――――――――――
2021・731土曜(令和三年)
――――――――――

8月の頭のいつから開始されるかは分からないが、テンセントがもっているウェイボーとういーちゃとの管理を恐らく人民解放軍のサイバー部隊が行う。 だから81以降は基本的に中国からの災害情報はゼロになっていく。 わたしはそう捉えている。 だから本当の真実は中国から出てこなくなる。

つまり相当の中国人たちがこれからあの内部で死んでいっても分からないという事であり、更に言えば、国民の暴動に対してこれから中国軍が実弾を発射しても、上空から毒ガスをまいても、電磁波攻撃をしかけても、それらは一切分からなくなる。 そしてわたしはそれらの動きは恐らく行われるだろうと捉えている。 中国の中から食糧が消えていくからだ。 

==
衛輝、新郷、河南、水没状況  https://www.youtube.com/watch?v=gL8evXwP9Mc
広東でも地下鉄が水没  https://www.youtube.com/watch?v=0LPc8vvCh6s
台風6号で北京で洪水発生  https://www.youtube.com/watch?v=pBlb-FVkmQk
鄭州トンネル未確認情報  https://youtu.be/bWxoBU5sYl4
==

上の動画についてはまだマシな動画が上がっているとしか言わない。 実態は更に酷いようだ。 それは中国人たちが街に沢山の死体が浮かんでいる動画をウェイボーなどにアップしているのだが、sれらは秒殺削除であり、アカウント永久停止( 恐らくそうだろう) になっている為に、ウェイボーを見た在外の中国人たちがそれをツイッターに転載するという風な動きが少なくなってきている。 

そしてこれらの情報拡散も81を過ぎたらほぼなくなる。 だから本当に何も分からなくなる。 鄭州を含める多数の地域でのこれらの水死者においては、中国軍が辺りを封鎖して、軍用トラックで死体を積み上げて、何処かに運んでいるという動画が出ていたが( マンションの上階から撮影したもののようだ) 、それらも今後一切出なくなる。

鄭州の地下鉄においては、やっぱり本当に、1万人にちかい数の人間が死んだようだ。 保険会社が控えめな賠償金額を出していた。 だから彼らの数字はこうした場合は1・5だとか2・5だとかをかけないといけないのだから、やっぱり7000ー1万人くらいの人間が死んだのだ。

そして更に鄭州のトンネルも、これも皆死んでいる。 これも本当の所は何人死んだか分からない。 ただこれも5千人以上は死んだだろうと言われている。 6000-1万人の間だ。

こうした動きを完全に隠蔽できるようになった中国に、もはや内政統治における障害はない。 だから相当に近い時点で中国政府は丸腰の市民を銃撃か電磁波か毒ガスで処分する。 それらの動きが江沢民勢力の都市だったら真っ先に兵器の人体実験を兼ねてそれらが行われる。

わたしはそれを本当に想定している。 中国においては緊急事態における人間の命、これに値段がつかない。 本当に。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/b61e6fa5c124eacb534c2969074ec4180a5c0562
【AFP=時事】(更新)中国南部広東(Guangdong)省にある台山原子力発電所(Taishan Nuclear Power Plant)の原子炉1基が、「保守管理」のために停止された。原発の運営会社が30日、発表した。同原発では先月、放射線量が上昇し、放射性物質漏れが懸念されていた。 原発を運営する中国広核集団(CGN)は、「フランスと中国の技術者らの間で長期にわたる協議を経て、台山原発の(原子炉)1号機を保守管理のために停止すると決定した」とインターネットで発表した。  730
==
今日の広州地下鉄水没 → https://www.youtube.com/watch?v=8k_thMriGHQ
==

台山の原発が止まった。 この原発が深セン地区だとかを含める中国の大都市群に巨大電力を送電しているのは過去に言った。 そうであるからこそぜったいに止めないのだと。 その原発が止まった。 となれば、普通に考えてどうしようもなくなったから、中にホウ酸を突っ込んで緊急停止をした… とどうしてもこのように考えてしまう。

確か台山の原発が立っている地域は、貿易風地域であり、海から内陸にむけて風が吹いている。 勿論常にそうだとは言わないが。 となると外界に漏れた放射性物質はどうなるか。 広東省一円に広がる。 相当の人間が死ぬとみている。 だからこそ広東省における幾つかの巨大都市において、唐突にコロナが発生したからロックダウンに近い封鎖を行うと地方政府は発表したのだ、という風にわたしは全体を捉えている。

コロナで騙してパニックになるのを防ぐということ。 しかしそれは結果的に住民に死を強制する動き。 そういうものを我々は相手にしているのだとの理解を獲得してください。

==https://www.epochtimes.jp/2021/07/76748.htm
北京滞在中のジンバブエのチウェンガ副大統領兼保健相は27日、中共ウイルス(新型コロナ)感染症への感染が確認された。同氏が宿泊するホテルは閉鎖され、宿泊客全員とホテル全従業員の約400人は21日間の集中隔離を求められた。感染が確認された同副大統領は中国製ワクチンの2回接種を完了している。  大紀元728
==
東南アジア諸国で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の中国製ワクチン使用を中止する動きが続いている。 各国政府は表向きに「在庫切れ」と説明しているが、その効果の低さが反映されたものとみられる。発展途上国を中心に「ワクチン外交」を繰り広げていた中国共産党の計画は、暗礁に乗り上げている。  マレーシア保健省は16日、「米ファイザー製ワクチンは十分に供給できる。中国シノバック製ワクチンは在庫がなくなり次第、接種を中断する」と表明した。それによると、中国から約1600万回分を注文したシノバックのワクチンは、これまで半分程度接種された。残りは2回目に使用する予定という。今後は米ファイザー製ワクチン約4500万回分(2250万人分)を接種することを明らかにした。  大紀元731
==https://www.epochtimes.jp/2021/07/76767.html

そして中国の中でデルタ株の拡大が止まらない。 恐らく上の記事における副大統領の罹患したタイプはデルタであり、最初からシノバックシノファームなどは全く役に立たないが、それでも気休め程度には効果があると思っていただろう。 しかしやっぱり全くダメだった。

中国の国民は今でもこのワクチンを打っている。 だから彼らの国内で感染の予防が何一つ出来ていないとは分るだろう。 中国の家来国家たちもワクチンがもらえるからとしたがっていた動きを反転させつつある。

フィリピンが来年の2月に予定していた、米国との間に締結していた軍事に関連する地位協定の破棄を中止すると決定した。 フィリピンは中国からワクチンをたくさんもらえるからという事で中国のいいなりをこれまで以上に強めていたが、本当に何の効果もない上に、中国政府はフィリピンにワクチンをやらないという徹底的な手なづけ戦術を採用してようで、それはドゥテルテ大統領も怒る。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/4740b24b3da8d257637593f8a0a0b17bbea59f05
米鶏肉生産会社ピルグリムズ・プライドのファビオ・サンドリ最高経営責任者(CEO)によれば、一部の大手鶏肉会社が使用するニワトリで十分な産卵が行われていない。  こうした状況は、すでに見られている食品価格の上昇を一段と加速させつつある。食料品店では鶏肉の販売が好調で、ポパイズ・ルイジアナ・キッチンやマクドナルドなどのレストランではチキンサンドの熱い闘いが繰り広げられている。28日に発表されたピルグリムズの4-6月(第2四半期)業績がアナリスト予想を上回ることにもつながった。  ブルームバーグ 730
==
李克強首相は先月、農業部門の投入価格が上昇しており、食料安全保障上の脅威になり得るとの見解を示していた。 発改委は、主要肥料メーカーに対し「法規制に従って秩序ある形で」営業するよう指示。「保蔵を通じて価格を押し上げてはならず、価格上昇に関する情報を捏造(ねつぞう)したり、広めてはならない」と伝えたという。 発改委によると、肥料メーカーは「国内市場への肥料供給を確実にするため、一時的に肥料の輸出の手配を見送る」ことに同意した  北京ロイター 730
==https://news.yahoo.co.jp/articles/6686fe8fc2c9e6ab86663cb332fa214e021d3fa1

水害、原発事故、武漢ウィルス、そして食糧危機。 農地は全滅だから、秋以降にどれだけの作物を作れるのかは分からないが、それに向けて肥料を温存しておこうという動きを開始した。 しかし肥料というのは火薬の原料を製造するラインとしても転用できるので、それらの動きが重なっているかもしれない。 しかしその辺は分からない。

河南省だったかは養豚の産地なのだが、ここで養豚の豚がざっくりと概算で100万頭以上死んだ。 水没した。 だからこれから中国は徹底的なたんぱく不足を何で補うのか。 一番簡単なのは他国のEEZの中に無断侵入しての密漁だ。 魚を缶詰などにして外貨獲得をしていたが、そんな事を言っていられなくなるだろう。 政府命令がこれらの漁船団に出る。

だから今年の下半期から日本の魚の価格が上昇するのだろうなあとわたしは漠然と捉えている。 恐らく世界中でたんぱくの需要に対しての供給が追い付かないということが始まる。 それが米国における動き。 これらを見越してだろう、ビルゲイツが大豆のカスなどから造った人造肉の開発と販売の一連企業に投資していた。 あれって確かカップヌードルの中に入っていた四角い肉的な塊のことかなあと思ってはいる。 しかしわたしはそれらのものを食べないので詳細は知らない。

水害は人災で、失業が増えて、現金収入の当てもないまま食糧不足に入る。 確実に中国の内部が不安定になる。 しかし共産党の関係者は飢えない。 自分達だけは何所かからか必要物資を手配してくるだろう。 そういうものを圧倒的大多数の中国庶民たちはどう思うのか。

何処かの時点でメシ寄越せ暴動を起こすだろう。 しかしそれが起きるのを最初から理解している中央政府は、地方政府に強制権を与えたのだから、だから何が起きるのか。 前述の銃撃などが行われる可能性が本当に出てくる。 そういうことをしても、完全検閲の下にあるのならバレない。

バレないのなら、中国人たちは何所までもその自らの中にある兇悪な、凶暴な魂の構造を開放する。 しかしそれは人間の中に誰もが持っているものだが。 しかしやっぱりわたしは彼らはそれらの比率が相当多い人びとだろうという認識にいるので、想定以上に人々が鎮圧されるとみる。

まだ始まっていない。 これから更に酷くなる。 わたしはそう取る。 台山の原発がカギだ。 そして泰山原発も本当の所どんな状態か分からないのだ。 二次電源が止まってしまって冷却水が止まったらあれらの原発がどうなるか。 ぶっちゃけメルトダウンまで想定しないといけない。 もちろんわからない。 人間の世界は分からない事だらけだ。 それで出来ている。 しかし立ち向かうのだ。


  人間の責任とは問題を解決することだ


----
終了
----

――――――――――
2021・729木曜(令和三年)
――――――――――

ソ連が崩壊して以降、この悪の帝国が世界中で展開していた赤化革命の為の暴力装置を中国が全力で支援していた。 これらの暴力装置が彼らのコピー兵器の供給市場であったのだし、更に麻薬などの販売市場でもあった。 中国が自国の中とその周辺地域に麻薬を造っているのは常識だ。

そしてあわよくば西側世界の政治体制を暴力によって転覆させ、それらのテロリスト政府を中国がいち早く承認する事で世界の赤化を進める長期戦略を彼らは本当に実行に移していた。

だから下の記事における堂々とタリバンの幹部と会談するというのは当然であり、今まではこれらの動きは隠してやっていたが、スタン諸国から米国が完全に抜けていくのだから、もう隠す必要はないと判定したのだろう。 そしてそれらをアフリカや南米地域に見せる事で、世界の盟主を気取るプロパガンダをやる。

しかしタリバンは基本反共産主義だ。 当たり前だ。 中国は国是として宗教を否定している。 だから本来ならイスラム教の徹底した敵。 しかし中国はこのタリバンを窓口にして「 ハラルをきっちり守ったイスラム教徒の内臓を販売する」 という事で彼ら勢力をてなづけた。 タリバンを窓口にして中東の富裕層たちは、それらの内臓を移植した。 中東には勿論他にもいくつもの窓口がある。

この地域はそもそも農産物がとれない。 だから太古から人間は商品として勝手に販売されていた。 そうした奴隷売買は世界の何処にもあった。 しかし中東のそれらは、奴隷商人が宗教活動家を偽装していたことにある。 だからイスラムなら人々の側に立つという洗脳をこれまで彼らは懸命にやってきたという風にわたしは判定しているが、そうした欺瞞もこのようなタリバンの動きによって明らかになっていく。

イスラムを使えば便利だから、儲かるから使う。 ただそれでしかなかった。 これらの概念がこの地球上で広く行き渡ったら、そしたら彼らは終わっていく。 宗教は終わる。 

==https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4325297.html
 中国外務省によりますと、王毅外相は28日、天津でタリバン幹部と会談。「アメリカとNATO=北大西洋条約機構があわててアフガニスタンから撤退したことはアメリカの政策の失敗を意味する」などと指摘しました。そして、「タリバンがウイグル独立勢力などあらゆるテロ組織と徹底的に一線を画すよう求める」と述べたということです。   中国としては、アメリカ軍の撤退完了が来月末に迫るアフガニスタンで中国の存在感を高めるとともに、国境を接する新疆ウイグル自治区にタリバンの影響力が波及するのを防ぐ狙いがあるとみられます。   王毅外相は今月中旬にアフガニスタンに隣接する中央アジアの国を歴訪し、26日には同じ天津でアメリカのシャーマン国務副長官と会談したばかりでした。  TBS 728
==

だからわたしは以前言ったが、911ですら中国の影がアルカイダの背中にあり、彼らに武器を提供していたのは誰か。 大きくはこれらタリバンの前進組織だったようだが、それらは地政学的にウイグルを通じて中国から必要物資を運び込み、それをアルカイダの連中に渡していた。 勿論それらの中に更に、中東において自分達こそがアラーの代理人だと名乗る、自称する、自分で洗脳を施してしまったイスラムエリートなる人間集団たちがいた。

そういうものを一切合切索敵して理解しようとしなかった我々の、観測者の責任は相当に大きい。 無知であるというのが、どれだけ罪なのか。 それはこれから起こりえる災厄を回避することをしませんと宣言し、実際に行動としてそうするという行為であり、そんなものにこれからの未来の地球における旗振りなどやってもらっては困る。

我々日本人がまず真っ先にその旗振りをやらなければならないのである。 これを多くが理解していない。 

==https://www.sankei.com/article/20210728-X4MQZIPGTBJD7G3MA2GHLULESE/
李登輝氏死去1年 安倍前首相「状況許せば訪台」  台湾の民主化を進めた李登輝元総統が昨年、97歳で逝去して30日で1年となる。これに先立ち、安倍晋三前首相が産経新聞のインタビューに「世界の中でこれほど日本のことを思ってくれたリーダーは(李氏以外に)存在しなかった。諸般の状況が許せばお墓参りをしたい」と述べ、新型コロナウイルス感染症の動向などを見極めながら台湾を訪問する意向を表明した。  産経 728
==
李登輝(りとうき)元総統の一周忌を迎えるにあたり、安倍晋三前首相が産経新聞のインタビューに対し、台湾訪問の意向を明らかにした。これに対し中華民国外交部(外務省)は29日、「必要なサポートを全力で提供する」との姿勢を示した。頼清徳(らいせいとく)副総統は、安倍前首相の台湾に対する援助に感謝の意を示し、訪問を歓迎するツイートを日本語で投稿した。  李登輝元総統は台湾の民主化に注力するとともに、親日派として知られている。京都大学に留学した経験を持ち、日本語も堪能だ。2007年に訪日した際には松尾芭蕉の句集「奥の細道」で描かれた景勝地を廻った。日本三景の一つとして数えられている松島を訪れた際には、夫人とともに俳句を詠んだエピソードが残されている。  大紀元 729
==https://www.epochtimes.jp/p/2021/07/76705.html

安倍首相が台湾に向かう時に、勿論西側関係の首脳を含める関係者の親書というかペーパーをこっそりと持っていく。 それらには、今後の台湾情勢における西側世界の対応と行動予定などが記されている。 わたしはその様に推測している。

727の時点だったと思う。 中国が台湾上陸の為の揚陸作戦の演習を見せていた。 そういう動画を造った。 恐れて怯えて、戦わないで降伏しろという彼らの古来からのやり方だ。 位攻めという言葉があったと思うが、中国でそれらの概念が採用されているかは知らない。

しかしわたしは相当に難しいという。 揚陸作戦、上陸作戦というのは、世界一の力を持つ米国海兵隊ですら困難な、軍事作戦における1番か2番に匹敵する作戦なのであり、陸軍国家であり、陸戦における勝利がなく、更に海戦などにおける経験はゼロの中国にそれらの作戦が成功できるとは、少なくとも現時点ではわたしには思えない。

上陸作戦は攻める側が守る側の10倍の兵力を持っても、それでも失敗する可能性がある。 というかそれでも失敗の可能性が髙い。 砂浜に歩兵と戦車を上陸させると勇ましい事をいうのは結構だ。 しかしそれは地対地ミサイルの( 勿論散弾が入っている) 格好のまとだ。 ミサイルなどは高価でもったいなあと今わたしは思った。 だから更に砲弾で打ち出して上空で散弾になって落下してくるものや、普通に白リン弾だとか、そういうものをじゃんじゃんと使う。 もっと言えば、面展開をした時点で燃料気化爆弾を使う。 一瞬にして兵士は蒸発か焼却か酸欠で死ぬ。 部隊は死滅する。

だから無人戦争になるだろう。 中国はそれを予告する形で動画でドローンなどの大量発射を見せていたが、もっと肝心な事をいう。 沿岸に中国軍が集結した時点で戦争行為の発生とみなして予防攻撃における先制攻撃を台湾の側は行う。 その先制の初撃で三峡ダムを破壊するかどうかは分からないが、仮にそうなったら中国は戦争どころではない。 しかしそれでもやるかもしれないが。

==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072700804
 【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は26日、中国が新疆ウイグル自治区に核ミサイルの地下格納庫とみられる施設110カ所を建設していると報じた。先月にも北西部甘粛省の砂漠地帯で似たような格納施設119カ所が建設されていると報じられたばかりだった。   核弾頭を搭載した弾道ミサイル用とみられる新たな格納施設は、同自治区東部の砂漠地帯で建設されていた。商業衛星写真で施設を発見した核専門家らによると、少数民族ウイグル族の収容施設があるとされるクムルから約100キロしか離れていない。  時事 727
==
Alan~速報~@MogolianAlan 7月27日 上海天馬サーキットは競艇場みたいになってる
https://twitter.com/MogolianAlan/status/1419901903496826881
中国の河南省新郷衛輝市、朝5時の様子、水の深さ3メートル、
https://twitter.com/MogolianAlan/status/1419862747756457987
https://twitter.com/MogolianAlan/status/1419867433729368069
https://twitter.com/MogolianAlan/status/1419867541166432259
== 上 ツイッター 全て 727

国内での水害を含める災厄がどれだけサイズの大きなものになっても、中国は台湾侵攻を諦めない。 しかし前回だったかいった、鄭州における工程大学の地下にあるとされた台湾侵攻の為の総司令部が水没して機能不全に本当にそうなっていたのだったら、台湾はこれらの脅しを脅しと思わない。 復旧か、代わりの指令部の設営までは時間が稼げたからだ。

そしてわたしよりも当然台湾の軍部の方がそれらの情報はつかんでいる。 米軍がその情報を渡しているかもしれない。 しかしバイデン政権とやらになっているのでそのあたりは不確定だが。

そしてわたしが以前言ったように、今台湾侵攻をせかしている勢力が江沢民勢力だった場合、わざと戦争に負けて、上海閥、南人にとって利用価値の低い地域を割譲して渡してでも、それでも習近平政権を始末出来るのなら、彼らはそうするのだから、これから先の流れが何ともわからないと言った。 わたしは習近平政権が中国の言語統一に完全に成功したという立場には立っていない。 だからその観点で中国の内部はまだらの様な状態がまだ続いており、それをこれから、江沢民勢力の経済装置を法改正で破壊していくことで、息の根を止めてから、習近平主席の思惑の赤い国家に変えていくのだろうが、それらの完成が確認できないことには、やっぱりこれから中国の中で相当の破壊工作を含める動乱が起きると捉えている。

問題はその互いの勢力への破壊工作が、国境線の外側に拡大することにある。 米国においては再びBLMなどのチンピラ勢力を使うだろうし、日本においては… これは正直今の主流の暴力集団は分からないので何とも言われないが、兎に角そうした愚連隊を使う。

8月かぁ~ …原因不明の謎の食中毒だとか、不自然な形のノロウィルスとかが社会の表に出てくるのだろうなあとわたしは身構えている。 特に学校組織、そして消防だとか警察だとか自衛隊だとかそういう領域におかしな食中毒の動きが出たら、それは勿論偽装された中韓の関係者だろうと最初から疑って構わないとわたしはあなたに言う。

これらのコトバの射出に対して人種差別だとか言い出す連中は全てにおいてあちら側だ。

この既存の世界における自由や人権や公正や差別解消格差解消などのもろもろの概念は、これは何度も言うが、安全保障が確保されているその内側にしか存在しない。 外側にはない。 ないのだ。 これらの概念を力の均衡で説明しようとすると、単純にグンクツがとかと言い出すクルクルパーが出てくる。 もちろんあっち側だ。

我々は  寄る辺ない向こうの彼岸  で互いを見つめている。 連中の顔をよく見ることだ。


  それは何かを企んでいるだから


----
終了
----

――――――――――
2021・728水曜(令和三年)
――――――――――

https://twitter.com/MogolianAlan/status/1419862747756457987  河南省 排水がない
https://youtu.be/BQ9PLuCzaaA  中国甘粛省 巨大砂嵐
https://youtu.be/FXLppDkjdgU 中国甘粛省  巨大砂嵐 国営放送版

中国の水害は明らかに人災だ。 だからそれらの概念に国民が到達しないように、国営テレビまでもが、普段はほとんど伝えない砂嵐の事を出してきた。 認識の上書き作業だ。 なので国営テレビのこんなに必死なプロパガンダ洗脳の動きがあるという事は、現地における水害は相当に悪いのだと分る。

町に排水溝がないのだから、それらの水が引くわけがない。 蒸発を待つしかない。 しかしこれから更に81くらいまで台風6号は猛威をふるうのだし、更に10月頭くらいまでは大雨はまだ続く。 町は去年と同じように次々と陥落していく。 だから視線そらしの何かがこれから中国の内部で起きる。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/e251f83c790b97a6c646f5bec355b45ded671bfd
同省は27日、豪雨被害の省内の死者数が71人に達したと発表。同市は地下鉄関連の死者数が2人増えて14人になったとした。年齢は20~51歳で女性が11人だった。名簿も公開したが、名前の一部を伏せた。  中国メディアによると、犠牲者の初七日にあたる26日、沙口駅の出口には多くの市民が追悼に訪れ、「天国に洪水はありません。安らかに眠ってください」などと書かれたメッセージカード付きの花束で埋め尽くされた。だが夕方ごろまでに何者かが人の背丈より高い壁を設置し、中が見られなくなったという。市当局関係者が、追悼の動きが当局への責任追及に転じることを恐れて設置した可能性がある。  朝日 727
==

鄭州市のトンネルにおける事故、そして地下鉄における事故、これらに花輪などを置く行為は禁止された。 もっと言えば724くらいの時点で「 あなたの発言がこの町の品位を落とす」 という風な脅しの垂れ幕が出されたというのを以前言っただろう。 それは「 海外の報道陣が動き出す前の地方共産党の動き」 なのである。 だから現地には当然海外のメディアが取材に来たのだが、平服をきた人民解放軍の兵士たちが、市民を偽装して、これらの記者たちにくってかかった。

御前たちは嘘ばかりながす、だから出ていけ、とやった。 実に共産党らしい50枚舌だ。 もっとあるのだろう。 そしてこれらの海外記者たちは脅されて撮影した動画や画像をその場で廃棄消去させられたというのも分かっている。 そうした動きはいち市民には判断して強要することの出来ない動きだから、だから自動的にこれらの自称市民が中国公安( 弁公室) だとか、警察、そして軍人であると分る。 中国に余裕がない。 工作が本当に粗雑になっている。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/66bd16865fb30e0104fd1ab44a785afc8a91f922
(ブルームバーグ): 中国のインターネットサービス大手テンセント・ホールディングス(騰訊)は、メッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」の新規ユーザー登録を停止すると発表した。中国のテクノロジー業界では2日間にわたって株価が急落しており、不透明性を増している。  微信のユーザーはすでに10億人を超えている。微信は関連する法や規則に従って「セキュリティーの技術的なアップグレード」を進めていると、テンセントがオンラインで発表した。新規ユーザー登録の再開は8月初め頃になる見通しだという。 27日の香港株式市場でテンセント株は9%安で引け、2011年10月以来の大幅下落。同社は依然、時価総額で最大の中国企業だが、この2営業日で1000億ドル(約11兆円)以上の時価総額を失った。  727
==
通信アプリ「WeChat」の運営会社「テンセント」は27日、新規ユーザーのアカウントの登録を一時停止すると発表しました。「WeChat」は中国の国内外で12億人以上が利用しているとされますが、新規登録の一時停止は「関連の法律に基づき、セキュリティ技術の向上を図るためのもので、8月上旬には再開する見通しだ」としています。  「アリババ」など巨大インターネット企業への統制を強める中国政府は、この前日、ネット企業への集中的な取り締まりを開始したと発表。企業が得たデータについて、必要な管理と技術的措置を取らなかった場合などに取り締まりの対象とする方針です。(27日17:25)  TBS
==https://news.yahoo.co.jp/articles/edde7c24e7c2e4cb60c3ab01aa8dcb5ffabaa526

そして水害の動きを受けて、その中で江沢民と習近平の権力闘争… というかもう権力戦争の動きが開始された。 鄭州市にある工程大学の地下にあるとされた台湾侵攻の為の総司令部を、これを江沢民勢力が12の小さなダム、5つの大きなダム、だったと思うが、同時に無断放流し、そしてこの基地を水没させ、習近平主席の台湾侵攻計画を大きく遅らせたというのは言った。

それらを言っているのは上海閥としか見えないカクブンキ達だから話半分だ。 しかしそれらが仮に本当だとしたら、それらの動きを受けて、習近平主席は、以前から計画していた江沢民勢力の資金源獲得装置=企業集団、これを叩き潰す動きを、その時計の針を進めた。 そう見える。

これらの上の記事においては徹底的にテンセント潰し。 だからテンセントは、月火曜の時点で時価総額で11兆円が溶けて消えた。 もっと大きいとは思うが。 音楽配信事業を、テンセントには著作権管理を禁止するという事で奪って、その翌日に、事実上のウェイボーとウイーチャットの接収に出た。 これらの基幹産業は全て国有にすると習近平主席は決めている。 だからアリババもそうなったが( まだ国有を名乗っていないが、いずれそうなる。 なんたら公司とかそういうのになる) …アントフィナンシャルも終わるし、そしてテンセントも終わる。

ファーウエイの副社長がいつまでたってもカナダから動けないのは、これを釈放させようとしているのは江沢民勢力であり、習近平主席は違う。 彼はファーウェイも潰す。 恐らくそうなる。 江沢民の意気のかかったものは全て潰す。 中国は今実際にそれに向けて動き出した。

教育関連のビジネスは年内に非営利団体以外は出来ないと決まった。 だから民間の塾は全て廃止になる。 わたしは教育産業に江沢民勢力がいたかどうかは知らない。 しかしそれらの決定がなされたということは、そうだったのだろう。 この分野に資本を投下していた西側は全て引き上げた。

だから今週の月、火、で、香港と深センと上海で、一体いくらのカネが溶けて消えたのか。 額が大きすぎて結果が出ていない。 それでも習近平主席はやる。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/b9d4a757757f6f6f31bda4d006597711efb072c6
江蘇省南京市では、26日までに106人の新規感染者が判明。  当局は、全市民およそ930万人を対象にした2度のPCR検査のほか、遺伝子解析を実施し、27日、「感染拡大はデルタ株によるもの」と発表した。  中国メディアなどによると、南京市からの感染は、さらに4つの省へ広がったという。  
一方、首都・北京では、外交官1人を含む3人の無症状の新規感染者を確認。  外交官が検査後に待機していたホテルは、厳重な隔離措置が取られ、全身を防護服に包んだ人の姿も見られた。
==  FNN 728

そしてこれらの動きは更に「 国内でのウイルス散布」 を通じての江沢民勢力、それら牙城地域、省などに対しても仕掛けられている。 わたしは今の中国内部のデルタ株の大拡散の動きは、人的なものよりも散布によるものだろうと疑っている。 上の記事においては北京でも出たことになっているが、流石に抑え込まれている。 しかし他の四つの省の事には触れられていない。 それが江沢民勢力につながる企業集団たちのショバだったらどうなるか。 その色彩が見える。

だからこれはもう権力闘争ではない。 権力戦争だ。 なので抑え込まれる一方の江沢民勢力は、sれらの関係軍人たちは、内部で破壊工作とウイルス散布などをやるだろう。 それらの動きは海外にある習近平派のもっている外国籍の企業などにも展開されると見ている。

だから日本の中でも日本企業を狙った、何らかの風評被害を偽装したテロがこれらの勢力によって仕掛けられるとわたしは予測している。 代理戦争になる。 その流れで、創価学会などがやられていくのかなあなどとテキトーに考えているが、わたしは日本国内の宗教団体が実際のところ、どれだけ中国に突っ込んでいるのか知らないので、これは無責任な言説の一つになる。

==https://www.epochtimes.jp/p/2021/07/76595.html
中国の習近平総書記が結党100年記念式典で「台湾統一」を宣言し、台湾海峡では軍事的緊張が高まっている。しかし、中国の軍事力が台湾をはるかに凌駕しているが、習近平氏は台湾への武力行使にまだ踏み込んでいない。米国に亡命した中国海軍司令部元参謀(中佐)の姚誠(ようせい)氏はこのほど、大紀元のインタビューに応じ、「習氏は、台湾はもちろん、米国や日本も恐れない。彼が恐れているのは中国軍だ」と述べた。  姚氏によると、習近平が権力を掌握した後、軍部の江沢民派勢力を排除した一方で、自分の地位を確保するためには、それらのポストを自分の取り巻きで埋め尽くした。「軍隊を制御できなければ、政権が不安定になり、命の保障もないからだ」と同氏は語った。  大紀元  728
==

江沢民派の軍人たちが一発逆転をするとしたら、それは対外戦争を起こすこと。 だから以前に今の中国の中で、実際には前線に出ることがない、士官クラスの連中が、一刻も早く台湾侵略をという風な嘆願書を出しているという話をした。 わたしの見え方ではこれらは江沢民勢力だ。

そして台湾に侵攻して、わざと負ける事すら彼らはやるかもしれないと見ている。 それは米国の側と裏で取引をして、いくつかの領土をやる代わりに、中国の統治権を自分たちの勢力に渡してくれというものだ。 それらの政治体制の受け皿が、カクブンキ達がカネ集めの為にやっている  新中国連邦  だろうなあとわたしは判定している。

中国人は別に自分たちの国家が一つであるとは考えていない。 そう考えろと上から命令されているからそうしているに過ぎない。 そうしないと社会信用システムの点数が下がる。 そして習近平主席ほど江沢民勢力というのは愛国派ではない。 いわゆるグローバリストだ。 だから、自分達の勢力がだけが栄光栄華を甘受できるのなら、彼らはそうした驚愕するべき取引もへっちゃらでやる奴らだという事は理解しておいた方がいい。

日本人は近代の中国人に対しての認識が甘い。 まるで騙される為に存在しているかの様だ。 そして実際に騙されている。 いい加減その座標から移動しないといけない。

だからその観点で東京五輪を見ることをお勧めする。 習近平主席は、日本の武漢肺炎の患者をこれ以上増やすと、重症患者を増大させる流れを造ると、それはそのまま冬の北京冬季五輪に日本がボイコットの側に回ってしまうことを恐れた。

だからバッハとテドロスを使って、東京五輪を何としても開催させるようにとカネを渡し、裏から手をまわした… こういう事を言っているのが、言っている事の三分の一も当たっていない遠藤誉のおばちゃんだが、少しだけは当たっている部分もあるかなあと思う。 彼女の説は全て物語で出来ている。

具体的に誰と誰がいつ、どういう接触をしたのかという情報が付加されていない彼女の説は、大体はフカシ、つまり物語である場合が多いのでわたしは彼女を大分信用していない。

それでも中国のイヌコロであるNHKの報道を見ると、重症者数は本当にゼロに近づいているのに、しかし感染者数しか紹介しないというこの動きは、あまり日本上げになってもらっては困るという中国の強い思惑が背後に透けて見える。 マスコミは、特にNHKだけはどうあっても弱体化させるか壊滅させないといけない。 そうしないと日本人の未来は本当にないのだ。

中国での権力戦争は、恐らく世界中に飛び火する。 世界の在外中国人たちの中での対立が、今まで隠していたものが出てくる。 彼らが破壊工作をしない限りにおいては問題はないかもしれないが、どうせそんな事にはならない。

そして江沢民派の軍人集団が慌てて台湾侵攻の動きを見せるなら、これは断言しておくが、台湾はためらいなく三峡ダム、それ以外の各種ダムに新型巡航ミサイルを次々と打ち込む。 その結果どうなるかは言わなくても分かるだろう。 だから逆の意味でいったらダムに水があるときに戦争挑発行為は基本無い。 11月以降だろうとは見ている。

平和と唱えていたら平和になるのだというアタマのおかしい人たちは本当にいらない世界になった。 その中でも生き抜いていかないといけない。 アンテナを敏感にすることだ。


  鈍感と傲慢は消滅を呼び込む


----
終了
----

――――――――――
2021・727火曜(令和三年)
――――――――――

日本の快進撃が続いている五輪だ。 今の動きを精神世界的にどうとでも否定的に表現したい人はするがいい。 わたしはその立場に立たない。 人間は五感を超えたところに察知能力はない。 そういうものがある人もいるかもしれないが、微細なので、基本ないと言っても構わない。

だから今の動きを日本人にエネルギーを使わせておいて、これからの災害においてはひどい目に合わせるのだ… 的にコトバを造るのも結構だ。 しかしそうした口だけで生きている連中は、これからも何もつかめずに死ぬ。 覚醒などは全く絶対にありえない。 ただ死ぬ。 わたしはそう勝手に決める。 何故か。 わたしの目線で、他人に諦めさせるというところから入る個体というのは、例外なく陰始勢力とやらにつながっている座標であり、門だからだ。

==https://mobile.twitter.com/MogolianAlan/status/1419306847769489412
@MogolianAlan  中国の最先端の排水設備!     鄭州の洪水は自然災害ではなく、      人災です赤いビックリマーク赤いビックリマーク赤いビックリマーク
==https://twitter.com/i/status/1419306847769489412

スポンジシティとうたっていた鄭州が、何一つ排水に関わる工事が成されていなかったことが暴露された。 わたしはこれほど酷いものだとは思っていなかったので少し驚いた。 つまり中国における全てのビル群は基本的にこうした工事の元に設置されているという事だから、これからあらゆる都市で雨が増えると、それは、大水害をもたらすのが当たり前という事。

だから鄭州のトンネルに関しても、水抜きトンネルだとか排水ポンプシステムというものは、ほとんどなかったか、あっても名目だけのものだったのだろうなあとみる。 あれらが軍の管理下にあったとしてもその程度だというのなら、中国は安全管理からの国家保障という概念に明確に差別の概念を持ち込んでいるのだなと分る。

河南省であり、鄭州というのはざっくりとみて江沢民の牙城地域だ。 だから最初の一回目の水害においてはそこからの情報発信があったのは、それは習近平政権を破壊できるのならという思惑があったから、という言い方にはなるのだが、726に上海に上陸した台風6号は実はとんでもない被害を現地にもたらしているのだけれど、いわゆる自称一般の中国たちが、VPN、つまりプロクシーサーバーを経由した西側世界への情報発信を相当控えているのは、それは中国の当局者に本当に逮捕されるからというだけではない、江沢民勢力の本拠地の一つの恥を見せたくないから、という力が働いているのだなとわたしは解釈する。

あれら西側に接続できる中国人とやらは、いたとして最大限1億人だ。 それは中国の中の共産党員であり都市戸籍であり、それらの連中しか入手しえないような外部シムとでも言えるチップを挿入しているスマホでなければpcでなければVPNを簡単に利用できないから。 わたしはこの理解にある。 そんなに簡単ではないのだ。

==
記者「なぜ国民が応援したのに勝てなかったのですか?」 → 劉詩文「………」  コメント欄「売国奴が」「新疆に行くか?」
https://i.imgur.com/3RvLROk.jpg   https://i.imgur.com/dcn2lrz.jpg
==

水谷伊藤ペアにまけた中国人選手たちが罵倒されている。 彼らは本国に帰ったら更に罵倒される。 しかしあの試合を見た人は分かっているだろう。 報道陣を偽装した集団の中国人たちが入り込み、大声を上げて日本人ペアの意気と集中力を破壊する妨害工作をしていたことを。

中韓の五輪、国際大会においては、観客も選手も、基本的にそうした大声をあげたり、集中力を破壊するような工作を行うのが常だ。 意図的に魔法瓶ポットを下に落としてみたり。

普段から汚いことをたくさんしている連中が、それでも日本のペアに勝てなかった事を彼らは深く考えない。 そして彼らは所詮口だけだ。 更に言えばこれら中国選手が今回の水害の被災地になんらかの肉親を残しているのではないかと勝手に思っているが、これらは分からない。

そもそも伊藤選手は中国卓球界で大魔王と恐れられている存在だということを、肝心の彼らが一番よく知っている。 何を言っているのかと思う。

そして中国人たちが「 ウイグルに送ってやる」 という言い方。 これは彼らがウイグルで何が行われているのかを腹いっぱい知っていて、それをもっとやれと潜在意識で思っているのだ。 わたしはそう解釈する。 だから本当を言えば、中共と中国国民は別の存在ではないのだ。 同罪なのである。

==
中国が出場登録とは全く違った別人を送り込んできている。 男性を女性と偽って送り込んできている。  https://twitter.com/FreeAll_protest/status/1419299920536739847
==

そもそもがこうしたインチキを公然としかけてくる連中だ。 彼らが正義だとか常識だとか言ってもそれをこちらの側が採用する必要はない。 そしてこれらの概念を外界に発信したら人種差別だと言い放つ勢力は、どのような座標に立っていても、それは明確に彼らの眷属と判定する。

そして彼らの眷属であるということは、表層意識ではどれだけ格好のいい、自由だとか平等だとか公正だとか言っていても、それらの全ては偽装であり、潜在意識の奥底には大きな △ が鎮座設営されている。 わたしはそう判定する。 そしてこれらの連中が 人類の第五列 だと言った。

==https://www.fnn.jp/articles/CX/209023
「新たな大量破壊兵器」と言われるAI(人工知能)で制御するドローン(無人機)の「群れ」作戦を、イスラエルが世界で初めて実戦で実施したと伝えられた。  英国の科学誌「ニュー・サイエンティスト」電子版6月30日の記事で、それによるとイスラエル軍は5月中旬のガザ地区での紛争で小型のドローンを群れのように使い、ハマスの武装勢力を発見して確認、攻撃したという。同誌によれば、ドローンの「群れ」が実戦で使われたのはこれが初めて。  蜂などの大群がブンブン飛び交うように。  ここで「群れ」としたのは、原語では「swarm」とあり、直訳すれば「蜂などの大群がブンブン飛び交うこと」だ。さまざまな機能を備えた小型ドローンを、昆虫の群れのように多数飛ばして敵の状況を詳細に把握し、最も効果的な手段を備えたドローンから攻撃する。  例えば偵察用のドローンには、可視光、赤外線、放射線などの探知を担当するものがあり、攻撃用ドローンには機銃やミサイルを搭載したものの他、目標に自爆攻撃するものもある。さらに「群れ」には、敵方の電波を撹乱するジャミング担当のドローンも同行することがある。
==

中国が今開発しているのは上の様な無人ドローンの群れとでも言えるものの攻撃集団。 だからイスラエルがこれを一部公開している形になっているが、実際の戦場はもっと冷たいものになっている。 それは本当に無慈悲に機械が上空から突っ込んできて、暗殺や破壊対象の人間の近くで爆発して、絶対に助からない状態が本当に現実になっているからだ。

アゼルバイジャンとアルメニアの少し前の紛争において、トルコ製のドローンが活躍した。 しかしそれは単騎に近いほどの、大群とは呼べないものだったようだ。 それでも敵兵士に個別に接近して自爆して多大な戦果をあげた。 イスラエルのそれは、一部隊が全滅するほどのものだろうと推測する。

==https://news.livedoor.com/article/detail/20591121/
(CNN)北欧のノルウェーで現地時間の25日未明、上空に巨大な火球が現れて夜空を照らし出した。隕石(いんせき)は少なくとも一部の断片がノルウェーの首都オスロ近郊に落下した。 ノルウェー隕石ネットワークの広報によると、火球は現地時間の午前1時ごろ現れ、「まるで昼間のように空を照らし出した」。約1分後、大きな轟音(ごうおん)が広い範囲で聞こえた。轟音は、上空に隕石が見えた場所から100キロも離れた場所でも聞こえたと思われる。 隕石の軌道近くでは、衝撃波を感じたという報告も寄せられている。「ドアや出入口が開いて突風が吹きつけた。ただ、被害は報告されていない」(同広報) ノルウェーで隕石の落下は珍しい現象ではなく、同団体は多数のカメラを設置して継続的に空を観測している。
==

世界は見えない戦争に入っている。 それはウィルスであり、それはサイバーであり、そして今言ったドローンだ。 それらを統括管理するのは超々高々度からにおける指揮管制システム。 だから中国が保有するそれらのシステムを米軍は恐らく次々と破壊しているだろうとわたしは見ている。

別に爆破によって破壊だけではなく、ロボットアームでつかんで深宇宙に投げつけるという事をするだけでも効果がある。 その場合は大気圏に突入せずに、ある日いきなり地上との通信がとだえてそれで終わりだ。

このノルウェーの事象が隕石なのか、それらの人工衛星の破壊かは分からない。 しかし、これから火球がやたら増えるのだろうなとわたしは想定する。 それは822のペルセウス座流星群のピークに向けて上手に偽装される形をとるかなあと見ている。

もうひとつある。 我々は地球という惑星が隕石を召喚する能力を本当に持っているというのをもう知っている。 だからこれからの地上世界における動きが混乱し、停滞するのであるのなら、それらの隕石を落とすという選択肢も地球にはある。 これを伝える。 だから今回の火球はそれらに向けての準備運動であったという解釈も成り立つ。 勿論分からないが。

東京五輪が終わったら一気になんでもが進むと見る。 726くらいの時点で香港と上海の株式が大暴落している。 これはまだ続く。 共産党結党式典が終わったから、習近平政権は、力をつけすぎた経済勢力=江沢民勢力、これを破壊する動きを堂々と開始する。

不動産のバブルを収束させる決定をしたようだ。 そして教育機関における外資の排除。 様々に純化政策を強める。 だから逆に言ったら中国はこれから本当に終わる。 しかしただ終わらない。 必ず外に敵を求める動きを開始する。 それを未然に読んで止めるのが我々の仕事になる。 

何が出来るのかと言ったらどうせ何も出来ないが、想起して伝えることは出来る。 最低限それくらいはやるべきなのかなとわたしは勝手に思っているが、あなたはあなたで考えて行動を変えてほしい。


  冬至に門が開く


----
終了
----

――――――――――
2021・726月曜(令和三年)
――――――――――

わたしは東京五輪に関しては、それが開催されるか否かに関しては分からない立場でいた。 そしてそれが行われる行われないが自分ではわからない以上、それらが決まってから自分のコトバを造ろうと思っていた。 そしてそうしている。

一般の人々は、特に老人層は今回の東京五輪を本当に喜んでいる。 そういう層が圧倒的だと分った。 そしてそれに引きずられるような形で若年層も、正負どちらにせよこの東京五輪に認識が集まり、その上で総合で肯定的な評価に変わっている。 わたしの判定だ。

しかしこれらのイベントが開かれる前から、この五輪を中止にするべきだとやっていた連中、これをわたしは、いわゆる精神世界の方々が言う所の、陰始勢力の一味だという概念だと今は言う。 そして
もう一つ言う。 その精神世界の方々における一部の連中が、明らかに第五列だなあとわたしには判定出来るのだ。 それは勝手な判定だしどうせ間違っている。 しかしそうなんだろうなあという気持ちが全く消えない。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/84084807225a704df10ab01ec9eda1501d3fd5cc
東京五輪開会式 56・4%の驚異的視聴率!64年東京五輪の61・2%に迫る 瞬間最高は61・0%
23日夜にNHK総合で生中継された「東京五輪開会式」(後7・56~11・51、235分)の平均世帯視聴率は56・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。同じくゴールデン帯(午後7~10時)で放送がスタートした2008年北京五輪の37・3%(8月8日後8・55、255分、NHK総合)を大きく上回り、前回1964年東京五輪の61・2%(10月10日後1・43、147分、NHK総合)に迫った。 午前中の放送だった前回16年リオ五輪の23・6%(8月6日、190分、NHK総合)。  スポニチ 726
==

彼らの一部は陥没現象と大量死亡に関して語る。 わたしも基本的にはそれはあり得るかもしれない未来の情景として、全くないことだ、とは言わずにそれらの動きを見てきた。 しかし彼らの中の一部から、自らに超能力的なものが何もないのに、これからの流れを勝手に判定し、上から目線で未来を語り、そして冷笑的で嘲笑的な存在が多々、その表現の中にあったのをわたしは見逃さない。

それらの総合合算の方向は何を言いたいのか。 それは「 あきらめろ」 と言っていた。

恐るべきことだ。 自分が旧来の世界、旧世界、これらから虐められてきたという一方的な解釈の元にルサンチマンの元にそれらの旧い座標を憎んで恨んで、そして自分では何も出来ないと精神世界に活路と退路を求めて逃げてきた連中が、手にした諸本が違ったものになったから、自分は旧来の人間たちよりも上なのだと潜在意識下で勝手に決めて世界を語りだす姿は、これは何の悪い冗談なのか。 わたしはその認識を今でも彼らに対して持っている。

救えないくせに教導するかの偽装を行うその様は、スパイ用語でいうところのカバーそのものだ。

わたしの視点から彼らの一部の領域は、結局「 人間にあきらめさせるために大きな活動をしていた。 それらの断念システムの一片」 にしか見えていない。 勿論なにを言っても彼らには届かない。

しかしわたしはこの東京五輪に関しては現時点においては、それこそ奪い盗る者達に対して「 ウィルスをばらまいたお前たちには負けない」 という意志表明になっているのだから、これは最後まで完遂するべき立場にいる。 多くの人々が、それが表層意識の事だけかもしれないが、本当に喜んでいる姿を見てわたしは考えを決めた。

人間のまとう鎧が旧体制の赤い色であっても、新体制の青い色であっても、問題は中の人だ。 そして本来新しい惑星に到着した時点で鎧などは要らないだろう。 しかし今はいるのだ。 その状況下でどのような、自らを守る鎧をまとおうが、肝心なのは中の人間そのものだ、と決めた。

第五列は世界に沢山ある。 しかし精神世界の第五列は相当に強敵だ。 自分が良いことしていると信じて疑わない演算故障者がほぼ全てだから。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/b573a84157d1959d5dd0bd49b35f3d745e537a8e
25日、南京市防疫当局によるとこの日0時まで、コロナの地域内感染者は57人と確認された。このうち37人は感染者に分類され、20人は無症状感染者だ。中国はコロナ陽性者のうち、症状が軽い者は無症状感染者に分類しており、韓国と同じ基準を適用すると数字はさらに増えることになる。 前日、中国内で発生した本土内の感染者は5人だが、江蘇省2人を除いて遼寧省(瀋陽)で1人、広東省(中山)で1人、雲南省で1人発生した。無症状感染者4人は、江蘇省2人と遼寧省(瀋陽)2人だ。 ミャンマー国境の雲南省の他、残りはすべて南京で感染した患者だと当局は判断した。これに先立ち、四川省綿陽と安徽省馬鞍山でも南京と関連するコロナ患者が発見されている。
== ワウコレア 725

中国の防疫などは何も成功していないと分る。 そして世界の旧世界の支配層達の力の源泉であるカネを獲得する装置としてワクチンという商品は、これからも相当儲けることが出来るのだから、人間世界で武漢肺炎は「 ワクチン打ったけど効いた、効かなかった」 という精神コントロールのコトバが大量に流通することになる。

だから初期の段階でイベルメクチンを投与しておけば、ほぼ助かった。 アビガンでほぼ助かった。 それでは儲からないからこれらを潰した。 いいですか、この感染者拡大の動きは中国にとっても、人間を恐怖で縛るツールであり、カネモウケの道具であり、更に江沢民勢力の牙城を破壊する効果的な道具になっているのだから、今後も本当の意味で収束することなどない。

そしてそれは江沢民勢力が習政権を打倒す為にも使われる。 内ゲバに国民が巻き込まれ、恐らくこれから更に死ぬだろう。 多くの人が。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/aaca125be20400576912a84db41f669557a67647
 新型コロナウイルスの治療薬開発を巡り米製薬大手ファイザーや同メルクが競う中、日本の塩野義製薬はコロナ治療薬の臨床試験を開始した。1日に1回服用する初のコロナ治療薬となる。  大阪に本拠を置く塩野義製薬は高コレステロール血症治療薬「クレストール」の開発などに関わったことで知られている。今回の治療薬については、新型コロナウイルスを攻撃するよう設計されたものだと述べた。また、1日1回の服用とすることで利便性を高めたという。今月開始した臨床試験は来年まで続く見込みで、副作用などを確認する。  塩野義は、すでに後期臨床試験を実施しているファイザーやメルクに数カ月後れを取っている。ファイザーの治療薬は1日2回服用するもので、早ければ年内にも販売の準備が整う見込み。  塩野義製薬の手代木功・最高経営責任者(CEO)は、タミフルやゾフルーザと同様の極めて安全な経口薬の開発を目指している、と述べた。また、同社の治療薬は服用開始から5日後にウイルスの中和を狙うものだという。
==

そして今回の台風は相当に規模が大きく雨台風。 上海では相当の被害が出ている。 しかし民間人がネット空間に動画などをアップすると本当に逮捕されるようになったので、これは誰もアップしていない。 中国はこれからの国民の暴動を未然に防ぐために、地方政府の一番小さな単位、それまでは許していなかった、日本でいったら市や町の単位の役人たちに、行政執行権を使っていいと決めた。 だからこれらの役人たちもカネに困っているので、これから住民たちをありもしないでっち上げの容疑で逮捕したり利権を奪ったりというのをやって自分の財布を肥やす事をする。

明らかに間違った決定だと思う。 しかしそれをしなければならない程の国民不満がたまっていると判定してもいいという。

==https://mingdemedia.org/yanhuasinueshanghaidatingdiangaotietingyun/
河南省新郷市のネチズンは、助けを求める手紙を出しました。彼が住んでいた地域社会は深刻な影響を受けました。地下のガレージとポンプハウスが水没しただけでなく、大規模なポンプ設備と発電機が緊急に必要でした。 。転送を手伝ってください。また、多くの上海の住民は、風雨が非常に激しく、数時間停電したという文書を発行しています。これまで復旧していません。バリアフェンスでさえ数百上海の繁華街の道路の真ん中で長さ数メートルが吹き飛ばされ、車線の半分以上を占め、危険を引き起こしています。  また、最新のニュースによると、上海の現在の台風オレンジと暴風雨黄色の警告が高いです。台風が旅客輸送機関に与える影響を最小限に抑え、旅客列車の安全を確保するために、鉄道部門は上海への出入りを決定しました。本日19:00から明日12:00までの高速鉄道。すべての列車が運行を停止しており、鉄道部門は台風の進路の変化に引き続き細心の注意を払い、列車の運行計画を風速と降雨量および災害の影響の程度。 725
==

25日に上海に到着した台風六号は最終的には北京に向かうのではないかとされている。 完全に確定したコースではないが、おおよそそうだと言われる。 黄河の放水などによって北京の都市機能が破壊されたままの状態になっているのに、しかし追い打ちで雨台風だ。 恐らく相当の人が追加で死ぬ。 しかし全て隠ぺいされる。

鄭州におけるトンネル事故において、725の時点で贔屓目に考えて1万人以上が死んだ。 現地の中国人たちがそれを言った。 彼らは今頃本当に逮捕されているかもしれない。 それらの情報発信が体制批判だと判定されたら、そしてそれは逮捕した司法、つまり地方の警察長官だとか、現場の刑事課長だとかが「 自由裁量で勝手に決めていい」 のだから、そうなると裁判なしでそのまま精神病院に送られて、そこで殺されて内臓を抜き取られるか、又は鉱山労働に送り込まれてそこで死ぬ。

我々が相手にしている国家とはそういうものだ。 中国とはそういうものだ。 だからこれらの情報を一切取ろうともしない、調べようともしない、知ろうとも、もちろん信じようともしない勢力は、そもそも最初から中国と繋がったやつらか、又は明確に中韓が日本語を使って騙しをしかけているか、更にそれこそ陰始勢力の仲間… であるとしかわたしには見えていない。

第五列だ。 彼らはその自覚がないままに陰始勢力の手先をやっている。 そして人類の本当の進化を阻害する為に、諦めさせるためのコトバを射出している。 慇懃無礼に他人の事を、わたしの今出した一連の表現、表現者に対して「 人種差別が好きな人たちは」 とやる。

わたしは彼らの領域から、国家安全維持法の恐ろしさだとかウィグルの虐殺だとか、内臓抜き取りだとか武漢ウィルスだとか、その辺の既存の人間世界を破壊するための中韓の動きを批判する… などと言った行動を、表現を見たことがない。

==wiki
第五列(だいごれつ、スペイン語: quinta columna、英: fifth column あるいは Quislings、独: Fünfte Kolonne)とは、本来味方であるはずの集団の中で敵方に味方する人々、つまり「スパイ」などの存在を指す[1]。  この表現は、スペイン内戦で反政府軍側の将軍エミリオ・モラ・ビダル(スペイン語版、英語版)が、1936年にラジオで「我々は4個軍団をマドリードに向け進軍させている。人民戦線政府が支配するマドリード市内にも我々に共鳴する5番目の軍団(第五列)が戦いを始めるだろう」と放送したことに起源がある。  この単語はまた、自らが居住している国家に敵対する別の国家に忠誠を尽くすことを求められた人々や、自らが居住している国家に対して戦争のときに敵方の国家に味方する人々を指す場合にも使用される。 
==

出来もしないのに覚醒だ教導だとやっている。 その癖活動をしていない。 更に活動をして見せていると思ったら、それらは第三者に検証不可能な領域のコトバだけで構成されている。

この物質が固定されている世界においては、再現実験を持って大多数の人が同じ結果になる風な、検証の動きに耐えられないものを、概念を、コトバを、真実だ事実だと語ってはならぬ。

しかし彼らはその掟を平気で破る。 だから彼らは旧体制と勝手に決めつける世界においても結局は守るべき当然を守ってこなかった、守れなかった、なぜそれを守らなければならないのかというのを全く理解できていなかったと分る。

それらが  人類世界における第五列  であり  精神世界における第五列  だ。

わたしはそれらに抵抗するものだ。


  わたしは立ち向かう者だ


----
終了
----

――――――――――
2021・725日曜(令和三年)
――――――――――

https://youtu.be/IKnRFchhrfc  中国の赤い空

わたしは出来るだけオカルトなことは書かないつもりだが、この上の動画はどうやって説明をつけるのだろうとは思った。 しかしこれらの動画が事実を撮影しているものではなく、動画に後から加工で着色されている可能性もあるなとは思っている。 大紀元だと思うが、ここは法輪功の関連の人間と江沢民の関連の人間がたくさんで入りしている組織だとの理解があるので、現行の習体制の商品価値を下げる為になら、可能な限りの情報工作をやる可能性、これはあるのだ、という視点で全体を見ている。 ただ中華系の各種の情報発信媒体の中では一番信頼性がたかい。 それでも時々おかしなことを言う。 それは法輪功がらみなのだろうなあと思っているが、詳細は知らない。

そして今回の鄭州の水害においては、ざっくりと言えば、近くにあった地下総司令部を守るために住民に秘密で大放水をおこなった、これが全てではないかと思う。 勿論雨も相当降っていたが。

==
動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1418541304338780166/pu/vid/476x270/LmnM2lESfhcfZ2uI.mp4
深夜になると何台ものトレーラーが遺体を運び出す
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1418807506076372992/pu/vid/544x960/MtkHQkoG_RK57OWI.mp4
@LQ0068
深夜里,已有数?加?挂?从隧道里拉死?者?体出来。  2021/7/24  何台もの長いトレーラーが死者の遺体をトンネルから運び出している 鄭州のトンネルから6,000体の遺体が出土したと噂され、死者数は国家機密となる トンネルは浸水し、逃げ遅れた人や車で埋め尽くされて死のトンネルとなっている。 鄭州市では死者の数が増え続けており、トンネル内部は完全に水没しており、死傷者は非常に多いと予想されています。 地元の救助隊は撤退し、人民解放軍が作業を行っています。

自由時報 ソース中国語 2021/7/24 『解放軍全面接手!京廣隧道傳已挖出6000遺體 真相恐成「國家機密」』  https://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/3614542
==

わたしは中国人たちが6300人くらいだという死体の数を出していたのは大げさだと思っていた。 ところが一日が経過して次から次へと複数の動画があがってきたので今ではこの数字でも恐らく少ないのだろうなあと判定している。

4kmの長さのトンネルの中で両方ともぎっしりと渋滞だったようだ。 ただし外から鄭州に入る分においては恐らくそんなに詰まっていなかったと思うが。 市内からの脱出組が多かったようだ。 そしてそれらの車の数が車間距離10mで大体概算で3000台、平均2人が乗っていたら、それは簡単に6000人に行く。 恐らくもっと多いのは、家族づれで逃げている住民も多くいたようだからだ。

このトンネルは人民解放軍が管理しており、わたしはその近くにある工程大学の周辺の地下40メートルのその司令部と恐らく繋がっているだろうなあという立場だから、軍が即座にトンネル封鎖というか、市民を近づけない措置を取ったというのは、習政権における治水政策の失敗を隠ぺいするためにというだけではないと見ている。

そして死体に関しては即座に片付けないと、これから暑くなるのだから、即座に腐乱死体になり、そこからの伝染病の発生があるので、これは急いだのだろうとみる。 中国においてはこうした事例の場合、家族が帰ってこなかったら、地方政府に届けをするのだが、大体は1週間もしない間に戦死扱いというか、ああ死にましたね的な扱いでそのまま放置されるそうだ。

勿論それは都市戸籍の住人に対してだけなのであり、農村戸籍の人間はそもそもそれらの地方行政のサービスを受ける権利をもっていないから、問い合わせ的な事をしても拒否される。

そして鄭州のここだけではなくて、表の情報空間には上がっていないが、他の町でもダムの放流や堤防の人造破壊などによって水害、トンネルの事故などが同様に起きている。 しかしちらりとしか情報が流れてこないので全体が見えない。 そういう地域は江沢民勢力の地域ではないからだ。

今回情報が出ているのは、明らかに反習勢力と言える地域から、という見方をわたしはしている。

トンネル構内に水が流れ込む瞬間の動画  https://youtu.be/7jnwtmXmCEI

これでは普通に助からない。 どちらにしても長さ4kmのトンネルの中央にいた人は、たとえ避難口が近くにあっても助からなかった。 5分でトンネルの全てが水でいっぱいになるということは、1分もしたら2メートルに近いほどの水が溜まっていたということになる。 最初の1-2分で相当が死んだだろう。 これらの動きは間違いなく監視カメラに撮影されている。 だからそうした情報がこれから出るかどうかだ。 流石に抑え込むと思うが。

==https://www.epochtimes.jp/2021/07/76519.html
ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、世界大国に成長した中国発展の功績を頑なに訴える中国共産党の意図に反して、今日の経済減速、住宅コストの上昇、労働条件の悪化、所得格差の拡大を起因として中国では「毛沢東思想への回帰現象」が発生している。 これは特に現状に不満を抱く十代の若者や青年層で顕著である。同紙は7月上旬に、「社会的不平等の拡大に直面している現代中国では企業家階級を搾取的と見なす若者が増加しており、こうした若年層の怒りを正当化しているのが毛沢東思想である」と報じている。 これに敏感に反応した中国共産党政権は、ソーシャルメディアプラットフォームで毛沢東主義に関連する投稿記事を検閲した。 大紀元 725
==




==https://www.excite.co.jp/news/article/Diamond_59354/?p=3
ところで、ここで私が「超高層ホテル」と書いているのには理由がある。たぶん名前があるのだろうが、現地のひともそれを知らないからだ。なぜなら、建物自体は完成しているもののいまだに開業許可がおりないゴーストホテルだから。   その理由は諸説あって、「手抜き工事のため建築基準をクリアできない」とか、「大赤字が確実で市当局の面子がつぶれるので開業できない」などといわれている。   肝心の新都心だが、夜はこんな感じだ。道路に立っているのは近くのオフィスで働いているひとたちで、地下鉄などの公共交通機関が未整備なのでタクシーを拾おうとしている。夜7時を過ぎると、こうした姿があちこちで見られる。   アメリカのメディアが鄭州の新都心を「中国最大のゴーストタウン」を評したとき、鄭州市は猛反発して「地区の入居率は90%に達しており、常住人口も30万人を突破した」と主張した。だが現地を見る限り、とうてい入居率90%には思えない。下は典型的な高層アパートだが、夜8時を過ぎて明かりをつけているのは10軒ほどしかない。これでは、理想と現実の落差はまだまだ大きいといわざるを得ないだろう。  
==

中国におけるだからこれからの自然災害、特に水害の多発は、この上の勢力、つまり毛沢東の時代はよかった。 まだ金満主義ではなくて、中国人同士はカネは無かったけど助け合っていた… あの時の中国に戻りたい、と主張する懐古勢力に大きな力を与える事となる。

だからそれらの国民の動きを先んじて習政権は、国家の内部を貧乏に突き落としても、この過去の状態の中国に戻ることによって「 自分達の支配の座を守ろうとする」 という風にも見える。

それは今の政権によって為されなければならないのであって、他の勢力によるものだと、それこそ現時点においての習一派と言われるものが追い落とされるのだから、上の記事の様に、他の集団を摘発するというのが開始されるのは当然だ。 結局権力の座にしか興味がないという言い方になる。

==wiki英語版自動翻訳
人民解放軍戦略大学  PLA情報工学大学は中国のある大学レベルの陸軍士官学校に位置鄭州、
河南省が運営する、省人民解放軍。 1999年に設立されました。[1]それ以前は、人民解放軍戦略研究所の名前で運営されていました。鄭州情報科学技術研究所という名前は、中国軍への所属を隠したいときに、大学の研究者によってカバーとして使用されています。鄭州測量マッピング研究所という名前は、同様の目的で使用されてきました。  正式にはPLA測量マッピング研究所として知られているこの研究所は、1999年に人民解放軍情報工学大学に統合されました。[2]情報戦研究の中心地と言われています。
==  工程大学

水没したとされる大学が本当に地下に秘密基地を持っていたかどうかは分からない。 恐らく持っていたとは思う。 ただし前にも言ったが、これらの情報の出どころは恐らく江沢民勢力だから、そこから出ているスピーカーのカクブンキと、あとユーチューブなどにチャンネルを持っているあのおばちゃん、メイカさんとやらがこれを大声で言っている状態だから、あんまし信用できないなあというのがある。 しかし無人機を飛ばして恐らくこれらの地下施設と通信を試みたのは本当の様なので、たぶん水没、全滅しているという。

前にもいったが、これらの施設が原子力発電所を持っていたら、そしてそれは普通に考えて持っているのだが、今回の水没などの事態を彼らが真面目に考えて予防措置というか、色々なことを準備していたであろうかと思う。 これが分からない。 圧力隔壁の中のものだろうから、そんなに簡単に中身が暴露するということはないとは思うが、しかし台山原発の事故の報道からして、正直信用ならない。 そしてこの台山で思い出したが、今台風が上陸する、6号だ、これが大潮を連れて上陸するのではなかったかと思う。 その先に泰山原発というのが確かある。 これも大丈夫かいなと心配をしてはみる。 何が起きても中国はどうせ隠ぺいするが。

725から730辺りまであの周辺を巨大なサイズの台風が相当の雨量をもたらしながら居座ってしまうというのが予測されている。 上海沖の海水温が高くて今は40度くらいあるのだそうだ。 だからそこから次々と水蒸気が供給される状態になっている。 それは勢力が弱まらないだろう。

これらの自然災害の動きを天罰だという言葉でわたしは表現しない。 しかしこれだけのものが連続して続くと、人智を超えた何かの力が働いているのかしらとどうしても思ってしまう。 そのような土人、未開人の思考展開は、簡単に情緒障害、感情に拘泥耽溺、そして即座に自分の判断を外側に投げ捨ててしまう事に直結するので、出来るだけそちらの側には立たない。

我々に与えられている時間は、わたしに与えられている時間は限られている。 それを皆が忘れる。


  漫然と生きるな

----
終了
----

――――――――――
2021・724土曜(令和三年)
――――――――――

日本は中国の主張する一つの中国という設定を国家として一切認めていない。 中国のこれらの主張を「 理解し、尊重する」 と答えただけであって、国共内戦が継続しているその最初の最初からこの態度を日本は貫いている。 日本にとって台湾は台湾である。 そして生命線だ。

今回の五輪に関してはIOCが外務省、そして内閣と入念な調整を図った末に台湾の呼称を使ったのが実によくわかる流れになっている。 それは、リハーサルの時は順番も名称もチャイニーズタイペイで色々やっていたが、本番直前でそれを入れ替えたことだ。 

日本政府の公式見解としての態度として台湾という表現を使った事に台湾国民は感激している。 少なくとも現地のメディアはそう伝えている。 そしてこれらの動きが日本政府単独のものである訳がなく、特に米英とのすり合わせのもとに台湾に事前に連絡がいっていただろうなとみる。

==https://news.yahoo.co.jp/articles/f8511c3da9e2b1ade6155ea7637e88c5aa94711b
東京オリンピックの開会式が23日、東京・国立競技場で行われた。  台湾は場内アナウンス、プラカードの表記は英語、日本語とも「チャイニーズ・タイペイ」で、NHKも字幕は「CHINESE TAIPEI」だったが、和久田麻由子アナウンサー(32)は「台湾です」と紹介。バドミントンの有力選手について触れた。  大会公式サイトで事前に発表されていた「あいうえお」順の入場順では、台湾の入場はチェコ共和国の後となっていたが、実際は大韓民国の後に登場した。  723
==

英国は香港を追い出され、その足場を東京に据えるようだ。 まだ確定しているとは言わない。 しかし概ね関係者はそのように進んでいる。 だから日英における軍事関連の会合、協議においては、まず頭に、現在の日英同盟における大きな課題として~ という風な枕詞が採用されているのを知っておくべきだ。

二国間における軍事同盟はそれらの締結においては相当の時間がかかる。 事務方の調整が必要になる。 そして今回においては、日英同盟を主軸としたクワッドとNATOの関係をどうするのかという大きな課題が控えている。 だから簡単に進まない。 マクロン達の焦りとでも言える色々な表現を見ていると、この動きは後戻りはしないのだな、というのがわたしの見え方になっている。

==https://twitter.com/i/status/1418357046093643781
Miles Guo(郭文貴)は、河南省鄭州での大洪水で人民解放軍/中国軍の地下40mに設けられていた軍事基地が浸水し、壊滅したと報じた。  724
https://twitter.com/i/status/1418376916038418433  関連
==

郭文貴は共産党が西側をかく乱する為に放っている逆スパイだという説もある。 だからわたしはこの人物の発言の半分くらいしか信じていない。 これは言った。 衝撃的な文言を前に出す事で、自分の座標に耳目を、カネを集める動きとは、これらの口だけで生きている人間の基本であって、それは洋の東西を問わずに変わらない。

しかし恐らく本当だろうと思う。 工程大学の地下だったか、どこかその辺に軍司令部あって、それが完全に水没したかどうかを確認する為に、連絡が取れるか取れないかという事をやるために、水没したと思われる721-22のライン、そこから24時間後に、中国軍は翼竜という名称のドローンを飛行させてこれらとの通信を試している。 勿論表向きの動きは被害にあった何とか村の通信を復帰するために、だ。 その何とか村が工程大学の近くの地域なのか、受信エリアにかかっているかは知らない。 しかし無関係ではないと判定する。

中国は今回の水害において、それら人々の怨嗟が自分たち支配層に向かってくるのを恐れて、相当速い段階でこれら通信ドローンを軍隊の為に出した。 しかし現場には軍隊も救助隊もどうやらろくに手配されていない。 それだけ彼らの戦争準備が進んでいるのか、拒否にあっているのかそれらは分からない。 この上のツイートの指令部は、台湾侵略の為の指揮司令部だ。

だから少なくとも水が引いてから死体などの撤去、そして通信施設などの交換、電源の交換などに数か月はかかるだろう。 一か月くらいかもしれないが。 普通に考えて今年の間における台湾侵略は可能性が低くなっただろうなと言う。

問題はこの地下司令部は普通に考えて電源に原子力発電を採用していると思う。 それらがどうなっているのか。 水系の近くに地下司令部がたくさんあるのは結構だ。 それらはトンネル地下鉄で結ばれている。 それらが防水の送電によって外から供給されているのかどうかは知らない。

しかし普通に考えてスタンドアローンにする。 そしたら原子炉を使う。 それが破壊されていたら、周辺には多大な放射能が拡散される。 これは分からない。

==
中国での熊本地震お祝い断幕、セール
https://twitter.com/miiko_chuuko/status/1242197926828376064
「 小日本での感染が順調に長続きしますように」
https://www.47news.jp/relation/2020032501
黄河 地下鉄水没
https://www.youtube.com/watch?v=26dMZTVCo_M
==

上の様な動きをするから、日本では誰も中国の今回の水害に対して本当の意味で可哀相と思う人間はいない。 いたとしたらもう、この最後の時点でそれをやるのだから、そいつは奴らのスパイだ。

https://i.imgur.com/Z48TC94.gif  洪水中に散水車

そして行動や言論の何もかもが監視されている中国だ。 上の様に全く無意味な行為であっても、それをやらなければ記録に残って社会信用システムのポイント下落と月給の削減になる。 だからこれらの関係者は、仕事をしましたというアリバイ造りのためだけにこうした愚かな事をする。

他にすることがあるだろう。 何故ひとを助けないのだ。

==
https://twitter.com/Malon1017/status/1418758326238670857
非公式のインターネットの噂によると、鄭州トンネルで6,300人の遺体が発見されました。
ーーー
https://twitter.com/a118390/status/1418762406382112772
[鄭州京光トンネル] 1000を超える行方不明者の家族が集まり、警察が現場をクリアし、人々の暴動防止ビデオがブロックされました。
ーーー
https://twitter.com/cjiin88/status/1418777481914376194
ル、屋根なしで5分、生存者は内部情報を公開した。死者の数は次のように推定されている。ピーク時に驚くべきことであり、6300が発見されました多くの死者!中国の鄭州が洪水に見舞われました!少なくとも2,000人が亡くなりました!本当に悲しいです!!!
==

この情報が正しいかどうかはわたしは分からない。 しかしトンネルの中にバスが100台つまっていて、それらの全てが水没して、中の人間が全て死んでもこんな数にはならない。 勿論鄭州の町からトンネルの中に流れこんだ死体もあるだろう。 しかしそれでも6300と彼らが発表しているということは恐らくもっとその数が多いのであって、わたしはこうした情報が出るたびに「 実は中国ではなぞの死亡が多発しており、それを火葬にすると特定の化学物質の大気放散で全てわかってしまうので、それらを全て埋めることに決めた」 という決定がなされたのではないかと疑っている。

これは前回だかに言った。 そして火葬場が間に合わないのだろう。 なにしろ燃やす燃料がないのだから。 となると、立ち入り禁止区域の砂漠あたりに穴を掘って埋めるのが一番早いと思う。 しかしそこまでトレーラーか何かで運ぶ必要がある。 それらが今回の水害にあったらどうなるのかなあとわたしは考えている。

常識では考えられない死亡の動きが起きている。 わたしはその前提で中国を見ている。 それらが病原性のものであるのなら、何処かの時点で日本に持ち込まれるし、世界に拡散する。 そうでないのなら、普通に考えて新しいタイプのウィルスが漏れたか、放射能かそういうものかと考える。

いずれにせよこれから伝染病が出てくる。 去年の長江でも相当出て相当死んだようだが、我々はそれらの実態を知らない。 そして恐らく今年もバッタが出る。 去年の大量発生のバッタは、ほぼ毒ガスと言える様な薬剤で全て処分した。 しかしそれらは何割かは卵を産んでしまっている。

色々出てくる。 わたしは動揺しないように心がけているつもりだが、それもいつまでやれるか分からない。 しかしまだまだ、こんなもんじゃあないという世界の流れになっていく。 そんな強い予感がある。 だから立ち向かえ、とこれを言う。


  生き抜こうと決意して行動を変えた者だけしか新しい惑星に到達することはない


----
終了
----

――――――――――
2021・723金曜(令和三年)
――――――――――

流石中国だ。 わたしは冷たい気持ちで大いに感心している。 人間の拝金と性欲と物欲の完全肯定にいたるのなら、下の様な、命がかかっている状況下において、カネを持っている持っていないの選別から勝手に開始して、その上で取れるだけ強奪するのだという意気込みを堂々と表現する。

これこそが中国人だ。 朝鮮人にはこれがなかなか出来ない。 彼らは強いと見える相手にはこれをしない、出来ない。 いつも相手に出方をうかがってから小出しで邪悪な事をしかける。 しかし中国は違う。 流石本家だ、 堂々と搾取をする。 見習いたいとは全く思わないが、ここまで突き抜けているといっそすがすがしいものを感じる。 フン。

彼らの多くは本当にこれから消えていくのだろう。 10倍とはものすごいものだ。 イカれてる。

==https://www.recordchina.co.jp/b879801-s25-c30-d0192.html
「1000年に1度」ともいわれる記録的豪雨に見舞われた中国河南省の省都・鄭州市内にあるホテルが20日、宿泊料金を1泊200~300元(約3400~5100円)から2000~3000元に値上げしたとする書き込みがSNS微博(ウェイボー)上にあり、批判が殺到して謝罪に追い込まれた。 問題のホテルは「希岸酒店鄭州高鉄東站店」。希岸酒店は22日、ウェイボーの公式アカウントに謝罪文を出し、「本部は各加盟店に対し、値上げしてはならず、客を受け入れられるだけ受け入れるよう伝えたが、当該加盟店はその決まりに反した」などと説明。「ウェイボーの助けを借りてお客様と連絡を取りおわびしたい」とした。  レコチャイ 721
==https://www.youtube.com/watch?v=ZhMF1h-nEsE  関連動画

今回の水害においては、この下の感電事例にみられるような大量の感電死亡が確認されている。 前回死体から角膜を、恐らく眼球を摘出している謎の部隊がいるというのを言った。 それ以外において沢山の水死体が、目玉を飛び出しているのがあった。 それらはほとんどが感電死だと思える。

感電の恐ろしいところは、目の前に漏電している電柱があったとする。 すると電気磁気の関係なのか詳しくは知らないが「 体が実際にその電柱に吸い寄せられる」 のだ。 そして動画を見ればわかるが、電柱に触れて死亡した死体に触れた人間も感電によって死亡している。

感電していると思えたら決して近づかないこと。 後は、吸い寄せられてしまうような人がいたら、その相手を突き飛ばす… 理想的なのは冗談でもなんでもなくてドロップキックをかますこと、それは靴底が大体はゴムであること、体が空中に飛んでいるのでキックする人が感電しにくいこと、が理由になっている。 しかしとっさの判断でそんなことは恐らく人間は出来ないので、兎に角も道に冠水していたら電柱的なものには絶対に近寄らないことだ。

日本はそれでも色々と漏電遮断機があるのだが、それでも感電する。 中国においてはどうも、これらの動画を見る限りにおいてはそれらの遮断機がそもそも最初からない。

彼らは国民を生産を達成するための道具としてしか本当に考えていない。 だから今回の災害で恐らく万人の死亡が出ているが、それも全て隠す。 そういう事の積みかさねがこれから中国の中でいつの間にか人が消えていたという事例につながっていく。

本番は724-25以降なのだ。 今723の時点で台風6号は先島諸島をちょっとすぎたあたりにいる。 明日には上海の上空に入る。 中国の都市は地震も台風も、どちらに対しても対策がまったく出来ていない。 それは過去にそういうものが実際に起きなかったから。 しかし今回の台風は相当の暴風雨であるようだから、これも又相当の被害が確定だ。 そして中国は全てを隠す。

間違いなく被害甚大なのは、中国の副首相がなんだかんだいって日本の五輪開会式訪問をやめたこと。 そして尖閣諸島における侵入がいきなり止まったこと。 鄭州には台湾侵略の為の軍の基地がある。 それを守るためにダムの放流と堤防の破壊を行って水を逃がした。 しかし逃がしきれなかった。 鄭州しないと水害にした水はそのまま人民解放軍の地下施設を含める指令室を破壊した。 なんだか兵隊が死んだらしいが、たくさん、しかしそれらの情報は事実かどうかは分からない。

中国が米国を騙すために自分からそうした情報を流す可能性はある。 しかし軍事衛星で全て見られているから騙せないだろうと思うが。 つまり何も検証手段を持たない我々が問題だということ。

でも恐らく水没している。 だから海軍の動きが止まった。

==
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1418037109760282634/pu/vid/720x1244/1SxL-Q_N9-h5OAis.mp4  感電事例集
https://video.twimg.com/amplify_video/1418102348237336577/vid/1280x720/0L8RnSuunJEyXldD.mp4  現地水害
https://www.youtube.com/watch?v=v0StHhyrnxk  鄭州強奪
https://twitter.com/i/status/1417499112182849538  津波的な
https://youtu.be/XtVxu1QYSDY  現地洪水
==

今回の水害が気象兵器であるとの立場にわたしは立たない。 そういうことが出来ているのなら、米国はもっと早い段階で中国に対して怒涛のようにそれを仕掛ける。 そういうのではないと思う。

今回の異常気象は、いつもの中国における大水期が更におおきくなったものだという理解にあるわたしだが、それらの複数の原因として一番大きなものが中国の自然破壊をともなった乱開発、そして南半球の温暖化、そして月の軌道のゆらぎが発生して今その渦中にあるということ… 特にこの月の揺らぎに関してそれが相当の影響力を持っているのなら、我々はこれから更に大きな変動を体験することになる。

==https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072000783
 岸信夫防衛相は20日、英国のウォレス国防相と防衛省で会談した。ウォレス氏は会談後の共同記者発表で、哨戒艦2隻を年内にインド太平洋地域に「恒久的に展開」し、今後数年で「沿岸即応部隊」を置く考えを表明。「将来に向け、日本との連携を強化していきたい」と強調した。 英空母で100人コロナ感染 海自と訓練、日本にも寄港予定  英国防省によると、哨戒艦の常駐に当たっては日本やオーストラリアなどから補給などの支援を想定。英国は3月に発表した新たな外交安全保障政策の「統合レビュー(見直し)」で、対外政策の重心をインド太平洋地域に「傾斜」させる方針を打ち出している。  英最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中核とする空母打撃群が日本などに向け航行しているのも同地域への関与強化策の一環。岸氏は共同記者発表で、クイーン・エリザベスが9月に在日米軍横須賀基地(神奈川県)に寄港すると明らかにした。その他の艦艇も、米軍佐世保基地(長崎県)や海上自衛隊舞鶴基地(京都府)などに寄港すると説明した。  時事 720
==

英国が常設で太平洋側に艦船を出す。 それは彼らがこれからTPP11に入ることの連動になる。 わたしは以前、ひょっとしたら今年中に英国がクワッドに入るだろうなあと言った。 そしてそれが決まった時点でフランスがどう動くのか。 フランスは太平洋上に植民地を持っているので、TPPに参加する資格はあるし、それを守るという名目で彼らもクワッドに参加することもあり得る。

そうなるとドミノ倒しの様に欧州における各国が、NATOの枠組みを変えない形でクワッドに協力する形になっていくと推定する。 ただし、ドイツは分からないが。 東欧と北欧が大きくひっくり返るかどうかに関しては、中ロの圧力と北極海航路の開通にかかるだろう。 北極海航路に多大な期待を寄せているのは彼らだ。 1年の内の半分でも常に安定して航行できるのなら、彼らの経済も相当変わる。 だから世界の人びとは、この航路に関して相当に熱い視線を送っているのであり、南シナ海と北極海航路のちょうど中間にある日本に今の段階で関係改善と各種施設の設置をしておかなければ儲からないという観点で我が国を見ているのを、これを貴方は知っておくべきだ。

日本の中のヒダリ=中韓は、この事実を絶対に知られたくない。 その為の動きを猛烈にやっている。 特に韓国は自国をハブ国家にすることで何もしないでも儲かる中継国家としての立場を強固にすると今の時点で勝手に妄想している。 そしてわたしが以前あなたに何故中韓が無理筋にでも佐渡島を侵略するだとか、北海道共和国分離独立計画があるのだとするのは、全てその辺にある。

物流の概念とは流動性の概念であり、このオーム宇宙における基本原理は流動性であり、動的であることだ。 此処から外れる存在が、地球からエネルギーを奪っているやつら、座標であるのだ、ということの勝手な概念をおいておく。 世界を現実と精神に分けて考えるのはもうよせ。

自分が使い物にならないちょろいやつだとパフォーマンスしても、もう誰も振り向いてくれない。 世界は本当にそう変わりつつある。 開明の意味を理解せよ。 そして今までの地球が未開だったという意味を。 

==https://www.cnn.co.jp/fringe/35173981.html
原因のひとつは、潮の満ち引きに影響する月の動きだ。月の公転軌道は18.6年周期で変動し、周期のうち半分の期間は、潮の満ち引きが増幅されることが知られている。現在はこの時期に当たるが、増幅されても満潮で海水があふれることはめったにない。 ところが次の増幅期がめぐってくる30年代半ばになると、気候変動による海面上昇がさらに進んでいることが予想される。その結果、米国では地殻隆起が起きているアラスカ州を除き、本土の沿岸部全体とハワイ州、グアム島で水害が急増するだろうと、チームは警告する。 満潮時に起きる冠水は、ハリケーンなどで発生する高潮ほどの水位にはならなくても、長期間繰り返されることで深刻な被害をもたらす。1カ月に10~15回も起きれば、店舗の駐車場が沈んで営業できなくなったり、出勤できずに職を失ったり、汚水槽があふれて衛生状態が悪化したりする事態も懸念されるという。   CNN 716
==

今の地球は大きく変わろうとしている。 しかしそれは惑星単独で起きることでも、起こせるものではない。 太陽系の全ての星々は一蓮托生であり、同じものだ。 それぞれに役割と個性を与えられているが、それはこの広大な太陽系という巨大な領域を一個の生物とみなした場合、全体のバランスを取るためにそれぞれの惑星がそれぞれの仕事をしているという言い方になる。

この月のゆらぎの問題とは、それそのものが可能性の表現という風にわたしは取る。 確定されている未来とは静的な世界の事だ。 そういう宇宙もあるのかもしれないが、地球はそうなっていない。 我々は流れる大河の中を浮き沈みする存在として設定されている。 だからその自然なシステムに逆らうよりも、それを効率的に使いまわし、何かを得る、表すという方向に傾注した方がよい。

月のゆらぎはこれから地球における天変地異、地震や噴火や陥没などに対しての、結果としてのフォローを行うことになるのだろうと判定する。 そしてそれが今一番わかり易い形に出ているのが、異常気象。 しかし温暖化は地球のそのものの体温が上がっているからという立場のわたしとしては、これらの月の揺らぎとは、それらのスイッチの細かいオンオフでもやっているのかなと考えてしまう。

人間とそれ以外、意識があるない、そういうので世界を認識しないほうがいい、とわたしは勝手に言う。 世界を別けて考えてはならない。


  収束する座標からの跳躍


----
終了
----

――――――――――
2021・722木曜(令和三年)
――――――――――

https://www.youtube.com/watch?v=rOMH9Y8m4Fg  華南市の状況

黄河水系の農産物はこれ以降は壊滅だ。 小麦などの収穫は終わっているだろう。 しかし秋に向けてのたくさんの品種が消滅した。 しかし本来の中国なら、これらの悲惨な状況もなんだかんだ言って人海戦術で復帰させる。 人が残っているのなら。 我々は去年の長江水系の水害から、実は今でも中国の農民たちが現地回復を果たせていないという事を大きな意味で知らない。

わたしは単純に重金属などの汚染、放射能などにおける汚染などかなあと漠然と考えていたが、もっと単純に考えるのなら、人が死んでいなくなった… というのがある。

それは2020年の末ごろに顕著になったのではないか、冬至の前後で顕著になったのではないかと疑っている。

https://i.imgur.com/l7vRk0f.jpg  溺死体から眼球摘出、角膜確保

これらの動きは確証がない。 しかし恐らく死体から角膜を確保してそれを移植用と販売用にさばいてカネにしている組織体がある。 それがギャングの様な、つまり中国におけるパンと言われる人間集団なのか、国家としてそれをやっているのかがわたしには分からない。 両方かもしれない。

だから鄭州市で顔面から血が出ていたような死体がたくさん動画に映っていたが、それらは眼球摘出か、または角膜だけを取られた… そんな器用な事が出来るのかは不明だが、ではないかと今になって分かった。 いずれ明らかになる。 彼らは中東やユーゴなどの紛争でイスラエルの国境なき医師団がこれをやっていたイスラエル悪い悪いという印象工作を徹底的に仕掛けていた。

それが事実かどうかはわたしには分からない。 しかし中国の認識阻害工作とは、徹底的に誰かが悪いとやり、その謀略情報全体の中に、間違っても自国の名前が想起されないものばかりになっているので、底が浅く、すぐに見抜かれるのだというのは言った。

https://youtu.be/RaqwuG0K8ak 常識の崩壊

そして今回のダムにおいては、重力式の内モンゴルのダムが決壊した。 これはあり得ないことだ。 基本重力式というのは大きなコンクリのかたまりだから崩壊、決壊はしない。 しかしこの動画を見る限りは上部の方から崩壊している。

これらのダムがソ連と中国が仲が良かったころに建てられた古いダムだったかもしれないが、それにしても普通の常識ではあり得ないことが起きている。 恐らく他の河川でも相当の決壊がある。

中国軍は多数のダムに対して工兵部隊を差し向けて、部分破壊をしてダムの水を逃がす事で、全体の崩壊を防ぐための爆破処置をしている。 洛陽のダムは自然崩壊で1-2割ほどが壊れた。 だからそのままだと全体決壊になるので、大分壊したようだ。 堤防も勿論切っている。

だから黄河水系領域は、去年の長江なみに今おかしなことになっている可能性が髙い。 わたしの記憶違いでなければ723の明日に中国共産党結党100周年の記念のパレードだったか何かを北京でやるはずだが、こんな状態でそれが本当に出来るのか。 北京も報道管制がしかれているが、どうやら広範囲に冠水と水没をおこしているようだ。

==https://www.fnn.jp/articles/-/214497
武漢での調査拒否 中国がWHOの提案に  中国の衛生当局は、WHO(世界保健機関)が提案している新型コロナウイルスの発生源をめぐる、湖北省武漢市での2度目の調査について、「受け入れない」との考えを示した。  中国の衛生当局「(2度目の調査は)常識を尊重せず、科学に基づいていない。この調査計画を受け入れることはできない」衛生当局は、22日に行った会見の中で、「実験室から漏れたかどうかに重点が置かれている」などと指摘。  FNN 722
==

中国が拒否をすればするほど世界の人々は中国を疑う。 そして決定的な証拠を彼らが出さないのだから、人々の認識は、つまり彼らがやったから隠すのだとなる。 そして肝心な事だが、中国がどれだけ自然発生説を主張しても、それでもロックダウンと春節の人の移動を止めてしまえば今のような状況には絶対になっておらず、その事に対しての責任追及の方向で世界が団結すると、彼らはいい訳のしようがない。 それでも自分は悪くないというだろうが。 しかし無理筋だ。

そして武漢市に、そしてその周辺の地域に外国人とメディアを入れたくない理由が実は他にあるのではないかとわたしは疑っている。 それは中国人がいなくなっているという強い疑いだ。

==https://mobile.twitter.com/P6AX3Er3HqoQynY/status/1417832997697384456
中国共産党は「中国の経済が復活している!」という映像を盛んに放送しています。しかしそれはウソでした。人混みが復活した駅の風景ですが、実は、同じ人間が入口と出口を行ったり来たりしているだけでした
==

既存の中国だったらこれらのおかしな動画の撮影はしない。 実際に人間を大量に狩りだして、疑われない映像を造る。 それが出来なかった。 何故か。 わたしは彼らの国の中に、信じられないほどの中国人の死亡の動きがあり、それがゆえにこうした稚拙なことをしなければならなくなったと捉えている。

去年の末に沢山のデパートが潰れた。 あれらは単純に人がガラガラになったからではないのか、人が死んでいないから… というのをわたしは言ったと思う。 結構前だ。 もちろんわからない。

そしてその前の月の1120前後に習近平主席が死んでいるのではないかとか、このあたりから次々と中国人たちが謎の心臓麻痺などで死んでいるのではないかと疑っている。

しかし火葬の処理が出来ない。 それは2020年の武漢市における最初の発生で( これを便宜上21と決める) 、大量の死者が出て、市当局はこれを全て火葬した。

ところが人間を火葬した時にだけ観測されるリン酸アンモニウムだったか何かの物質が大量に武漢市の上空に充満してしまい、それらの濃度計測によって、政府の発表の死者数と、実際の死者数に相当の乖離があることがバレてしまった。 このリン酸なんとかは適当に言っているので気にする人は調べてください。

だから全てが工作で出来ている中国において、たくさんの死者が出たのだとして、それを隠ぺいするためにどうするか。 埋めるしかない。 しかし中国は24時間軍事衛星によって都市部などは観察されている。 だからうかつな動きは出来ない。 土木工事をやっても疑われない何かの理屈を偽装しないといけない。 たとえば仮設病院を建てるだとかだ。 これは武漢の最初の時にやったと思う。

しかしそれから数か月が経過して、中国の中では武漢ウィルスはないことになったので、死者が出てもそれを発表出来ないし、悟られてもいけない。 更に言えば武漢ウィルスではない全くの違う何かかもしれないが。 とにかく悟られてはいけない。 西側に。

ということはどうなるかというと、何処かの場所にトラックで運んで( 外から見えない箱トラックで) 、大量に何処かに捨てて、慌ててブルドーザーで埋めるしかない。 そういうことがあったのだとするのなら、わたしは砂漠に埋めたかなあと考えている。

腐るとものすごいにおいが発生し、それが遠方に伝わる。 深い深い穴をほる時間も偽装もない。 そしたら砂漠かなあ、だ。 そしてそれを輸送するためには国内の国民に知られてもいけないから、交通遮断をしないといけない。 だから豪州の石炭が入ってこないからという理由で大停電、計画停電の動きがあったでしょう、あの時に民間のトラックは主要な道を走れなかった。

物流が止められた状態で軍のトラックが死体を運んで砂漠、またはそれに類する兎に角バレないようなところに運んで一気に埋めた。 …とするのなら、停電も必須なのだ。 それは停電の最中に、そして翌日などに、死亡した国民の住んでいる住宅に、自動タイマーで灯りがつくような装置を慌ててつけるある程度の期間が必要だったろうから。

勿論こんな話が真実であるはずがない。 …とか言いながらではなぜ4-5月の時点で中国は10年に一度の人口統計の発表をあれほど遅らせたのか。 概算で1年間だけで数千万人の人間が死んだから… という風な物騒な事を言う人もいる。

インドの武漢肺炎の死者が、インド政府が40万人死亡と発表したが、実際は400万人を超えていただろうという分析記事と同じで、中国もとんでもなく死んでいるのではないかという概念。

不動産バブルを終了させることで、これから中国は徹底的に不景気になる。 しかしやる。 そうしないと人民元が本当に暴落する。 そしてSDR通貨としての地位も追放される。 今の状況なら。 そしてリアルの不景気にしていくのなら、生産活動が縮小し、本当は人間が大量に死んでいてモノが造れないのだけれど、巷に失業者だらけだから、仕事が止まっているから生産活動が止まったのだと偽装することができる。

中韓北はそこまでやる。 儒教圏域の人間は体面と自尊心とメンツが先ず先に来る。 事実は相当のあとだ。 だからわたしは彼らの精神の構造は3000年前から一歩も進化していないといった。

彼らの全ては工作で出来ている。 工作とは騙すことだ。 そして奪う事だ。 先ずそれが真っ先に来る。 だからわたしは彼らの支配層の側に立って考える。 そしてその立場で仮に人口消滅の動きが始まっているのだとするのなら、彼らは必ず隠ぺいするのだから、それを露見しない形でやるにはどうするのかと考え、そして実際に行動すると捉える。

あなたも色々と疑ってほしいかと勝手に言う。 地球はそれらの動きをじっと見て計測しているのだ。


  わたしはあなたを見ている


----
終了
----