――――――――――
2021・1120土曜(令和三年)
――――――――――

チテイ政府と言われる連中が、全人類の削減の他に、この地上から民族というものを絶滅させようとしているというのは知られている。 均質に混ざり合った個体をそれぞれにアタマの上から掴んでしまい、血族血統などにおける結束を破壊して、家畜を育てるように個人を扱う。

そういうものの為には見た目の違い、肌の色、そして言語などを含める違いも認めない。 最終的に人間集団を単一の存在に、彼ら地底政府の連中が使える資源としてのみ存在させる。

その為のワクチンの中にある「 人間を次の新しい存在に進化させる」 ための様々な邪悪な仕掛けがあると我々は知った。 そしてその中にある新しい存在という言葉。 これは人間を幸せにする方向における新しい、ではない。

少数の支配層達が生殺与奪を勝手に握っているという意味での新しい、あたらしい環境設定という意味であって、人類全体からしたらディストピア以外の何物でもない。 彼ら支配層が、自分達の安全保障を脅かす可能性がある生命体を自ら造ると思うのか。 そんな事があるわけがない。

彼らは「 我々はカミとあがめる人類を造る」 で統一されている。 まるで彼らの背後に明確にエルランティなる謎の存在が堂々といるかのようだ。 彼は反転することを拒否したのかとも思う。 知らないが。 彼もまた大きくはこの地球から去るのだろう。 残存する部分はほとんどないのだろう。 わたしはそう捉えている。 それが既存宗教勢力の崩壊の、弱体にそのままつながっていると考えている。


ーー記事ここからツイッター DO@norest 11・20

特定技能2号の評価試験合格者が、現在期限10年が無期限、家族帯同可とのことです。 特定技能2号のレベルは相当高いので「移民の解禁」まではいかないと思います。2号以外に広げる議論になった際に、「移民政策の是非」の議論を始めるのでも良いと思います。
玉木雄一郎(国民民主党代表)
外国人就労が「無期限」になるとの報道。「家族の帯同」も可能だ。これは事実上の移民の解禁。人手不足への対応は必要だが、こんな重大な政策変更をするなら十分な議論が不可欠。現行の技能実習制度や特定技能制度にも問題が指摘されており、速やかに国会で議論を始めるべき。

ーー記事ここまで


日本は年間およそ100万人のひとが死んでいる。 しかし人口数はあまり減っていない風に発表されている。 それは外から入っている労働研修生たちを意図的に日本人口の中に組み込んでいるからだ。 政府も又チテイ政府の奴らに当然脅されている。 その視点がいる。 いや、脅されているのではなくて、嬉々として従っている、かもしれないが。

そして移民政策に関しては財務省が自らの利権の獲得のために税金を上げたいというのと、それらを上げる人的資源としての国民をどうやって維持するかの年金。 これを中国からの移民を相当に増やして、人頭税的に兎に角とりまくって年金や医療に充てるという計画を持っているというのを貴方に言った。 彼らは本当の意味で日本なるものに忠誠を誓ってはいないのだろう。

しかし彼らが忠誠を誓う中韓が、これからみるみる内に人間が消えていく様、これを目撃したら、彼らの権力もついえていく。 日本由来の土人の土民の人々が怒りだすからだ。 


ーー記事ここからヤフー11・17

11月16日にアメリカ国土安全保障省のトップに送られた警告によると、FBI と アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は「天然痘」とラベル付けされた「疑わしいバイアル」を調査している。これはその前日、フィラデルフィア郊外にあるメルク社の研究施設の冷凍庫で発見された。 未分類のその公式な警告のコピーを我々は入手し、それによると、疑わしいバイアル(小瓶)は合計 15個あったと報告されていた。 バイアルのうち 5個は「天然痘」とラベル付けされ、10個は「ワクシニア」とラベル付けされていた。 これらのバイアルの発見によりこの研究施設は封鎖され、その後解除された。 天然痘ウイルスによって引き起こされる病気である天然痘は非常に致命的であると考えられているため、ロシアの研究所とアトランタの CDC に 1つずつ、世界で 2つの研究所だけが天然痘ウイルスのサンプルを保管することを許可されている。 アメリカ人の大多数は天然痘の予防接種を受けておらず、また、予防接種を受けた人でも、免疫力が低下している可能性がある。

ーー記事ここまで


ワクチンは複数回のシナリオがあるとされる。 前回われわれに確定情報としてもたらされたそれは、人類の遺伝子を組み替えてしまい、外からのオンオフリモートによって肉体の状態を支配されてしまうという概念、これがあった。 簡単に病気にさせられるという事だ。 しかも重篤な。

個人の免疫抵抗力を破壊するというゲノムも入れられているとあった。 そしてさらにエイズ、サーズ、マーズ、エボラ、などなどのウィルスも勝手に細胞の中に組み込まれ、ワクチンを投与された人間は以後死ぬまで、それらの致死性のウィルスを自分の体で生産し続ける肉体になり、普段は恐らくそれらは発動していないが、それこそ5Gであるとか衛星からの電磁波などによってオンになり、そのことで簡単に死んでしまう肉体にさせられてしまった、というこの概念を持っている必要がある。

それらの設定が正しいのだとする。 そしたらわたしには昨日だったかおとといだったかに報道にあった、スペースXが衛星軌道上に確か1800機だったかの通信衛星システムの打ち上げに成功して、これからネットワーク構築を行うというそれらの動きが、全人類監視の上の、更に生殺与奪スイッチのオンオフシステムに見えてしまう。 恐らくそうした機能もあるのではないかと思う。

タイミングが出来すぎているからだ。 これからの謎の死という概念。 大量の死という概念。 それとこの新しい人工衛星システム、そして電波オークションからの新しい電波割り当て、特に5G、更に我々の知らない電波帯域。

そういうものが連動しているのではないか、と常に疑っていないといけない。 何も気づかずにいたら1割も残らない、という情報伝達が5,6年前だったかに行われている。 これを思い出すことだ。


ーー記事ここからCNN 11・19

香港(CNN) 中国テニス界のスター選手、彭帥さん(35)が同国のかつての党首脳に関係を迫られていたと訴えた後、公の場から姿を消したことをめぐり、女子プロテニス協会(WTA)のトップが、彭さんの身の安全に関する十分な説明、および彼女の告発に対して適切な調査がなされない場合には数億ドル規模の同国市場を失うこともいとわない考えを示した。 WTAのスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)兼会長は18日、CNNとのインタビューに応じ、「我々は間違いなく進んで事業を撤退させ、この問題に伴う複雑な事態に対処するつもりだ」と明言。「なぜならこれは確実にビジネスよりも大きな問題だからだ」と話した。 ソーシャルメディアに今月2日に投稿され、後に削除されたメッセージのスクリーンショットによると、彭さんは同国の張高麗(チャンカオリー)前副首相(75)が自宅で関係を強要したと告発。以来、公の場に姿を見せていない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4965515cf473bbd674725ea72284e446704990c5
ーー記事ここまで


中国のSNS空間で、政治局員の実名を書き込むことは出来ない。 受付を拒否される。 だからこのテニス選手が副首相の実名を使った告発記事、これが30分にもわたってウィーチャットだったかウェイボーだったかに掲載されたことそのものがあり得ない。 だから背後には習近平主席がいるか、又は今の一連の動きを習近平主席グループがやったことにして、北京冬季五輪を人権の面からボイコットに追い込む江沢民派の攻撃なのか、これが分からない。

確か副首相とやらは、江沢民の時に副首相をやっていた人ではなかったかなあと思う。 そしてこの女性プレイヤーは、昨日だったかの時点でメールが公開され、今日の時点でわたしは元気だという写真だったかが公開されていた。 何故本人が出てこないのか。

亡命したか殺されたか牢屋にいるか。 そんなものしか浮かばない。 後は、これはないだろうが、どちらかの勢力にかくまわれているか。 だが今日の時点で公表された写真には、部屋の写真だったがそこに小さな写真立てがあって、何故かクマのプーさんのぬいぐるみか何かの写真があった。

プーさんは中国では使ってはいけないものだった。 そういうものが決まる前に撮影された写真ではないのか、とも疑う。 または深読みさせるために。

いずれにしても北京冬季五輪の前に起きるような出来事ではない。 何かの謀略だろう。 どっちの側かは分からないが。


ーー記事ここから朝日新聞11・20

 海を渡るチョウとして知られるアサギマダラが、富山県で放された約1カ月半後に、2千キロ以上離れた台湾の離島・澎湖諸島で捕獲された。羽にペンで記された標識番号で判明し、今月中旬に台湾メディアが相次いで報じた。コロナ禍で訪日が制限された台湾の人たちからは、「私もチョウのように日本へ行きたい」との声が上がっている。 このチョウの標識番号を管理する富山県自然博物園ねいの里によると、生態を調べるために9月25日に同県朝日町で放され、46日後の今月10日、南西に約2280キロ離れた澎湖諸島で捕獲された。台湾の捕獲者がネット上に標識番号を投稿したのを同園の登録調査員が確認したという。 アサギマダラは日本のほぼ全土に分布する。薄い藍色の羽を広げると10センチ前後で、寿命は1年とされる。春から夏に北へ移動し、夏から秋に南へ渡る。飛来先で産卵して次世代が再び別の地へ移動。生態調査を行うグループが日本各地にあり、過去には和歌山県で放された後、約2500キロ離れた香港で見つかったこともあるという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b4eaa2fff16ec6edda688fb9ea16b6b5777a1bf4
ーー記事ここまで


薄汚い話ばかり扱ってきたので、何か前向きなそれを置く。 わたしはこうしたチョウの事を知らなかった。 そもそも昆虫が2千キロもとぶことが可能なのかとすら驚いた。 餌とかはどうしているのか。 海の上だったら何も食べられないのだから、絶食の状態で飛行することになる。 それらのエネルギーをどこから確保したのか。

そうしたメカニズムが分かれば、我々人類の肉体がこれから不食に向かっていくということの解明が出きるのかもしれない。 それは腸内細菌が低温核融合、元素転換をすることで、人間に必要なあらゆる物質を造るからであり、人間は究極は食べないし水も飲まなくなる。 するとそれら消化吸収に使われていたエネルギーを他のところに回せるようになるのだから、そこからのチャクララインの調整だとか、そこからの超能力の再獲得、というか、もともとあった機能の再起動が可能になる。

人間の未来は明るい。 それを暗いものにしているのはまさに人間自身、あなた自身である。

我々は物質固定世界に生きている。 しかし宇宙のほぼ全ては不定形の不安定な、ある意味立体映像の様な世界で出来ている。 そこの構成要素の一番重要な部分は、恐らくは想い。 思い、とも書く。 そしてそれは上流の座標の概念ではあるが、時間差を置いて我々の座標にも伝わる。

自らで自らを制限束縛してはならない。 自らを開放しなければならない。 解放しなければならない。 世界をつくっているのはわたしであり、あなたであり、もう一回いうが、わたしだからだ。


  あたらしい世界に足を進めよ


----
終了
----

――――――――――
2021・1119金曜(令和三年)
――――――――――

中国はこれから毛沢東の時代に本当に戻るそうだ。 となると彼らの歴史における毛沢東は何をしていたのか。 これを見なければならない。 彼はマルクス思想も社会主義も何も信じていなかった。 彼は八路軍からの大将として皇帝になることしか考えていなかった。 項羽と劉邦の世界だった。

わたしはこうざっくりと捉えている。 そして彼が自らの権力維持のために紅衛兵を散々扇動し、その上で中国内部の内戦の様な状態から、正確に言えば共産党の内部の権力闘争から、彼ら紅衛兵の側に将来的に大きな組織として毛沢東の前に立ちはだかるふうな動きが起きたら、これを強制的に止めた。 そのような命令を出した。 そして紅衛兵たちを全て田舎に返して、そして皆殺しにした。

正確に言ったら二度と社会の表の領域で権力を行使する、またはそうした真似事が出来ないようにした。 本当に死んだものたちもいた。 そうした歴史を中国人たちは知っているはずなのに、本当に今の習近平主席のやることを認めているのか、だ。

理知的であろうとする人々は眉をひそめているだろう。 しかしそれを表に出すことはないのだろうが。 だがこのままの流れであるのなら、中国は再び土人国家に舞い戻りだ。 

彼らは西洋近代が構築した近代世界500年、これに敗北したことを決して認めないまま、これから亀のように内部に閉じこもる。 そこから飛躍があればいいだろうが、わたしの脳内にその景色は見えない。 人が大量に消えるからだ。


ーー記事ここから共同通信1119

「暴力革命の方針に変更はない」 共産党に関し政府答弁書  政府は19日の閣議で、共産党に関し「いわゆる『敵の出方論』に立った暴力革命の方針に変更はないものと認識している」とする答弁書を決定した。現在も破壊活動防止法の調査対象団体であると明記した。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の浜田聡参院議員の質問主意書に答えた。 共産党の過去の活動に関し「破防法第4条第1項に規定する暴力主義的破壊活動を行った疑いがあり、現在でもこの認識に変わりはない」とした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9dc54b1df721835dfba04f3f093ca47b1c52a712
ーー記事ここまで


中国人たちの潜在意識においてはその内部にあるのは尊王攘夷だ。 我々は中心をさだめその頂点にミカド、これを置いた。 彼らはそれが皇帝になっている。 そしてもっと言えば天、これそのものになっている。 正直わたしにはついていけない。 勿論わたしの理解は浅いし当然間違っているから貴方はアナタで考えてほしい。

つまり中国人たちは、脳内の、更に潜在意識の中において、この地球上で再頂点の存在は我々漢民族であり、その中の中心と頂点の領域に皇帝がいるのだ、輝いているのだ、というフィクションを抱えて放さない。 それでいいのか、とだけは言う。

わたしはあなたに今更愚行権というものの概念を話さない。 あなたはもうそれらの概念を知っているから。


ーー記事ここからブルームバーグ1116

中国が外国技術の排除加速か、国産と置き換える取り組み 関係者  中国は米国など外国の技術を国産のものに置き換える計画を加速させている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。準政府機関に対し、クラウドや半導体など機密分野で国内サプライヤーを吟味し承認する権限を与えているという。 2016年に政府に助言するために創設された信息技術応用創新工作委員会は、信頼できるソフトウエアを運用するための業界標準の確立および人材訓練の支援を政府に託された。
IT応用イノベーション計画の立案と執行を行い、銀行から政府データを保存するデータセンターに至る機密セクター向けに技術を提供するサプライヤーを選ぶ。こうした市場は25年までに1250億ドル(約14兆3600億円)規模になる可能性がある。 情報が公になっていないことを理由に関係者が匿名で語ったところによると、これまでパソコンや半導体、ネットワーキング、ソフトウエアの国内サプライヤー1800社が同委員会に参加するよう招かれた。関係者のうちの1人によれば、数百社が今年これまでに委員会のメンバーとして認証を受け、この数年間で最も速いペースだという。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-16/R2ONPVDWRGG201
ーー記事ここまで


こういう部分がだから彼らの尊王攘夷的な心から出てくる行動になる。 勿論これは中国という国家を内部から作り替える。 つまり内需拡大からの、内部経済をぐるぐると還流させる風な国家にしたいのだろうなあとわたしは考える。 そんなにうまくいくとは思えないが、だが当場の流動性の確保にはつながるだろう。 当場とは直近5年間くらいのことだ。 それくらい生き延びてゆければ彼らはデジタル人民元というものの敷設に成功すると見ているのだろう。

西側の世界は中国に騙されすぎた。 彼らは日本を馬鹿にして、日本を下にして、そして日本の真剣な忠告を一切聞かなかった。 ソ連を承認するなと言っていたのに、米国はそれをやった。 阿呆め。

敵を最初に見つけることが出来なかった連中がまともな解析力と未来を見据える洞察力をもっておらず、その上で国力だけがあったという事が、これが日本にとっては悲劇だった。 こうした言い方をする。 ちょっと攻撃的だなあ。


ーー記事ここからロイター1119

[シドニー 19日 ロイター] - 中国の王晰寧・駐オーストラリア大使代行は19日付の英紙ガーディアンのインタビューで、オーストラリアが米英の支援で原子力潜水艦8隻以上を配備する計画に関し、平和を擁護する同国のイメージが消え、「剣を振りかざす」国になったと批判した。 オーストラリアは9月に米英との安全保障の新たな枠組み「AUKUS(オーカス)」を発表。フランスと進めていた潜水艦開発計画を破棄し、米英の支援で原子力潜水艦を配備することを決めた。 王大使代行は自分と同世代の中国人はオーストラリアを平和を愛する国だと認識していたが、「現在は、原子力潜水艦が遠くにある標的に長距離攻撃を仕掛けるよう設計されていると国民は分かっている」とし、「もはや平和愛好者ではなく、ある種、剣を振りかざす国になった」と続けた。

https://mobile.reuters.com/article/amp/idJPL4N2SA06Q
ーー記事ここまで


だからこうしたコトバの力で相手をコントロールすることを公然と行う。 それは豪州における自らのスパイ組織が今次々と摘発されているということの焦りだともいえる。 そして豪州が原潜を確保してそれらが核兵器を搭載していなくても、長期潜伏されるということが中国海軍にとってどれだけいやな事か、これは説明しなくてもいいでしょう。

豪州が南シナ海周辺にまで公然と出張ってくる可能性。 今まではそんなことは想定する必要がなかった。 豪州という変数を考慮にいれなければならなくなるのなら、南シナ海における中国の戦略はだいぶん変えざるをえない。 兵器開発生産が遅れているらしい。 本当かなとは思うが。 ただあらゆる生産施設の稼働率が70%は切っているそうだから、贔屓目に考えても低いのだろう。


ーー記事ここから毎日1119

中国の王毅国務委員兼外相は18日、日本の林芳正外相との電話協議で歴史や台湾問題に触れ、「両国関係の政治的基盤や信頼に関わる重要な問題であり、一線を越えてはならない」と要求した。中国外務省が発表した。 王氏は一方で来年の日中国交正常化50周年にも言及し、「2国間関係を正しい方向に進める機会とすべきだ」と関係改善を呼びかけた。中国外務省の発表によると、林氏も「相違を適切に管理し、安定的かつ建設的な日中関係の構築を推進したい」と述べたという。 また、王氏は「日米は同盟国で、中日は引っ越しできない隣人だ」と指摘したうえで「中国と米国は将来に関する戦略的な問題について話し合っている。日本も状況を把握し、中国や米国との関係を適切に処理することを期待する」とけん制した。【北京・岡崎英遠】

https://mainichi.jp/articles/20211119/k00/00m/030/083000c
ーー記事ここまで


中国の潜在意識におけるこうした宣伝を、恫喝を、真っ先に喜んで伝えるのが毎日新聞だというのが実に分かりやすい。 そしてこうした恫喝にしても彼らの中における尊王攘夷思想、そしてもっと言えば優生思想そのものの概念がこうしたコトバになる。 王毅などは共産党における序列で20番目くらいの人間ではなかったかなあとわたしは認識しているのだが、なんだか偉くなったもんだなあとかと言うだけのことだ。

一線を超えるなどうこうという命令を出せば相手が言いなりになるというそうした世界ではない。 それをやればやるほど中国は支配統制の為に密やかに前に出てくる。 我々はそれを見抜いている。

西洋の馬鹿たちはこれを理解できなかった。 彼らは中国をなめていた。 しかし彼らの支配層領域の8割くらいがやられてしまった。 わたしはこうした見方をしている。 そしてそれは地底政府と言われる連中、カバールと言われる連中ですらそうだったと見ている。

わたしは今の武漢ウィルスにおける動きを、何が何でも中国は被害者だという概念で語ろうとする人間は例外なくアカイ側の人だと見ているし、逆に過剰に地底政府の力を表現する人々は、結局は911の時に沢山いた人々のように「 ただ騙されるためだけに存在している人達、そして利用されているだけの人たち」 という風にとらえている。


ーー記事ここからロイター1118

[香港 18日 ロイター] – 資金繰り難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団は18日、子会社が保有する恒騰網絡集団の全株式を21億3000万香港ドル(2億7347万米ドル)で売却すると発表した。 株式売却による実現損益は85億香港ドルの損失となるという。映画・テレビ番組配信サービスを手掛ける恒騰網絡は、国内メディアから「中国版ネットフリックス」と称されている。同社には騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が約20%出資している。 恒大の子会社は聯合資源投資控股(アライド・リソーシズ・インベストメント・ホールディングス)に恒騰株16億6000万株を1株当たり1.28香港ドルで売却することで合意。17日終値に対して24%のディスカウントとなる。 開示資料によると、売却額の20%は合意日から5営業日以内に支払われる。残りの支払いは2カ月以内に行われるという。 中国恒大は12月28日に総額2億5500万ドル超の利払い期限を迎える。他の債権者からも圧力を受けており、資金繰りの悪化が多くの住宅建設プロジェクトに影を落としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b1054dafe630d5f4b94d5615978233957f9c80c
ーー記事ここまで


人間の世界のことだ。 それは五感と肉体の限定束縛を大きく超えた動きは誰にもできない。 秘密結社と言われる組織の、本当の上層部がどうやら本気で超能力を持っているのだが、しかしそれを全体なるもので捉えても仕方ない。 大多数の人類は何を思い、何を行動するのか。 これを準拠に世界を構築しなければならない。

中国恒大集団は1110に170億円の利払いを完了した、という報道が出た。 しかしそれが嘘だったというのが1118に判明した。 30日の延長の後の支払いが出来なかったのだから、中国恒大集団は1110の時点でクロスディフォルトを起こした。 そういう事になる。

1118においてドイツの市場監査機構とでも言えるものがこっそりと発表した。 だからそれらの影響がこれから出る。 中国恒大集団の格付けだとかそういうのがどうなるか今は未知数だ。 しかし確実に市場から資金の調達が出来なくなる。 自分の優良資産を切り売りするしかない。

100万円の金額のものを30万円でたたき売って、30万円の紙幣を得るが、70万円の大損をする。 しかしそうしたやり方をしなければ現金が確保できない。 いま中国恒大集団がやっているのはそれだ。 その内に売るものがなくなる。

それ以前にクレジットディフオルトスワップなどの関連で中国恒大集団は国際金融企業たちに17兆円もの支払いの発生がおきるのではないかとも言われだしている。 他の不動産も軒並み崩れる。 彼らも格付けを間違いなく下げられて資金調達が不可能になっていく。

だから中国の未来を楽観視する人間は今の段階でそれを言う人間はどう考えてもあちらの人間だ。


  激震にそなえよ


----
終了
----

――――――――――
2021・1118木曜(令和三年)
――――――――――

ーー記事ここからコロナワクチンの本当の真実
https://rumble.com/voge2f--dr-ariyana-love-stew-peters-10272021.html
パート1
ーーー
https://rumble.com/vp8gqc-covid-19-dna-dr-ariyana-love-stew-peters-20211111.html
パート2
ーー記事ここまで


これらワクチンの真実とでもいえる情報に関してはさっそく火消し部隊が入っている。 それはこの動画のコメント欄などに「 これはカネモウケの為の一時的な情報です」 というふうなものだった。 それが真実そのように思っているのか、工作なのかは判定が付かない。 だが結果として火消しだ。

地底政府と言われる連中のどの辺までがこの計画に深く関与して、そして実行に移したのかが分からない。 つまり蛇の頭が見えない。 彼らは更に上層の何かに命令されているという構造があるかもしれない。 それこそがユーレーの世界からの伝達という事になるが、今はそれに触れない。

問題はこのワクチン接種のあとの解毒、解毒、排出などに関連する情報の公開に向けてどうするかだ。 今出ている情報もある。 しかしそれは完全に確定したものかどうかは分からない。


ーー記事ここから JSF1021
ミサイル観測で初報を間違えてしまうことはよくあることで、過去に韓国軍も2019年7月25日に北朝鮮が発射したイスカンデル型短距離弾道ミサイルを飛距離680kmと推定し発表した翌日に、飛距離600kmだったと観測結果を訂正したことがあります。 日本自衛隊も北朝鮮の新型SLBM2発発射を訂正し、1発だったと発表し直すべきでしょう。韓国軍と情報を共有する日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)もあるのですから。

https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20211021-00264253
ーー記事ここまで
ーー記事ここから毎日1118

単独で会見したシャーマン国務副長官は冒頭で「日韓両国の見解が相違している問題がある。今回の協議とは関係ない問題の影響で、記者会見の形式が変更になった」と説明した。 協議直前の16日に韓国の警察庁長官が島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸し、日本政府が抗議。日本政府関係者によると、竹島関連の質疑で日韓の対立が焦点化されるのを避けるために共同会見は取りやめた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1de92abc5752b50136bab02cdfadf3469a5fb476
ーー記事ここまで


ジーソミアというものがもう事実上破棄されたという事を示す事例だ。 恐らく去年の段階で事実上破棄の状態、つまり韓国の側から全く情報がもらえていないのだろう。 そしていままでの日本だったらそうした状況の公表というか、外部の分析官たちにそのように結論付けられる動きすらもカバーしてきたが、それをしていない。

つまり日本がミサイル発射2発という情報にこだわっていたのは、韓国との連携が実際にはもう破棄されているのだというのを内外の、特に投資家関連に知らせたという意味がある。 こうやって事実上アチソンラインの変更がなされていく。

それらがはっきり出てくるのは恐らく来年の5月予定の大統領選挙あとだ。 韓国の連中は日本のFEZに大きく乗り出してくる。 自国の領土だと以前にもましてやる。 それを日本がどう受けるか。 恐らく今までのような特別扱いがなくなる。


ーー記事ここから東京スポーツ1118

 さらに「外国人参政権は違憲の疑いが強い」とし、仮に地方政治の投票権であっても結果的に憲法違反につながるという見解を示している。 続けて「安全保障上の懸念」を挙げ「『外国人が大挙して押し寄せて、自治体を乗っ取るなんて夢物語だ』『地方政治に国防や安全保障に関わることなどない』という主張は短絡的です。外国人参政権が離島などの小さな自治体に広がっていけば、かなりの権限を外国人住民が持つことは現実的にありえます」とそのリスクを訴えた。 また今回のケースでは市長選で外国人投票条例案について「先の市長選挙ではまったく争点・公約になっておらず、市民への告知もずさんだった」という問題点を指摘。最終的には武蔵野市議会が決定するが「仮に可決ということになれば、他の自治体へ波及していく可能性もあることから、私もいち政治家として懸念・反対の意見を表明するものです」とつづっている。 この条例案には「あまりにも拙速」などと批判の声が殺到。さらに「外国人の参政権の代替として利用されかねない」などと懸念の声があがっているが松下市長は「論理の飛躍だ」などと反発している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/597bfe74fb777093f39e607feb4467dadf58f14e
ーー記事ここまで


いずれにしても儒教圏域に未来はない。 だから彼らは棄民政策と侵略計画を同時に進める。 武蔵野市における唐突の住民投票がどうしたの動きは、間違いなく中国がいるだろう。 この市長とやらが何処とつながっているのか。 この住民投票は即座に地方参政権を与えるという方向に変質し、その上でそれらの動きに逆らう人間は、反対する人間は、全て人種差別主義者のレッテルを張る。

見え見えの動きが待っている。 武蔵野市議会の動向をあと決めるのは公明党と無所属だ。 しかし今の流れだったら決まってしまう可能性が髙い。 そしたら公明党なる存在がどういうものか誰の目にも明らかになる。 しかしそれでも全体が変わらない。 皆無関心だ。

ゆでがえるの様に乗っ取られてしまうだろう。 だから無効化を何としてもしなければならない。 法廷闘争しかないだろう。


ーー記事ここから日経1118

NTTドコモの井伊基之社長は16日、電波の割り当てを価格で競い合うオークション制度について「今後の基本的な方式として検討すべきだ」と述べた。総務省の有識者会議のヒアリングで表明した。落札額の高騰などを懸念してきた携帯大手が制度の導入に前向きな考えを示したのは初めて。 携帯の電波は高速通信規格「5G」の普及で逼迫が見込まれる。総務省は電波資源を有効活用できる方式を探っており、2022年7月をめどに対応方針をまとめる。 競争入札で最も高い金額を提示した事業者に電波を割り当てるオークション方式は米国などが採用している。井伊氏は1社あたりの獲得周波数に上限を設けるなど制度設計の工夫で、価格の不当な高騰を防げるとの見方を示した。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA163SM0W1A111C2000000/
ーー記事ここまで


この電波オークションの動き。 以前だったらそれはいいことだ、とわたしは言っただろう。 今でもその傾向は強い。 しかし今回の武漢ウィルスにおけるワクチン、そして5Gの関連の情報が本当に本当であるのなら、これらの施設、全体構造を使って、これから新たに奴隷人間として生まれてくる、地底政府らにとっての都合のいい新人類を「 外からの遠隔リモート操作で、任意に遺伝子を書き換える」 ことが可能になるシステムの世界を実現する為のものにしか見えない。

だからこのワクチンの真実というものの内容が本当の本当に真実かどうか。 これが明らかにならなければならない。 ところがファイザーだったかは、2063年だったか2036年だったか、それまでの期間、この中身を公表しないと言った。

つまりそれだけの期間があれば、全体を全て支配できる。 人間を書き換えてしまっているという判断が彼らの中に下されたという意味を持つ。

こんなことが許されていいわけがないのだ。


ーー記事ここから大紀元1118

豪州のスコット・モリソン首相は17日、60以上の重要技術の保護と促進を目的とした戦略計画を発表した。中国が念頭にあるものとみられる。 「重要技術の青写真(Blueprint for Critical Technologies)」と題する同計画には、量子技術、人工知能(AI)、遺伝子工学、自動運転技術、5G、ワクチン、ブロックチェーンなど63の主要テクノロジーが含まれている。 モリソン首相は、豪シンクタンク「戦略政策研究所(Strategic Policy Institute)」主催のオンライン会議で同計画を発表し、重要技術の経済的機会と国家安全保障上のリスクとのバランスをとることを目的としている、と説明した。 豪紙、シドニー・モーニング・ヘラルドによると、同計画は、中国が特定の分野の研究で豪大学と共同研究を行うことを阻止できるほか、輸出および外国投資を抑止することもできる。

https://www.epochtimes.jp/p/2021/11/82100.html
ーー記事ここまで


そしてそれらの水面下の邪悪と表面の中国。 これらの動きに人類は個々に対応しなければならない。 人間の認識と理解によって世界は構築され、その中の同じような認識プレイヤーたちが衝突を繰り返す。 モリソン首相が今のワクチンの本当の真実に到達しているひとかどうかは分からない。

しかしどうであれ現行の中国の脅威には対応してみせなければ自らの権力が維持できない。 求心力が消えてしまう。 そしたら豪州などはニュージーランドと同じように完全に属国化する。

地底政府が悪くて中国は悪くない、は通らない。 どちらも大差ない。 そして中国の行っている臓器狩りに関連しては、あれらのウィグルの施設で本当は何が行われているのかを我々は知らなければならない。

臓器だけが抜き取られているのか。 恐らくそうではない。 あそこではアドレノクロムを造っているのではないか。 わたしはこれを疑っている。 そうであるのなら、やっぱり中国に対して弁護する余地はない。 勿論地底政府の連中も。

われわれは何もかもを知らなさ過ぎた。 調べようともしなかった。 関心もなかった。 そういう風に社会が運用されていた。 だがそれに甘えていた。 だから気づいたらこんなとんでもない事が仕掛けられてしまっていた。 多くの人々はワクチンを接種して、このまま何もしなければ死ぬ。

あれらの動画の情報が本当に本当なら。 そしてワクチン接種者同士の両親から生まれる子供はもはや本当に人間ではない。 生殺与奪を握られた人間は、恣意的に簡単に殺される人間は、それはもう本当に人間ではない。 そういうものを貴方はどうおもうのか。 それをきいている。 それを問われている。 わたしはイヤだという。 難しい理屈は分からない。

だが強くいう。 イヤだ。 と。


  表さない人間は人間ではない。 表せ。


  生きるというのはそういうことだ


----
終了
----

ワクチンの本当の真実2 前回の続編

https://rumble.com/vp8gqc-covid-19-dna-dr-ariyana-love-stew-peters-20211111.html


わたしはまだ全編をみていません。 しかし大体はわかります。 それは人口消滅と病人を増やすことで特定の勢力の思惑を実現しようという動きがどうやら本当にあるということです。

病人がずっと病気でおりつづければ、地底政府と言われる人々は永久に設けることが出来る。 そしてそれらの人間の人生に直接関与出来る状態が完成する。

われわれは基本的には健康な存在です。 自ら病気を招いている。 そのシステムを更に強化して、病気が常態であり、更に生殺与奪を独占保持する。

これらの情報が本当の本当に真実であるのなら、われわれ人類はこの動きにどうあっても立ち向かわないといけません。 安穏とした傍観者である人々はまっさきに死ぬのだから。

既存の世界の臨界点に到達したようです。 まだ頂上ではありません。

それを乗り越えなければわれわれに未来はない。 だから情報の共有と拡散と伝達をこっそりとやりながら知恵を絞る。 一気に拡散すると動画は消える。 そうだとみるべきでしょう。

われわれは測定されている。 どう対処するのか。 どう行動するのか。

言葉だけの世界は終わったのです。 そんなものだけで世界は構築されていなかった。 それをいいます。


よろしく、ごきげんよう。



――――――――――
2021・1117水曜(令和三年)
――――――――――

人間力。 つまりマンパワーでそれこそ中国の飽和攻撃的な人口爆弾に対応している米国は、それらの管理運用に関わる概念においての人権を前に押し出すことで自国のブランドの優位性を演出する。 それがいつまでもつかは分からない。 そうしたものは少し前だったら圧倒的な経済的利得の確保競争という旧来の世界のゲームルールにおいては簡単に無視されたものだ。

しかし今は中国がその内政における失策から経済的な外に向けての発信力を失っている。 ある意味奴隷商人たちの寄り合い組合から始まった民主党勢力からしたら、今がチャンスというものだ。

というか、彼らにはそれしか残っていない。


ーー記事ここから時事通信1117

 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は16日、中国政府の人権侵害への対抗措置として、バイデン政権が来年2月の北京冬季五輪に公式の代表団を送らない「外交ボイコット」を近く発表する見通しだと報じた。最終決定はされていないが、バイデン大統領が月内にも承認する見通しという。 バイデン政権は同盟国に決定を知らせる方針。米国に従うかどうかは各国に委ねるが、米国の対応が決まれば日本や欧州などの判断に影響する可能性もある。
 政権が採用する外交ボイコットの適用範囲などは多くの選択肢があるとされ、どのような形態を取るかは決まっていないもようだ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111700373&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit
ーー記事ここまで


北京冬季五輪における行政官ボイコットなど中国にとっては痛くもかゆくもない。 ただ彼らの自尊心は傷つくので非難声明は出す。 彼らの世界は中原の世界から本当に変わっていないので、これらのイベントは、化外の民が中華の王に臣従をこいねがう形になっている。

その事を通じての政権の安定という意味がある。 どうせ競技大会は行われる。 これから大変動がない限り。 そしてわたしはそれが起きるかもしれないなあ、ここまできたら、という立場にいる。


ーー記事ここから産経新聞1117

ベトナム戦争に派遣された韓国軍による民間人虐殺を巡り、生き残ったベトナム人女性が韓国政府に損害賠償を求めた訴訟の弁論が16日、ソウル中央地裁で開かれた。韓国軍の元兵士が出廷し、当時、民間人とみられる約70人の死体を見たと述べ、部隊で「隊員が武勇伝のように(殺害の様子を)話していた」と証言した。 元兵士は海兵隊員として参戦した柳振聲さん(75)で、原告女性が銃撃を受けたとする中部クアンナム省の村での経験を語った。「戦争の残酷さを知らせたかった」ため証言に立ったと打ち明けた。訴状などによると、原告のグエン・ティ・タンさん(61)は7歳の時に韓国軍部隊から銃撃を受けて腹部を負傷し、1年近く入院。韓国政府が虐殺を明確に謝罪しておらず被害救済がなされていないとして、昨年4月に約3000万ウォン(約290万円)の損害賠償を求め提訴した。(共同)

https://www.sankei.com/article/20211116-JRXJ5L2G2RL2TJEV4FRAHH7HMQ/
ーー記事ここまで


韓国なるコウモリ国家は、強い側につく。 それしかしない。 自ら人生を切り開くことはない。 これからもない。 彼らには中国以上の出方戦略しかないのだから、今日の時点などでもと警察長官が竹島に上陸だとかいろいろやってみせた。 そうする事によって日本の世論の動向を見て、その上でどうやったら日本のリソースを奪えるのか。 彼らにはこれしかない。

その行動原理を基本だとするのなら、このベトナム戦争の時の、明らかな虐殺、そして虐殺そのものを間違いなく楽しんだだろう当時の韓国兵たち。 そういうものの断罪の演出に乗ってみせるのは、単純に今の世界が人権で、ジンケンというゲームルールで表面上は回されていることを彼ら自身が素早く察知しているからに他ならない。

しかしそうした連中は結局最後まで生き残れない。 フェザーンたちは滅んだ。 まあ、わたしは銀河英雄伝説は好きではないが。 そういうことだ。 年寄りたちに向けてのリップサービスも大事なのである。


ーー記事ここから大紀元1117

河南省在住の中国人ネットユーザー、関関(グゥァン・グゥァン)氏は、米メディア「バズフィード(BuzzFeed)」が掲載した衛星画像を基に、新疆ウイグル自治区の収容施設などの現地調査を行い、記録映像を制作した。 『新疆の強制収容所を求めて(中国語:尋找新疆集中営)』と題したこの映像は10月6日、YouTube上で公開された。 グゥァン・グゥァン氏は映像の中で「外国メディアの記者は新疆に行けないが、(中国人の)私は行けると思った」とカメラに向かって説明した。 映像によると、同氏は新疆ウイグル自治区クムル市、モリ・カザフ自治県など8の市・県と18の施設を回り、各地の看守所、拘置所、再教育センター、農牧民の職業訓練学校などを尋ねた。 多くの施設の周りには、有刺鉄線が張られ、施設周辺の様子を監視するための監視塔がある。「労働改造」「文化改造」などのスローガンが書かれた横断幕もあった。多くの施設は、中国ポータルサイト「百度」が提供する地図に載っていないという。

https://www.epochtimes.jp/p/2021/11/82040.html
ーー記事ここまで


そもそもが中国が自らの態度を全くあらためようとしない傲慢の海から出てこないのだから、この人権攻撃はある程度の力を持つ。 しかし中国は奴隷労働の為の人員がいなければどうあっても内部の経済が回らない。 自分たちでそのようなものを構築してしまった。 これはもう変えられない。

彼らは2016年までの累積で人民元を2200兆円印刷した。 それを国内外に回した。 これは彼らからの発表だからどうせ嘘だ。 もっと多い。 3000兆円はどうせ超えているだろう。 それらを暴力装置によって統制をやっていたが、もうそれが限界になっている。

だから消費者も生産者も施設も、何もかもの物価指数が上がっている。 恐らくどんなに贔屓目に見ても単独で20%を超えている。 それらは末端の消費者の感覚でいったら1のものが1・5に近いくらいの値上げの単位になっている。

ハイパーインフレが起きるとは言わない。 しかし猛烈なインフレはまだ進行中だ。 そしてスタグフレーションが確認され、これも止まらない。 中国がデジタル人民元の完全完成を実現としないのなら、それで借金を帳消しにするインチキに成功しないのなら、これらの数字は人民元の大暴落につながっていく。


ーー記事ここから大紀元1117

ロイター通信は16日、3人の情報筋の話を引用し、イタリア政府は中国国営企業がイタリア政府の承認を得ずに、同国の軍用ドローン製造企業の株式を取得したことを批判したと伝えた。同国政府は、近く関係者らに説明を求める書簡を送り、納得のいく説明が得られない場合、この買収契約を破棄すると示した。 イタリア政府は今年8月、香港企業のマーズ情報科技術公司(Mars、以下はマーズ社)が2018年、400万ユーロ(約5億1980万円)でドローンメーカー、アルピアビエーション(Alpi Aviation)社の株式75%を取得したことについて、国家安全保障などの分野に関わる重要企業に対する外国企業の直接投資を規制する「ゴールデン・パワー法」を基に調査し始めた。伊当局は、マーズ社はアルピアビエーション社の株式取得を巡って、イタリア政府に報告し、承認を受けるべきだったとしている。 警察当局は捜査で、マーズ社の所有者は中国国営企業2社であることを掴んだ。2社は、国有鉄道車両メーカーである中国中車(CRRC)の傘下投資会社「中車資本控股有限公司」と、江蘇省無錫市の市営投資会社「中聯投控股股份有限公司」。 警察側は、マーズ社について「ペーパーカンパニー」であるとの認識を示した。伊当局は、中国企業が株式を取得する目的は、アルピアビエーション社を中国政府の支配下に置くことだとした。

https://www.epochtimes.jp/p/2021/11/82012.html
ーー記事ここまで


だがやっぱりこうやって兵器関連における買収をやめない。 これらのカネは一体どういうものかと思う。 ドルなのかね、やっぱり。 そんなに持っているかね。 そして今の中国は今の米国の内戦状態を勿論理解しているから、だからこないだのオンライン会談で凄い事をいったそうだ。

「 わたしに従ったら世界の半分をやろう」 とかと。 これを共同通信が1117に報道していた。

ただ共同通信は中国のイヌコロだから、それも嘘で、中国を大きく見せるための政治宣伝にカネをもらって加担しているだけかもしれない。 もはや古いメディアどころか、インターネット、そしてインフルエンサーとやらの勢力も嘘しかついていない。 カネをもらって台本を読み数字をねつ造していると人類に理解されたので、相手にされなくなる。 もうなっている。

まだこうした領域にとどまっているやつらは基本消えていく事を選択したのかな、とさえ思う。

中国はこのバイデンを名乗る勢力に対して「 軍事力を貸してやろうか」 とこういう事だ。 トランプ大統領の側が今でも金融と軍隊と治安装置を押さえている。 どうも本当にそうのようだ。

ただし軍の中でも裏切りものの、英国と欧州のラインに忠誠を誓う4つ星たちがいる。 これは分からない、人数が。 しかし過半数ではないと思える。 それだったらとっくにトランプ大統領は暗殺されている。 それがない。

いずれにしても米中の力は互いにすりつぶされて小さくなる。 我々日本もこれらの勢力に大きくむしりとられていく。 今もそうだ。 米国にみついだ分かっているだけで1200兆円のカネはもちろんかえってこない。 我々はそのカネで国家の安全保障を買っていた。 これをどう見るか。

勇ましいこと言うのなら、ではたった一国で安全保障をやったら、どれだけのカネと人員が必要か、一回自分で電卓をたたいてみればいい。 そしたらそのへらず口は止まる。

われわれは現実の中に生きている。 マンガではない。 しかしそれでも出来る事、目指さなければならない明確な事がある。 それは何か。


  最適合理解をめざせ


----
終了
----

米国で10月の半ばごろに告発の番組がありました。 それに関連する翻訳動画を下に貼ります。 消される前に見ておいて下さい。 こんなことは言ってはいけないのですが、出来る人はダウンロード保存。

https://rumble.com/voge2f--dr-ariyana-love-stew-peters-10272021.html

わたしはワクチンに関してはできるだけ学問的な態度を取るべきだという立場でやってきました。 しかしこの動画の内容がどうやら事実であると明らかにされた。 詳細はあなたに言っても理解されないので省略します。

ですがその情報発信サイトに関しては、過去、細かい部分は違っていたとしてもおおむねその通りになっていた。 あたっていたという言い方をします。

だからわたしの判定ではこの動画はおそらく事実であるといいます。 そしてこの内容に怯えてはならない。 対処方法があるからです。

まずこれらの動画の情報をどうやらこっそりと、パニックにならず、理知的で冷静であろうという人たちの間に拡散し、もちろんそれに連動して、知らないままでいたほうが幸せだという奴隷の心の人間の人たちにも拡散を期待しつつ、知っている人間の頭数を増やすことがどうやら求められているようです。

なんのために。 それらの数が増えるというのは、つまり、この情報に対しての解決策を知りたいという人間の数が総数が多いという表明、表現になるのですから、それが確認出来るのなら、だったら仕方ない、解毒方法、排出方法を教えてやろう。

とでも言える流れがどうやらあるからです。

下に確証出来ませんが解毒関連のサイトのアドレスを貼ります。 ただしこれを言っておきます。 買い占めだとかそういう動きをする人間も、これは間違いなく測定されています。

それらの個人が因果応報によって処罰という形にならなくても、そうではなく、人類とは所詮この程度の精神数値であったのかという判定のもとに、解毒に関連しての情報開示、伝達がなされない可能性があります。

https://www.uracorona.com/vaccine-gedoku.html

あなたが理知的であるかどうか。 あなたが  心のある道  と求める人かどうかというのが測定されています。 おそらくそうです。

今回は情報を伝達するだけです。 拡散もなんとか工夫して行ってください。 派手にはるとおそらくこの動画はきえます。 もう消えているかもしれない。 だからミラーサイトを作る必然も出てくるでしょう。


戦いは、勝負は、まだまったく終わっていないのです。




――――――――――
2021・1116火曜(令和三年)
――――――――――

https://rumble.com/voge2f--dr-ariyana-love-stew-peters-10272021.html

まずこの上の動画を見てほしい。 わたしは教えてくれたこの動画のアドレスを勝手に転載していいのかという許可をもらわずにやっている。 あー、縁を切られるなあ、と思っているが、仕方ない。

そしてこの動画に関連する内容が事実確認がとれた。 という報告があった。 これは最後の方でいいます。 ただ仮にこの動画の内容が本当であったのなら、これはとんでもない計画が人類世界で進められていたということになる。

そしてこの動画を、これらを見せてもパニックにならない理知的な合理的な人にこっそりと拡散してください。 ダウンロードできる人はしておいた方がいい。 いつ消されるか分からないからだ。 そしてそれらの拡散から徐々に広がればいいのだが、これはどうなるか本当に分からない。


ーー記事ここからザクザク1114

電源開発(Jパワー)では、老朽化した石炭火力発電所の順次フェードアウトを検討する一方、石炭とともにバイオマスやアンモニアを混焼することで発電効率の向上と低炭素化を図っている。 昨年6月に稼働した最新鋭の竹原火力発電所(広島県)新1号機は、熱エネルギーを電気エネルギーに変換する熱効率が48%。石炭を微粒子に粉砕して燃やす方式では世界最高水準だという。 同社は2002年から石炭のガス化を研究しており、石炭を蒸し焼きにして水素を精製し、22年度からの燃料電池を使った水素発電を組み込む実証試験の開始を見込む。今後は松島火力発電所(長崎県)2号機で設備の利用を予定している。 国内の電源構成に詳しいユニバーサルエネルギー研究所の金田武司代表は、「日本の石炭火力発電には、世界最高水準のガス化技術や高効率の発電技術の蓄積があり、CO2排出減にも貢献している。発電所のプラントも造船など多分野の技術の結晶で、脱炭素の最終局面でも、日本の技術が生かせるのではないか」と指摘する。 「脱石炭」という世界の大勢について、「もともと石炭に依存せず、天然ガスを利用してきた欧州が日本を批判するのはフェアではない。と金田氏。

https://www.zakzak.co.jp/eco/news/211114/ecn2111140001-n1.html
ーー記事ここまで


欧米世界は日本の持っている3周くらい先を行っているこの石炭火力発電所の技術が本当にほしい。 だから英国が今回のCOP26でこれらの石炭火力の完全撤廃に関して、完全義務ではなくて、努力目標という表現に変えてきたのは、勿論インドや中国などの圧力はあっただろう。 しかし大きくはこの技術がほしいからだ、とわたしは判定する。

わたしはマンガの様な事を出来るだけ言わないように心がけている。 今の段階で水素融合だととか水素燃焼だとか、更にはニコラ・テスラの技術だとか言っても、何の現実性もない。 だがこの石炭火力発電所の日本の技術は、ロックフェラー1世によって石炭から石油へのエネルギー革命がおこったそれを、再びある程度は石炭に引き戻すくらいのそれくらいの技術なのだという。

ついでに言えば来年から常温核融合、今はこの言い方をしないが、常温のなかで水素の元素転換からの熱発生、それで金属板とでもいえるものを熱して、それで蒸気を発生させて発電するというシステムが稼働する。 わたしはこれは相当にいいのではないかと勝手に決めている。


ーー記事ここからANN1116

中国メディアによりますと、遼寧省大連市では、輸入食品を扱う冷凍庫の従業員の陽性が確認された後、この冷凍庫を利用する食品会社の社員や家族に感染が拡大しました。 食品が納入された大学でも調理師や学生に感染が広がっています。 また、北京では感染者が増加している内モンゴル自治区から届いた宅配便からウイルスが検出されました。 衛生当局は物流を通じた感染に警鐘を鳴らしていて、食品や荷物の消毒を徹底し、包装紙などを自宅に持ち込まないよう呼び掛けています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7851c27f03ba2123fc4fc77a19306c716ceb0b84
ーー記事ここまで
ーー記事ここからロイター1115

[北京 15日 ロイター] 中国が新型コロナウイルスを巡り、感染力の強いデルタ変異株のこれまでで最大規模の流行に苦慮している。一部の地域では感染が急速に拡大している東北部の都市・大連からの人々の流入を制限している。 公式データに基づくロイターの算出によると、10月17日から11月14日の間に中国本土では症状が確認された国内感染者数が1308人報告され、夏季のデルタ株流行時の感染者数1280人を上回った。 これは中国で最も広範囲に広がったデルタ株流行で、21の省・地域・市に影響を与えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/58b96cbc046364a5899895d654d70a5db639a477
ーー記事ここまで


中国の内部における様々な動きは、大きくは権力闘争。 この様にわたしは言った。 それはギョクである習近平主席の暗殺をどうやって防止するのかという事で一族郎党が死に物狂いになっていると図式だ。

だから大連という場所は、確か黄海に向けての早期警戒システムが新たに構築された場所であり、確か軍事用の飛行船を常駐させて、それにレーダーシステムを搭載するという。 それらの記事が今年の春くらいに出ていた。 勿論新しいミサイルも配備するだろう。

それらの中距離ミサイルが、直接北京を攻撃出来るのかどうかが全ての鍵だ。 今のデルタの大発生という名目からの人間の移動制限の動きは明らかに恣意的なものを感じる。 そして色々な思惑はあるだろうが、それでも今の中国の中で相当の人がこっそりと死んでいるのではないかという疑いをわたしはもっている。 それらも恐らくは今年の冬至を回って、来年の2月の旧正月をまたぐといろいろと現象化するのだろうなあ、とわたしは勝手に想定している。

今までがそうだったからだ。


ーー記事ここからワウコレア1114

請願人は13日「高校3年生のいとこは『ウィズ・コロナ』に賛同し、今年の修能を無事に受けるためにワクチンを受けた。しかし、しばらくしてから臓器壊死および悪性リンパ腫と診断された。結局、修能も受けられず、大学や軍隊にも入れず、抗がん治療を始めた」と明らかにした。 請願人のいとこのA君は7月20日にワクチンの1次接種を受けた。その後、約2週間が過ぎた8月5日、激しい腹痛と腰痛に襲われた。A君は自宅近くの内科医院で治療を受けた。8月10日の2次接種の後、A君には再び腹痛が起き、その後学校には通学するものの、早退することが多くなった。 検査の結果「血液の炎症数値は高いが、ワクチンによる可能性が高い」という話を聞いたと請願人は主張した。ただし「処方した薬を服用することで炎症の数値を調節すればよい」という医師の考えにより、通院治療を続けた。 9月20日、A君は激しい腹痛のため救急室に行き、CT撮影をしてみると「腸重積がある」との所見を受けた。腸重積とは、腸の一部分が腸の内側に巻き込まれる病気を指す。A君は小腸とすい臓の一部の臓器が壊死し、その一部を切除しなければならなかったと請願人は伝えた。また、切除手術を行うと異常組織が見つかり、組織検査を行った結果、悪性リンパ腫と血液がんと診断されたともいう。
https://news.yahoo.co.jp/articles/54da02b0e85675edddee302c95864fe3aed054f3
ーー記事ここまで


そして冒頭の動画のアドレスに関連する情報かどうかは分からないが、彼ら半島は国民を上げてウソをつくのが抵抗のない人間たちであり、これらの病弱情報ですら補助金などを目当てに演出された詐病である可能性はあるが、しかし取り上げておく。

韓国でのワクチンがどの企業のものかは分らない。 しかしメッセンジャーRNAタイプのものが恐らく該当の、相当の問題ワクチンだろうとわたしは勝手に考えてはいるけれど、ひょっとしたら不活性型にせよ、アストラゼネカなどの製造にしても、似たような「 人間の遺伝子構造を完全に書き換えてしまう人造キメラ細胞のゲノム」 などが含まれていて、それらが人間の遺伝子を書き換えてしまい、これらのワクチン接種者たちが子供を造ったら、その子供たちはもはや人間ではない、という上の動画情報の通りなのかもしれない。

しかしパニックになってはいけない。 そのキメラ遺伝子とでも言えるものを排出するかの方法があるという情報伝達もなされている。 ただそれが成されるためには、恐らく人々がパニックや不安にならずに、しかしこれらの情報を知る個体数が増えている事。

恐らくそういう設定があるようだ。 解決策の開示などについての条件としては。


ーー記事ここから宇宙全史1116 全文はサイトに直接飛んでください

スイートポテト様

ワクチンをうってしまったものはもう仕方がありません

私もこうさんから教えて頂いたYouTubeを見て初めて、その邪悪さ、狡猾な手段、まるでマンガのようなシーンに驚いています (今までも色々情報は流れていましたが、画像に登場する女性の医師?の方が信頼できる方で淡々と事実を述べておられました)  ワクチンは(皆さんはもちろん)私や私の身近の人々にとっても例外なく「選別」でした  しかしそれは宇宙全史ではずっと言い続けられていた(忠告されていた)事でもあったのです

●コロナの対処法
●恐怖に負けては(とらわれては)いけない
●ワクチンに対する考え方は、最初からあった「常識を疑え」を根幹にした意識の持ち方
●自分の考え方・生き方を大切に
●(色んな意味での)マイノリティを大切に

等々宇宙全史を読み返せばそのすべてが既に始まっている「最終段階」への警告と対処法でした

本当はこうさんのYouTubeをここに掲載したいのですが、今は止められています それはおそらくそこに関わると私の時間が無くなるからだと思います もう一つは既に教えたことを何度も繰り返すことはないという事もあります 何度もいいますが「すでに終末期は始まっているのです」

中略

目風

https://mangetu.xyz/
ーー記事ここまで


目風という人物だとかその背景は今は説明しない。 どうせ貴方は信じないし理解出来ない。 しかしこのサイトから出てくる情報や書籍内部の情報は、細かいところは違っていることはあるが、おおむね大体当たってきた。 そして今回ワクチンに関連する情報を言った。

上の動画、下にもアドレスを貼ったが、この内容に事実確認がとれたという表現だった。 だからわたしは数日前に検討違いのサイトアドレスをあなたに伝えた。 いや、あれらの中にも真実があるのかもしれない。 わたしには時間がないのであれらをほとんど見ていない。 この動画情報にしても通しではみていない。

しかしこれは伝えなければならない。 アナタが理知的であろうとするのなら、この情報を同じような、恐怖に負けない理知的な生き方を、冷静平静であろうという人々にこっそりと伝えて欲しい。 本当は一気にパーッとやれば早い。 だがそれをやったらアッと言う間にこの動画は消える。 アップロード者もアカウントが消えるだろう。

https://rumble.com/voge2f--dr-ariyana-love-stew-peters-10272021.html

我々の敵はここまで狡猾な事をしてきた。 様々な謀略情報は全てこの本当の真実を隠すためにばらまかれたワナだった。 今はそういう風に考えないといけない。


  打ち勝て。 勝負はまだ決まっていない


----
終了
----

――――――――――
2021・1116月曜(令和三年)
――――――――――

中国の侵略はまず歴史のねつ造から入る。 権威がある組織体というものを使って新説を出させて、それこそが真実だったのだとやる。 しかし中国が関わる学究機関は基本的に中国にとって有利な学説しか出さない。 それは学説ですらなく、ただの青年の主張。

今回日本語という日本人の根幹にかかわる認識の疎外、妨害、破壊に出てきたのは、彼らの中の経済が相当おかしな事になってきており、ここではっきり言っておくが、短期の目的としては日本人に中国人移民を大量に入れさせるためのものだというのを言う。

彼らが財務省となぜ深くつながっているのか。 それは人口減という設定を深刻だという風にこれらの官僚に刷り込み、その上で税収の確保を中国移民によって成し遂げるのだというそれを、およそ彼らは40年くらいかけてやってきた。 これを日本人のほぼ全ては知らない。


ーー記事ここから毎日1114

 日本語の元となる言語を最初に話したのは、約9000年前に中国東北地方の西遼河(せいりょうが)流域に住んでいたキビ・アワ栽培の農耕民だったと、ドイツなどの国際研究チームが発表した。10日(日本時間11日)の英科学誌ネイチャーに掲載された。  日本語(琉球語を含む)、韓国語、モンゴル語、ツングース語、トルコ語などユーラシア大陸に広範に広がるトランスユーラシア語の起源と拡散はアジア先史学で大きな論争になっている。今回の発表は、その起源を解明するとともに、この言語の拡散を農耕が担っていたとする画期的新説として注目される。 研究チームはドイツのマックス・プランク人類史科学研究所を中心に、日本、中国、韓国、ロシア、米国などの言語学者、考古学者、人類学(遺伝学)者で構成。98言語の農業に関連した語彙(ごい)や古人骨のDNA解析、考古学のデータベースという各学問分野の膨大な資料を組み合わせることにより、従来なかった精度と信頼度でトランスユーラシア言語の共通の祖先の居住地や分散ルート、時期を分析した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a0b55fa1e4c553c7c8e2dbd41a86ff667dcd7039
ーー記事ここまで


日本語は膠着言語の孤立構造を持ち、世界に類例がない。 そしてもう一つ言っておく。 遼寧省がどうしただとかという概念。 9千年前に中国という国家はない。 問題以前。 そしてもっという。 古代においては日本から朝鮮半島、そして中国奥地に軍事進攻する動きがたくさんあった。

コウカイドオウの碑文だとか、あとは中国の中の文献においては、倭の五王が朝鮮半島を征伐する許可を当時の宗の皇帝に願い出て許可されている。

遺跡などや植物などの遺伝子においても、日本から上がっていったものがたくさんある。

ーー記事ここからツイッターmei 1114

ドイツ国旗のマックスプランク人類歴史研究所が「日本人の話す日本語の起源は中国国旗遼寧省等に住んでいたキビ農耕民族だと判明した」とネイチャーに発表しロイターやYahooが報道 これはドイツ国旗経由の日本人祖先は中国人だというプロパガンダの可能性が高くマックスプランク研究所は中国とズブズブ マックス・プランク人類歴史研究所は「自分の言語、文化、民族のルーツが中国国旗だった事実を受け入れる事は、アイデンティティの放棄であり、まだその覚悟ができていない人もいる」と言い放ってます 日本語自体の起源が中国農耕民族である事を受け入れろと 今後問題化する可能性 マックスプランク公式から 中国との45年に渡る協力関係とネットワーク マックスプランクが活動している全ての研究分野において、中国国旗は国際協力の面で特別な役割を果たしています マックスプランクの様々な研究所における外国人客員研究員の大半は、中国から来ています

ーー記事ここまで


そしてマックスプランク研究所は、山ほどカネを中国からもらっている。 我々はこの構造を知っている。 日本の学術会議でこうした構造のもとに中国のイヌコロをやっていた自称科学者がたくさんいたのを我々は目撃した。

ドイツは欧州の中で戦犯国家としていつも虐められている。 彼らの内部勢力の一部はそれらの視線そらしのために、いつも日本は戦犯国家という概念を使う。 そしてそれを中韓にやらせる。 勿論そのようには見せていないが。


ーー記事ここから「DNAで見る日本人 遺伝子の情報」

この系統は本土日本人・アイヌ・南北沖縄に固有に見られるタイプで、朝鮮半島や中国人にはほとんど見られないことも判明した。これは縄文人の血を色濃く残すとされるアイヌに88%見られることから、ハプログループD2は縄文人特有のY染色体だとされる。 現在世界でD系統は極めて稀な系統になっており、日本人が最大集積地点としてその希少な血を高頻度で受け継いでいる。それを最大とし、その他では遠く西に離れたチベット人、一部の台湾原住民に存続するだけである。これは、後に両者を隔てる広大な地域にアジア系O系統が広く流入し、島国日本や山岳チベットにのみD系統が残ったためと考えられている。 日本人はY染色体DNAのD系統を高頻度で持つ事で有名である。世界的にもチベット人や中近東の人だけがこのDNAをもっている 東アジアの地域全体には南方系O系統が広く分布し、島国の日本や山岳のチベットにのみ古くからのD系統が残ったと考えられる 日本人は基本的に共通して、アイヌ人、本土日本人、沖縄人まで北方古モンゴロイドを基調としており、中国や韓国など東アジアの諸国と異なっている。

http://senkaku.blog.jp/2016052060258234.html
ーー記事ここまで


そもそもが中国地域から日本に渡ってきたのなら、人間が、それはゲノムにありありとその痕跡が残こる。 それが全くない。 それらの説明がないままに、この言語なる部分だけを絶対だと主張してしかけてくる全体の動き。 そういうものに我々日本人は無頓着だった。 だからやられた。

気づかない人間はこれからも奪われる。 わたしはその側に立たない。 必死で立たない。 なぜならば日本の国内においては本当に中国のイヌコロの数が多すぎるからだ。 簡単に染まってしまう。


ーー記事ここからツイッター三木慎一郎1114

2019年11月24日に、中国王毅外交部長が静岡県で川勝知事と会談した際、川勝知事は「静岡県は習近平主席が唱える『一帯一路』を高く評価し、今後も静岡県は全力を挙げて『一帯一路』共同建設を支持しその建設に積極的に参加していく」と語った事を覚えてますか? 中日地方交流の新時代という名の会談

ーー記事ここまで


わたしは川勝知事と名乗る人間は、かつての翁長知事と同じように、日本国内の在日華僑や在日朝鮮人たちが相当に支援したのだろうなと見ている。 そしてこの人物が本当にもとから日本に住んでいた人間かどうかということすら、今は疑わなければならない。 背乗りによって戸籍を入手して日本の国民として生きている人間は、これはいる。 しかしその数はわたしには特定できない。

彼は、川勝知事は、リニアモータには徹底的に反対する。 しかし県として一帯一路に参加するとまで過去に言った。 これがどれだけおかしな事か分るだろう。 分からない人間はもうどうにもならん。

リニアに関しては静岡と姉妹都市をやっている中国のどっかの省でもリニア建設予定があり、どうしてもそれを一番に、最初に開通させたいので、川勝知事を使って工作を徹底的にしかけている。

この人物は沖縄独立論者だ。 もちろん中国の命令だ。 ここまでくると相当の深い何か、弱みか何かを握られてしまっているとしか判定できない。


ーー記事ここから中央日報1115

報道によると、日本政府は通信、エネルギー、金融などの事業者が重要施設を作る際に安全保障上の脅威となり得る外国製品やシステムを導入しないよう政府が事前審査する内容を法案に盛り込む方針だ。これは中国製品の排除を念頭に置いた構想だと同紙は伝えた。 これは最近ファーウェイやZTEなど中国の通信装備会社を圧迫している米国と足並みをそろえる。バイデン米大統領は11日に連邦通信委員会(FCC)が特定企業の製品を許可できないようにする内容の法案に署名した。米商務省はファーウェイやZTEなどを中国共産党との連係と情報流出懸念などを理由に国家安保脅威と規定した。 法案には兵器などに利用されかねない先端技術の流出を防止するため、一定期間が過ぎても特許内容を非公開とする内容も含まれる。岸田文雄首相は「経済安保」を主要国政課題に掲げて先月の1次内閣発足時に経済安全保障担当相を新設した。日本の防衛省も来年に関連業務を専門担当する経済安全保障情報企画官を新設する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/07ce8533f3ea1c18cf486c9bdeb51e03b24b4585
ーー記事ここまで


今は日本ですら、国内の親中派が何を言おうとも中国の関連の製品を排除するという流れに入っている。 このファーウェイ排除の動きは香川の元デジタル庁大臣とやらが当選していたら難しかっただろう。 平井だったか。 だからそういう当落の動きを見ても今回の選挙は米中の両方の勢力によって何かの干渉があったのではないかというのがわたしの見え方だ。

それらは次の参議院選挙で更に分かってくるだろう。 ただしその時に国際社会、国際政治の状況がどうなっているかにもよる。

維新が躍進したのは、これは憲法改正に前向きだという看板を持っているから。 だから公明党は今必死になって細かい党の変身、というか演出を見せているが、それでも次の参議院選挙に負けたら、選挙区で維新に競り負けるという動きが起きたなら、これは世界史的な何かの変動が起きているのだろうなあとわたしは勝手に読む。

米国の軍人たちはもう戦わない。 しかしその態度をあまりに頑なにやると今度は自国が完全に中国にやられてしまう。 だから日本にやらせる。 だから国内法を変えさせる。 それは分る。

これらの動きだけを見て米国の中の、それこそ地底政府が日本を利用しようとしている、との文章と概念を採用することは可能だ。 しかしそれでもだ。 我々はまず変わらないといけない。

憲法が変わったあとに、日本人を戦争に引き出す、アジア人同士を戦争させてその数を減らす。 これは確実に仕掛けられる。 しかしそれが確実なら読んでおればよい。 そして無効化すればよい。

口で騒ぐだけの奴らはそうしたことを今までやってきたことの全くないうすらバカか、意図的に日本人をくじこうとしている工作員だ。 わたしは今の時点ではそう決めている


  変わらなければならない


----
終了
----

――――――――――
2021・1114日曜(令和三年)
――――――――――

https://www.uracorona.com/index.html  裏コロナ


このサイトに関しては知っている人は知っている。 真偽がどうだとかはわたしは言わない。 ただこのサイトに確かあった「 ワクチンを打ってしまったらそれらの解毒方法」 的な項目が何処かにあったと思う。 あまり自信はないが。 それを確認して、打ってしまった人は、これから仮に体調が悪くなるということが起きたら、何かにすがらざるを得ないという風な状態になったら、これらの解毒に関しての情報をあらかじめ知っておけば、それなりに対処できるのではないかという事を無責任に言う。

そして武漢ウィルスとは実態がなくて、それらは5Gが原因だとか、あとは毒ガス的に環境に散布した気体が、ガスが原因だ、という説もある。 これらの全ては本当かもしれないし、本当の真実を隠すための罠、隠ぺい情報かもしれない。 その判断はわたしにはつかない。

ただしワクチンが効く人もいるだろうからわたしはこうした情報を言わないでいた。 しかし、あなたに興味のない精神世界領域からこれらの事実確認が取れたそうなので、わたしの文章を見ている人など10人もいないという前提でこれらの情報を伝える。


ーー記事ここから裏コロナ

「過去20年間で地球上から昆虫の80%が死滅した。もし5Gが本格稼働すれば100%死に絶えるだろう。昆虫の次は動物、そして人間も同じ運命をたどる」 5Gスタートにより、インフルエンザなどが非常に起こりにくくなった。普通の風邪も発生しなくなった。 その謎は5Gスタートにより発生した大気圏内の「超高周波の電磁波」。 天然痘はワクチンで根絶されたのではない。大気圏内の波動の高周波変化が原因。 高周波によりウイルスは次々と死に絶えていった。 東京の5Gタワー直下の病院で多くの老人が新型コロナ肺炎で亡くなった。 今も4Gタワー直下ではガンの多発、認知症・精神疾患が多発しているが日本人はほとんど知らない。 5Gタワーのない田舎でコロナ発生、コロナで亡くなった人も少数ながらいるが、それはPCR検査陽性になればコロナで死んだことになるからです。 都会は5Gが飛び交い、携帯など使おうものなら、5Gが直撃して遺伝子変化が起こります。 何も使わなくても5Gタワー直下の病院では多くの老人が新型コロナの名目で亡くなりました。 5Gが血液中の酸素を異常化し、血管壁に炎症を起こさせ、かつ、異常化した酸素が血液を固まらせようとし始めます。そうして末梢血管に塞栓が異常多発して老人たちは亡くなっていきました。

https://www.uracorona.com/corona-5g.html
ーー記事ここまで


ただし5Gが本当の本当に原因だったのかというとこれは分からないとしか言えない。 前述したように複数の手段を用いて人々を病気に追い込んだという可能性はあるからだ。 そしてやっぱり本当にウィルスがいたという可能性と。 こうした事があるからわたしは今の世界は自分が何を考えているのか分からなくなると言ってしまうのである。

これらの根っこのところに「 古代バビロニアのカルト」 が復活したという概念をわたしは言う。 2016年の段階でキッシンジャーがトランプ、習近平、プーチンらにこの概念とこれらの秘密カルト結社の連中に気を付けろという警告を出した、という情報が事実なら、それらの米国側の主要なキャラはどうしてもクリントンファミリーとその周辺ということにどうしても見えてしまう。

そして我々はバビロニアで何が起きたのかを知っている。 あの1万2千年前のあの時に初めて、人類は「 滅びたい、滅ぼしたい」 という究極の自己否定の概念を獲得した。 そんなものなど獲得したくなかったのだが、無理矢理に獲得させられてしまった。

そしてその概念の最初の発生源、概念振動情報発生機械とでも言える女が今でもユーレーの世界でその自覚を保って個人として生きているのを知っている。 そして彼女、その搾取の女王がこの人間世界に5人の肉体を持った現実の生身の女のコピー、娘を造ったことも。

そしてそのうちの4人は今でも人間の肉体の中にいて女性としてこの令和の世界の何処かに生きているのだということも。 これを索敵出来たら最高だが、そんな事は無理だから、他のやり方でこいつらの概念、滅びたい、滅ぼしたいを無効化しなければならないということも。


ーー記事ここからビジョンタイム1114

東北寒冷渦と地上低気圧の影響を受け、中国遼寧省ではこのほど、ブリザード(暴風雪)に見舞われ、低温により、640万の家畜が凍死し、17億元(約300億円)以上の経済損失が発生した。新型コロナウイルス(中共ウイルス、COVID-19)と吹雪のダブル攻撃に見舞われ、地元のスーパーは「野菜も肉もなくなった」と嘆く人がいた。  現在、同省の最大降雪量は80.3ミリに達し、11級(28.5~32.6m/s)の強風を伴って、気温が16度以上下がっている。 遼寧省政府は現在、今回の大雪を最も深刻レベルの「レベル1ブリザード災害」に分類している。10日午後4時まで、同省の被害を受けた農場は1万1600軒、倒壊した家畜・家禽の畜舎や付属施設面積は676万1600平方メートル、死亡した家畜・家禽は640万5000羽で、直接的な経済損失は17億元(約303億円)以上にのぼる。

https://www.visiontimesjp.com/?p=27509
ーー記事ここまで


だから武漢ウィルスの概念が実は5Gであったのだと仮定する。 そしたらこれらの異常寒波とでも言える動きも全て電磁波操作に見えてしまう。 これは分からない。 ただこの異常気象に関しては中国が何十年もやってきた気象操作があだになって返ってきた。 と当の中国人たちが言っている。 恐らく我々の知らない、小規模な地域的な何かが頻発していたのだろう。

そしてこれらの記事においては大量に死んでいるのでは家畜という言い方になっている。 640万頭の家畜が死んだとなっている。 しかしそれくらいの寒さであったのであるなら、当然人間の凍死者がいるとみなければならない。 そしているだろう。

中国から人間が消える動きが始まっている。 そして今の武漢ウィルスとワクチンに関連する動きが、人間世界における選別の一つになってしまっているのなら、その可能性があるのなら、もちろんまだ何も分からないが、わたしはやっぱりあなたに生きていて欲しいので、解毒解毒に関連する情報を必死になって集めてほしいと思う。 もちろんわたしもやる。


ーー記事ここから時事通信1114

【ニューデリー時事】アフガニスタンで、イスラム主義組織タリバンが国家運営の実権を掌握してから15日で3カ月。混乱に伴い、国民が十分な食料や生活物資を確保できない中、氷点下の厳しい冬がアフガンに到来しつつある。世界保健機関(WHO)は、子供100万人が寒さのため死亡する恐れがあると警告。国連機関などは人道支援を急いでいる。 英BBC放送などが伝えた気象情報によると、首都カブールは12日夜から13日朝にかけて0度前後の寒さに見舞われた。山間部などでは既に氷点下となっているとみられ、2月ごろまで続く冬の間、気温はさらに下がる。地元記者は「経済破綻で人々にストーブの燃料を買う余裕はない」と悲鳴を上げた。 世界食糧計画(WFP)は、アフガン国民の95%が十分な食料を確保できていないと警告している。既に餓死の事例も幾つか報じられているが、人々が栄養不良のまま冬を迎えれば、多くの死者が出る懸念がある。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111300470&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit
ーー記事ここまで


中国が天変地異と経済の苦境にあるから、これらのアフガニスタンに対しての援助などをやっている場合ではない。 だから今の瞬間でもアフガニスタンではアルカイダ系、つまりタリバンのことを敵だと認定し、ウイグルを解放するのがイスラム教徒の我々の責任だ、と勝手に主張するテロ集団らが続々と集結している。 ひそかに山越えをしている。

だから国境先祖のタジキスタンなどは警備を増やしている。 更にタジキスタンに中国はこれらの勢力を抑え込むための軍事基地を建設した。 ロシアはそれを見て笑ったという事を以前言った。

山岳ゲリラに近代戦闘だけでは勝てない。 だから中国はそれらの勢力に電磁波攻撃やウィルスなどを使うだろう。 しかしそれでも自爆攻撃の全てを抑えられるのかといったら疑問だ。 中国はどこかの時点でこっそりと闇夜に紛れて小臨界型核爆弾を使うのではないか、とさえわたしは思っている。 アフガンは帝国の墓場だ。 中国はそれをこれから身をもって味わう。


ーー記事ここから時事通信118

 【ニューデリー時事】アフガニスタンで、イスラム主義組織タリバンが崩壊させた旧民主政権の政府軍兵士や情報機関員が、タリバンと敵対する過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力に合流しつつあると伝えられている。 ISへ逃れる背景には、タリバン暫定政権による報復への恐怖や、給与未払いといった混乱があるとみられている。 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は10月31日、かつての同僚がIS系勢力に加入したという複数のアフガン軍、治安関係者の証言を報じた。まだ「比較的少数」とみられているが「増加しつつある」と警告した。軍事の専門知識や治安の機微に触れる情報がIS系勢力に流れ込めば、組織の強化が飛躍的に進む恐れがある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1a4ddb2e197c554d19d13bad4c063f161aa18e9
ーー記事ここまで


統治能力がない、最初からそんな計画など持っていなかったテロ集団が、政治の中枢に入って、で何が出来たのか。 何もできなかった。 アフガニスタンは一気に以前の激貧国に戻った。 それは今後も続く。 女性を奴隷として扱う以上、そして近代西洋学問を否定する以上、彼らに今の地球において、今の地球の文明レベルにおいて、ですら、その居場所はない。

だから彼らの内部はフラストレーションがたまる一方だから、それらを解消するために彼らは戦争を計画し、それに勇ましさを勝手に見つけて実行する。 彼らの認識する世界と西側近代合理の中の我々とは、一部の領域では重なっているが、やっぱり見える世界が相当違う。

まずカミありきで世界を見る自分のない座標と、少なくともわたしは理解しあえることはない。 だが、イヤだといって彼らを地球から追い出すちからもない。 どうやって落としどころを造るのか。

取り合えずは近寄らないという事しか思い浮かばない。


ーー記事ここから現代ビジネス1114

 つまり、当初からの大方の予想と違って、この「歴史決議」においては、習近平氏が毛沢東・鄧小平と並んだのではなく、むしろその前々任と前任の江沢民・胡錦濤両氏と並んで、この2人の先輩指導者とほぼ同格の扱いを受けている。習近平は結局、この2人の先輩を飛び越えて毛沢東・鄧小平と直接に繋がって肩を並べることができなかったのである。 もう1つ注目すべきなのは、中国共産党が今後において「堅持すべき」政策理念として、上述の6中全会コミュニケは毛沢東思想、鄧小平理論、江沢民政権一枚看板の「三つの代表の思想」、胡錦濤政権の政策理念である「科学的発展観」と並んで、「習近平思想」を持ち出した点である。つまり、思想理念の面においても、「習近平思想」は上述の4名の指導者の「思想」や「理念」と並列しているので、それらを超えた特別の地位を与えられたわけでもない。 さらに言えば、6中全会コミュニケは習近平氏の「党の核心」としての地位を強調したものの、習近平氏個人に対する賛美の言葉は一切出ていない。毛沢東時代にあったような「習近平万歳」とは程遠い内容である。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b6a6c2ba1613595fbf4c483c31ca17b63102ce5
ーー記事ここまで


そして中国の6中総会において、外の世界に伝えられている情報と内実が相当違っていたことを、この記事を書いた石平さんがわかり易く教えてくれた。 中国人の支配層の多くは、やはり、たった9年間しか政治をしていない習近平主席に、大きな権力だとか権威を与えることに相当の拒否反応があった。 そしてそれらの不満とでも言えるものを習近平主席がはねのけるためにはどうするべきなのかも石平さんは明確に語ってくれた。

台湾併合だ。 これをやれば過去の偉大な指導者が行ってきた全ての業績を超えることになる。 だからメンツにかけてもそれをやるのだと。 このあたりの細かい機微は石平さんでないと分からない。

わたしは腐っても西側の人間だから、台湾を侵略するというのはとてつもないリスク、つまり中国兵は山ほど死ぬし、中国の内部のインフラなどの破壊が相当なものになるのに、そういう事が分かっていてそれでも出来るのかと問われたら、わたしだったら無理だ。

真面目に国民の事を考えるなら、そういう事態を避ける風に動くのが政治家というものであり、わたしにはそんな力は全くないが、しかしそういう立場だったら、やっぱりその観点で世界を見る。

内憂外患、そして天変地異。 中国の未来はあまり平坦な道のりではない。 それでも自尊心をとるというのなら、その代償を代金として支払う必然、要求が因果応報からやってくる。 たくさんの人間が消えていくだろう。 そんなことすんなよ、としかわたしには言えない。


  心のある路をゆけ


----
終了
----

――――――――――
2021・1113土曜(令和三年)
――――――――――

わたしはこのコミケの開催を強く支持する。 わたしはこうした催しに行ったことはないが、これからもないがしかし支持する。 人間はこうした催しなるものをずっと奪われてきた。 これらを精神的支柱として自分の人生を形成していた人間もたくさんいるはずだ。 それらの域外を奪った。

つまり人間から生きる意味を奪った。 同人誌を造って販売する流れで、生き生きと出来る人々の可能性を奪った。 これは人間がむやみに他人を殺したら、その殺された相手がこの世界で本来やりたかった事柄を加害者の側が生まれ変わってでも叶える、解消しなければならない義務、責務を負うというシステムから鑑みたら、これらのウィルスを散布した個人、集団、組織、国家、こうしたものがこれから自らたくさんの人間から奪ってきたものを、自らの消滅によって還す、こうした動きがどうしても求められているという風にわたしは捉える。


ーー記事ここからファミ通1112

コミックマーケット準備会は、2021年12月30日~31日に開催予定のコミックマーケット99の開催について、詳細情報を公開した。 また、政府の“ワクチン・検査パッケージ”を導入するとともに、政府の技術実証にも参加。参加者は入場に当たって新型コロナワクチンの接種証明(予防接種済証、ワクチン接種証明書または接種記録書(全てコピー可))あるいはPCR検査結果証明の確認を実施することも明らかにした。 東京ビッグサイトのガイドラインを元に、会場内、待機列の混雑度を総合的に検討し、1日当たりの総参加者数の上限を決定している。 参加者には検温、ワクチン・検査パッケージの確認結果として、リストバンドをつける。 参加者全体の集中による“密”の発生を避けるため、会場を“東地区(東展示棟)”、“西南地区(会議棟・西展示棟・南展示棟)”に分けて管理。9時00分以降、両地区間を結ぶブリッジを閉鎖し、原則通行はできない。サークル参加者は9時00分までに、自分のサークルが配置されている地区に戻ってもらう。

https://www.famitsu.com/news/202111/12240743.html
ーー記事ここまで


こうした催しが行われるだけで、実際に行動の改変からなる帰結によって、人々の記憶と認識に刻み込まれることによって、世界の色彩は変わる。 それらの関係者の魂の状態が変わる。 魂は奮い立つ。 前に向かう気持ちを持つ。 今の日本人にまず足りないのはそれだ。 それを再獲得しなければならない。 これらの祭りの再開によって。

だからわたしは各地方で今でもたくさんの祭りが中止に追い込まれているが、それらの再開を強く求める。 それは演者の数を十分の一にして、観客の数も十分の一といった、とてつもない制限をほどこしてもそれでも再開するべきだという。

人間の魂が奮い立つことほど、今この瞬間に求められているものはないからだ。


ーー記事ここからロイター119

スペインのファッション小売り企業・マンゴは5日、ロイターに対し、トルコ、モロッコ、ポルトガルといった国々での生産拡大を「加速」していることを明らかにした。来年には欧州での生産数を「大幅に」増やす方針だという。同社は2019年、製品の大半を中国とベトナムから調達していた。 米国の靴小売り企業・スティーブマデンも3日、ベトナムでの生産を減らすとともに、靴生産の50%を中国からブラジルおよびメキシコに移したことを明らかにした。サンダルの米クロックスは10月、インドネシアやボスニアなどの国々に生産を移しているとした。 衣料・靴メーカーの関心が高まっている国はこのほか、ブルガリア、ウクライナ、ルーマニア、チェコ、モロッコ、トルコなどだ。もっとも中国は、依然として欧米アパレルチェーン向け生産の大部分を担い続けている。 サプライチェーンのリスク管理会社、オーバーホールのバリー・コンロン最高経営責任者(CEO)は「旧ソ連諸国で貨物輸送、トラック輸送が大きく伸びている。ハンガリーとルーマニアでも大幅増加している」と述べた。

https://jp.reuters.com/article/amp/idJPKBN2HV0GG
ーー記事ここまで


これらの武漢ウィルスに関連するたくさんの関係者達の中で、行動の主体者は誰なのか、というのをわたしは前から言っていた。 それは中国だ。 彼らがどんなに取り繕っても、いい訳をしても、米国がワルイワルイとやっても、彼らは分かっていて2020年の2月頭の時点で中国人の春節を止めなかった。

武漢市をロックダウンして、春節を禁止したら、それだけ今の様な状態にはどう考えてもなっていなかった。 しかし中国はそれが分かっていてやらなかった。 だからそういう態度というのは未必の故意だとかカルアデナスの木片だとか、そうした誤魔化しのコトバで認識阻害をしかけても無理なほどに大きなものだ。 彼らは行動の主体者だった。 彼らが主犯だ。

彼らは自分達の不作為によって、それがどのような思惑があってにしても、そしてその思惑は大体の所は全てわかっているが、しかし、だからといって何もいい訳にならない状況を自ら造ってしまった。

彼らは主犯になった。 


ーー記事ここからコリアエコノミクス1111

毎日経済新聞は10日、『カジノ恐竜シーザーズとMGM…韓国を離れ、結局日本に向かう』を掲載し、「100超ウォン(約9.6兆円)台の市場をめぐって繰り広げられた韓・中・日3国のカジノ覇権が日本に移る勢いだ」と報じた。 シーザーズは今年初め、韓国仁川の複合リゾート(IR)におけるカジノ事業の株式50%売却し、韓国事業から離れた。代わりに日本の和歌山にあるクレアベストIRのカジノ運営者として公式に選定されたことを発表している。毎日経済新聞は、シーザーズが2014年に仁川IRの外国系カジノ専門業者の2企業のうちの1つとして選ばれたが、これを投げ出した形だ。毎日経済新聞は「衝撃的」と伝えた。 毎日経済新聞はカジノグループが相次いで日本を選ぶ状況について「朴槿恵政府に続き、文在寅政府が推進してきた《韓国版ラスベガス》が暗礁に乗り上げた」とし、「7年間力を入れてきたカジノ市場の覇権を日本に丸ごと差し出すかのようだ」と懸念した。

https://korea-economics.jp/posts/21111104/
ーー記事ここまで


だから中国から欧米の資本が引き抜かれるのは当然であり、更に国家ですらない、古代中国からただの出先機関として存在していた朝鮮半島南側からもカネとリソースが抜けるのは当然だ。 これらを表層の認識でいうのならそれはアチソンラインの変更が決定したから、不可逆に決定したから、ということは出来るが、当の南朝鮮人たちはそれらの現実の激変への対応と理解はない。

彼らは都合のいい夢の中から出ないことを選んだ。 だから彼らにはこれから苦難とそして消滅に向けての道筋がやってくる。 わたしはそこまで酷い事を言う。


ーー記事ここからフォーカス台湾1110

(東京中央社)日本と台湾の地方議員らが一堂に会する第7回「日台交流サミット」が12日、神戸市で開催される。中国からイベント中止の要求を受けた一方で、参加者数は過去最多の500人近くに達する予定であることが分かった。台北駐日経済文化代表処の謝長廷(しゃちょうてい)代表(大使に相当)が9日、台湾のメディア関係者との懇談会で明らかにした。 交流サミットは日台交流に取り組む日本の地方議員の交流の場として立ち上げられた。謝氏は、2018年に南部・高雄で開催された第4回サミットでは、日本から訪台した議員が過去最多の313人だったことに触れた上で「だが今回は490人。申込者は増え続けていて止まらない。だから、われわれは中国の実力を知った」と皮肉った。 今回の日台交流サミットを巡っては、実行委員会事務局長を務める上畠寛弘神戸市議が先月中旬、サミットの中止を中国から求められたことをツイッターで明かしていた。

https://japan.cna.com.tw/news/apol/202111100003.aspx
ーー記事ここまで


そして対照的に新アチソンラインの中に迎え入れられる台湾の立場が上がる。 だが台湾の中にはやっぱり山ほどの中国共産党の関係者が経済や、あとはほんまもんのスパイの形でうじゃうじゃいる。 それらの掃除が終わらない限りにおいて台湾が心底信用されることはない。

時間稼ぎだという言い方もある。 インテルは米国の州に、確かアリゾナだったかなあ、ここに新規の半導体工場を建てる計画を発表している。 もう幼稚買収なども終わっていたと思う。 実際に動いている。 そういうものが出来上がったら、台湾ですら切り捨てられる可能性がある。

今の米国がそれこそ地底政府とやらの悪魔教とやらの、およそ総数100万人の人間集団と、それらと結託している欧州や中国の古来からいる支配層たちと繋がっているのなら。 そしてわたしは今中国の古来の支配層達といった。 しかしこいつらが何処からやってきたのか。

わたしはざっくりと地中海のフェニキアやカルタゴといった、特にフェニキアという座標における人間関係が相当中国の中に移動していっただろうなあという概念を持っている。 中国が何故早い段階から商業国家をやっていたのか。 それはこれらの地域からシステムが持ち込まれたからだ。 そうした見方をわたしはする。 彼らの中に本当の意味でオリジナルなどない。 そういう立場だ。


ーー記事ここから産経新聞1112

岸田文雄首相は12日夜、日米中や台湾など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議にオンライン形式で出席し、中国が加入申請した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「不公正な貿易慣行や経済的威圧とは相いれない21世紀型のルールを規定する協定だ」と述べた。経済や貿易分野でも覇権主義を強める中国を牽制した形だ。 首相はTPPについて「市場アクセス、ルールの両面で高い水準を維持し、自由で公正な経済秩序の構築に貢献する」とも強調した。政府関係者は「中国はTPPに加入したければ、国有企業や政府調達など高いレベルのルールを順守する必要がある」と説明した。

https://www.sankei.com/article/20211112-T3PQ2XM7AVJYRGIDKDNX3FEVVQ/
ーー記事ここまで


いずれにしても米中どちらもが日本の敵になるかもしれないという状況の中で、日本は、我々はその中で、その時々の政治シーンの中で、限定的な解答であろうが、しかし最適合理解をその都度その都度見つけていくしかない。 それが一見大きな流れにただ流されているだけに見えても。

しかし人間の世界は表層意識のどうしようもないつまらないエゴが主体の言語と思惑が混じったものが、行動によってそれらの積みかさねによって記憶と認識との複合体としての現実として後に残っていくのだから、行動をやるしかない。

コトバだけでは絶対に世界は変わらない。 その側に立っている奴らは、どんなキレイな自分を演出していたとしても、それは「 他人を騙してそれを奴隷として使う」 ことしか考えていない人間の敵だ。 あなたはそうしたものを同じ同胞として扱うのなら、そもそも貴方は自分のメンタリティというか、精神構造を根っこから疑ったほうがよい。 わたしは精神は外形的なものだといつも言っている。

人間にオリジナルのものなど何もない。 恐らくそこまでいかないといけないが、わたしは馬鹿で臆病だからそこまではいっていない。


  世界を突き進め


----
終了
----