが広範囲に広がっている。

こうした抗議行動が映し出すのは「経済全体のパイが縮小するのなら、これからは自分の取り分がさらに小さくなるのを防ぐために闘うしかない」という多くの欧州市民の決意だ。

シンクタンク、ブリューゲルで経済・公共政策を専門とするシニアフェロー、グレゴリー・クレイズ氏は「だれかが犠牲を払わなければならないとすれば、自分がその犠牲を払わないために市民は闘っている」と話す。

ーー記事中断


その国がなぜ発展するのか それは 売上に対して支払いが小さい段階 これが続くかどうか ただ これだけだ

帝国がなぜ帝国でいられるのか それはただで使える労働力を国民の中に求めることができているかどうか

国民の中にそれを求められないのなら 国の外にそれを求めていることができているかどうか 実現できているかどうか それに尽きる

中国の中世の時代における彼らの言う 自称 帝国の状態というのは自国の国民をただで使えたから

自国の国民を 機械の部品として使えたから に他ならない

米国にせよ 黒人奴隷というものがいた時に米国の産業というものは大きく前に伸び上がっていった

全ては ただ働きをさせられることのできる人間存在がいるかどうか 国内にいなければ 国外にそれを設定できるかどうか ただそれだけでできている


ーー記事再開

人口高齢化から気候変動、武力・貿易紛争によるコスト増大まで、欧州が直面している問題の多くは全ての工業化された経済に共通するものだ。

だが、欧州の場合は高福祉国家が多く、世界最大の貿易圏を誇り、ロシアに化石燃料を過剰に依存していたという点で、他の地域よりも試練が差し迫っている。

ウクライナ戦争、新型コロナウイルスのパンデミック、高インフレへの対応が今、欧州を危機に追い込んでいる。

コロナ禍後の人手不足で賃上げを要求しやすくなった米国の低所得労働者らと異なり、欧州の労働者は当初、賃上げよりも雇用の確保を優先していた。

フランス、ドイツ、その他の欧州諸国はコロナ禍に際し、寛大な一時帰休制度によって家計への重圧を一部相殺し、燃料価格の高騰を筆頭とするその後のインフレ局面では、消費者に幅広い支援策を実施した。

その間、多くの企業は値上げによって利ざやを再拡大し、インフレに拍車を掛けていたことが徐々に明らかになっている。

ーー記事中断


重商主義を捨てなかった ドイツが自国の労働体制の中で下層の部分を 移民に求め トルコ人を大量に入れそれに連動して 北アフリカの人間も入れ 見かけ上の繁栄を維持してきた

メルケルの時代が終わりそれらの問題点が一気に 吹き出し ドイツ なるものの 精神性の全てが破壊され かつてのドイツ人が消滅し 今の地域に住んでいるのは一体何人なのか全然わからない状態になってしまった

それが時間差を置いて ヨーロッパの全てで広がろうとしている 自らのアイデンティティすらも 食いつぶされようとしている

旧来の欧州人たちが こんなはずではなかった 責任者を出せとばかりにわめいている その心の動きにさらに経済的に未来のない状況が多いかぶさり だんだんと彼らの怒りは頂点に向かい つつあるということ

さすがにそんな状況をヨーロッパの指導者たちは 理解していないはずがない

だからせめて経済的なところだけでもよくしようということで 例えば マクロン などはこないだ 中国に赴いて そして中国の進化 家来の礼をとって そしてその上で 何とかして経済の部門 だけでも中国の力を使って 回復させようと彼なりの必死の努力をした

しかしそれは彼の権力の延命運動であり 彼を押し上げた フランスの中のグローバリスト勢力とでも言えるものたちの渇望 であったということ

フランス語で読み書き 思考している土着の土人たちは原人たちは 即座に 見抜き ふざけるな マクロン お前など ぶっ殺してやるとばかりに ものすごい怒りを柔らかい形で

しかし 多数の座標が表現しだすにおいて彼らの言うところの文明 人になる近代人 なる考え方や言葉というものも一皮向いたら 我々日本人 同人と変わらないくらいの野蛮で邪悪なものだな などと 私は今更ながら感じてしまったのだ


ーー記事再開

<みんな一緒、に疑問>

政府による支援制度は国の財政を圧迫し、財政赤字が拡大した。このため各国政府は公共セクター労働者の大幅な賃上げに及び腰になり、ドイツや英国でのストにつながっている。

INGドイツの首席エコノミスト、カルステン・ブルゼスキ氏は「低所得者はますます取り残され、ドイツでは賃金格差が拡大したとの認識が広がっている」とし、欧州全体で低所得者層と高所得者層の間の緊張が高まっていると述べた。

フランスが実施した燃料への一律補助など一部諸国のインフレ対処策は意図に反して、日々のやりくりに苦心する層よりもゆとりのある消費者に大きな恩恵をもたらすケースがあった。

一方で、企業利益と株主利益の増加が不公平感に拍車をかけ始めた。

国際労働組合総連合(ITUC)のオウエン・チューダー副代表は「(苦しいのは)みんな一緒、という決まり文句は、はっきり言って真実ではない。労働者はそんな言い分にはもう我慢ならない」と切り捨てた。

欧州全体の労組と同じく、チューダー氏も次のように主張する。政府が増税などを通じて富を再配分すれば、充実した年金制度を維持し、公共セクターの賃上げ率がインフレ率に追い付かない事態を回避できるだけの富を創出できるはずだと。

しかし、選挙で負けるのが怖いため、増税を覚悟する国は近年ほとんどない。債務拡大を容認するという、もう1つの選択肢も難しい。欧州連合(EU)はパンデミック後に解除していた財政赤字比率の上限を2024年から再適用する計画だ。

仲裁に進展がなければ、ドイツではまた、ストが実施される可能性がある。製油所など経済のさまざまな部分を揺るがしたフランスのストは大衆から強い支持を獲得し続けており、次は6日に一斉抗議が計画されている。

ーー記事中断


我々日本人は米国の内部の格差 ばかりに視点が向かわせられるようになっているが 欧州における格差 もとんでもないものだ

そして 欧州における格差というものは 血族 血統 からなる その部分も 根底には隠されているので 人々は余計に怒る

あいつと俺と一体何が違うというのだ という思いが人々が 個人端末を持ち 世界の多くの人々と同時に横でつながることにより人間には生まれながらの違いなど言うほど存在しないということの強い 確信を得た座標が増えている

旧来の中世時代からの支配層という立場に甘んじていた 傲慢な 座標達にとっては実にやりにくいのが現代の人間社会だ

だから彼らはそれをリセットするために 多くの人間をウイルスなどを使い 殺そうとしているこの概念を私は持っている。あなたは知らないが

人間など家畜と同じであり 屠殺処分の対象であり それらの生殺与奪は自分たち 家畜の持ち主にとっては当然の権利 なのだというこの明らかに 最初から間違った言葉を

しかし 子供の時からずっと 脳みその中に刻み込まれるとそうした人々は何の根拠もなく自分が上だ 主人だという認識のもとに自分の人生 世界を構築することとなりその上で 動き出す

このような頭のおかしな者たちをなんとか 処分しなければならない そうしなければ 我々に未来などないのだ


ーー記事再開

ドイツとフランスの政府は、怒りを和らげる方法を模索。特にマクロン大統領は、ただでさえ低かった自身の人気に打撃を被っている。

不満がさらに拡大するようなら、より過激な政党につけ入られやすくなるだろう。マクロン氏は2017年、中道の市民運動を率い、既存政党を抑えて大統領の座に就いた経緯があるだけに、フランスはとりわけ要注意だ。

ブリューゲルのクレイズ氏は「マクロン氏は中道左派から中道右派までを傘下に収めた」としつつ「国民が選べるその他の選択肢は、極右しかないかもしれない」と語った。

(Mark John記者)

ーー 記事 終了


保守系で柔道右派民族系であり おそらく 王党派とでも言えるよな マリールペンのことを テロリスト扱いする言葉をヨーロッパのメディアは平気でつかう

それは日本にも同じ傾向がある 彼らの言う 中道左派というのは 私の視点からすれば極左であり トロツキスト トロツキ主義者のことだ

目的達成のためなら 放火殺人 強盗 強姦 何をしても良いのだと決めるキチガイたちの集団

それらが背広を着てスマホを持って ハイブリッドカーに乗っている そういう概念を私は日本の中での自称 リベラル とやらを叫ぶ 獣たちに対して見て思う

我々人間にリベラルなどという言葉が適合するわけ がない 我々日本人 土人 に適合する自由の概念はフリーダム ただ一つだ

リベラルではない 我々は荘園主でも領主でもないのだ 我々は専制の君主 王国から逃げて逃げて逃げてきて 日本にたどり着いた 弱い どうしようもないクズ

それが我々の先祖の中の一部に混じっている 逃げた先に自由があった 税金や 徴兵 から逃れられた そういう意味での自由だ

だからフリーダムだ それ以外のものはない

今我々 地球は 我々人類は地球からこのことを強く求められている問いかけられている

それはあなたは自由を求めるのか本当の自由性を確保したいのか それとも生きていればそれでいい とて 独裁の 専制 独裁のシステムの中に入り 奴隷となって部品となって生きるのか好きな方を選べと問われている

そして 専制 独裁の側を選ぶ 魂は 地球にとってはいらないのだから そして 前もって いらないときちんと伝達しているのだからその上で 彼らは納得ずくのもとに この地球から捨てられる

自ら出て行く という言い方でも良いが 地球はやはりこれを捨てていく 機械的に何の情緒もない感情もない

あなたはこの地球から出たいと言ったんですよね だから出て行きなさい こんな言葉さえ出もしないだろう

もはや幸運を一方的に求める段階は終わった 自らで自らの運命を理解し それを切り開く 自らの力で ちっぽけな力で切り開くことこそのみを 地球は求めている

自らで自らを助ける その自助の動きを必死になって行うのなら もちろん 地球はこれを応援する 何とかして助けてあげようとする

だがそうではなく 何かに従属し 従うだけの再生装置として生きるのならそれは全て丸ごと 切り離して捨てていく

そうしたことがもはや 始まっているのだが 人間の多くはこれに気づいていない

自らで自らの運命を切り開くもの そうした座標のみにしか 未来は やってこないのである そういう設定の中に我々は移動してしまったのだ


ーー 記事 開始 ロイター 414

訪中の独外相 台湾海峡の緊張注視 「紛争は平和的に解決を」

[ベルリン 14日 ロイター] 中国訪問中のベーアボック独外相は14日、「紛争は平和的に解決されなければならない」と述べ、台湾海峡の緊張を重大な懸念を持って注視していると警告した。

中国の秦剛外相との共同会見で、中国によるいかなる台湾支配の試みも容認できず、欧州に深刻な影響を及ぼすと表明。「一方的で暴力的な現状変更はわれわれ欧州人にとって容認できない」と語った。

ベーアボック氏は「世界貿易の50%が毎日行き交う台湾海峡での軍事的エスカレートは世界全体にとって恐怖のシナリオとなるだろう」と述べた。 また、ウクライナ戦争を巡っては「(中国の)習近平国家主席のモスクワ訪問は、中国ほどロシアに大きな影響力を持つ国はないことを示した」と指摘。

「中国が解決策模索への関与を示唆したのは良いことだ。しかし、なぜ中国はこれまで侵略者であるロシアに戦争を止めるよう求めていないのか疑問であるとはっきりと言わなければならない。(ロシアの)プーチン大統領にはいつでもそうする機会があることは周知の事実だ」と話した。

中国に経済的に依存しすぎることのリスクについても指摘。「われわれはロシアへのエネルギー依存で高い代償を払ったばかりだ。同じ過ちを繰り返してはならない」とし、経済の安全保障がドイツの対中戦略の中核だと述べた。

欧州連合(EU)の外相にあたるボレル外交安全保障上級代表も、EUは原材料の中国への依存度を下げるためにバリューチェーンを多様化する必要があると訴えた。 EUと中国の間の貿易不均衡の拡大は「持続不可能」だとし、中国に対し市場アクセスの障壁を取り除くよう求めた。

同氏は新型コロナウイルス感染が判明したため訪中を延期したが、講演のための事前原稿で明らかにした。

ーー 記事 終了


この人間の世界は 盗み放題 取り放題 お犯し放題 殺し放題だ

実際にそれを行ってその動きに対して倍以上の力で報復する勢力はいない

人間は実際の損害を得なければ痛みを得なければその行為を止めることはない

だから過去において人類は 国連 というシステムを作り連合諸国が これら 人類の生存を存続を 脅かす と連合諸国が判断した国を核攻撃で絶滅させるのだという概念のもとに自分たちだけが核兵器を独占し

その上で 三角形の支配構造 これを作る 枢軸国 これをいじめ続ける 搾取し続ける そのことによって全体を回すというシステムを 75年以上にもわたって続けてきた
これがもはや 維持できなくなってきている なぜならば 戦勝国と自称する国家の中での明確な 仲間割れが開始しているからである

米国は傲慢をやりすぎた そして 中国は 何一つこの既存の世界を構築することに貢献していないのに 自分たちこそが 地球人の帝王であるという誇大妄想のもとに より強固な三角形の支配 構造を構築せんと 実際に動き出した

戦勝国の中での 仲間割れと奪い合いが始まった

時計の針が無理やりにでもという表現だが 戦前の国際関係に戻されようとしている

ドイツは 勇ましいことを言っているようだが 中国が実際に 台湾侵略をしても抗議の声を上げるだけで何もしない

フランスも他のヨーロッパ各国も何もしない この世界は武力行使をして 実質 占領し続けたものの勝ちだ

その間に 都合の良い 司法 立法 行政を押し付けたもの勝ち になっている

だからそれをさせないためにはどうするのかといえばそれをしようという意図を 皆殺しにするしかない

人間はそれをするために 武器や 他の手段を持って毒やウイルスなどをもって その意図を達成するが 地球という惑星ならどうか

そう したことを考えれば これから起きることがなんとなくわかる

我々は月の創成 クリエイト この一連を知っている 映像の世界の中で起きたことが そのまま 現実化する という 信じられないことが起きるのだというシステムを知っている

だから 人間を 自らの 自由意志で 自らの判断のもとに 死なせるというのは簡単なことだ

我々は潜在意識 すら書き込まれ 変えられてしまう 存在だ 自分自身で 考えた上に決断し行動していると思っているその全てが他人によって書き込まれてしまっている 命令文 を実行しているに過ぎないという存在でもある

もちろん その中に本当の意味での自意識というものがあるが それはエゴなる言葉で表される こういう個人名称で認識される領域には関わりのない部分だ

関わりようがない やろうとしてもできない部分でもある

そんなことは 中国は何もかも 読み切っているから これから 台湾侵略を行うのだし そしてその後からは世界中に その国家覇権を広める

彼らが目指しているのは 15世紀から18世紀頃の中国 なのだ

その辺りの歴史を見るがいい 彼らは本当に自分たちが頂点だと思ってる 思える状態を構築し 目に見える 感じられる 設定に移動しなければ絶対に これらの侵略行動をやめない

同化 併呑 隷属を止めない そしてそれを中国語で読み書き 思考する全ての人間が 心から 心の底から それを強く願っているのである

あなたは中国政府と国民は別だと甘っちょろいことを言っているし 騙されたままの状態だ

国とは国民とは 国家とはその国に住んでいる その国の言語で読み書き 思考する座標が 頭数がこれを形成する

彼らには強い 責任がある また自分たちに責任がないのだとてこの世界から奪い続けるというのであれば その責任を命で因果応報の代金を支払ってもらうことにどうしてもなる

この世界から 死という形で去ってもらう時に発生するエネルギー これをもって代金の支払いとしてもらうしかないからだ

と私はこのように いつも勝手に考える


ーー 記事 開始

http://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0324_05_3854759

関西発ラジオ深夜便 ▽明日へのことば

4月15日(土)午前4:05放送
2023年4月22日(土) 午前5:00配信終了

中村宏 ▽明日へのことば

ーー
NHKラジオ らじるらじる 週間聞き逃し配信

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/corners.html?p=0324
ーー 記事 終了


いつかお話しした中村教授の火山 及び地震に関連する話の後編になる

前編 は津波が起きた時に南海トラフが起きた時にどのような被害が出てくるのかに関しての詳細な解説になっていたが 今回後編は例えば 富士山が噴火したらどうなるのか 噴火 と言われているもので起きる様々な災害などに関しての詳細な説明がある

私は NHK は正直言って嫌いだがこのラジオ深夜便における インタビューのコーナーというのは好き嫌いもあるけれど少なくても有益だと思われる人の会話はできるだけ聞くようにしている

たくさんの人々 第一線の人々が真剣に頑張っているという言葉を聞けるからだ もちろん それは演出であり 嘘かもしれないが おおよそ 本当のことを語っているであろう

このらじるらじる に関しては NHK の番組サイトの ラジオ深夜便のコーナーのところだったか どこかにあるのだけれど 今回 アドレスを貼っておく。この番組を全く知らない人の方が多いとは思う

だが 各界の最先端で頑張ってきた人 今でも頑張っている人 それらの言葉を聞くことによって自分の中で参考にできるような何かはおそらくあるはずだ

時々 政治思想的に明らかにおかしな 極左 のようなゲストが出ることもあるが lgbtq や 女性解放民族解放 などといった 本当に尖った概念を出してくる人もいるが おおむね 本当な人物を選ぶようにはしているようだ

中村教授に関しては 地震学の泰斗 プレートテクトニクスの火山 学 の 泰斗
いろいろな言葉を貼り付けても構わないが日本における地震関連において おそらくこの人が一番上手に ド素人の私を含める 多くの人々に何事かを説明してくれているのではないかと思う

今回このらじるらじるのページを含めて有益かなと思われる情報 あなたに提示しておくのである


ーー 記事 開始 テレビグルーヴ 209

動画配信サービス「ディズニープラス」の加入者が3か月でなんと240万人も減少! 初の赤字にディズニーCEOがコメントを発表 「重大な変革が進行中だ」


ディズニー社が提供する動画配信サービス「ディズニープラス」が、2022年の最後の3ヶ月で240万人の加入者を失っていたことがわかった。

「ディズニープラス」は2020年後半にサービスが開始され、今回、開始後初の減少となったが、ディズニーの四半期収益はディズニーのテーマパークの収益の急増により、ウォール街の予測を上回ったという。

今回の決算は、ディズニーの取締役会が11月に前CEOのボブ・チャペックを退任させた後、ボブ・アイガーがCEOに復帰してから初めてのもの。アイガーは、同社が軌道に乗るための計画を持っていることを投資家に安心させようとしているという。

全体として、ディズニーは2022年12月31日に終了した四半期(ディズニーの2023年度第1四半期)の売上高が235億1000万ドル(約3兆920億円)の8%増、調整後1株利益が99セント(約130円)となった。これは、Refinitivによるアナリストのコンセンサス予想である233億7000万ドル(約3兆738億円)、78セント(約102円)をそれぞれ上回った。

アイガーは、米時間2月8日(水)の決算発表で、「第1四半期が堅調に推移した後、当社は重要な変革に着手しており、当社の世界クラスのクリエイティブチームと比類のないブランドやフランチャイズの可能性を最大限に引き出すことを目指しています。

私たちは、経費を削減しながら、創造性を中心に会社を再構築するために行っている作業が、ストリーミング・ビジネスの持続的な成長と収益性につながり、将来の混乱や世界経済の課題を乗り切るためのより良い位置を占め、株主に価値をもたらすと信じています」と述べた。

「ディズニープラス」加入者の減少はアナリストの予想より大きかった。インドと東南アジアの一部で提供されている、「Disney+ Hotstar」(インドで既存のサービスであるHotstarを利用して、有料層を共同ブランド化するもの)の加入者が380万人で減少し、

2022年末に1億6180万人となったことがすべての要因である。昨年、ディズニーはインド・プレミアリーグ(IPL)のクリケット試合のストリーミング配信権を失ったため、インドにおける「Disney+ Hotstar」の成長目標を引き下げることになった。

米国とカナダでは、「ディズニープラス」が4,660万加入に到達。傘下であるHuluは80万人増の4,800万人、ESPN+は60万人増の2,490万人となった。ディズニー社は、「ディズニープラス」が2024年度に黒字化するとの見通しを継続している。

ーー 記事 終了


私はサブスクという ビジネスモデルそのものが面倒くさくて嫌だが見もしないもの 使いもしないものにお金を払わせられるという形も伴っているこのサブスクリプトという考え方に賛同する人が現在地球上では 多数派を占めているので このビジネスはまだしばらくは続くだろう

が そのうちに人々は自分が本当に必要としているものは何なのかという見極めができるようになってゆくのでこのシステムそのものも 廃れていくだろうなと勝手に捉えている

ディズニー プラスというものは 内部にどんな強い 目玉商品があるのか 私は全くわからない 簡単に調べたら シンプソンズがあった これの名前ぐらいは知っているのだが 後は何も知らない

結局 自前のコンテンツをどれだけ 製作できるのかがこれらのサブスクと言われているビジネスの根幹のようだが そうするとお金がかかって仕方がないだろうな とも思う

昔の NTT の i モードのように 土管 ビジネスができれば本当に楽ちんだろうなとは思うが 昔はその土管が1本しかなかったからそういう ちょろい ビジネスの成功したが今は複数のとかが何本も走っているのでそんなことをしていたら あっという間に切り捨てられてしまう 数が多すぎるのだろうなとは言う

そしてもう一つ言うが 本当にこんなにたくさん 利用されているのだろうか という言い方だ

人間はこれから自分自身で何かを生み出す という方向に 全体が少しずつではあるが変わっていく

クリエイティブの分野において特にそうなるなぜかといえば 人間が何かを生み出して 人々を楽しませるという分野ですら AI が人工知能が侵食していてその仕事を奪い そして人間自身を ある意味 その可能性を狭めるということを開始するからだ

そして市場には似たような物語 似たようなキャラクターばかりが乱立することとなる

そうなるとやはり そこには人間なる器の中で思考演算する 限定座標が 組み立てた何かが求められるようになる

オリジナリティとも言うしわかるやつだけにわかってくれればそれでいいという考え方のもとに発信される非常に狭く尖ったキリのような世界を突き抜ける概念 創作物

そうしたものが受け入れられる世界になっていく だからこれらのサブスクと言われているものの 性格も大きく変わらざるを得ないだろうな と 私は勝手に捉えているのである


ーー

今日は千葉五区の補選があったと思うのだが結果をまだ知らない。 エリアルフィアという明らかに日本ではない外国に忠誠を誓っているとしか思えないキャラがどうなったか。 このキャラを南北朝鮮が明らかに背後に控えている しばき隊 という連中が応援しているというだけで全体の動きが見える。

確か対立候補の立憲の議員がややリードしていたと思うが現時点では分からない。 このおかしなきゃらを河野太郎という人物が推薦しているというだけで、この女性が明らかに単なる人形としての頭数としてカウントされているのだろうなあというのがうかがえる。

宮古島の潜水艦における沈没ヘリ内部で少なくとも5人の遺体が見つかったようだ。 時間をかけてもいいからきちんと引き上げていただきたい。 家族が次の段階にいけないからだ。 そして徹底的な原因究明を、だ。

中国の経済的苦境が明らかになり、彼ら外交部は米国以外の貿易相手国の外務省官僚たちに必死になって水面下での中国もうでを依頼している。 新政権としての習近平個人というものを大きく印象付けるためにだ。

米国との貿易が本当に落ち込んでいるのと同様、実は欧州も相当の生産基地の移転を行った。 これらは大体は南シナ海諸国からインドシナ半島、そしてこれから大きく前に出ることになるのだろうが、中東地域から北アフリカに建設している各種工場へ移動しつつある。

だがそれでもそんなに簡単に中国という広大な座標がどうにかなるとは思えないので、それらが現象として理解されるにはもう1、2年かかるだろう。

木村に関してはナイフを持っていた。 そして事件当日夜に彼の実家を含める居住施設をがさ入れして、爆弾に関連する何かがないかと捜索したようだ。 そしてそれらの製造に関連する何もかもが出てこなかった場合、木村は完成品の爆弾を誰かに渡されて今回の反抗に及んだとなる。

組織的犯行だったということ。 背後に誰かいたのかということ。 これらも即座に調べて出来る範囲で国民に速やかに伝達してほしいと思うのだ。 心構えが変わる。

世界のカタチは急速に変えられようとしている。 何かの意図を感じる。 だが仕掛けている側の思惑通りにもなっていないなあというのが印象。

山上は今のままだったら無罪になる。 それらを検証してくれているユーチューバーというか、そういう人の存在をオハガキで知った。 公判を維持できない。 本当にどうするのかと思う。

世界は誰にとっても都合よく回らないターンに突入している風に見える。 それを打破するのは何か。


  強い意図からなる行動力


終了

2023・415土曜(令和五年)


ーー 記事 開始 読売 415

岸田首相に向け銀色の物体、大きな爆発音…男が取り押さえられ現行犯逮捕

 15日午前11時25分頃、岸田首相が訪れていた和歌山市雑賀崎(さいかざき)の雑賀崎漁港で爆発音がし、白い煙が上がった。警察当局によると、首相にけがはなく、聴衆にもけが人は出ていない。発煙筒のような物が投げ込まれており、和歌山県警は20歳代とみられる男を現場で取り押さえ、威力業務妨害容疑の現行犯で逮捕した。

 自民党本部によると、首相は、衆院和歌山1区補欠選挙(23日投開票)の応援演説のため同漁港を訪れていた。この日午前、同漁港を視察。その後、午前11時25分頃から演説する予定だったが、演説直前に爆発音がしたという。

 現場に聴衆は200人以上いた。目撃者によると、首相は漁港で海産物を試食し、自民党公認候補とともに聴衆の前に立って演説しようとしていた。この際、長さ15センチほどの銀色の発煙筒のようなものが投げ込まれた。

 現場からは「きゃー」という悲鳴が上がり、男1人が取り押さえられた。警察官らの「離れろ」の大声が響いた直後、「バーン」という爆発音が聞こえ、白い煙が上がった。首相はすぐに警護員に囲まれてその場から避難した。逮捕された男がいた場所には、投げ込まれた物とは別に発煙筒のようなものが落ちていた。

演説前の岸田首相。この直後、男が取り押さえられた(15日午前11時27分、和歌山市で)=宇那木健一撮影

 警察関係者によると、現場では警視庁の警護員(SP)や県警の警察官らが警戒に当たっていた。

 昨年7月には奈良市で安倍晋三・元首相が選挙応援の街頭演説中に銃撃されて死亡し、警察庁は要人警護の見直しを実施。都道府県警が作成する警護計画案を警察庁がチェックするなど、国が主体的に関与する仕組みに変更していた。

自民党の茂木幹事長は、「先ほど首相と話をしたが、けがはないということだ。民主主義の根幹をなす選挙期間中にこのような暴挙が行われたことは、極めて遺憾であり、強く非難する」とのコメントを出した。

 岸田首相は15日午前、衆院和歌山1区補欠選挙に立候補した自民党候補の応援で雑賀崎漁港を訪れた。

 首相が候補とともに演説を行うため、聴衆の前に現れた際、「きゃー」と悲鳴が聞こえ、男1人が取り押さえられた。その直後、大きな爆発音が聞こえ、白い煙が上がった。首相はすぐにその場から避難し、無事だった。

ーー 記事 終了


基本的には模倣犯 だろうと思う これらの背後 勢力がやっぱり 統一協会の関係者なのかどうか 仮に統一協会の関係者だったとしたらこれに対する排撃の動きは起きるとみる

しかし 現時点では 全くわからない そして私は根性が腐っているので去年の7月に安倍首相が暗殺された時に 日本国民に対して統一協会的なものが 安倍首相を暗殺したのだという全体構造が拡散されていたけれど

今度はそれを打ち消すための 違う 勢力が 岸田 首相を 暗殺未遂をしたのだという認識阻害の作戦だったのではないか ここまで 仮説を組み立てる

様々に 組み立てる どれもが真実ではないに違いない しかし 自分で考える しかし おそらく統一協会系というか 米国の 国際協調 派というよりも 実務派とでも言えるような連中がこの命令を下したとはちょっと思いがたい

なぜならば 安倍首相 暗殺した中心人物の3人は とりあえず 現時点 姿をくらましているからだ

そんな状態で再び 暗殺 命令などを出して そして 岸田首相を 暗殺しなければならないという理由がない

そして今回の動きは 何だか 最初から捉えられるために 仕組まれていた ずさんな動きのようにも思える

SP たち の動きが早かった そして明らかに国民に見せるために 一連の動画が残されていた 拡散されていたということまで 私は思う

そして 鉄パイプ爆弾を投げつける それ以外の 複数の犯人がいたであろうという別のパイプ爆弾などの情報も出ているので これに関しては 後日公式な発表を待つしかない

その公式な発表も国民にそのように考えろ疑うなという構造を持っているに違いないのだが我々には現時点 それ以外知るすべがないのだ これが現実である


ーー 記事 開始 ロイター 414

台湾巡る緊張、欧州は無関心ではいられない=独外相

[ベルリン 13日 ロイター] 中国訪問中のベーアボック独外相は13日、中国と台湾の軍事的エスカレーションは世界経済にとり「最悪のシナリオ」であり、欧州は中国と台湾の間の緊張に無関心ではいられないとの見方を示した。

ベーアボック氏は、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長の対中姿勢を支持した。同委員長は先週中国を訪問した際にマクロン仏大統領よりも中国に対して厳しい姿勢を示した。

一方のマクロン氏は、台湾情勢を巡り、米中の追随を避けるべきだと発言、欧米諸国から批判が出ている。 ベーアボック氏は中国の天津港に立ち寄った際に外務省が提供した音声ファイルで「ドイツと欧州連合は経済的に脆弱であり、これは台湾海峡の緊張に無関心ではいられないということを意味する」と述べた。

「世界貿易の50%は台湾海峡を通過し、半導体の70%は台湾海峡を通過しているため、自由な通過はわれわれの経済的利益にもつながる」とし、「台湾海峡での軍事的エスカレーションは、世界的に最悪のシナリオであり、特に世界有数の産業国であるドイツに影響を与える」と語った。

ーー 記事 終了


ドイツも フランスも ブリックすへの加盟を打診している私はこの情報はおそらく 本当だと見ている

米国の崩壊 または 米国の分裂というものが 欧州の情報機関の中において当然となっている 現時点においては その可能性が高まるにつれて自分たちの国の生き残りを図らなければならない

そうすると 現時点 まだ大丈夫そうに見える地域はどこかといえば 彼らの分析では中国になる

ただし 中国もその内部の情報をおそらく 隠しきっているだろう 肝心の習近平主席に本当の情報が伝えられていないだろう

そのような 誤った情報を元にいろいろな判断 決断が下され 2024年 25年 26年 この辺りで それらの 今この瞬間の判断が大きな間違いであったと気づく

そして現行の体制の構成者たちは大きく 退陣 さっていかざるを得なくなるがそれに地球の天変地異が重なるかどうかということが私の見え方になる

それはこの地球上において使われるエネルギーの総量というものは だいたい決まっており 人間の世界で大きな混乱をきたすために必要なエネルギーが 大部分 そこに注入されなければならないのであれば 天変地異的なものは起こせないのだからそれを我慢する

こんな言い方もあるし 天変地異的なものを起こさせないように 莫大なエネルギーを使っているというのなら 残り少ない エネルギーで人類世界の混乱であるとか変動は少なくなる いろいろな取り方があるだろう

パラメーターの配分の話でもあるが

ドイツと中国の戦前からの いや もっとそれ以前からの関係を見るとドイツはどうせ西川を裏切る

欧州は英国と米国が中心になって作った この戦後体制というものから抜けて自分たちが一番になれるのならそれで良いとする

そうすると どうしても ヒトラーの 唱えた ユーラシア アジアアフリカ ブロック経済圏 このことに立ち戻ってしまう

そしてそれが現実になれば 誰が一番 利益を得るのかといえば ヨーロッパ諸国だ

彼らの低成長 というものは 低い 労働力の確保 これができなくなったことによる

それを 移民で賄おうとしていたドイツは外から入ってくる 移民たちが高い 月給を取るようになったということからそうした構想も崩れていった もともと メルケル というのはどこから出てきた わからない女だとも言うが

中国はドイツは中国に対して批判的な言説をとってみせる この演出をしながらしかし 裏では大きく大きく 今よりも深く 中国とつながる

貿易協定の新しいものを締結した これが一番わかりやすい動き

だがその裏側にさらに何らかの合意があるだろう ドイツの発展というのは 中国の中に展開した公害対策をしなくていいような ケミカル 原子力関係の施設のおかげだと私はここまで勝手に 言い切る

ので 彼らが中国という汚染地域をゴミ捨て場を手放す わけがない しかし 中国はそろそろ自分のその立場から抜けようとも 見ているので これらの関係もどこかで落としどころを作るか 割れていく

どうせそうなるのだろうなと見ている どちらも自分のことしか考えていないからだ

そして我々はこの観点を思い浮かばせないように思いつかないように色々と言葉で操作されていると気づかなくてはいけない

それは中国は必ず 台湾を侵略 併合する

成功するかどうかは別としてそうなると 今度は中国と手を握ってしまって この海上航路の安全を中国に約束させるとした方が自国の国益になるのだから どうせ裏側で中国とは深く付き合っているのだ

中国が台湾を侵略 併合した後のプランも当然 立てているのだ ヨーロッパの連中が台湾を助けるわけ がない 口で言ってるだけだ

中国は兵隊を出して実際の侵略行動をしても ヨーロッパの連中は一兵 たりとも 動かさない 侵略されるままに するだろう

つまりこの台湾と中国の戦争領域において メインプレイヤーは日米対中国 なのだがどうせ 米国は裏切る だから日本の動きが全て 鍵になるだろうと私は見る

その中で 日本の親中派と言われる者たちには中国とは逆らうな という形で台湾を見捨てろという論調が再び強くなる それが 来年以降 顕著になる

今年の下半期からも顕著になるかもしれないが それは中国の崩れ方がどうなるかによっても左右されるので何とも 現時点では言われない


ーー 記事 開始 ロイター

2023年2月28日2:31 午後1ヶ月前更新

アングル:豪の対中輸出に回復の兆し、外交関係の修復進む

[シドニー 27日 ロイター] 中国が課した「貿易障壁」で2年半にわたり低迷してきたオーストラリアの対中輸出に、回復の兆しが見え始めた。外交関係の修復で輸出復活への期待が高まり、関係の再構築に向けた企業の取り組みに拍車がかかっている。

中国とオーストラリアは、華為技術(ファーウェイ)による5世代(5G)移動通信網への参入制限、中国の情報機関によるオーストラリアでの工作疑惑、さらにはオーストラリア政府が新型コロナウイルスの発生源を巡り中国での国際調査を求めたことなどを巡って関係が悪化。

中国は2020年から200億豪ドル(約140億米ドル)規模の貿易障壁を導入した。

しかし昨年11月以降、両国の首脳、外相、貿易相が相次いで会談するなど外交面で足並みをそろえた努力を進めたことで緊張緩和の兆候が表れ始めている。

オーストラリア産業界の首脳らはこうした政治的シグナルに注目している。資源大手フォーテスキュー・メタルズ創業者のアンドルー・フォレスト氏、同業BHPのマイク・ヘンリー最高経営責任者(CEO)、ワイン企業トレジャリー・ワイン・エステートのティム・フォードCEOはいずれも3月に訪中する予定だ。

ーー記事中断


オーストラリアのアルバニージー 政権というものはできた瞬間は 反中のふりをしていたけれど彼が誕生したのは結局オーストラリアの中の中国系オーストラリア人 華僑と言われる者たちの徹底的な 後押しによって政権についたのだから彼らを裏切るわけがない

ということで 案の定 去年の今頃から 加速度をつけて 親中 路線に戻って行った だからオーストラリアはクワッドからも オーカスからも入ってる ふりはするけれど 実質 抜けていく

これは政権が変わらないとわからないがオーストラリアが それをやるかどうか今の時点で何もわからない

そもそも オーストラリア はただの資源国 だ何かを生産して 組み立てて加工して最終製品を世界に販売する国家ではない

原材料を原料を売る 国家だということは少なくても今の時点で中国というものはお得意さんなのだから それに対して良い顔するのは当然だ

ただし これからの5年間において オーストラリアはその輸出先を徹底的にインドを中心とした周辺 国家 そして中東などに これを振り分けていくだろう 生産施設がその地点に移っているからだ

これは現実の動きであって今は目立たないようにされている 中国から 資産を逃さなくてはいけない関係者をおもんぱかってと言うか 隠されているがそれは今年の末以降どうせ 隠せなくなる


ーー記事再開

豪林産品連合会(AFPA)のビクター・ビオランテ会長は、国内の農業関係者が最近、中国の税務当局と木材の輸入について「前向きな」協議を始めたと明かした。「(3カ月後か6カ月後の)近い将来、貿易が再開されるかもしれないと楽観視している」という。

オーストラリア産木材の対中取引は以前、年6億豪ドルに上っていた。

貿易業者は既に緩和されている貿易障壁がさらに緩むと見込んでいる。先週にはオーストラリア産石炭を積んだ貨物船少なくとも15隻が中国に向かって航行、中国の綿花バイヤーも非公式な貿易規制の解除を当て込んでオーストラリア産綿花の輸入を進めている。

ただ、安全保障や人権などの問題を巡るめぐる対立から、貿易関係修復の道のりは紆余曲折が予想される。オーストラリアは3月、米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」に基づく原子力潜水艦の調達計画についてさらなる詳細を発表する予定で、中国政府はこうした動きに反対している。

オーストラリア政府は同国産大麦に対して中国が導入した高率の関税を不当として、世界貿易機関(WTO)に提訴している。

それでも、穀物や鉄鉱石、天然ガスの輸出量が多いウエスタンオーストラリア州に駐在する中国の最上席外交官、ロン・ディンビン氏は22日にマーク・マッガーワン同州首相と会談。パースの中国領事館によると、マッガーワン氏は近く就任後5回目となる訪中を希望している。

ロン氏は2月に少なくとも8つのイベントに出席して政治家や企業幹部と会談。このうち旧正月のパーティーには政治家や企業幹部350人余りが参加した。

グレイン・トレード・オーストラリアのパット・オシャナシーCEOは、「人々は前のめりになり始めている」と話す。「貿易は最終的には人間関係で、その関係構築が進んでいる」

ーー記事中断


人間は 内面の思想はどうであれ 物質的な豊かさ つまり 良い 車に乗ったり良いスマホを持ったり 美味しいご飯を食べ続けたりという肉体の快楽を追求するために動く 端末だ

ということはその部分を上手に あてがってやれば 何もかも コントロールしてやればその人間 集団は 簡単に試合できるのだと誰だって気づく

気づくが 普通はそんなことはやらない だが儒教 権益 中韓 北朝鮮になるあれらの領域の連中はこの地球から人間から奪い取ることだけが自分の存在理由だと決めている 愚かで未熟な座標だ

だから彼らはその動きを堂々と臆面もなくやり続ける そうしたことが 人類全体の それこそ 彼らが所属している人間という領域における どれだけの 既存マイナスになっているのかということに対する理解がない これからもないだろう


ーー記事再開

資本面では、中国の投資家がオーストラリアの資産に注目している。ただ、中国リチウム大手の天斉リ業がオーストラリアの鉱山会社エッセンシャル・メタルズに提案した1億3600万ドルの買収では、国家安全保障上重要な分野への投資に対する規制当局の判断が試されそうだ。

オーストラリアのアルバニージー首相は22日、同国はいかなる事業買収案件についてもそのメリットを検討するが、「自国の主権国家としての能力を意識している」と述べた。

一方、貿易業界の関係者は官僚手続きによる取引遅延を警戒している。先週はオーストラリア産石炭を積んだ船舶が中国の港で5日間も待機させられた挙句、荷下ろししないまま目的地がベトナムに変更された。

中国の石炭業者は「24日からルールが緩和されているというのが一般的な見方だが、政府の態度は煮え切らず、手続きも不透明だ」と話した。

貿易が再開されたとしても、オーストラリアの生産者の多くは中国に過度に依存した状態に戻るのは避ける構え。アルバニージー首相は来月、貿易相や資源相、大規模な企業代表団を引き連れてインドを訪問する。

カトル・オーストラリアのデービッド・フートCEO氏は、中国と切り離された生産業者は2年余りかけて新しい顧客を掘り起こしており、こうした顧客を手放すつもりはないと説明。こうした企業は「中国を再度取り込みたがるだろうが、新規顧客を失うことと引き替えにはしたくないだろう」と話した。

(Lewis Jackson記者)

ーー 記事 終了


西側はみんな 裏切る バラバラになる 中国に着く マクロンも中国に着こうとしているドイツも ショルツ もそうしたそうした米国が自分のエゴだけを拡大し 皆のことを全然考えない存在になるにつれ世界は 米国から離れていく

日本だけがおかしな 取り残され方をしている これをどう見るのかだ

そして 米国は日本をギリギリまで引き付けて懐の中に納めて これを財布として永久に使おうとするが肝心の 米国が2人か3人に別れてしまう

来年の大統領選挙で確実に不正選挙が行われる そして 民主党が勝つがその結果を受けて テキサスとそれに同調する州が抜ける可能性が高まっている

その上で 米国の中で あらゆる 懐柔 政策や 内戦 やそして通貨の暴落 やありとあらゆることが起きる可能性が引き寄せられている

が これを米国人自身が自らのモラルの高さを維持することによって防ぐということを放棄しているのだから 基本的には2024年を 臨界点として 米国は壊れていくと 私は 判定する

そして それは西側世界になるものの 破壊 崩壊につながる 戦後 作られた枠組みのすべてがガラガラとサラサラと色々な形で壊れていく

ヨーロッパが簡単に裏切ってブリックスに入る フランスとドイツは真っ先に飛び込んでいく

そうしたことが 今の段階で政治家の行動によっていろいろ出ているのに日本国内の国民には知らせない 上層 支配層たちが自らの株式や金融商品の投資先の安全を図るために一般の国民は 犠牲の生贄として リザーブ されているかのような状態だ

2014年から始まった 前半期の破壊の10年のピークで考えればやはり 来年が MAX に至る

そしてそこでの大破壊を後にして 残りの10年は再生の10年という情報が降ろされているのだから そこから考えると 再生や 新生 という言葉を使わざるを得ない ということを考えると それは人間社会にとっては とてつもない 破壊になっているのだろう

既存の人間 既存の社会にとっては という言葉 私は出さざるを得ない

地球環境は 言うほど壊れない 壊されないだろうなぜならば 地球という惑星はそれを許さない 地球という環境にそうした破壊の爪痕を残すくらいだったら人間が絶滅しても良いと捉える それが今の新しいスタンダード だ

そうしたことを仮でもいいから頭の中で色々と考えていただきたい 考えた末の結論は我々は知的にクレバーにしかし どうやっても変わらなくてはいけないということ 行動を変えなければならないということである

その行動の中身は何 か それぞれの人々が考えて結論を出すべきである

ーー 記事 開始 読売 412

アイスペース社、26日に民間初の月面着陸に挑戦…タカラトミーの探査ロボ搭載

26日は午前0時40分頃に月上空100キロ・メートルから高度を下げ始め、約1時間かけて月の北半球にある直径87キロ・メートルの「アトラスクレーター」に着陸する。着陸船には、玩具メーカーのタカラトミーなどが開発した探査ロボットや、アラブ首長国連邦(UAE)の探査車など7点が搭載されている。

 民間による月面着陸が成功すれば世界初で、複数の米国企業も着陸船の打ち上げを計画中。過去には、2019年にイスラエルの民間団体が挑んだが、着陸直前のエンジントラブルで失敗した。政府主導の計画では米国、旧ソ連、中国の3か国が成功させている。

ーー 記事 終了


宇宙空間に宇宙領域に人間をわざわざ 打ち出してそこで何かの活動させるということそのものが遅れた国の象徴ということになる

なぜならば 危険 の度合いの高い領域における機械の代替え AI の代替えができない国というレッテル 印象がこれからますます強くなるからだ

そして人類は月に向かう 過渡期における核融合発電 これにおいても可能性の模索のために月にあるとされる ヘリウム3 これを取るために 資源探査の必要がある

しかし私は月の裏側に到着してその資源を探しているとされる中国の月面探査車 一連に関しては これはおそらく 嘘だろうと見る

ここで私は月面の裏側に宇宙人の基地があるだとかどうだとか ネットの中における情報を展開してあなたを楽しませれば良いのだろうが それらの情報の多くも地球性だと見ている

我々人類は 言うほど 宇宙空間においては遠くに行けていない 人間が関わる部分は 低軌道上の地球大気圏と宇宙圏の境目をぐるぐる回る程度だ これが私の認識である

では アポロはどうだったのか なぜ 到達することができたのか それはあなたは笑っても良いが これを言っておこう

宇宙人の協力があったからだ 自分で言ってて なんだかなと 今思ってしまった


ーー 記事 開始 ギガジン 411

RedditユーザーのAshamed_Apricot6626さんが、「私の主な収入源であり、コピーやコンテンツライティングの大部分を私に委託しているマーケターが、ChatGPTの生成する文書が私の作成するものよりも優れたものではないと理解しつつも、

利益率を無視することはできないとして私との契約を打ち切ってしまいました」と投稿し、ChatGPTに自身の仕事を奪われたと報告しています。

このAshamed_Apricot6626さんにとって最大かつ最高のクライアントは、2022年に獲得した顧客だそうです。Ashamed_Apricot6626さんは出産を機に3年ほどコピーライターとしての仕事を休業していたそうです。

それでもこのクライアントはAshamed_Apricot6626さんを雇うことに非常に熱心だったそうで、Ashamed_Apricot6626さんの仕事ぶりにも満足していた模様。

Ashamed_Apricot6626さんは時給50ドル(約6700円)でクライアントの仕事を受け始めたそうですが、コンスタントに優れた仕事を行っていたことで、クライアント側から時給80ドル(約1万1000円)への昇給を提示されたそうです。

優れたAIの登場により「AIに仕事を奪われる」とささやかれ続けてきましたが、一方で「優れたスキルを持っていればAIに仕事を奪われることはない」という声も頻繁に見聞きすることがあります。

Ashamed_Apricot6626さんも「優れたスキルを持っていればAIに仕事を奪われることはない」と考えていたそうですが、「私は世界で最も有名なライターでしょうか?私は10年以上ライターとして働き、フリーランスとしてトップブランドと仕事をし、有名なウェブサイトで十数本の記事を公開してきました。

私はキャリアを積んだフリーランスのライターで、たくさんの素晴らしい仕事をこなしてきました。私はChatGPTよりも優れています。

しかし、ハイブランド以外の企業やクライアントは私の仕事ぶりを気にしません。彼らは利益を第一に考えなければならないためです。中小企業は特にそうですが、企業でさえも常に手抜きをしているためです」と語り、企業が最良の仕事を求めないためChatGPTに仕事を奪われてしまったと主張しました。

さらに、「自身がトップ1%のライターでない限りこのような事態は免れないものと思ってください。私はちょうどドライバーとしてDoordash(フードデリバリーサービス)に登録したところです。

こんなこと本当に冗談であってほしいです」「もちろんフリーランスとして働いてきたため、クライアントを確保できたり確保できなかったりと、収入が安定しないことは理解しています。

しかし、今回の出来事から過去にクライアントを失った時とは比べものにならないくらい大きな打撃を受け、モチベーションが低下してしまい、キャリアを終わらせようかと考えてしまっています」と語り、ライターの職を諦めかけていることを明かしています。

なお、この投稿に対してReddit上では「AIはあらゆる執筆業界にとって大きな脅威だと思います。イノベーションでは品質よりもコストが重視されることがよくあります。

顧客サービスで何が起こっているかを見てください。問題に対処する際、チャットボットよりも人間の方が優れているのでしょうか?その答えはイエスだと思います。

しかし、現実では顧客サービスチームがチャットボットに取って代わられつつあります。フリーランスの翻訳者を知っていますが、彼女の仕事のほとんどはGoogle翻訳に奪われてしまいました。

そのため彼女は仕事を見つけるのに本当に苦労しています。彼女はGoogle翻訳よりも間違いなく優れた仕事をしていますが、Google翻訳は高速で動作し利用料は無料です。そして、ほとんどのクライアントがこの2点を重視しています。

AIの機能が特に優れているというわけではなく、安価で高速という点が問題になっているように思います」といった、「質より量を重視する企業」と「速度と値段に優れたAI」により執筆業界全体が仕事を奪われつつあるという投稿もあります。

他にも、あらゆるクリエイティブな職業にとってAIが脅威になりつつあり、ナレッジ管理や開発の分野でもAIが人間の仕事を引き継ぐようになるのは「時間の問題」と主張するユーザーもいます。

https://gigazine.net/news/20230411-lost-client-chatgpt/
ーー 記事 終了


人間のほぼ全ての仕事は この人工知能が代替えするようになる 今は知ったかぶりであり やっつけであり 適当なものだが これは時間が経過するたびに どんどんと 洗練化され精妙になっていき正確なものになるなると言ったら必ずなる

機械は所詮人間に置き換わることはできないだろうというのは それはあなたの願望にすぎない人間などたかが知れているのだからその活動 所産の ほぼ全ては AI によって代替できる。この絶対 前提から始めなければならない

その中で人間が人間たらしめるものは何か 私は複数あるけれどその中に重要なものとして物を生み出し続ける人間ということを常に考える

この世界は 探求 だとか 追い求めるだとか かっこいいことを言うけれど それは前の人が先人が作った料理をどのようにして味わうかという消費を競っているだけに過ぎず

それは学者 科学者 文化人 評論家 偉いと勝手に思われている 思わせている全ての座標がその立場にある 何も生み出していないのだ

その状態で足踏みをしていると結局 大きく 人工知能に全てを奪われる

世界の様相が変わり 潮目が変わったという意味を都合よくだけ 捉える座標が多い 多すぎる それは 安穏とした状況がこれからも続くという意味ではない

悪いと称する座標が一方的に勝手に消えていくという意味ではない

自分をも含めた人間領域の大部分がこれから消えていくということを含める状況の大変化 これを 潮目が変わったという言葉で表現しているだけに過ぎない

自分自身は特別であり 守られる存在であり 何をしてもしなくても優雅にそこに存在できるのだという それすら言葉にしていない 考えたこともないバカ 以前が多いが変わるというのはそういうことだ

探求も質問も結構だろ。 だが それらのほとんどというものは 発せられなくても良かったのではないのですか あなたのエゴを快楽 娯楽で楽しい時間で満足させるためにのみ 作られた言葉 どこか からか 引っ張られてきて 再現された 概念 言葉 意味ではないのですか

という自分自身をも 冷たく突き放した見方が全くできていないので どうでも良い問いかけ ばかりがこの地球 世界にはいつも充満している そこから1歩抜け出さなくてはいけない


ーー 記事 開始 信州大学 お知らせ

お知らせ

髙坂 泰弘 准教授ら、水で分解し資源再生するビニルポリマーによる究極のプラスチック循環システム開発に着手

2023.04.10

 信州大学先鋭領域融合研究群先鋭材料研究所/繊維学部の髙坂 泰弘 准教授と同大繊維学部 長田 光正 准教授、国立研究開発法人海洋研究開発機構の出口 茂 海洋機能利用部門生命理工学センター長は、

国際科学技術財団の「平成記念研究助成」を受け、水で分解し資源再生するビニルポリマーを利用した、新しいプラスチック循環システムの開発研究に着手します。

 プラスチックごみによる海洋汚染の抑制と、化石資源の枯渇への対策として、廃プラスチックを原料物質に分解し、プラスチックを再合成するケミカルリサイクルが求められています。

ビニルポリマーは簡単に合成できる高分子で、プラスチックの総生産量の7割以上を占めていますが、炭素原子で構成される主骨格の分解が難しく、原料再生によるケミカルリサイクルが課題です。

 本研究課題では、高坂が開発した「資源循環が可能な世界初のビニルポリマー」に、長田・出口がもつ「高温高圧水を用いた加水分解技術」を適用し、水で分解して資源再生するプラスチックの循環システムを開発します。

水だけでプラスチックを分解する、環境負荷が低い理想的な資源循環技術の開発が高く評価され、採択に至りました。

https://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/news/2023/04/173623.html
ーー 記事 終了


少し前に人工的に話題にさせられていた 海におけるマイクロプラスチックの回収であるとかどうとかの騒ぎはどうなったのか

まるで 誰もそんなことはなかったかのような忘却の中に立っている

マイクロプラスチックが人間の体の中に入り込んで実際にどれだけの悪さをしているのかは知らないひょっとしたら免疫機構を破壊する 何かに加わっているかもしれない

そしてそれを大きく回収するのだと言った ビジネスプランを立ち上げて 自然環境保護団体的 な人々が世界に向けて これをアピールし投資を募っていた

そういう動きがピタリと止まったということは事業としてはどうせ 止まっているのだろうと私は見る

そうした 宣伝のあまりにも強すぎる表現がこの世界に現れた時は短期的に金が必要とされる領域がパフォーマンスを通じて それを達成するためのお芝居をやる

場合によっては 国連などを使う そういう動きがないということは 海洋プラスチックの回収 そのものが無理だったと考えざるを得ない

効果的ではなく 金額的に損の出るものばかりであったと捉えざるを得ない

だからそういう 仮の結論に至った時に 今のこの記事における 分解性プラスチックという概念というものがどれだけ大事なのか などと色々と思いを馳せるのであった


ーー

キシダ首相は自分を守り政権を維持させることしか考えてないふうにみえる人物だが、しかし殺されなければならないことはしていない。 そしてたとえ気に入らないと思っても、今回のようなテロは話にならない。 いいところ生卵をぶつけるだとかその辺にしておけという。

こうした表現ですらテロほう助に決めつけられるかもしれないが、今回のパイプ爆弾はあれがタイミングが悪かったら間違いなく岸田首相を殺害していたのだし、更に周りの人間を確実に巻き込んだ。

そして今回においてはパイプ爆弾の中に釘や散弾などの殺傷効果を高めるギミックが入っていなかったからよかったものの、そうしたものが入っていたら、広範囲にわたって、何の罪もない人々がけが、または場合によっては死んでいた。

テロを仕掛ける側はそうしたことを考えたことがない。 自分の理念を通すために、まず正規の手順を踏まずに、今回のような破壊工作を仕掛けるという時点で、そもそも世界に対して甘えているのだし、自らを刷新しない怠惰さがそこにある。

背後関係があるのかどうかも分からない。 しかしこれらの取り調べは例えば米軍などのように、彼らは即座に自白剤を含めるあらゆる供述を取るための動きをするそうだが、特に今回のようなテロリストに関しては人権がないので、ビデオ撮影だとかどうだとかのぬるいことはしない。

日本もそうしたテロ犯に対しての厳正たる態度をとってゆかないとこれからも模倣犯が出る。 今回の犯人の目的は現時点まったく分からないが、今回の動きをかっこいいともてはやす邪悪な奴ら、そして狡猾な座標は第二第三の模倣犯を出そうとする。

彼らは自分のてを汚さない。 誰かにやらせようとする本当に汚い連中だ。 そういう事もかんがみて、今回のテロの動きはどんどんと情報公開を国民に速やかに行ってほしいと思う。 世界が急速に悪く=変わっていく、ということを理解して身構えなければ、我々の未来は閉ざされてしまうばかりだからだ。 立ち向かっていかなければならないのである。


  伝達能力の欠如


終了

2023・414金曜(令和五年)


ーー 記事 開始 朝日 414

沖縄県の宮古島周辺で陸上自衛隊のヘリが消息を絶った事故で、現場周辺海域を捜索している海上自衛隊の掃海艇が13日夜、ヘリの機体とみられるものが水中にあるのを確認した。防衛省関係者への取材でわかった。同省は水中カメラを使うなどして確認作業を進める。

 事故は6日に発生。午後3時46分ごろ、陸自第8師団第8飛行隊所属の多用途ヘリ「UH60JA」が、宮古島の航空自衛隊宮古島分屯基地を離陸。予定されたルートを飛んでいたが、同56分ごろ宮古島北西の洋上でレーダーから消えた。不明になった機体には坂本雄一師団長(陸将)ら10人が乗っていた。

ーー 記事 終了


色々な情報が飛んでいたがな これで とにかく一歩前に進むことができる

ご家族は ご遺体が回収できることによって気持ちの区切りをつけ きちんと 葬式を出せる

そして一番大事なのは 日本政府 自衛隊として 今回の事故の原因 私は 撃墜 というが この原因をきちんと 調べるということ

機体の形がそのまま残っていたということは ミサイルなどにおける攻撃であったというのは考えにくい

そして巷に言われているようなレーザー光線を使ったものというのであれば いずれにせよ 内部に何らかの 後が残る

一番わからないのが 電磁線 電磁波攻撃や電波攻撃などの それによって 操作系を全てやられてしまったという説だ

これに関しては ログが残るのかどうか私には何とも言えない ブラックボックスとフライトレコーダーを早急に解除していただきたい 回収していただきたい

私は レーザーによる 撃墜 はあっただろうな と普通に考えているが もしそうしたものがあったとしても それは間違いなく 隠されるだろう

分かっていることは 無料の 言論空間に 本当の真実が 流れ出ることはないということである

戦争は本当に始まっている あなたはどう思うが嫌がろうが始まっているのだから それに向けて 対処しなくてはいけないのだ


ーー 記事 開始 読売 414

G7が経済安保強化、エネ相会合で重要鉱物調達の「行動計画」採択へ

 先進7か国(G7)が、15~16日に札幌市で開く気候・エネルギー・環境相会合で、電気自動車(EV)のモーターやバッテリーに必要な重要鉱物の安定供給に向けた「行動計画」を採択する方針であることがわかった。

温室効果ガスの削減量取引に関する基本原則でも合意する見通しだ。各国が足並みをそろえて経済安全保障を強化するとともに、脱炭素社会の実現を目指す狙いがある。 【図表】G7財務相・中央銀行総裁 声明のポイント

 行動計画は、今年のG7の議長国である日本の西村経済産業相が提案し、閣僚声明とは別に採択することを検討している。

 具体的には、コバルトやリチウム、ニッケルなどの鉱物について、長期的な需給予測の精緻(せいち)化や、効率的なリサイクルの態勢整備、技術開発による鉱物使用量の削減などに取り組む方針を盛り込む。G7で鉱山開発などに1兆円超の財政支援などを実施する。

 発展途上国で、廃棄された電子部品などに含まれる鉱物が未利用となっているケースが多いことから、G7と連携し、鉱物を取り出して再利用する国際的な枠組みの整備を検討する。各国が国内だけで回収しても、少量で収益化は難しいため、国外からも回収する仕組みを整えて処理量を増やし、中国勢などに対抗する。

 製品の性能を落とさずに鉱物の使用量を減らしたり、鉱物の再利用で回収量を増やしたりする技術の開発も支援する方針だ。

 重要鉱物は、風力発電設備や蓄電池など脱炭素社会の実現に欠かせない設備に使われ、今後も需要の拡大が見込まれている。ただ、製錬や加工の工程は中国など特定の国に依存している状況だ。

昨年6月にドイツで開かれたG7サミットの首脳宣言でも、「強靱(きょうじん)で持続可能な供給網に貢献する」との文言が盛り込まれた。

 G7気候・エネルギー・環境相会合は、温室効果ガスの削減量取引については「産業革命前からの世界の気温上昇幅を1・5度以下に抑える目標に沿う」などの基本原則の合意を目指す。政府は閣僚声明や成果文書に盛り込む方向で調整している。

ーー 記事 終了


世界から孤立しているのは 実は G 7 the west 西側の我々 なのだということを 私は言った

85対15という数字も言った我々は15の側にいる

そして今まで バラバラだった 85 の勢力を中国とロシアが裏側で全て 結びつけて1つの塊にしている

そこに フランスまで乗っかり ドイツも今 乗っかろうとしている フランスとドイツのブリックスの電撃 参入 発表 というものは 近い場合によっては 今年 または 私は来年に大きな金融破壊が起きると思っているので

リーマンショックを超えるようなその後 その前後でドイツ フランスは G 7 の枠組みに所属しているけれど そのまま ブリックスに加盟するということをやるだろう
そうやって国際連盟が国際連合ができた途端に有名無実化していったように G 7の西側の枠組みというものは雲散霧消していく可能性がある

ただし それは中国 ロシアの現行の体制が順調に続いていっての話だ 中国 ロシア 特に中国においては どうも 私は信じられないくらいに人が死んでいる

またはその予兆が出ていると捉えているので 彼らもまた勝ち組 一方的 勝ち組という形にはなれないのではないかという疑いを持つ

今の地球 勢力というのは 一方的な1人勝ちを許さないという設定のもとに 人類 世界が動いているように見えるので 私はこの85の勢力をまとめている 中国 ロシアにしても彼らの思惑通りにはおそらくは 進まないのだろうなと見る

つまり 地球という惑星は この 既存の人間の社会 支配体制というものの全てを 右側だろうが 左側だろうが 青だろうが 赤だろうが 許さない 捨てると決めたという風に捉えているのである

私はヘーゲルの 正反合の概念は好きではないが今は行われているのは まさに正反をすりつぶさせ ゼロにして9割方 死滅させた後 残った1割に地球が提示する 合をやれという全体構造

または地球はその合ですら提示せずその後を自ら あなたたち人類が考えなさい という命題

そしてそれができないのなら滅びるがいいという 突き放した冷酷

そうした 今までにない強い思いがこの地球上を駆け巡っているのではないかと とらえるのである


ーー 記事 開始 ロイター 414

[上海 13日 ロイター] 中国を訪問中のルラ・ブラジル大統領は13日、BRICS(新興5カ国グループ)の新開発銀行設立について、新興国が社会・経済の大きな変化を生み出し、従来の銀行システムから解放されることも可能だと述べた。

ブラジル・中国・ロシア・インド・南アフリカの5カ国が設立した新開発銀行のトップにはブラジルのルセフ元大統領が就き、本部を置く上海で就任式が行われた。 ルラ氏は「われわれを支配しようとする伝統的な金融機関への服従から新興国を解放するという点で」新開発銀行は大きな可能性を秘めていると強調。

また、開発途上国の資金ニーズは非常に大きいが、改革が遅れており既存銀行の融資は限られているとし、新開発銀行は「グローバルサウス(南半球を中心とした途上国)の偉大な銀行」になる可能性があると述べた。

ルラ氏はこの日、中国通信機器大手である華為技術(ファーウェイ)の上海研究所を訪問したほか、電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)などの幹部と会談した。同社はブラジルで大規模投資を計画している。 ルラ氏は14日に北京で習近平国家主席と会談する。

ーー 記事 終了


ブラジルのこの極左の親中派のルラ大統領は 米国の民主党勢力の力を使って不正選挙によって 大統領に返り咲いたと言われている

少なくとも ブラジルの保守系の国民の多くはそのように見ている 我が国ですら ブラジルですら このように堂々と不正選挙を仕掛けられる世界になってしまったのか と 現地のオピニオンたちは 一部は これを嘆いている

が これが表の言論 外に 出ることはない SNS 空間で現地のスペイン語で呟かれる それが時たま 出るに過ぎない

そして 警察官軍 消防官 などはこの極左の社会主義者のルラ大統領がそうした不正の元に自分たちの権力の座を奪ったという強い理解があるので いまだに抵抗をしている

彼らの態度は正しいのだが それでもルラの背後には米国の民主党勢力 奥の院 そして 中国が明らかについている

ルラ大統領のこの徹底的な親中 ぶりというものは彼の権力を成り立たさせた どこかに 中国の影が大きくあるのだろうということを伺わせる。

そして世界は 西側中心の この流れから中国 ロシアが主導するブリックス 人民元の世界に本当に変えさせられようとしている

そのことを日本国民に全く知らせない 国内メディア マスコミというものはもはや存在そのものが 邪悪の塊だと私はあなたに伝えるのである


ーー 記事 開始 志位和夫 413

日本の入管制度は、国連自由権規約委員会からもその問題点を厳しく指摘されている、世界でも恥ずべき非民主的なものだ。 外国人の人権を守れない国は、日本国民の人権も守れない国になる。日本国民全体の問題として取り組もう。 #入管法改定案は廃案に

志位和夫

(会見で入管法改定案について)21年にウィシュマさんの痛ましい死亡事件があり、外国人の人権無視とあれだけ批判され、廃案にされたものと同じ法案を、そのまま出してくるのは許しがたい無反省と傲慢だ。 断固廃案をめざすとともに、国際基準にのっとった入管制度の抜本的な民主的改革を求めていく。

ーーraidaiは〜ん! 414

現在の入管法は、不正滞在で見つかった人が強制送還を嫌がり何度も難民申請をして滞在を延ばす法の抜け道となっている聞きます また、犯罪者すらも強制送還が出来ないでは困る 滞在許可があり法を守って暮らしていたら収監されることなどない←大事なポイント

ーー 記事 終了


自分の政党の中の少数者の意見を頭から完全に否定して切り捨て 除名までさせた人間がその政党が外国人の人権だけをやたら取り上げるのは簡単だ

将来的には 外国人参政権を OK にし 外国人が投票できる状況にする そして共産党に投票させる 共産党に入信させる彼らの党の勢力拡大のために日本国家及び日本国民がだしにされている

この新委員長のみならず 共産党の上層部関係者は日本国民の幸せ など 本当に本当に考えていない 立憲民主もそうだ

自分の勢力の党の拡大のみを考えている その結果 多くの人々に 実際の損害が出ても知らない顔をする

そういう時にこの C 委員長 と称する 共産党の関係者がツイートを出すという話は聞いたことがない 出さない

米国の民主党も外国人に参政権 投票権を与えて自分の勢力の維持 拡大に努めることしか考えていない人間の集まりになってしまったが

本来ならば 米国を敵としなくてはいけないこの日本共産党がそうした部分だけはちゃっかりと同じことをコピーするのだから結局のところ 自由なる言葉を旗頭に集まっている人間 勢力というものは働かないで金を得ることだけを考えている

ただそれだけの人類にとっての寄生虫にすぎない

もはや 虫が寄生虫がこの地球 表面上に当たり前の顔をしてのさばっていられる時代 環境 舞台設定ではなくなった

それが 既存の文明の最後の最後に来てしまったということの意味だろう


ーー 記事 開始 ギガジン 414

2022年にDALL-E 2が登場して以来、MidjourneyやStable Diffusionといった画像生成AIが登場し、ユーザーはテキストから非の打ちどころのないイラストを簡単に生成できるようになりました。

これにより、Tencentのような大手ゲーム企業から、インディーズゲームスタジオまで、中国のゲーム業界では画像生成AIの利用が加速しています。

中国のゲーム業界で働くフリーランスのイラストレーターであるアンバー・ユー氏は、ゲームのビジュアルを1枚描くごとに3000~7000元(約5万8000~13万6000円)程度の報酬を得ていたそうです。

ユー氏が作成してきた「プレイヤーを引き付けたり新機能をアピールしたりするためにソーシャルメディアに投稿するプロモーション用のビジュアル」は、画像生成AIが登場するまでは「スキルが必要で時間のかかる作業」だった模様。

しかし、2023年2月以降、こういったビジュアルの作成依頼が激減しているとユー氏はRest of Worldに語っています。ユー氏は「中国の伝統衣装を着て獅子舞を踊る女性のイラスト」などを1週間かけて描いていましたが、画像生成AIの台頭により同様のイラストをほんの数秒で作成することができるようになってしまいました。

ユー氏によると、ゲーム会社は「画像生成AIで作成したイラストを微修正する」という作業を人間のイラストレーターに依頼するようになってきており、報酬はそれまでのイラスト作成の10分の1程度にまで落ちている模様。

ゲーム業界において、イラストレーターはキャラクターデザインや背景制作などで欠かせない存在です。画像生成AIの出力するイラストの質が高いため、中国ではゲーム業界で働く多くのクリエイターが「いつまで仕事を続けられるか」に不安を抱え始めている模様。

中国の重慶市にある独立系ゲームスタジオで働くイラストレーターのスー・インイン氏は、「AIは我々の想像をはるかに超えるスピードで開発されています」と語っています。

インイン氏が働くゲームスタジオでは、中国の主要なゲーム開発者向けのデザイン制作を行っており、15人のイラストレーターが働いていたそうです。しかし、このうちのキャラクターデザインを担当していた5人のイラストレーターが、2023年に入って解雇された模様。

インイン氏は解雇の理由が画像生成AIの利用を開始したことにあると考えており、「今後、これまで10人で行ってきた作業を2人で行わなければならなくなる可能性もあります」と語り、さらなる人員削減が実施される可能性を示唆しました。

https://gigazine.net/news/20230412-ai-taking-game-illustrators-jobs-china/
ーー 記事 終了


この記事は重要なので是非とも 本文を見てほしい この内容は イラストレーターだけが 仕事がなくなっていくという表現になっているが それは違う

記事の中にもあるように声優なども仕事がなくなる AI がその音声の合成に成功したとあるでしょう そしてこれからは 役者もいらなくなる

なぜならば リアルタイムで CG を 作成し それをそのまま動かすということが一般レベルでは解放されていないが 軍事研究レベルではそれは もうできている

人間の動きというもの 今まではセンサーでデータを取っていたというやり方だったが いわゆる 監視カメラを含める あらゆる 入力情報を人工知能が総合しまとめ そこからもっともらしいものを抽出するということに成功している

ので CG で 俳優の 架空の俳優のデータを作成するとそれに命令を与えればすぐにアクションをすることが可能になった

芝居をつけるのは演出家の仕事ではあるが それも簡単なものは必要でなくなる AI がやるだろう

もちろん 声は 前述の通り AI が声優を人工合成する かくして 文芸の部門で人工知能が大爆発する流れがどこに向かうかというと 今度は 事務系 書類をまとめて作成して提出する系とでも言える文系の方々の就職先に これが及ぶ

そしてもっと言えば 政治家というもの これは人間のエゴが何かを決めているので 8割 9割を AI に やらせ その最終決定だけを人間が行えば良いという形に必ずなる

それは今の日本の野党勢力などの仕事をしているアピールをするだけで実際にその国の国民を幸せにすることなど何一つ考えていない野党の存在 表現を見ればわかることだ

そしてその次に何がやってくるかといえば 人間 ヒューマンビーイングと言われているものの 切り取られた 限定 存在そのものに対しての疑問が必ず発生する

私 なる座標はあなたなる人間なる存在は別に生きていなくてもいいのではないか AI に全て任せてしまえばいいではないかということに必ずなる

それに対して明確な答えを今から準備しておかなければ 人々は生きるということに意味を見出さなくなる

だから あらゆる職業でライバルが現れてきたという表現を使うがそれは あろうことか 人間存在そのものに対しても それが始まるのだということが この AI と言われる 開発領域で起きていることであり

そしてそれが5年もしないうちに 人間社会に侵食し始める 同化し始めるということだ

元々が全体主義 他人を支配 コントロールすることのみで生きてきた 儒教圏域のやつらはそれが分かっているのであれば その支配 同化 隷属の方向性を機械に全て取られる前に自分たちがプロデュースするという側に立つ

そしてそれを 永久固定化するという意図 その線のもとに 今 現実に動いている行動をしている

いいですか 頭の中でどれだけ自由を訴えても想起イメージしても結構だがそれは現実化されることはない

現実とは常にこの 固定された限定 存在の肉体 物質を使っての行動の積み重ねの過去に置いていく 認識の 高い 柱のその先端にある

我々のこの柱 そのものが全てまるごと置き換わってしまうかもしれないかの分岐点に私 あなた 人類は立っている

そうした見方を誰もしない みんな冷笑して オタメごかして嘲笑して 忖度して 犬のようになることを求めている

かつての精神世界の人々は自らの精神活動 関連情報 アーシュラム と呼んだそうだ

今私はこの言葉を聞くと 犬小屋 という言葉しか イメージすることがない

それほど人間のエネルギーが枯渇してしまった それほど人間が自ら喜んで エネルギーを渡してしまったそうした 愚かな概念 ばかりが脳の中で再現されているのである

打ち勝て 人類 立ち上がれ 人類 そして立った以上は歩き出せ

歩いた以上は走れ そして何をなすべきか 突破せよ この閉塞した自分で閉じてしまった世界を突破せよ

そういうことを 私はずっと前から言っているつもりなのだがバカだから力がないからやっぱり自分自身を含めて全ての存在にこれは伝わっていないのである

残念なこっちゃなぁ などとボケてみよう


ーー 記事 開始 tbs 413

中国で“鳥インフルエンザ”感染者が死亡 「H3N8型」による死者は世界初 発症前に生きた家禽類と接触

WHO=世界保健機関は11日、中国で鳥インフルエンザ「H3N8型」の感染者が死亡していたと発表しました。この型のウイルスでの死亡者が確認されたのは世界で初めてです。

死亡が確認されたのは中国南部、広東省に住む56歳の女性です。

WHO=世界保健機関によりますと、女性は2月下旬に鳥インフルエンザ「H3N8型」に感染し、重度の肺炎を発症して入院した後、先月中旬に死亡が確認されたということです。

広東省の保健当局によりますと、女性には多発性骨髄腫などの基礎疾患があり、発症前に生きた家禽類に触れたことがあったということです。これまで、H3N8型ウイルスのヒトへの感染は、去年、中国で2人確認されていました。

WHOは「この型のウイルスはヒトからヒトへ容易に感染する能力を持っておらず、感染が広がるリスクは低い」としつつも、生きた動物を扱う市場など、感染リスクが高い場所を訪れることをできるだけ避けるよう呼びかけています。

ーー 記事 終了


基礎疾患を持っており 元々の 病弱 体力がなく 抵抗力が弱い人間だから今回の鳥インフルエンザでの直接死亡につながった

私はこの女性が 武漢 肺炎 covid 19のワクチンを打っていたかどうかが気になっている

そのことによって免疫機構がかなり 破壊されていたのではないかという疑いだ

つまりそれはこれから同様の鳥インフルエンザに限らず たくさんの それまでは 大丈夫であったような 弱い ウイルスが 抵抗力が相当落ちてしまった人間にとっては とてつもない 害悪になるという流れにならないかということの 危惧 懸念である

米国の中でワクチンに対する開示請求の裁判が起き 開示しなさい との判決が下され その中身が公開され 改めて ワクチンが とてつもない間に合わせの ものであり 危険性を 持ったまま 世界に出されたもの

たくさんの後遺症 そうしたものが 山ほど 隠れていたということがバレてしまった

その動きがあったから Who ですら ワクチン接種をするなという方向に移動した これから認識の多くが反転していく

ワクチンを接種してしまった人 後遺症が出ている人 そしてこれから4、5年後にそれが出る人 そういう人たちのために人類が一致団結して この薬害に対しての免疫 抵抗力を高める一連のすべてのことを 討議して準備して実践していくということをどうやってもやらなければいけないという

しかしそれでも自分だけは特別だと思っている人が圧倒的に多いので これは なるようになっていくだろう

たくさんの人が 自分が何もしなかった原因で死んでいくだろう

しかしそれでも私は伝えるために声を上げる できることだからだ それが


ーー 記事 開始 bbc 

https://youtu.be/97646Oi0YFw

2023/04/12

ジャニーズJr.として活動していた歌手の岡本カウアンさん(26)が12日、東京都の日本外国特派員協会で記者会見し、ジャニーズ事務所に所属していた当時、ジャニー喜多川前社長(2019年死去)から「12~16年に15~20回ほど性的被害を受けた」と証言した。

岡本さんは、他に同様の被害を受けた事例について「はっきり分かるのは僕以外に3人。正直、(喜多川前社長宅を訪れた)ほぼ全員だと思っている」と主張。喜多川前社長に対し「感謝の気持ちを0持っている一方、当時15歳の僕や、他のJr.に対して性的行為を行ったことは悪いことだと思っています」と話した。

ーーbbc 413

「ジャニー喜多川氏から性虐待」 元アイドルが会見で訴え

日本で多大な影響力をもっていた音楽プロデューサー、ジャニー喜多川氏(2019年死去)に性的虐待を受けたと、また別の日本ポップス界の元スターが12日、日本外国特派員協会での記者会見で証言した。

日系ブラジル人の親をもち、現在はシンガーソングライターとして活動するカウアン・オカモト氏(26)。喜多川氏が創業したジャニーズ事務所に2012年に15歳で入った。そのころから2016年にかけ、最大20回ほど虐待を受けたという。虐待被害を受けた少年は100人ほどに上るとの考えを述べた。

喜多川氏は生前、すべての告発を否定し、起訴されることはなかった。BBCは先月のドキュメンタリー「J-POPの捕食者 秘められたスキャンダル」(The Secret Scandal of J-Pop)で、被害に遭ったとする複数の人々の訴えを詳しく伝えた。

それら告発者たちは、喜多川氏の意向を拒めば、自らのキャリアが損なわれることを恐れたと語った。

ーー ひろゆき

Q:当時大手メディアがジャニーズの性加害を報じていたら入所していなかった? A:「テレビが取り上げていたら大問題になるはずなので、たぶん、親も行かせないと思います。15歳の未成年なので、入所はなかったんじゃないかなと思います。」 民放の沈黙は被害者を増やした、、と

https://youtu.be/3tsk1F0Qesc
ーー 記事 終了


私はこのジャニー北側のホモ つまり 若い男に 性的行為を強要するという 一連の流れの最初はどこだったのかと調べてみたら フォーリーブスというグループの誰かがこれを告発したところから始まったらしい

それよりも前にもあったか知らないが そこまで 古いのはわからない そして その時の会見 なのかどうか私はわからないのだけれど ジャニー喜多川は こう言った そうだ

ええ 確かに私はホモですよ だけど私はそういう 行為のための専用の愛人はちゃんと持っており商品には決して手は出さないのです と啖呵を切ったのだそうである

本当かなとも 思うが 芸能界というものは その当時からジャニーズ プロというものがなければ 成立しなかったのだろうし もうひとつ言えば ジャニー喜多川という人間は米軍と明らかに繋がっていた人なので 日本の支配層は手が出せなかった それはあると思う

私の勘違いでなければジャニー喜多川という人間は日系人 捕虜収容施設の中で 米軍の将校とホモの将校と性的関係を持ち そして その流れの中で戦後の日本 管理体制の中で 芸能事務所を立ち上げて 日本人をくるくるパーにせよ 的な指令を受けた

大きな 捉え方はそうだと見ている これはソフトバンクの孫正義 安元 正義で良かったか これの父親が米軍将校に戦後においては 日本はどのような形になるのか 何をすれば儲かるのかと接近していってそこから今の立場を築くように息子を誘導していた これとよく似たものがある

私はジャニーの父親関係がどうだったのかまでは調べていないが ひょっとしたら繋がっていたかもしれない 米軍と奥の院などと。

いずれにせよ ジャニーズ プロに所属している男性の芸能人の全てはこうした ジャニー喜多川によるホモ的 性的行為の強制 強要 を受けていたのだろうなという視点で見るべきなのだろう

それが幸せかどうかと言うと私はホモがもちろんイヤなので幸せではなかったのだろうな という言葉を出さざるを得ない


ーー

世界の様相が変わりつつある。 わたしはその臨界点を来年の2034年に設定している。 それは台湾においては総統選挙、米国は大統領選挙、どちらも不正選挙がなされるだろう。

そしてその結果米国においてはテキサスを中心としたいくつかの州が合衆国から抜ける可能性がある。 それが始まるということ。 もちろんそれを米国は許さないので、懐柔策から内戦から様々な選択肢で何かが起きると捉える。

そのさなかに今壊れている金融の火種が大きく破裂して、リーマンセカンドが起きるだろうということ。 それらが二つ重なると米ドルの価値は十分の一以下になるので、日本のドル建ての資産を含めるあらゆるものが吹き飛ぶ。 蒸発する。

そして米国が自滅する流れの中で、欧州が裏切る。 明確にブリックスに入る動きが現象化する。 まずフランスとドイツが動く。 それに連動してほかの国が動くのか。

更に言えばドイツがEUから抜ける。 どうもそういう可能性が出てきた。 つまりそれは西側世界と言われた領域の終わりだ。 だが新興G8と言われる、今のブリックスに4カ国くらいを合算した集合体が本当に世界の旗振りをやれるかというと疑問。

かれらには理念がない。 理想がない。 彼らにあるのはエゴの拡張だけだから。 それらで全ての人類をけん引することはできない。 だから彼らは地球の内部にネオ封建制度、ネオ身分格差の明確な洗練された △ の支配構造をつくる。

ここまでは何となく見える。 そしてそれらにウィルスや天変地異などの動きが重なるともう分からない。 わかっていることは力の弱い端っこから、そして自分がない端っこから人類領域が腐って落ちていくということ。 死ぬということ。 たくさんの人が。

それらの流れが出てくるのならもちろん中東地域におけるペトロダラー体制は終わっている。 だが、そこから人民元決済世界に移動するかどうかまでは読めない。 ブリックス各国の中で間違いなく仲間割れが始まるから。 そもそも反米で集まっていた集合国家体だ。

米国がなくなったら、今度は内部で仲間割れがどうあっても始まる。 その時点で中ロの本当の姿が出てくるかなあとも思うが、それは中国が本当のところどこまで人間を死なせてしまっているかの実数による、とわたしは捉えている。

だから何度も言うが全ての既存国家は敗北の方向に向かうと予測する。 誰も勝たない。 勝てると思って未来に仕掛けるのだが、それらの多くが逆に作用する。 国家の解体の方向に。

そういう事なので未来は分からないというありきたりな言葉を置く。 置くがだがしかし、今までの既存の繰り返しのように思えてそうではなく、壊れていく部分を隠せなくなる変化という表現にどうあってもなっていくだろう。


  むき出しになり四散する


終了

2023・413木曜(令和五年)


ーー 記事 開始 福井新聞 413

世界初となる次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」を製造する電池メーカーAPB(本社福井県越前市庄田町、堀江英明社長)はこのほど、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコと、同電池の共同開発に向けて連携することで基本合意した。

APBは越前市の武生工場で大規模量産化の技術確立に取り組んでおり、堀江社長は「世界最大の総合エネルギー企業との連携は技術革新を加速させ、世界展開に向けて将来的な(石油由来の)樹脂素材の供給源の確保にもつながる」と強調した。

全樹脂電池は、リチウムイオン電池の主要な構成要素である集電体などを、金属ではなく樹脂に置き換えたもの。従来品と比較してモジュール(組電池)当たりのエネルギー密度が高く、発火リスクも低い。製造工程も従来に比べてシンプルで、大規模量産化できれば製造コストを低減できるという。

APBは2021年5月に武生工場を開所し、今年1月には本社を東京から移した。現在は大規模量産化に向けた高速製造ラインの開発に取り組んでおり、堀江社長は「高速大量生産に向けた要素技術の大きな課題は解決した。

あと1年程度で技術確立したい」と話す。高速製造にめどが立てば、年8ギガワット時の蓄電量に相当する全樹脂電池を製造できる量産工場を県内に建設。26年度から稼働させ、再生可能エネルギーの蓄電向けなどに販売する方針だ。

堀江社長は世界展開を視野に入れており「電極形成からセルまで全自動で一貫生産できる工場を世界にフランチャイズのような形で提供し、樹脂素材も供給していきたい」と説明。その戦略の一手として3月15日にサウジアラムコと共同開発に向けた連携で基本合意した。

ーー 記事 終了


プラスチック 電池というのは以前からあった しかしそれは液体リチウムポリバー 電池だったと思う

この記事に関しては全固体リチウムポリマー電池だ そしてその原料は ほとんど 石油によって作られるわけだから サウジアラビアが この分野に投資をするのは当然だ

全世界の国々が石油を直接買ってくれなくなるのなら バッテリーに準拠した技術に石油を絡ませる形で投資を行う

そしてそこにサウジアラビアの売り上げを見つける 当然のことである

しかし 我々は おそらく 電気自動車というものすらジャンプ 飛び越えて 次の段階に至る だがその片鱗はまだ見えていない

それは ニコラテスラの技術になる いろいろ 検索していただきたいが 私がおおむね 適当に理解しているのは地球という惑星の自転から生まれる 電気 大気に放散される 電気とでも言えるエネルギーを直接引っ張ってきて 動力や熱源光源にかえる という考え方だ

ニコラ テスラはこれに成功していた。実験 段階で そして 送信にも成功していた

が これら 一連が全て 握りつぶされた エジソンや ゼネラルエレクトリクス 米国の中のいわゆる インシ 勢力というか 支配層たちによって これは 握りつぶされた
しかしその技術は温存されており そうしたものが 米国のいわゆる正三角形の空飛ぶ円盤 TR 3 B

電気磁気を使った反重力 重力制御 そうした地球星 UFO の技術に直結していると言われている。

私はこれらの情報は胡散臭いと思う反面しかし 半分以上は本当だろうと見ている。

我々はエネルギーの開発をどうやってもやり続けなくてはいけない 。人間の数が これからどんどんと減るということは大規模インフラを AI だけで賄うのはおそらく 不可能になる

修理 修繕をロボットでやっつけるということはおそらく できない その部分はどうしても人間の手を プロフェッショナルを介在させざるを得ない

しかし人間の頭数 個体数が激減してしまったらそういうことができなくなる

だからそれらの全体システムではない 新しい何かを構築しなくてはいけないということを勝手に言うのだ


ーー 記事 開始 ザクザク 412

中国政府が、ハイテク製品に使われる高性能レアアース(希土類)磁石の製造に関する技術の輸出禁止に向けて検討作業を進めていることが明らかになった。中国政府の輸出禁止・輸出制限技術リストで、レアアースの精錬や加工などの技術の輸出制限を盛り込む予定だ。

日本はレアアースを使う高性能磁石の生産を得意としており、原材料のレアアースの確保は中国以外からの調達や再利用である程度のめどがたっている。米国は高性能磁石を搭載するハイテク製品が得意であるが、中国にレアアース精錬を依存している弱点がある。

今回の措置は、中国が米国に対抗するのが目的だろう。その点では、レアアースに対する準備をしてきた日本が米国の弱みを補える可能性がある。

レアアースが注目されるのは、電気自動車(EV)などでは強力な磁力を有する駆動モーターが必要だが、それにレアアースが欠かせないからだ。幸いにも、日本では、すでにレアアースなしでハイブリッド(HV)車用の駆動モーターを開発している。

もし、中国がEVでの覇権争いのためにレアアースを仕掛けるのであれば、世界のEV戦略を一部HVに変更すればいい。

ーー 記事 終了


我々は レアアース レアメタルというものがどのような製造工程を経て完成に至るかを調べていない 知っていない

それを作るにはまず不純物がたくさん入った鉱石を粉々に砕いて それを 純度の高いものにどんどんと 生成していかなくてはいけない

純度を高める 密度を高めるということをやらなくてはいけない

その過程で およそ99%がゴミとして出てくる そしてそのゴミが問題で それは人間にとっても有害であり 環境にとっても有害な汚染物質だ

放射性廃棄物 放射線を出すものすら 含まれている そうしたものを先進国では 精錬できないので したくないのでそれを全て中国に押し付けていた

中国はこれらのレアメタルの 精錬 これを独占していたというだけであり もちろん 彼らの国の中から レアメタルの原材料は取れるが

しかしそれは世界中の他の地域でも取れるものだ 南米 だろうが オーストラリア だろうが だがそれを精錬すると環境が著しく汚染されるので皆やらなかった

中国が支配とコントロールの目的のために両手を上げて この領域を独占した

だから 米国はいわゆるバッテリーを作るために これら レアメタルの精錬をわざわざ 中国に送って中国でやらせているくらいだ

中国は世界中のそうした レアメタルを受け取って中国の国内で汚染がどれだけ広がろうがこれを精錬を続ける

そのことで世界に対する支配 コントロールが儲かればと色々な思惑があるだろう

が 自分だけの利益のために これをやり続ける その結果中国の国内で実際に人が住めない地域が増えているが それらは絶対に無料の 言論空間の中には出てこない

現時点 どうやら 本当にたくさんの人間が癌や 多臓器不全 などでバタバタと死んでいるようだ

が一切この情報は出ていない。私は昔 大紀元などが伝えていた ガン村のことを言ったが あれは実は全く改善されていないのだ

そのことを見た時に 汚染地域を放置してその町や村を丸ごと 放棄して新しい場所に都市を建てて工場を建ててまるごと人間を移動させて再び同じことを繰り返す

これが現実に行われている中国の中で 人間の住めなくなる領域がますます 拡大するのは当たり前だろう

自然現象における天変地異 もあるけれど この今この瞬間の利益しか見ない そして責任を取る気が全くないという人の営みが地球を怪我し汚し そして人間そのものも 汚して壊していくのである


ーー 記事 開始 読売 413

空飛ぶクルマ、個人向け販売開始…愛知のスカイドライブが2人乗り1機2億円で

SD―05の機体イメージ(スカイドライブ提供)

 「空飛ぶクルマ」を開発する新興企業「スカイドライブ」(愛知県豊田市)は13日、個人向けに機体の販売を始めたと発表した。機体価格は150万ドル(約2億円)。納期は「2025年以降」としている。 【動画】「空飛ぶクルマ」が有人飛行する実際の映像

 昨年11月、ベトナム企業に最大100機を販売する覚書を結び、国内外の個人から問い合わせが相次いだため予約を受け付けることにした。機体価格にはバッテリー費用が含まれるが、パイロットの人件費や空港利用料など、運航にかかる諸費用は別途必要という。

 機体はパイロットと乗客の計2人乗りの「SD―05」。垂直に離着陸でき、航続距離は最大10キロ・メートル程度を見込む。25年の大阪・関西万博での実用化を目指し、量産に必要な型式証明を国に申請している。

ーー 記事 終了


基本的には 夢を買う 商品なのでケチをつけても仕方がないが航続 距離 10キロで2億円というのは 私はあまりにもものすごい設定で口も開かない

あきれただとかすごいだとかそんな言葉も出ない 勝手にやってくださいの世界だ

でもお金を持ってる人は買うのかもしれない どうぞとしか言いようがない

で これらの空飛ぶ車は道交法で 管理するのか 航空法で管理するのか そういうことが一切 明らかにされていない

万が一 プロペラの全部が止まってしまったらそれは当たり前だが落下 だ

そもそも これは 空中のどれぐらい高さを飛ぶのだろうか 何も分からない

私は この商品を見ているが こうしたものが当たり前になっていけば 確かに 一件は 交通渋滞 的なものも 解消するようには思える

しかし今度は 空中衝突 や ニアミス などといった新たな問題の発生は必ずあるだろう 次から次から問題は出る問題のない事案はない

そして 人間とはその問題を解決するために生まれてきたのである

しかし 2億円か ちょっと 信じられない 値段だな と 私はやっぱり 繰り返してしまう


ーー 記事 開始 NHK 412

下水汚泥から取り出したリン配合し価格抑えた新たな肥料開発

ロシアのウクライナへの侵攻などで化学肥料の価格高騰が続く中、JA全農岐阜などは岐阜市の下水汚泥から取り出したリンを配合して価格を低く抑えた新たな肥料を開発しました。

化学肥料の主な原料であるリン酸アンモニウムや塩化カリウムなどはほぼ全量を海外に依存していますが、ウクライナ情勢などを受けて輸入価格はこの2年で7割から8割程度上昇し、農家の大きな負担となっています。

こうした中、JA全農岐阜は輸入する原料を減らして価格を抑えることで農家のコスト低減につなげようと、肥料メーカーなどと共同で新たな肥料を開発しました。

植物の生長を促すリン酸の原料には岐阜市の下水汚泥を燃やしてできる灰から取り出したリンを活用していて、ほかの原料と調合し肥料にしたということです。

同じ成分の化学肥料と比べると価格は3から5%低く抑えられたということで、JAでは来週以降、新たな肥料の販売を始めることにしています。

ーー 記事 終了


世界的なリン価格が値上がりをしているのでその設定条件下の下でなら これらの活性をで腐った泥と言われているものを肥料にしても採算があるという言い方だ

もろ手を上げて喜ぶような状況でもないがないよりははるかに マシだという

この技術 そのものは昔からあっただが採算が合わなかったので誰も手をつけなかったのである

必要は発明の母 と言うが 発明はとっくにされていたけれど 儲かんないからやらないこれも人間の世界だ

この汚泥から色々と何でも取り出せることができれば そして コストダウンの方法が見つかれば日本は本当に助かるのだが その辺りに人材を集中していることもできない

農業における農薬と肥料というものは実は 戦略物資であるということが 今回のロシアとウクライナの戦争で明らかになったのだから この部分に注力をして我々の食料の確保ということを もう少し力を入れなくてはいけない

人口だけがやたらに増えている と宣伝している中国はこの部分を確保するために 水耕栽培 的な養殖と農業の最新モデルをそのまま 輸入して運用している

あれもあれで本当のことを言えば 抵抗力の弱い植物や魚が育つような気もするがそんなことよりも目の前のたんぱくや色々なものなのだろう

人間が生きるというのは少なくても 現時点 何かを食べないと生きていけないのだからこの部分を疎かにするような政治家 経済人というものは そもそも信用に値しない人々だというハンコを押しても構わないと私は決めている


ーー 記事 開始 ギガジン 412

ゲームのNPCにChatGPTを仕込んだら勝手にパーティーの計画を立て始めた

画像生成AIやチャットAIの登場でAIに対する関心が高まる中、ゲーム業界でもNPCの会話を自動生成するAIが開発されるなどAIを活用する動きが進んでいます。

新たに、スタンフォード大学やGoogleの共同研究チームによって「ChatGPTを活用してNPCの行動を自動決定する仕組み」が開発されました。

研究チームはNPCが自発的に行動するシステムを構築するべく、ChatGPTのモデルデータを活用した独自システムを開発し、25人のNPCに対して性格や交友関係を決定づけるプロンプトを入力しました。例えばジョン・リンと名付けられたNPCには以下のようなプロンプトが入力されました。

・和訳

ジョン・リンは、「ウィロー薬局商店」の店員で、人を助けるのが大好き。彼はいつも、客が薬を手に入れるプロセスを簡単にする方法を探している。

ジョン・リンは、大学教授の妻メイ・リンや音楽理論を学ぶ学生の息子エディ・リンと暮らしている。ジョン・リンは家族をとても愛している。

ジョン・リンは隣の老夫婦、サム・ムーアとジェニファー・ムーアを数年前から知っている。サム・ムーアを親切でいい人だと思っている。

ジョン・リンは近所に住むヤマモト・ユリコをよく知っている。タマラ・テイラーとカルメン・オルティスを知っているが会ったことはない。

ジョン・リンとトム・モレノは「ウィロー薬局商店」で働く同僚である。

ジョン・リンとトム・モレノは友人で、一緒に地方政治について議論するのが好き。ジョン・リンはモレノ家(夫のトム・モレノと妻のジェーン・モレノ)のことをある程度知っている。

そして、各NPCを以下のような「RPGに登場する村」風のロケーションに配置し、他のNPCの行動に応じて自発的に行動できるようにしました。

ただし、上記のシステムでは「ChatGPTが一度に処理できるデータ量(トークン数)には限界がある」という問題にぶつかってしまいます。

そこで、研究チームは各NPCの全行動を記録した「メモリーストリーム」を作成し、メモリーストリームの内容から「今の行動の判断に必要な過去の行動」を選び出してChatGPTに入力する仕組みを構築。

これにより、各NPCはこれまでの経験を元にした行動を実行できるようになりました。

完成したシステムを稼働させた結果、NPCは「互いに情報を伝え合って村全体に拡散する」「過去のやり取りについて、時間が経過してから言及する」「イベントを企画し、参加者を募る」といった予想外の行動を示しました。

例えば、あるNPCが「バレンタインデーパーティーを開催しよう」と提案した結果、村全体で2日間にわたってバレンタインデーパーティーに関する話題が繰り広げられ、「片思いの相手をパーティーに招待する」「パーティーのためにカフェを飾り付ける」といった行動が確認されたとのこと。

研究チームは、各NPCの行動を再現したデモページを作成し、以下のリンク先で公開しています。ただし、デモページで繰り広げられる行動は事前にシミュレート済みのもので、リアルタイムでシミュレートされたものではありません。

ーー 記事 終了


現在 あらゆる職業でライバルと言われているものが出現している

文系の仕事はこれから 大いになくなっていく それはチャット GPT と言われる AI これらの精度が上がるにつれて 文系におけるアナウンサーであるとか 新聞記者である とか 文章を書いて人に垂れ流すだけの存在であった人々の存在価値がとことん落ちるからだ

機械にやらせた方が正確で楽ではないかとなっていく。現在 チャット GPT は確かに不正確ではある しかしそれは時間の問題でどんどんと精度が上がる

ということは これら 政治家 官僚 事務員 色々な文章を作成する側に位置する者たち そして戦術や戦略立案に関わる場所に位置する者たちの大部分がいらなくなる

なぜならば チャット GPT に関連する人工知能は 初期費用はかかるけれど その後での追加費用は基本的にはいらない

金を取らない 非常に理想的だ だから その職業と言われている分野で起きている ライバルの登場

これが 人間という存在そのものに対してのライバルの登場

ここまで 現状の世界は進んだ。これは さらに尖っていく これを止めることはできない

良いとか悪いとかを言っているのではない ではどうするのか

我々はここで人間になるものは何なのか 本気で考え行動し続け 社会に表しそれを共有 伝達 し続け 新しく更新し続けなければ人間なるものの定義はあやふやにぼやけてしまう

そして人間そのものがいらないではないか 死んでも良いではないかという ネガティブな 厭世的な死ぬということをベースとした社会を自ら引き寄せてしまう

この場合の死ぬというのはちょっとした苦労や困難に到達したら人工知能がいるのだから自分は死んでもいいではないかという問題を解決しない生命体

その頭数の増殖する惑星 という意味だ 地球は人間が0になっても構わない バカはいらないと決めた

だから自らで諦めてしまう問題解決を行わない 存在というのは地球からすればバカだいらない

私はその側には達したくない 生きたい

なので必死になるのでこうした人間のライバルとでも言えるものの情報にももちろん 敏感に これを 察知する

あなた あなた方領域 座標は生きるということに対して本当に鈍感だった 無自覚 だった

ただ ぼーっと ご飯を食べて排泄して眠っておれば それが生きていると思っていた

もはやそんなものはいらなくなる もはやそんなものが生きて行けなくなる社会に移動していく

それが 環境の激変 となって現れる人々の大量死亡となって現れる

そういうイメージで我は私は これからの地球 世界というもの見ているのである


ーー 記事 開始 朝日 412

今回の愛知県議選では労働組合の組織内候補の落選が相次いだ。現職3人が議席を失い、後継の新顔1人も涙をのんだ。

立憲民主党ベテランの後継新顔も落選するなど、かつて「民主王国」と呼ばれた愛知でも旧民主党系の退潮傾向が鮮明となった。内部からは、労組頼みの選挙戦のあり方を問う声も上がっている。(佐藤瑞季、柏樹利弘、小林圭)

8人が立候補した県議選の豊橋市選挙区(定数5)では、労組の組織内候補で無所属現職の広田勉氏(53)が落選し、衝撃が広がっている。「まさか落選するとは誰も思っていなかった」。ある労組の組織内県議は驚きを隠さない。

広田氏は豊橋鉄道労組出身で、市議4期目途中に立候補した昨年2月の補選で初当選した。当時は2万6963票を得たが、今回は1万1631票。半分以下と、伸び悩んだ。

「豊橋は完全にノーマーク」

連合愛知幹部も県議選後に面会した労組関係者に「豊橋は完全にノーマーク。落とすとは夢にも思っていなかった」と漏らしたという。

ーー 記事 終了


日本のリベラル 自由主義 どうやらを自称する勢力は 誰一人として経済金融 防衛 安全保障 食料 エネルギーなどなど の根幹的な政策に対して何一つ 国民に発信をしてこなかった勉強もしてこなかった

クチを開けば 人権 glgbt 夫婦別姓 反原発 外国人参政権などなどといった 日本人の実際の生活には全く関わりないことだけを政治ごっこだけをずっとやっていた

そして 選挙の時になると 普段 労働組合 組合員を 一切 守ってこなかった 現実に給料をあげるための運動をしたり 休暇時間を増やすための活動したりということを何一つ しなかった 労働組合の関係者が 特定の人物に投票しろと命令だけをしてくる

そのようなものに従う 言われはない 見返りがないことを強制をするというのは自分の奴隷になれと 主張している命令しているのと同じだ

全てのリベラル 政党にこの構造がある

公明党や 共産党はそれらを支える 固定票 老人たちが これからどんどんと 死ぬので 彼らは 政党の性格を変えざるを得ない

そしてこれはリベラルを称する連中もそうなる どうなるかといえば 世界中で人口消滅の動きが起きる 有権者がそもそもいなくなる

そうなると これら どうでも良いことを主張してなんとなく の投票につなげていた奴らの断末魔が速攻で近づく

彼らは仕事を失う 彼らは国民のことなど考えていない 自分の政治家としての地位と高い 給料 議員としての特権 そんなものしか考えていない

だから彼らは 来年以降 顕著になると私は見ているが 日本の中での外国人の権利を最大限 優遇するテロ団体に変身していく

日本で生まれて育って日本語で読み書き 思考してきた人々の人権や幸せなど無視して外国人のためにのみ存在する政党になっていく

今ですら その傾向が顕著だがそれが もうどうしようもないほどに 隠しきれないほどに拡大していく

そしてもちろん 彼らの背後に中韓がいる 北朝鮮もいる

宮古島での陸自の 幹部たちが乗っていたヘリコプターが明らかに撃墜されたように 戦争はもうとっくに始まっている

リベラル 政党たちは政治資金を明らかに中国人たちを含める 外国人からもらっている 1年前まで中国人でした という 帰化 中国人

しかし 心は 忠誠は100%中国にあって日本には全くない者たち から 山ほど 政治献金をもらっている

そういうものたちが 誰のために働くのか あなたは真面目に考えてみることだ

今日本は本当に某国の危機にある では 日本とは何なのか

我々日本人とは何者なのか 何を持って 日本とするのか

ここから我々は大きく 逃げてきた 我々が逃げてきたから この外から奪い取る奴らは 勝手に日本の姿を決めつけて 日本で生まれて 読み書き 思考する私たちにそれを押し付けようとしてきている 騙そうとしている

そうした 侵略の最中にあるという理解がないものはこれからさっさと騙されて 奪われて消える

ぼーっとしてるやつは本当に消えていくのだ 死ぬという意味だ

それは人間的に生きていても ゾンビとして生きていく自覚のないまま大きな力 命令なままに生きていくのだから死んでるのと同じだ

そうした事柄で新しい世界に向かう 中、古い世界が壊れていく

しかし 古い世界の中にある支配と同化と隷属を求める連中が最後のあがきを我々を生贄とすることで自分たちの姿や色彩を保とうとしている

この現実を あなたはあなたなりのセンサーで演算で理解していただきたい


ーー

西側世界の中に認識阻害をしかける中国の姿が見える。 米国の中から流出したとされるロシアとウクライナ関連の情報というものは、チャット関連のサイトから漏れたとされているが、それらの胴元は誰かということをみると、中国ではないかなあとわたしは判定する。

中国は中東和平を上手なタイミングで、サウジとイランの交戦状態を停止させて、国交回復につなげたが、これがロシアとウクライナの停戦にまでつながるのであれば、彼らの国家の商品価値は上がる。

だからといって、彼ら地域に今更大きな投資の流れがあるとは思えないが、外国機関から短期のドルを融通するときに便利なのだろう。 適当に言っておく。 中国に関しては彼らの都合のいい思惑が多すぎるので、あまり深く考えても意味がない。

黄砂が国内を席巻する。 わたしはこれらのサンプルを行った集団が、やっぱり現時点においても過去の中国が行なった核実験からの放射能を出す領域が混ざっているというのを突き止めた、という関連の情報を読み、まあ、あり得ることだろうなあと勝手に納得をしている。

我々はこれからの突然死の全世界的な発生を「 複合汚染物質微粒子」 の拡散によるものが主な原因だろうというのを今から8年くらいまえに受け取っている。 その時点で武漢肺炎の概念はなかった。 これだけで人が大量に死ぬのだろうとわたしは思っていた。

だが今のワクチンとの関連というか、合わせ技で考えた時に、この複合汚染物質微粒子の存在は効果的なギミックになる。 そして2000年以降における中国の経済発展、石炭火力発電所の増築と、ヒマラヤ水系からにおける膨大なダムの建設が、北半球に多大な異常気象を引き起こした・・

・・ということの関連を調べていたサイトがあったそうだが、それらがきれいに消えているという情報を受けて、我々の世界はウソで充ちているのか、または、真実を隠ぺいする力があまりに強いのか、そのどちらの側に立てばいいのかとわたしは戸惑っている。

たばこの消費本数が激減しているのに、肺がんが激増しているということの因果関係を伝える人がいない。 それは中国の経済発展と明確にリンクしているのだという概念を明確に伝えない。 わたししはウラン石炭に関連したものだけが問題かと思っていたが、これら黄砂、つまり

ロプノールからあのあたりで山ほど行われた核実験、これらの原因がいまだに人類を、そして特に中国人の多くを苦しめているという事を知らなければならない。 恐らくはオミクロンで簡単にあれだけの人間が死んでいったのは、その辺にあるのだろうとわたしはにらむ。

既存の世界が終わるなら、その終わり方を学問的にきちんと理解して、出来る範囲で明確明快に多くの人々に伝えて共有しなければならないのである。 それが文明人であるものの勤めなのだから。


  この世界を解析せよ


終了

2023・412水曜(令和五年)


ーー 記事 開始 グローブプラス 410

話は冒頭の、新聞の衰退についてだ。

なぜ、新聞各社の売上減は単に経営陣が世間の感覚からずれており、今もなお間違っているからだと言い切れるのか。

新聞社の本質的な強みとは本来、「知性ある記者・編集者」が「取材やエビデンス」に基づき、「信用できる情報」を届けてくれることにあったはずだ。

だからこそ戦後、新聞人は知識人とされ、多くの政治家まで輩出し、「第四の権力」と言われるほど国民の強い支持を得続けてきた。

であれば、これこそが、いい加減な情報が流布するインターネットメディアの時代にあって、形を変えながらも守るべき存在意義ではなかったのか。

グンゼが磨き上げた最高品質の生糸を横展開し、絶望的な環境の変化をチャンスに変えたように。

にもかかわらず、発行部数が減少傾向になると経営陣は各社とも浮足立ち、この一番大事な本質を見失った。

そして自社のコア読者層に迎合し、言説の先鋭化が進み、客観性を失い続けている。

このような本質を放棄した方法で、発行部数も売上も維持・回復できるはずなど無いではないか。

もちろん全ての会社、全ての記事・紙面がそういうわけではない。

今もなお、会社により高い志で紙面づくりに尽力している素晴らしい記者がいることも、私は知っている。

しかし「悪貨は良貨を駆逐す」のことわざ通り、ファクトの疑わしい恣意的な言説が僅かに混入するだけで、もうその紙面は全てが台無しになってしまう。

できたての美味しいラーメンにたった1滴の泥水を垂らすだけで、もうそれは誰も食べられない生ゴミになるということだ。

「善い人が良い糸をつくり、信用される人が信用される糸をつくる」

グンゼの創業者・波多野鶴吉が定めたこの創業の原点をみて、新聞各社の経営者は今、何を思うだろうか。

「善い記者が良い紙面をつくり、信用される記者が信用される紙面をつくる」

という想いで、自社の社員を大事に育てているだろうか。

環境の激変を乗り越え137年、強く逞しく成長を続けるグンゼの歴史からぜひ、多くのことを学んで欲しいと願っている。

余談だが、同社は1987年(昭和62年)、祖業である生糸の製造から完全に撤退し91年の歴史に幕を下ろしている。

では今のグンゼは、波多野がつくった会社とは別物なのだろうか。

私は決して、そう思わない。

経営者が創造するものは“本質的な価値”であり、創業の理念は今もなお、経営陣によって墨守され続けているのだから。

グンゼの歴史や経営陣のこのような決断は、創業の地・京都府綾部市に所在する「グンゼ博物苑」を訪れれば、より肌感覚で体験できる。

明治時代の社屋が今もそのままに博物館になっており、訪れるだけでも楽しめる場所だ。

京都駅から特急で1時間以上かかる長旅になるが、それだけの価値がある場所である。

ぜひ企業や組織のリーダー、リーダーを志す人には一度、足を運んでもらいたいと願っている。

蚕糸業の歩みを伝えるグンゼ博物苑=2017年11月、綾部市青野町、大久保直樹撮影


桃野泰徳ライター、編集ディレクター

ティネクト(株)取締役CFO、(株)鹿せんべい代表取締役。大和証券をへて、中堅メーカーなどでCFOやTAMを歴任し独立。近現代史や経営論を中心に執筆中。大阪防衛協会賛助会員、習志野自衛隊協力会法人会員、日本国自衛隊データベース管理人。

https://globe.asahi.com/article/14874101
ーー 記事 終了


売るために売れるために センセーショナルなるな 衝撃的な内容 嘘を膨らませて文字にして印刷して出す

そうしたことを 今の新聞はどんどんとやっていった それはライバルとしてのネット 個人端末が増えるにつれて そのようなショックドクトリンの変形 バージョンとでも言えるものを やって行かなければ誰にも相手にされなくなったからだ

耳目を集めるというやつである そしてもっと言えば もともと新聞というものは国民を支配 コントロールするという強い 目的があったが その座に構成している 座っている人々というものは自分なるものが人間とは違う 他の存在であるとでもいったとんでもない間違いを 傲慢を心の中に 抱えるようになった

その結果 彼らは自分自身が 嘘を書いているということの自覚がなくなった

そうしたものを頭の悪い学歴のないお金もない 何もない 庶民はしかし きちんと見抜いた

余裕がないから 新聞が買えないというのもある いずれにせよ 彼らの多くは滅んでいく 紙切れに印刷したものは残るとは思う

しかし 今までとやり方を変えなければやっぱり相当に難しいだろうなとは言う


ーー 記事 開始 日経 410

住友金属鉱山、28年にもリチウム生産 独自の抽出技術

住友金属鉱山は2028年にも電気自動車(EV)用電池などに使うレアメタル(希少金属)のリチウム生産を始める。純度の低い原材料から高効率でリチウムを抽出できる独自の技術開発にめどをつけた。

海外の資源開発大手を軸に今後協議に入る。経済安全保障上の重要物資であるリチウムは安定調達が課題だ。新技術をテコに海外勢がほぼ独占していた権益の確保に動く。

住友鉱山はリチウムイオン電池の中核部材「正極材」の世界大...

ーー 記事 終了


住友金属が開発した新しい 吸着剤によって 今まで 取り出すのに1年ぐらいかかっていた リチウムを1週間で取り出すことに成功したその目処が立ったということのようである

本当ならば本当だと思うが 素晴らしいことだ 中国 はこのレアメタル レアアースの資源の供給を独占することによって全世界 支配を本当に企んでいる

そのために 電気自動車という 人類の進歩発展にとっては 3段階 ぐらい 低いものを押し付けているのである

彼らの頭の中には コントロール 支配 しかない そういうものを 旗振りにさせる 前に我々 西側が知恵を絞って それを乗り越える 新しい技術を出していくしかない

支配に対抗するものは 技術しかないのだ 支配に対抗するもので新しい概念

どれだけ思想を生み出しても その思想を持っている同志を増やして行動したとしても 兵器の前には全てうち 倒れる

体制を変えるには 人々の意識を変えるには 新技術の開発とそれの全人類に対しての普及

現時点 それ以外 人類を 次の段階に導く方法はないのだ 我々はそれほど 劣った存在なのだというところから始めなくてはいけない

嫌であろうとも嫌な現実を見つめる そして変えるところから始めなければならないのである


ーー 記事 開始 ヤフー 412

防衛省、三菱重に3781億円で発注 「反撃能力」の主力装備

防衛省は11日、「反撃能力」の主力装備となる長距離弾の量産・開発契約を三菱重工業と結んだと発表した。契約額は12式地対艦誘導弾能力向上型の量産など計3781億円。

このうち12式の地上発射型は契約額1734億円で、今年度から量産に入る。納入は26年度と27年度を予定しており、できるだけ配備を早める。

高速滑空弾の量産は1194億円、潜水艦発射型誘導弾の開発は584億円で発注した。

ーー 記事 終了


日本はその国力から考えて兵器開発にその注力を今以上に傾ければ相当に精度が高く しかも 値段の安い 素晴らしい兵器をたくさん作り出すことができる

それをされると困る人々が日本に軍国主義がどうのこうのと綺麗なことを投げつける

中韓 これらの勢力が顕著だ。最近 その動きが しかし彼らの無能な 害悪な兵器 という言い方をするが 金の無駄な粗悪品を使わせられるもの 押し付けられるものの立場として 日本の兵器が国際市場に出てくることを渇望する勢力がいる

ということは知った方が良い 彼らは中韓に足元を見られてゴミを押し付けられている そうしたことも 一般の書籍の中からたくさん 情報が取れるのだけれど この兵器というものと一般商品というもの 別に考える 愚かな人々が多いので

これらもまた商売品の一つの品でしかないという考え方をそこに到達できず そしてずっと 何々してはいけないのだという設定 構文のもとに 自分のみならず 他人に支配を仕掛ける

存在が許されないような愚かな座標に落ちている 良い悪いも たった一人の脳が絶対的指標的 演出を持って 決定 決めつけてはならない 責任も取れないものは しゃべるなということだ


ーー 記事 開始 共同 411

潜水艦に長射程ミサイル搭載 政府、開発へ三菱重と契約

防衛省は11日、潜水艦から発射可能な長射程ミサイルの開発に着手し、今月7日に三菱重工業と契約したと発表した。開発期間は2023~27年度。相手国の艦艇に加え、対地攻撃も可能な仕様にする方針。

地上や艦艇、戦闘機から発射するタイプと共に、他国領域のミサイル基地などを破壊する反撃能力(敵基地攻撃能力)への活用も想定する。

潜水艦への搭載は、発射拠点を多様化することで全ての反撃手段を失う可能性を低くするのが目的で、防衛省の担当者は「潜水艦は相手に見つかりづらいメリットがある」と強調。一方で発見されなければ相手国付近からの発射も可能になり、周辺国の反発を招きかねない。

ーー 記事 終了


自国の防衛体系を他国と相談して他国の顔色を伺いながらやる バカはいない

共同通信 というのは 中韓北朝鮮 これらの儒教圏域にたくさんの派出所というか 支社というか そうしたものを持っている お金もたくさん置いている

それらの全てを守るために彼らは明確に彼らに忖度をする 元々 真っ赤な人たちであるということはわかっていたが 最近彼らは自分の姿を隠そうともしない

この共同通信を生かしているのは 地方紙 全国合わせてどれぐらいあるものか 1500万部 という数字を聞いたことがあるがそんなに多いはずがないだろう 550万部 ぐらいではないかと思うのだが

それらの地方紙に共同通信が 海外の出来事の記事を配信している その1年間あたりの契約が7000万円前後だという話を聞いたことがある もう少し高いかもしれない

それを 地方紙の数でかけてみれば 単純な共同通信の 売り上げの柱だとわかるだろう

こういうところを潰していかない限り 日本の中のおかしな領域 つまり 支配するものと支配されるものが いて当然だという考え方から人々が自分自身でものを考えない奴隷や家畜のまま として生きる その状態 その歴史 積み重ねが続いてしまう

そこから自分自身で立って歩いて行く という考え方の発生が全く見られない 愚かな日本日本人というものが続いてしまう

共同通信 というものは日本人を そのような奴隷の状態に押しとどめるためのシステム装置として機能している これを破壊しないことには 抹消しないことには我々には 次の段階はないだろう

これは 共同通信だけではなく 既存の全てのマスコミ 特に NHK がひどいなと思うがそうしたものに対する 率直な見え方である


ーー 記事 開始 フォーブス 411

インターネット上のデータ処理やサービス展開に欠かせないデータセンターですが、その需要の高まりと比例して熱問題が深刻化しています。これまで冷たい風を送って機器の温度を下げる空冷式が主流でしたが、夏の酷暑が続く日本ではもう限界と言われています。

そこで今注目されているのが、機器を丸ごと特別な冷却液に浸してしまう液浸式です。

液浸式は冷却効率が大変に高く、そのため消費エネルギーも少なくて済み、騒音も少ないといういいことづくめの方式です。KDDIが2024年の商用化を目指して開発中の液浸冷却システムは、このほど行われた実証実験において電力消費量を94パーセントまで削減することに成功しました。

データセンターとは、インターネットサーバーなどのIT機器を運用するための専用施設のことを言います。そこでは大量のサーバーマシンが稼働するため大量の熱が放出されます。

ネット利用の急増にともない、世界各地でデータセンターの建設ラッシュが続いていますが、データセンターが放出する熱や、その冷却のための電力需要などによる環境への影響が大きな問題になっています。

KDDIは、三菱重工業、NECネッツエスアイと共同で、2020年から液浸技術の研究開発を行ってきました。

そしてこのたびKDDI小山ネットワークセンターで行われた100キロボルトアンペア相当のIT機器を使った実証実験では一般的なデータセンターの消費電力と比較して電力消費量を94パーセント削減できました。データセンターのエネルギー効率を示すPUE値は1.05を記録しています。

PUE値とは、データセンター全体の消費電力をIT機器の消費電力で割った、データセンターのエネルギー効率を示す値です。なので、1が理想とされ、数が小さいほど高効率となります。

IT機器以外では照明などの設備も含まれますが、冷却に関する電力が大部分を占めます。一般的なデータセンターは2.0程度と言われているので、1.05は非常に高効率です。さらに騒音レベルも、地下鉄の構内ほどの大きな音がする空冷式から約35デシベル軽減され、日常会話レベルとなりました。

ーー 記事 終了


本来 中国という 座標がなければ このような無駄なことはしなくて良かった

それこそ世界を本当に支配してやろうと捉える グローバリズムと今は決めるが それらの人々の思惑 から外れた こんな動きは多分なかった

しかし 支配 だけを求めている彼らというのはどのような動きがあっても支配することのみに自分の能力を展開するということに特化しているので こうした ローカルな動きがあっても動揺はするまい

中国が崩壊するだとかどうのこうのと言ったところで 結局 現実の投資の動きは中国に向かっているという事実を知るべきだ

それは中国を超え 太らせた方が自分たちだけは儲かるという 米国の中の支配層の一部 これが中国共産党と密接につながることによって 自分だけの利益の獲得一族 眷属の利益の獲得 そうしたシステムを構築してしまったからに他ならない

ジャパンディスプレイが 最新の有機 EL の 技術を持ちながら お金がないので 日本国内に工場を展開することができず 中国の 液晶 大手とでも言えるところと 合弁事業を行い 新しい工場 中国に建てるといった流れが決まったのも

そうした 結果的に 日本人の領域を盗むための技術の全体構造であったと私は決める そのようにみなさなければならない

もはや あらゆる 全てが日本から奪い取り 吸い取るというものに直結している

それだけ 彼らの奪い取る側の彼らのマネーのエネルギーの余裕がなくなっているからだ そうしたものは私 あなたなる座標が それなる領域を見つけ出し暴露し 現してゆくことで 消し去ることが可能だ

現れたものは必ず消える それは 逆の意味で言えば 表さなければならないのである

どうもこの言葉を ただ単に 受動的に誰かが何かをタダで 一方的に都合よくやってくれるのだと解釈する座標が多すぎる

精神世界の自称弱い人たちはその概念に耽溺して出てこない自分で何もしないことこそが 一番の 最大利益取得につながると知っているからだ

がそのような行動をとる 座標を地球はじっと見ている そしてそれをこれから 切り離して自分の外側に捨てて行くのだ 捨てて行っているのだ

そういう観点で世界になるもの 見てほしいと私は勝手に言うのである


ーー 記事 開始 佐賀tv

神職には階級があり、宮司、権宮司、禰宜、権禰宜、出仕に分かれています。 宮司、権宮司の方は紫色に白色の紋が入っていて、禰宜の方は紫色、権禰宜の方は浅黄、など職階によって袴の色が分かれているのだそうです。

神職は国家資格。 神職になる方法は、神学科のある大学で資格を取るか2年間の神職養成所を修了する必要があります。

ーー 記事 終了


このような権力のステータスが精度化されている時点でいわゆる 神官にせよ 巫女にせよ 少数の人間が大多数の人間を支配する側のシステムだということがわかる。

そしてこの概念は自称自由を求める 自称真実を暴く と主張している側の連中にもどうやらそれが隠れている

そうしたものを我々は見抜いて結局のところこれらですら コントロールされているかもしれないという理解を得なければならない

私はこの世界の 暴露系 と言われている人たちが いわゆる 霊能力 シャーマン的な能力があるという言葉を漏らした時点でこの人たちは コントロールされているのだな

コントロールされて そして人間世界に特定の方向の言葉を信じさせるために配置されている端末 部品 なのだな という考えを持った

もちろん それが正しいとか間違ってるとか 私には分からない

ただ言えることは私 あなたは潜在意識を読むことができない つまり 心の奥底のさらに奥底では何を考えているのかは分からない

そういうところに直接 働きかけると人間は自分自身で何かを考えて自律的な自発的な意思によって言葉を出していると勝手に思い込んでしまう

が それらの全てが大きく コントロールされてしまっているという状況に陥っていく

この世界の不条理 非合理 陰謀とでも言えるものを暴くような人ですら それらのシステムに大きく はめ込まれていたとしたら 我々人類は 全てのものを目撃し 認識する 我々自身は

自分の考え方のスタート地点 を含める 何もかもから疑うということを開始しなくてはいけない

今まではそれが全くできていなかった そういう だましがあるということにすら一切気づけなかった 気づこうともしなかった

だから人類 世界はこれだけ 迷妄たる 混乱に向かった。今でも向かっている

我々が気づかなくてはいけないのは我々は決して自らの自由意志によってこの存在というものになっているのではないという おそらくは聞きたくない 認めたくない これらの設定から始めることなのだろう

と私は勝手に思っている


ーー 記事 開始 トゥギャッター 412

@
エヴァ最終回やってたから見たけど
リアルタイムでこれ見せられたらアンチになりそう

@
あの伝説のエヴァ最終回やってんのか~
当時の賛否両論ぶりは凄かった

@
今日、エヴァTV版最終回の再放送だったのか
リアタイ当時SNSが浸透していたら、炎上待ったなしだろうなぁ…

@
我々みたいな10~20代の若いオタクがエヴァの最終回を肯定的に受け取れるのはYouTubeとかに解説動画とかがいっぱいある時代だからだと思うんですよ。
でも当時はそういうのが無かったし初見でアレをお出しされたら誰だってブチギレるし今の時代だってTwitterとかでバチボコに叩かれると思うんですよ。

@
わりとまじでなんで昭和のオタクはエヴァの最終回見て切れ散らかさずに高尚な作品扱いできてたの

エヴァ最終回放映当時の反応について
https://togetter.com/li/2123184

ーー 記事 終了


最近テレビで一番最初のエヴァンゲリオンの最終回が放映されていたようだ

それに関して 令和の若者たちが当時はこれを見て起こらなかったのか 呆れなかったのかという疑問を呈していた

いろいろ考察されていたようだが 昭和の時代の人々も 大きく 怒ったようである

それを受けて炎上商法 というわけではないが儲かると見た配給元が映画を 3本だったが 4本だったが 作って結局 儲けた

この世界は儲けたもの勝ちなので怒っただとか載せられただとか 騒いだとかも大きなエネルギーの源として利用できるかどうかを捉える

現実的にテレビの あの 最終回というものは 中身をきちんと表現しなかった

スケジュール的に間に合わなかった 予算がなかった いろいろあるとは思うそれらを管理できなかった ガイナックス 当時の体制の甘さもあった

やっつけでああした エンディングにするしかなかったが それが結局 アニメではなく サブカルチャーの歴史に残る どうした こうしたと難しいことは 貼り付けて 原稿料をもらう連中にとっての餌になった

その見方はある 周りの人がどう思うであれ エヴァンゲリオンというのは大きな商売になった それは今でも続いている それが一番大事なことだ

このエヴァンゲリオンというものを世界に輸出して現実にお金を外貨を日本に呼び込んでいる その観点でこの対象を見返すべきだ

いつまでも アニメのサブカルチャー的な面白い 良かった 悪い つまらないという程度の味方で 認識を止めるということはやめるべきである

アニメ ファンもそのアニメが大好きだという状態を維持したまま しかし 次の新しい段階に向けて自らをステップアップさせる必要があると私は捉えるのであった


ーー琉球新報 412

ファーウェイ日本法人社長が沖縄県庁を訪問 照屋副知事と非公開で面談 事後取材には応じず 

中国通信機器大手、華為技術の日本法人「ファーウェイ・ジャパン」の侯涛社長が12日、沖縄県庁を訪れ照屋義実副知事と面談した。

面談は非公開で、侯社長は終了後の報道陣の取材にもコメントはしなかった。関係者によると、同社側から面会の申し入れがあった。侯社長らは同社の事業内容や脱炭素の取り組みなどを説明。沖縄進出に関する話は出なかったという。

侯社長らは帰り際、県庁1階で鉢合わせた玉城デニー県知事ともあいさつを交わし

ーー記事ここまで


中国の代理人が沖縄のスパイというか中国の関係者であることを隠さなくなった行政の人間に会う。 それは中国がこれから尖閣沖縄を飲み込む流れの中で、それをもちろん計画しているのだが、その結果、沖縄県における支配層に対しての見返りはどうかということの調略。

これしかないだろう。 彼らはそうやって古代の中国における戦を回避するというノウハウを積み上げた。 これらの関係は中国の歴史書物には山ほど出てくる。 彼らの精神構造は変わっていないのだから、これは同じ行動が反復されたとわたしは取る。

なので台湾に対しての侵攻はやっぱり近いと言っておく。 もちろんその前の段階で、2024年の総統選挙でどう考えても国民党の総統が誕生するので、台湾の側から白旗を上げさせる計画はある。

そして沖縄の関係者に今の段階であったということは、宮古島における陸自のヘリの墜落というか攻撃に関連して、沖縄の関係者を脅しにかかったという見方をする。

またはデニーたちが最初からグルだったかもしれない。 わたしはいつもここまで考える。 彼の背後にどういった中国に対しての弱みがあるのかは分からない。 しかしそういうものがあるのだと決めなければ彼の中国に対しての忖度というか、奴隷っぷりのすごさは理解できない。

戦争が始まっている。 ホットウオーになっていないから人びとは気づかない。だが本当にこれは始まっている。 その観点で日本と世界、それらのかかわりをとらえていただきたい。


  ボーッとしている奴は消えていく

 
終了
 

2023・411火曜(令和五年)


ーー 記事 開始 ずんだもん会計チャンネル

なんか発掘されたのだ

https://i.imgur.com/LqK0WOi.png

https://note.com/eucalytemp/n/ne048f6c62cc5
ーー 記事 終了


我々はコラボの問題だけでこの団体だけが税金を泥棒していたのかと思っていたが そうではなく日本にある NPO という名前の ほぼ全てと言い切って良いが これらは泥棒 団体であったという結論が出た

このバランスシートを含める数字を見て おかしいと思わない人は商業高校に行って 複式簿記を含める いろいろを学び直した方が良い

これだけ ずさんだとは思わなかった 税金 なのである我々の命の

それが 物質化されたものを これだけ ずさんだとは 私は思わなかった

我々はコラボの組織体だけがいい加減なことをしているのかと思ったら そうではなく あらゆる NPO が泥棒 団体 だった そんな言い方をしてもよいのだろう

辻元が新しい NPO 団体を立ち上げたというツイートを見た 結局は泥棒なのだろうと私は決めつけざるを得ない

そしてリベラルと称する側にこの NPO 団体に関わる組織体に足場を置いているものが山ほどいる

みんな泥棒だ そして 外国人 在日 南北 及び中国及びそれ以外の外国人

日本の税金を泥棒するために この NPO というものを立ち上げるための集まりを どんどんとやっている

もはや NPO というものはやめてしまった方がいいのではないか 私はここまで思うのだ

あなたは色々とご自分で考えていただきたい


ーー 記事 開始 時事通信 411

ドイツの「脱原発」が完了する。2011年の東京電力福島第1原発事故を受けて原発の段階的な廃止が加速し、現在も稼働する3基が15日で停止する。

「原発を長く使うより石炭を掘ることを選んだ」―。政府が石炭火力を維持する一方で原発停止を急いだことに国内では不満もくすぶる。原発の地元住民らは、電力供給や核のごみに不安を抱えつつ、最後の灯が消える時を静かに待っていた。

 南部バイエルン州にあるイーザル原発。州都ミュンヘンからは電車と徒歩で約2時間の距離にあり、現在は2号機のみが稼働。周辺350万世帯分の電力を供給してきた。

畑や牧草地に囲まれそびえ立つ巨大なコンクリート建造物からは水蒸気が立ち上る。守衛として30年以上勤めてきたという男性(60)は「あと4~5年は仕事が続けられるだろうが、それでおしまい」と寂しげな表情で語った。

 「申し分ない技術があるのに、取り壊されてしまう」。同原発に近い村ニーダーアイヒバッハのヨゼフ・クラウス村長(60)は悔しさをにじませた。人口約4000人の村にとって原発停止の経済的損失は大きく、「残るのは行き先の無い使用済み核燃料だけだ」と嘆いた。

 温暖化対策が世界的課題となる中、独政府も二酸化炭素(CO2)排出源である石炭火力の完全廃止と再生可能エネルギーの拡大を目指している。しかし、ロシアのウクライナ侵攻を機にロシア産天然ガスの供給が滞るとエネルギー不足に陥り、停止していた石炭火力の再稼働に踏み切った。

ーー 記事 終了


ドイツにはとんでもない 褐炭 がある石炭ではなく 褐炭 だ これをどんな 屁理屈をつけても良いから使いたい

ドイツの産業界の本音が透けて見える もちろん そのまま燃やすことはできるのだが 彼らは 火力発電所から出る様々な物質をきれいにする技術を持っていない

それを持っているのは日本だけだ そして日本には 特許料を支払いたくない

彼らはこれを例えば水素の発生のために使うだとか色々と違う方向で 模索している彼らが 人工 燃料というものの概念を出してきたのはこのドイツの国内にある 膨大な量の褐炭 を使ってグリーンと称される世界で 金儲けのネタとして これを使いたいからに他ならない

石炭を使って良いのなら日本には 地下資源に石炭はまだたくさんある

これを掘り そして 石炭ガス化複合発電 いわゆるコンバインドサイクル発電を使えばその変換効率というものは世界一だ

石炭 微粉 高圧ガス化 それに 水素などを添加するなどを含めて あらゆる技術の展開が全て止められている

これは日本の成長を止めるために 外側 世界 の支配層たちが仕組んだものだ 計画的にそういった概念も調べれば色々わかる

調べもしないものが二酸化炭素が悪だという 低能をさらけ出しているがそのようなものはもはや 呼吸をするのをやめたほうがよい

彼らが 生きることで 二酸化炭素を吐き出すということは地球にとって害悪ではないかとっとと呼吸を止めよと 私はここまで悪辣なことを言うのだ

私こそが 低能の座標であるにもかかわらず それこそが エゴだという言い方も しておく


ーー 記事 開始 TBS 410

「結果いかんに関わらず、公明党さんとの関係というのは一度リセットをさせていただく」

その後、開票が進み、市議会での初めての過半数獲得も実現しました。


日本維新の会幹部
「過半数取れたら、遠慮はいらんからな。公明選挙区に立ちたいタマはいくらでもいるから、全部立てたらいい」

危機感を募らせる公明党は、大阪万博での協力もちらつかせながらけん制しました。

ーー 記事 終了


組織票のみに 頼っていた 公明党と共産党はこれから 苦境に立たされる

新しい人間が全く入ってこない状況下で 彼らは外国人参政権を推し進める

その理由は外国人に自分たちの政党 支持母体である 創価学会や 共産党に入党させてその上で組織の維持 だけを図る

つまり 雇用を確保するために政治的主張を使っているに過ぎない領域に落ちてしまったので 彼らに未来はないだろう

彼らは世界を変えるというよりも今この瞬間の組織の関係者の言及と地位 名誉 それらを守るために 他の人々を利用する 搾取することのみのシステムに変身したという言い方でもある

そのようなものを新しい世代は敏感に 見抜く 今回のように 平均 得票率というか 選挙に関わった人間が45%前後という とてつもなく低い状況であれば 組織票が強い政党が勝ち残るはずなのに 勝てなかった

これは何を意味するのかといえば 彼らを支持していた高齢者 たち が みんな死んだのだ

そして残り5年でさらに死ぬ そこから考えた時に この2つの政党は 消滅に向かうと言わざるを得ない

それを踏まえて 今度はおそらくは外国人の権利を守るための政党というものが新たに出てくるだろうなというのは私の懸念材料というか 未来予測になっている


ーー 記事 開始 ヤフー 411

 京都市議会議員選挙(定数67)で、共産党は党の「牙城」とされる左京区の現職や市議団長を務める北区のベテランらが相次いで落選し、現有18議席から14議席へ大きく後退した。

京都府議会議員選挙(定数60)では、京都市内のベテラン現職らが落選し、改選前から3減の9に沈んだ。全国トップの議席占有率を誇る京都での組織力の低下があらわとなり、退潮傾向が鮮明となった。

 北区では市議団長の井坂博文さん(67)が9選を逃し、同区で共産は56年ぶりに1議席に減らした。左京区では6選を目指した現職の樋口英明さん(53)が落選した。市の行財政改革を止め、民間保育園への補助金や敬老乗車証を元に戻すよう訴えたが浸透しなかった。

井坂さんは党勢の後退について「市議団長として全て私に責任がある。私たちの改革より維新の『改革』が浸透した結果で、台頭を許してしまった。まだまだやりたいことがあった」と声を落とした。

 ほかにも7選を目指した南区の井上健二さん(73)、前回僅差で勝利した下京区の鎌野敏徳さん(58)も再選がかなわなかった。

ーー 記事 終了


共産主義者たちの 独裁者 ファシズムと同じやり方の政治 政党の維持が困難になっていく人々の中で 個人端末の普及によって様々な情報が共有伝達 拡散される流れの中で

多くの人々は潜在意識の中に自由を求める自分という この設定条項を書き込んだ

後は自ら なぜそのような方向に向かうのかわからず だがこの肉体 全体をそこに進ませる

もちろん その逆の肉体 たちもある それは 潜在意識の中に 強固に我に従え という文章を自ら喜んで 書き込んでしまったバカたちだ 痴れ者とも言う

このようなクズたちとの戦いがこれから あと5年間でさらに 熾烈になる

その結果 許さないと決めている 攻撃する側の勢力もともに 対消滅して消える

支配するものと支配されるもの という概念 そのものがこれらの個体 肉体の消滅によってこの地上生活から去っていく

そうしたことの観点で許せないという正義感の強さ 公正を求める教場主義的な自らの態度

それらに耽溺してしまっている自分というものがあるのではないかと振り返らなければならない

私は口だけで いつもかっこいいこと言うのでもちろん こっちの側にいるだろうなという自覚がある

ので そこから出たり入ったりしながら あなたにこうした言葉を投げつけているのである


ーー 記事 開始 ロイター 411

西村康稔経済産業相は11日の閣議後会見で、中国のディスプレーメーカー、中国HKC(恵科)との戦略提携を発表したジャパンディスプレイ(JDI)に対し、6月をめどとする最終合意に向けた協議の過程の中で適切な技術管理の検討を行うよう求めていく考えを示した。

JDIが量産技術を確立した次世代有機EL「eLEAP」について、西村経産相は「ゲームチェンジを起こすことも期待される重要な技術」とした。

JDIは10日、HKCとの戦略提携を発表。共同で複数の工場を中国に建設するとし、6月をめどに最終合意締結に向け協議を進めている。(以下略

ーー 朝日411

西村氏はJDIの有機EL技術について、「幅広く活用領域があって、二酸化炭素の排出量も少なく、コストが安い。ゲームチェンジを起こすことも期待される重要な技術だ」と指摘。

一方、「わが国のこうした技術を適切に管理をし、競争力の継続的な維持・向上につなげていくことが重要だ」とも指摘。経済安全保障の観点から、技術流出を防ぐよう求めていく考えを示した。

ーー 記事 終了


JDI の最高責任者は確か 米国人だ そして これらが自分たちの利益のもとに JDI というものを私物化しているということはよくわかる

彼らは JDI の根管 技術 ゲーム チェンジの技術を中国にただで渡すことで彼らだけが莫大な金を得て そして日本にどれだけの損害を与えようとも 日本人の雇用を止めてしまって中国に雇用を発生させようともどうでも良い

それこそ自分だけは儲かれば良いからだ この JDI の一連の動きを見ていると日本の中からこれからも 根幹の技術と言われているものがどんどんと中国に奪われる

つまり 技術開発および製品開発が中国に丸ごと 泥棒されていった時に我々日本には本当に何も残らない 今

でも残っていないし どんどんと貧乏国家にまっしぐらだ そういうことを踏まえて 高市大臣が経済安全保障の動きをするというのは当然正しい

だからこそ 中国は韓国は高一 大臣を必死になって引きずり下ろそうとする この図式にはわかるだろうか

結局は金だ金をどうやって獲得するのか 中韓は儒教圏域はそれを泥棒で取って何が悪いのだ 日本は下なのだからとやる

そういう 座標が この地球上に残っているという現実を我々は見つめなくてはいけない

ここから逃げ過ぎた 地球市民 だとか 上とか下だとかそういう言葉を使っている間にも貴重な時間とエネルギーが消えていく

これらの口だけで自分では何もしないような座標の一部があなただった

そういうことを踏まえる 世界の全てを見返していただきたい 人をコントロールしてはならないのだ

そして それは物心両面 金の面においても では 正当な利益 自然な流れは何かと 最低限ここからスタートしなくてはいけない

のだが そこに すら 人々は至っていないというのが 私の見え方になる


ーー 記事 開始 共同 411

中国、日本に主権侵害の停止要求

日中両政府が10日開催した「高級事務レベル海洋協議」で、中国側は沖縄県・尖閣諸島や台湾を巡り、中国の領土や主権を侵害する言動を停止するよう日本に要求した。中国外務省が明らかにした。

ーー 記事 終了


公式な政府が沖縄と尖閣諸島の領有宣言 つまり 中国のものであるということを堂々と言い放ったのはこれはおそらく 建国以来初めてのことになる

彼らの本音 だろう そしてこれが 宮古島の島の周辺をぐるりと回っている時に電磁波攻撃によって 計器類の全てを不能にされその上で 最悪の場合においては 人工衛星 軌道からにおけるレーザーの照射によって その性能を止められたヘリ

そして 8人の第8師団のトップたちが全て死んだ事故の成功により彼らが大きく出たと私は取る

あの時間帯に中国の軍事偵察衛星が上空を通過していたという情報が出るか出ないか

私はあると思っているがそうしたものが出た段階で それらの細かい ピース はいっぺんで噛み合わさってしまう

しかしそれはそのように思わせるために流されている情報である可能性もある

もちろんこれは米国の兵器産業の連中がやっている そうしたこと全てをたくさんの広範囲な情報を総合して私あなたは見抜いていかなくてはいけない

騙されるということはあなたに全てを差し出しますということと同じなのだ 私は何度でもこのことを言う


ーー 記事 開始 まとめ

>機体に不具合を起こすような
妨害電波による攻撃はなかったのか。

>ノイズが乗ったり、通信不通になったりと
異常が出ることは避けられない。

https://i.imgur.com/a7NSXPS.jpg

ーー

宇宙ごみを「レーザー衛星」から狙い、
粉々に破壊する──中国

ハワイ上空に不気味な緑色の光の壁が出現 - 中国の衛星から

https://www.asahicom.jp/imgopt/img/426e8e42a1/comm/AS20230213000899.jpg

ーー防衛大綱

https://www8.cao.go.jp/space/comittee/27-anpo/anpo-dai33/siryou1-6-2.pdf

ーーおいちゃん0726

陸自ヘリ事故、ネットで臆測――
「中国に撃墜されたな」「ドローン衝突」「電波妨害」 
根拠は?…元幕僚長「ミサイルなら粉々に」(日テレNEWS)


電磁パルスの攻撃やな、
電気系すべてイカレるので連絡もできずそのまま落ちる・・

ーー 記事 終了


事故が起きた 数時間前から沖縄の様々な レーダー 関係がおかしなことになっていたという報告が Twitter に 山ほどある

これはひょっとしたら 嘘かもしれない つまり 中国がやったのだと思わせるために 米国の側が AI などを駆使した 書き込みシステムを使って日本人を騙そうとしているのかもしれない

考えればどれだけでも出る しかし おそらくはおそらくは という言い方をするが 中国は今回の作戦のために事前にハワイ など各種で上空が光る オーロラのような変な動きがいくつも 観測されていた

去年の段階でこの 第8師団に関わるような色々な 暗殺計画を 企んでいたのだろうなと推測はできる

つまりそれは日本の防衛省の中に政治家の中に 経済関係を含める 何もかもに中国のスパイが複雑に深く入り込んでおり それらの情報が漏れていたというところから来る

しかし もう一つは言えるのは米国の中の兵器産業と言えるような連中がカバールだとか ディープステートだとか言えるような連中がそのように 日本人を騙す 思わせるために そうした 撹乱 情報認識阻害を放っている可能性 ここまで考えなくてはいけない

少なくとも言えることはあれは事故ではなかっただろう 発見した時間 目撃された時間が1時間以上 食い違っている

おそらく 撃墜されてから 即座に自衛隊関係者は現場に向かっているのだが その部分を悟られたくない 中国に撃墜されたのだということを悟られたくないために一斉に隠蔽工作が仕掛けられた

過去に沖縄から 緊急 スクランブルのために 出て行った 2期の戦闘機だったと思うが それが中国の戦闘機によって尖閣付近だったと思うが 撃墜されている

そうしたことも 伏せられている これは安倍政権の時だったと思う

我々と中国との間には本当に戦争が始まっている ここから目をそらさせようとするもの全てが これは 限定しているが日本人の敵だ

しかし 日中戦争というものを 米国の欧州の少数の勢力の利益の獲得のために行わせられて はたまらない

全てを見抜け そして一番最適な合理的な回答 それぞれの個人が見つけ出さなくてはいけない


ーー 記事 開始 まとめ 411

どうやら日本だけではないようだ

2019年のインド軍用ヘリ墜落 
印軍制服組トップのビピン・ラワット国防参謀長ら
14人が乗る空軍ヘリが墜落

2020年の台湾軍用ヘリ墜落 
搭乗していた台湾軍制服組トップ参謀総長ら8人死亡   

2023年の日本の事故  
第42即応機動連隊トップ第8師団長

中国と対立する他国でも軍高官の不幸が続いてる

ーー

民間人に目撃され
バッチリ撮影されている水しぶき後の黒煙
黒煙が上がっている時に海保の巡視船と航空機が
来てるのも民間人にバッチリ目撃されている

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe1a8d10c4797095f3686bfab2b3136a211ecfb5

2022年2月の
空自アグレッサー隊長機墜落と同じように
穏便に事故で済まそうとした日本政府にとって
民間人に目撃されたのは大誤算だな

この黒煙がヘリで機体発見と発表しても
レーダーロストから1時間も、
救難信号も出さずにヘリは
どうしていたんだとなるし

この黒煙はヘリでは無いと発表しても
じゃあなんなんだとなるし

民間人に目撃されたせいで
穏便に事故で済ませられなくなった

ーー 記事 終了


私はヘリコプターのローターが止まったらどのような状態になるのかを簡単に調べた

ローターが破壊されていないのであれば ゆっくりと落下していって この場合 海 だから 着水 する

つまり 中の人間が死ぬという状況にはならないのだ そうだ

これは 状況によって違いがあるから 私は正確に何かを伝えているわけではないだろう

しかし今回のように 空中で爆発したかのように一瞬にしてその存在が消えるだとか 急激に落下して水面にぶち当たって炎上しながら海中に潜り込んでいくとかそういうことはまず起きないのだ そうだ

回転翼が空気の抵抗を受けながら自然の状態で回り 落下速度を落とす このようなイメージで見ているが 詳細はわからない

ただ言えることは同じ高さから 同じ質量の羽のついていない物体を落とすよりははるかに ゆっくりと落ちていくのだそうである

つまり 回転翼が止まった状態においてのコントロールの仕方というものも ベテランパイロットというかその運転マニュアルの中に教育として教える そのようなシステムがあるそうで

どうもそこから考えた時に 今回のヘリコプターの急激な 落下 そして消滅爆破の動きは明らかに 人為的なものであり 爆発物を仕掛けられたか ミサイルで落とされたか そして今やっぱり出ているレーザー 軍事偵察衛生によるレーザーの照射によって 回転翼の部分など止められてしまったか

そうしたことが本当に伺われるのである もちろん それが中国ではなく 米国による兵器産業 一部の勢力の関係 これもあり得る

米中とだからこの2カ国にとりあえずは 絞ってよいと思うが 現状 時点 一番得をしているのは誰かといえばどう考えても 中国 だ

だから 現時点では中国がこれをやったと決めて世界の流れを認識してもあんまり間違っていないだろうな と 私は捉える

それでもやっぱり私は米国のカバールだったか ディープステートだったかに騙されているのかもしれない 頭がおかしくなる

だから私は認識阻害の空間が時空間が大嫌いだ


ーー 記事 開始 ピアノ好きすぎブログ

なぜ地球には「芸術家」が多いのだろうか?

この本は、内容が濃すぎるので、一言で説明するのは不可能なんですが、

かんたんに最重要ポイントを話すと、

「地球」は「宇宙の牢獄惑星」でした。という残念な事実です。



いや、、、事実って断定するのはどうなんだ?って話なんですけど。



1「旧帝国文明」と「ドメイン文明」による宇宙戦争があった。

2「地球」は「旧帝国文明」の支配下にあったが、「ドメイン文明」が勝利した。しかし、「旧帝国文明」が作った地球を牢獄惑星として機能させるシステム(後述)は除去できていない。

3「地球」は、「旧帝国文明」の重要犯罪人、性的な変質者、政治犯、芸術家、画家、歌手、音楽家、作家、役者とあらゆる種類の上演者たちが送り込まれる刑務所である。また、他の宇宙文明からも犯罪者を送り込む流刑地になっている。



ここまで読んで、頭が痛くなったと思いますが、、、

わたしは昔から不思議だったのですね。

このブログも、そうは思えない部分もあるけど、一応は音楽やピアノといった芸術ジャンルのブログであるし、、、

いや、どうして「芸術」みたいな意味不明なものに一生懸命になる人たちがこんなに多いのかなあ?って子どもの時から不思議に思ってたのですね。(自分もそうかも?なのが何とも言えないのですが)



それを強く感じたのは高校生の頃でした。

通っていた高校がなぜか、一応は進学校?という体裁でありながら、ふたを開けてみると、役者とか芸能人とか、そういう世界に進みたがる人が多くて、音楽をやってる人も多かったんですね。不思議だなあ、と思っていました。音高とかならまだわかりますけど、普通高校なのに、なんだろ?みたいな。



わたしも、自分や家族や友人の幸福、はいちばん大切だとしても、今、個人的にもっている興味の多くが、ピアノ演奏とか音楽の理解なのかも? 

そう考えると、変なことに興味があるんだなあ、と自分が意味不明に思えることがよくあります。



もしかして、このブログを書いている「ゆう」という人間の魂は、「旧帝国文明」の宇宙の落ちこぼれで、地球という刑務所に服役している魂なんじゃなかろうか、、、?そんな気がしましたね。



なぜ前世の記憶がないのか?

スピリチュアルではもはや常識となってる「輪廻転生」(魂は不死であり、何度も生まれ変わるという説)についてなんですが、

なんで前世の記憶がないの?と不思議に思っていました。



ここは刑務所ですからね、、、逃げられないのですよ。



4 私たちは死ぬと、肉体を離れた魂は、また刑務所のシステムに捕らえられて、10億ボルトの電気ショックによって記憶を消される。

⓹ショックの後、催眠暗示によって、偽の記憶と偽の時間が組み込まれて、地球に戻される。



こんな感じで、魂は自分の本来の本質を忘れたまま、何度も地球に生まれ変わるようです。

https://www.pianosukisugi.com/entry/2023/02/01/100000
ーー 記事 終了

エイリアン インタビュー という本がある あなたはもう読んでいると思う

マチルダ マック エルロイ と言う いわゆる ロズウェル事件の時に宇宙人にインタビューした女性兵士

それらが残した手記を元に描かれた ノンフィクションだ

ノンフィクションとは言ったが それが事実かどうかに関しては 我々は調べようがない

おそらく 真実なのであろうなという立場に立った時では 最近 人類の中に手渡された いろいろな情報とこれを照らし合わせる必要性が出る

そしてそこから得た結論はやっぱり私個人においては よくわからない

なのだ 地球が牢獄 惑星であるという概念はわかる しかし帝国 ともう一つの勢力が争っていたという概念をそこに当てはめると全体構造が何かおかしなものにとらえられる

それはどの次元領域での動きだったのですか と 今度はそうしたことが始まってしまう

わかりもしないのに そうしたことを言わなければならなくなる 我々は本当に小さな認識能力 しか持っていないのだなあと痛感するがそこで止まってもいられない

この マチルダ さんに本当のことを言っているつもりになっている宇宙人もまた彼女、 女だが彼女が 本部の宇宙船から送られてきたデータをそのまま読んでいるに過ぎないのだけれど

その本部の宇宙船の中のデータがそもそも事実ではないということを知らないかもしれない

そこまで 疑わなくてはいけないのが今のこの 騙しが当たり前になった世界だと私は捉える

色々な考え方がある あなたはあなたの真実を見つける それはあなたが自分の立っている場所をどの認識 空間における次元というところに移動させているのか させるのかということを意味しているのだろう な と 私は勝手に捉えるのである


ーー

画面が全く見えないなあと謎の言葉を残しながら続ける。 今回の自衛隊のヘリに関しては、少なくとも事故ではないだろうというのがわたしの中の結論になりつつある。

それが米中のどちらかだろうなあという掴み。 そして中国が果たして「 人工衛星軌道からにおけるレーザー攻撃の完成」 を見ているのかということ。

後は簡単に宮古島にいた米軍、または日本軍の中のスパイ。この場合は米中のどちらの側かは分からないがそれらが工作をした。 

以前小さな爆薬をローターの回転部分のところにしかけられたのではないか、という概念を言った。 宮古島から例えばスティンガーのような肩乗せ携行ミサイルでヘリを狙えばそれはいちころで撃墜だ。 しかし恐らくは違うのだろう。

米軍の兵士が、まるで不可思議なタイミングでこれらのヘリの動画を撮っていた。 それらが第一報の形でメディアに出たが、あの時点で関連の自衛隊レスキューとでもいえるものたちは現場に急行というか、探索をしていたようだ。

あくまで事故で始末をつけたかったがそれができない。 そして過去の事例においてはそうしたおかしな動きがあったのは、日航123便あたりの時と、以前にいった沖縄尖閣のあのあたりで中国に撃墜されたとされる自衛隊のスクランブルのそれと同じ。

だから発表できない何かはある。 しかし当然それが分からない。 もどかしい。 だが補助線として中国が国家として公式に沖縄と尖閣に対しての領土宣言をした。 だから彼らがこうした大きな態度に出るときは「 相手が弱いと見切ったとき」 なのだから、彼らが今回の暗殺を破壊をしかけたのだ、と決めるなら実に分かりやすい動きだ。

勿論その思考過程そのものが、そのように考えさせるための罠である可能性がある。 そうした心の動きを操作するという事に関しては、米軍のノウハウは恐らくは世界一という。 次に英国。

だから自分が何を考えているのかが分からなくなる。 このあたりで考えるのをやめてしまいたくなる。 これが認識阻害作戦の一番イヤなところなのである。 だが真実に向かわなくてはならない。


  騙されて奪われる事からの脱出


終了